すくすく育児

こどもにオリゴ糖がおすすめの理由とは?便秘やアトピーに悩む子に

[記事公開日]2018/09/26 [最終更新日]2018/09/25
■カテゴリー:子育て
■タグ:, ,

こどもが便秘でしんどそうにしているのは、見ているだけでつらいですよね。
うんちは赤ちゃんやこどもの健康状態を知る上でとても大切です。
そんなつらい便秘の解決方法の一つがオリゴ糖です。
ここでは、オリゴ糖がこどもにおすすめの理由や、その効果について詳しくご紹介しましょう。

目次

  1. オリゴ糖とは?
  2. こどもにオリゴ糖がおすすめなのはなぜ?
  3. オリゴ糖がもたらす効果
  4. 腸内環境とアトピーの関係
  5. オリゴ糖摂取におすすめのレシピ
  6. 手軽にオリゴ糖を摂るならサプリがおすすめ!

オリゴ糖とは?


オリゴ糖というと、なんとなく聞いたことはあっても具体的にどのようなものか知らない人が多いのではないでしょうか?
オリゴ糖とはその名の通り砂糖などに代表される「糖」なのですが、その中でも小さな単位の糖の分子が2~20個結合してできているものです。
そのため、オリゴ糖は20種類も存在しています。

オリゴ糖の種類

20種類もあるオリゴ糖は二つの種類に分けられます。
それは、

  • 消化性のオリゴ糖
  • 難消化性のオリゴ糖

です。
便秘解消などに注目されるのは、腸まで消化されないで届く「難消化性」のオリゴ糖です。

オリゴ糖が含まれる食べ物

では、オリゴ糖はどのような食べ物に含まれているのでしょうか?
赤ちゃんに最も身近なものとしては、母乳に含まれていることが知られています。
その他に多く含まれている食材としては、

  • はちみつ
  • にんにく
  • 大豆

などが代表的です。

こどもにオリゴ糖がおすすめなのはなぜ?

こどもにオリゴ糖がおすすめなのはなぜでしょうか?
こどもの健康を管理する上で、食生活はとても大切です。
ですが、好き嫌いがある、あまり食べてくれないなど、子供の食事の管理はとても難しいですよね。
子供の食事に関して悩んでいるママやパパも多いのではないでしょうか?
食事で便秘解消をするのが難しいからと言って、できるだけ薬には頼りたくないですよね。
そんなとき、体に優しく手軽に使えるのがオリゴ糖なのです。

飲みやすい形状のものを選べる

オリゴ糖は、シロップ状のものと粉末状のものがあります。
赤ちゃんなら粉末状のものをミルクと一緒に与えてもいいですし、直接指につけてなめさせることもできます。
少し大きくなったら、スイーツやヨーグルトにかけることもできます。
他にも、料理に使うなど、普段の食事に取り入れやすいのがポイントです。

虫歯になりにくい

健康にオリゴ糖が良いとわかっていても、虫歯が心配で躊躇しているママもいるのではないでしょうか?
オリゴ糖はその他の糖に比べて、虫歯になりにくいという特徴があります。
食べた後は口内環境を整えるためにも口をゆすぐことをお勧めしますが、虫歯になるからと神経質になる必要はないのです。

オリゴ糖がもたらす効果


では、なぜオリゴ糖が健康に役立つのでしょうか?
ここではオリゴ糖の効果についてみていきましょう。

オリゴ糖の働き

腸まで届いたオリゴ糖は、ビフィズス菌などの善玉菌の栄養となります。
そのため、オリゴ糖を摂取することでビフィズス菌などの善玉菌を増やすことができるのです。
その結果、腸内フローラを善玉菌寄りに整えることができるのです。

腸内環境が良くなると?

腸内環境が良くなることで、便秘が解消されます。
便秘を解消することで様々な嬉しい効果が期待できるのです。

便秘解消による効果

便秘が解消できる、便秘に悩んでいる子にとってはそれだけで嬉しいことですよね。
便秘を解消することは、その他に様々な相乗効果をもたらします。

食欲を増進させる

子供は便秘による食欲不振が大人より顕著に現れます。
そのため、便がすっきりでるだけでお腹が空いてよく食べてくれるようになるのです。
ひどいときには、便秘が原因で食べられずに吐いてしまうこともあるほどです。

よく眠れる

便があってなんとなく気持ち悪いと、寝つきが悪くなります。
またイライラなどの精神不安定などにもつながります。
便秘が解消されることで、これらの問題も解決します。

栄養を吸収しやすくなる

古い便が腸内にとどまっていると、栄養の吸収を阻害します。
特にミネラルの吸収を阻害すると言われています。
便秘が解消されることで、ミネラルなどの吸収を促進させることができます。

腸内環境とアトピーの関係


ここでは、腸内環境とアトピーについて考えてみましょう。
腸内環境はアトピーと深い関係があると考えられています。

プロバイオティクス

プロバイオティクスとは、善玉菌を増やして腸内環境をよくすることで、健康的な体を手に入れるという健康法です。
腸内環境を良くすることで、アレルギーに強い体質を作ることを目指します。

アトピーと腸内細菌

プロバイオティクスだけでなく、アトピーと腸内細菌には深い関係があります。
腸内環境が悪く悪玉菌が増えることでアトピーが悪化すると考えられているのです。
悪玉菌の作る有害物質は、自律神経の働きを乱すためアレルギー疾患に悪影響を与えてしまいます。
また、アトピーの炎症を抑えてくれる「副腎皮質ホルモン」があります。
この副腎皮質ホルモンは胆汁として分泌されて腸に届き、善玉菌の作用により腸から吸収され効果を発揮すると考えられています。
このように、腸内環境の改善はアトピーの改善に直接的に関係しているのです。

オリゴ糖摂取におすすめのレシピ


便秘解消に効果のあるオリゴ糖ですが、どのように摂取すればいいのでしょうか?
ここではオリゴ糖摂取におすすめのレシピをご紹介しましょう。

ドリンクレシピ

オリゴ糖は毎日継続的に摂取することで効果を発揮します。
そこでおすすめなのがドリンクレシピです。
ドリンクはその他のレシピに加えて毎日続けやすく、簡単にアレンジできるのも嬉しいポイントです。

ヨーグルトバナナジュース

便秘解消に最も効果のあるレシピと言ってもいいのではないでしょうか?
ヨーグルト、バナナ、オリゴ糖をミキサーにかけるだけです。
ヨーグルトに入っている乳酸菌の働きをオリゴ糖が高めることで、便秘解消により高い効果を発揮してくれます。
とろみが強い場合には、牛乳で調整しましょう。
また、その他のフルーツや野菜を加えてアレンジするのもいいでしょう。

炭酸ドリンク

さっぱりと飲みたいときにおすすめのドリンクです。
無糖の炭酸水にオリゴ糖で甘みを加え、お好みのフルーツを加えます。
炭酸が苦手なお子さんは、牛乳や豆乳、水で代用してもいいでしょう。

ホットドリンク

便秘はお腹を冷やすことで悪化することもあります。
いつも冷たいものばかり飲んでいるなら、たまにはホットドリンクも取り入れてみましょう。
お湯にレモンやミカンなどの柑橘の汁を絞り、オリゴ糖で甘みを調整します。
風味づけにはちみつを加えてもいいですね。
はちみつにもオリゴ糖が含まれています。
ただし、はちみつは1歳以下の赤ちゃんには飲ませないように注意してください。

スイーツレシピ

オリゴ糖は加熱しても成分が変化することはありません。
そのため、ケーキなどの火を通すスイーツに使用しても問題ありません。
スイーツに使用する場合には、粉末状のものが使いやすいでしょう。
ただし、オリゴ糖は甘さ控えめなので、砂糖の代用として使って同じ甘さを出したい場合にはレシピの1.7~2倍程度入れる必要があるので注意しましょう。

オリゴ糖でジャム

オリゴ糖は毎日継続して食べるのが大切です。
ですが、スイーツは毎日食べませんよね。
好きなフルーツとオリゴ糖を使ってジャムにしておけば、トーストに塗ったりヨーグルトに入れたりと活用しやすいのでおすすめです。
砂糖でジャムを作るときと同様にフルーツにオリゴ糖を加えて煮詰めます。

料理レシピ

砂糖やみりんを使用する料理は、そのままオリゴ糖で代用することができます。
同じ量だと甘さ控えめに仕上がるので、量は適宜調整しましょう。
ただし、オリゴ糖では照りは出せないので、照り焼きの場合はみりんと併用する必要があります。

オリゴ糖ご飯

ご飯にオリゴ糖を加えることで、もっちりとツヤのある炊き上がりになります。
作り方は、お米を洗い終わってお水を入れた状態で、最後にオリゴ糖を加えるだけです。
あとは軽く全体を混ぜ、いつも通りに炊いてください。
目安は粉末であれば3合のお米に対しておよそ10グラムですが、オリゴ糖の種類やお好みで調整してください。
毎日食べるごはんでオリゴ糖がとれるのは嬉しいですね。

手軽にオリゴ糖を摂るならサプリがおすすめ!


オリゴ糖は料理などに活用して摂取することもできますが、より手軽にとりたい、確実に摂取したいならサプリメントもおすすめです。
ここでは、こどものオリゴ糖摂取におすすめのサプリメント「くるポン」をご紹介しましょう。

>くるポン公式サイトはこちら

くるポンとは?

くるポンとは手軽にオリゴ糖を摂取することのできる、タブレットタイプのサプリメントです。
オリゴ糖の中でも便秘に効果的と言われている5種類を配合し、更に乳酸菌など便秘解消に効果のある成分を配合しています。
オリゴ糖と乳酸菌を一緒に摂取することで、腸内に存在している善玉菌と共に乳酸菌が活性化して相乗効果が期待できるのです。

くるポンがおすすめの理由

くるポンは、ヨーグルト味で食べやすく、おやつ感覚でオリゴ糖を摂取することができます。
また乳歯が生えそろってタブレットを食べることのできるおよそ2歳半から食べることができます。
ただし、小さいお子さんは、小さく砕いてから与える、よく噛むように指導するなど誤飲には気をつけましょう。
オリゴ糖はカロリーも低く虫歯にもなりにくいので、タイミングを気にすることなく与えられるのも嬉しいポイントです。

>くるポン公式サイトはこちら

まとめ


いかがでしたか?
大人も子供も、便秘を解消することは健康のためにとても重要です。
その方法として、オリゴ糖は毎日の食事にも取り入れやすくおすすめです。
子供だけでなくもちろん大人にも効果があるので、オリゴ糖を食事に取り入れて家族みんなで腸内環境を良くしていきましょう。
それでも便秘が解消されない場合やもっと手軽にオリゴ糖を摂りたい場合には、くるポンなどのサプリメントもうまく活用すればいいですね。

>くるポン公式サイトはこちら

オススメ記事

実家に帰省した際など、とくに気をつけたいのが子供のヤケド。 お鍋の前に立っているおばあちゃんに駆け寄って行ったり、ストーブの上のやかんに手を伸ばしたり...

娘が3ヶ月のころ、急におっぱいを飲まなくなりました… なんと唇と舌が、鵞口瘡(がこうそう)という病気になっていたのです。 「赤ちゃん 舌 白い」で検...

子供って、常に動き回っていて落ち着かない事が多いですよね。 好奇心旺盛にどんどん行動するのはもちろん良いですが、その一方で集中力がないのでは?と心配になる親も多い...

産まれたばかりの赤ちゃんの肌は、非常にデリケートです。 だからこそ、赤ちゃん用には無添加の商品を選ぶママが多いですよね。 そんな赤ちゃんに欠かせないスキンケア、...

娘が1歳を過ぎた頃、たまたま本屋で見つけた「おむつなし育児」という本に感銘を受けて、早速ホーローのオマルを購入。いざトイレトレーニング!と意気込んでみたものの見事に...

我が子の言葉の発達は、どの親も大変気にするものです。 もしかして、周りの子よりも遅いんじゃないか…そんな考えが頭を過ぎった日には、ママは何としても遅れを取り戻そう...

あなたは赤ちゃんの保湿はどうしていますか? 赤ちゃんの肌はとても敏感なのでちょっとしたことで肌トラブルを起こしてしまいます。 そのため、何かを塗ってあげるのも肌...

成長期の子供に必要な栄養素といえば、一番に思い浮かぶのがカルシウムではないでしょうか? カルシウムは子供の成長にとって必要不可欠な栄養素です。 では、なぜカルシ...

子供の歯並び、これからどうなっていくのか心配というママも多いはず。 とくにママやパパの歯並びで、気になるところがあるという場合はなおさらですよね。 歯並びってど...

子供は成長が早いので、去年来ていた服が今年はもう着られないということも多いですよね。 下の子がいればそんなサイズアウトした服を置いておくこともあるかもしれません。...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ