すくすく育児

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

[記事公開日]2018/10/26 [最終更新日]2018/10/25
■カテゴリー:子育て, 赤ちゃん
■タグ:,

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。
子供が何が得意でどんな習い事が合っているのかわからない。
そんな風に悩んでいる親御さんも多いのではないでしょうか?
その原因は、その習い事が子供に合っていなかったり、親の態度がやる気を奪っているという可能性もあります。
ではどうすれば子供に合った習い事を選択したり、子供をやる気にさせることができるのでしょうか?
それを解決してくれるヒントとなるのが、近年注目されている子供の遺伝子検査です。
遺伝子検査で子供を普段見ているのとは別の角度から理解することによって、新たな道が見えてくる可能性もあるのです。
ここでは気になる子供の遺伝子検査について、具体的な内容や費用、おすすめの検査など、詳しく見ていきましょう。

目次

  1. 子供の遺伝子検査でわかることとは?
  2. 遺伝子検査をするメリット
  3. 遺伝子検査は何歳でするのが効果的?
  4. 子供の遺伝子検査の方法とは?
  5. 遺伝子検査、いくらくらいかかる?
  6. おすすめの子供の遺伝子検査をご紹介

子供の遺伝子検査でわかることとは?


子供の遺伝子検査でわかることは、大きく分けて3つの分野に分かれています。
それは

  • 学習能力
  • 身体能力
  • 感性

です。
この3つがわかることで、大まかに得意なことや特性について知ることができます。
それぞれの具体的な内容について、GIQ子ども能力遺伝子検査の検査項目を例にみていきましょう。
検査項目に関しては、検査機関により数項目多い・少ないなどの違いはありますが、基本的にはこの3項目で成り立っています。

学習能力

  • BDNF 記憶力
  • CHRM2 判断能力/理解力/分析力/推理力/読解力/計算力
  • SNAP25 知性/認知能力/図形認識力/想像力

学習能力では、記憶力や推理力、理解力について詳しく分析することができます。
得意な科目については、将来子供が理系が向いているのか、文系が向いているのかなどを知ることが可能です。
興味をもちやすい分野を事前に知ることで、子供にあった勉強方法を提供することができるようになります。

身体能力

  • ACE 耐久力
  • ACTN3 速度/瞬発力(反射力)/持久力
  • mtDNA 持続力/エネルギー生産効率

身体能力では、瞬発力や耐久力などの能力について調べることができます。
これらの能力から、向いているスポーツは何かを判断することができ、子供の習い事を検討している親御さんには、かなり参考になる内容です。

感性

  • COMT 記憶力/注意力/忘却力/ストレス忍耐力/勇気
  • CHRNA4 リスク管理
  • 5-HTT ストレス耐性

感性の分野では、ストレス耐性やリスク管理などの性格に関連した特性を知ることができます。
子供の特性を知る事で、普段は理解できない子供の行動について理解するきっかけになります。
具体的には、ほめて伸ばすのか、難しい課題を与える方がやる気になるのか、などを知ることができます。

遺伝子検査をするメリット


では、子供の遺伝子検査をすることには、どのようなメリットがあるのでしょうか?
子供の遺伝子検査を検討している親御さんというのは、子供にとっていい教育や習い事、接し方を知ることで子供に幸せになってほしいと願っているということですよね。
遺伝子検査をすることで、このような疑問点が全て解決するわけでは決してありません。
ですが、遺伝子検査の結果を見ることで親の押し付けではなく、子供に寄り添った教育をすることがより可能になります。
遺伝子検査を受けることで、子供の人生における様々な選択のヒントにすることができます。
具体的には、

  • 進学する学校
  • 習い事
  • 将来の進路や仕事

などです。
このような選択に迷った際に、遺伝子検査をする親御さんもいるようです。
習い事をしても長続きしない、あまり乗り気でないという場合にも、その子の特性に合っていない可能性があります。
子供の得意分野や長所を知ることで、親子共にストレスから解放される手助けになるでしょう。
遺伝子検査の最大のメリットは親と子の考え方のギャップにあると思います。
子供に対する期待が先行してしまうと、親と子供の間にギャップが生じがちです。
子供は親の期待に応えようと、無意識に無理をしてしまうのです。
無理をして頑張っているのに、親の理想に届かないとほめてもらえない、そんな状況になってしまいかねません。
まだまだ自分の気持ちを上手に表現できない子供に、親の固定概念を押し付けることで、悲しい結果につながってしまいます。
遺伝子検査で子供の特性を知ることは、親と子供のギャップを埋める手助けになるのです。

遺伝子検査は何歳でするのが効果的?


遺伝子検査は何歳でも受けることができます。
もちろん、子供に限らず、大人も受けることが可能です。
ですが、より小さいうちに受けることで、その結果を活用できる幅が広がるのです。
成長が進むほど、遺伝子だけでなく周りの環境などが、その子の能力や個性に影響を与えます。
では、何歳ぐらいに受けるのがベストなのでしょうか?
特に、3~14歳くらいまでの時期は成長のゴールデンエイジと呼ばれ、運動神経や身体能力が飛躍的に発達する時期です。
この時期にそれぞれの子供に最適な選択をしてあげることで、将来の可能性を大きく伸ばすことができるのです。
遺伝子は産まれた時から変化することはありません。
そのため、赤ちゃんも検査することが可能です。
ただし、母乳を飲んでいる赤ちゃんは、検査結果に母親の遺伝子の影響を受ける可能性があるので、授乳が終わってから1か月後程度を目途に行うことをおすすめします。

子供の遺伝子検査の方法とは?

遺伝子検査はどのような方法で行うのでしょうか?
遺伝子を検査するというと、病院に行ったり採血をしたりする必要があるように思われる人も多いかもしれませんが、実は自宅で簡単に検査することができます。
遺伝子検査を申し込むと、専用の検体採取キットが自宅に郵送されます。
その中に付属している専用の綿棒で、口の中の頬の裏側のあたりを20回ほどこすります。
それを専用の封筒に入れて返送するだけです。
細胞をこすり取るだけなので痛みもなく、2~3分で終了します。
多くの検査機関は、専用の綿棒が2本セットになっており、2回分の検体を返送するので、一度ではうまくできるか不安な人にも安心です。
また万が一うまくDNAが採取できていたなかった場合には、再度検査キットを送ってもらえるようです。
結果が出るまでは30日~60日となっているサイトが多いですが、中には3か月程度かかったという声もありました。
提出時の検体の状況、検査の込み具合などによってもかかる期間は異なるので、心配なら事前に確認しましょう。
検査採取キットを返送した後到着した際や、中間報告、結果が出た際にこまめに連絡をしてくれる機関もあるようです。

遺伝子検査、いくらくらいかかる?


子供にとっても親にとってもメリットがたくさんある遺伝子検査ですが、では遺伝子検査にはいくらくらいかかるのでしょうか?
インターネットで検索するといくつかの検査キットが出てきますが、金額的には大きな差はないようです。
具体的には、

  • 1項目 2万5千円~
  • 総合(3項目)6万円~

といったところです。
内容に関しては、検査項目に多少の違いがありますが、大きく学習能力、身体能力、感性の3項目について検査できるという点に違いはありません。
ただし検査機関によっては、検査場所が国内のものや、中には海外のものもあります。
また、検査結果のレポートの内容もそれぞれ特色があります。
子供一人に6万円かかるとなると、かなり大きな買い物ですよね。
他にも、個人情報の漏洩なども気を付けたいポイントです。
まずは、信用・信頼できる検査機関を選びましょう。

おすすめの子供の遺伝子検査をご紹介


子供の遺伝子検査と検索すると、いくつかの検査機関が出てきます。
今回はその中でも特におすすめのGIQ子ども能力遺伝子検査をご紹介したいと思います。

>GIQ子ども能力遺伝子検査公式サイトはこちら

大手メディアで特集されるほど

GIQ子ども能力遺伝子検査はテレビなど多くのメディアで紹介された検査機関です。
テレビ番組で、明石家さんまさんや木村拓哉さんも検査を受けてみたことでも話題になりました。
他にも、TBSテレビ番組「いっぷく」(朝8:00~9:55)の「とことんリサーチ いっ特」のコーナーで紹介されたこともあります。
また子供の遺伝子検査はNHKスペシャル、NewsZERO、おはよう日本などでも特集されるなど今注目を集めているのです。

検査は安心の国内の機関

GIQ子ども能力遺伝子検査の遺伝子検査は国内の機関で行われるため、安心です。
国内で検査することのメリットは、

  • プライバシーの保護が徹底している
  • 鑑定書がわかりやすい
  • データに信ぴょう性がある

ということです。
海外に検査キットを郵送して検査をしている機関もあるようですが、そうなると何より心配なのが個人情報です。
DNA情報は最大の個人情報と呼ばれるほど、とても大切なものです。
個人情報保護法で管理された日本国内で検査した方が安心ですよね。
またせっかく遺伝子検査をしても、それを生かせなければ意味がありません。
国内で検査をすることで、より分かりやすい鑑定結果を得ることができます。

わかりやすく書かれた鑑定書

鑑定書は、以後検査結果を最大限に活用することができるよう、わかりやすく書かれています。
また、ドクターからの発育・教育に関するアドバイスがついてくるので、すぐにでも活用することができます。
更に、診断結果を子育てにどのように反映させるか、というのが重要と考え、それをサポートするガイドブック「才能を育てる学習法」が付属するのも魅力です。
このガイドブックは学習塾が監修しているので、検査結果を教育にすぐに生かすことができます。

>GIQ子ども能力遺伝子検査公式サイトはこちら

まとめ


いかがでしたか?
子供のためにそこまでするなんてやりすぎている。
遺伝子に頼らず自然に成長を見守ればいい。
そんな意見もたくさんあると思います。
特に年配の方には、否定的な意見を言われることも多いかもしれません。
ですが、子育てをしているなら、親も子供もどこかでつまずくこともありますよね。
そんな時に遺伝子検査を受けることで、何か前に進むきっかけになるかもしれません。
気になる人は、国内検査で信頼できるGIQ子ども能力遺伝子検査を検討してみてはいかがでしょうか?

>GIQ子ども能力遺伝子検査公式サイトはこちら

オススメ記事

もうすぐハロウィン!街の中はオレンジやブラックに彩られ、ハロウィン飾りで独特の雰囲気に様変わりしていますね。いつもと違う空気にワクワク感も高まります。 せっか...

子供たちが大好きな絵本。大人になったみなさんも、子供時代を振り返ってみると思い出す絵本が何冊か浮かぶのではないでしょうか。 この記事では、子育てに欠かせない絵...

「イヤ!」「バカ!」「ママなんてキライ!」…。 わが子から、今まで聞いたことのない言葉で反抗されると思わず自分の耳を疑います。 どうしちゃったの?まるで人が...

自信がある人は、なんとなくキラキラといつも輝いていませんか? そして、なぜか人を惹きつける魅力を持っていますよね。 それは、子供にも是非身につけて欲しいものの一...

短い様で長かった妊娠期、そして壮絶な出産を終えたママ。 赤ちゃんが産まれてから、今度は「産褥期」という期間に入ります。 意外と知らない人も多い産褥期ですが、ママ...

ミルクやおっぱいの後に「げっぷがうまく出せない」「出し方は聞いたけどできない」と悩んでいるママは多くいます。「赤ちゃんは自分でげっぷができないからママが出させてあげ...

2歳の子供がソファで遊んでいたら「ゴギッ」と嫌な音がして「おてて痛い!」とギャン泣きしはじめました。 肩がはずれたのか??手が痛いのか、指なのか、ひじが痛いのか、...

小さな赤ちゃんは便秘になりやすく、心配するママは多くいますよね。 ミルクに比べて母乳育児の方が便秘になりにくいと言われていますが、母乳をあげているからと言って決し...

夕食を作りながらお風呂の準備もしてと忙しい時間に限って、「ママだっこー」と子供が甘えてくる。 どこの家庭でも、よくあるいつもの1シーンですよね。 しかしこの忙し...

猛暑が到来しましたね。真夏の強烈な日差しの下でも子どもは元気いっぱいです。しかし、熱中症も気になる季節。汗をかくのも大切ですが、親としては涼しいところで遊ばせた...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ