すくすく育児

妊活中のストレスの影響は!原因は仕事や旦那?どうやって発散する?

[記事公開日]2018/08/31 [最終更新日]2018/08/29
■カテゴリー:出産, 妊活
■タグ:,

近年不妊治療により生まれる赤ちゃんの割合はどんどん高くなっていると言われています。
まわりは結婚したら普通に子供ができているのに、自分だけなかなか授からないと焦りますよね。
自分は本当に妊娠できるのか。不安になっている人も多いと思います。
妊活中はホルモン剤の影響や精神的な不安などから、ストレスに悩む女性がたくさんいます。
ここでは、そんな妊活中のストレスについて考えてみたいと思います。

目次

  1. 妊活中は精神的に不安定になるもの
  2. 妊活中のストレスの原因
  3. 妊活中の仕事のストレス
  4. 妊活中の旦那のストレス
  5. 効果的なストレス発散方法は?
  6. 妊活を成功させるために

妊活中は精神的に不安定になるもの


近年、妊娠できずに悩んでいる人の割合はどんどん増えていると言われています。
今まさに妊活真最中の人、これから始めようと思っている人、将来自分が妊娠できるか不安に思っている人はたくさんいると思います。
妊活をしているという芸能人がブログを書いていることも多く、経験したことのない人もなんとなく知っていることかもしれませんが、妊活は決して楽なものではありません。
肉体的にだけでなく、精神的にも女性には多くの負担がかかります。
自分だけが悩んでいると思わずに、多くの人が頑張っていることを知っていれば、少しは気持ちも楽になるかもしれません。
順調に妊娠・出産しているように見えている多くの人が、つらい妊活を経験してきた可能性もあるのです。

妊活中のストレスの原因


妊活中にストレスを感じるものというのは、なんとなく知っている人も多いかもしれませんが具体的にどのようなストレスがあるのでしょうか?
妊活中のストレスは大きく分けて2つあり、1つは精神的なストレス、もう1つは肉体的なストレスです。

精神的なストレス

精神的なストレスには、

  • 妊活が成功するか不安
  • 高額な治療費の負担
  • 周囲との人間関係
  • 妊娠しないことへの焦り

などがあります。
女性にとってなかなか妊娠できないというのは、周囲の想像以上に心の負担になるものです。
妊活をしている多くの女性が不安を抱えているのです。

肉体的なストレス

精神的なストレスが注目されがちな妊活ですが、妊活には肉体的な負担もかかります。
具体的には、

  • 薬に対する副作用
  • 痛みを伴う検査や治療
  • 仕事や家事との両立による疲れ

などがあります。
特に不妊治療をすると、女性の体に大きな負担がかかります。
注射や検査の痛みが怖くなかなか2回目に踏み切れない、ホルモン剤の副作用が強く治療を中止したなど、肉体的なつらさが原因で妊活を断念したという話も少なくありません。

妊活中の仕事のストレス

仕事をしながら妊活をしている人も多いですよね。
仕事をしながら妊活をするのは、想像以上に大変なのです。

妊活していることを話せない

妊活をしていることは、なかなか周囲に話しにくいものです。
以前に比べると最近は妊活をオープンにする人も増えているようですが、それでもまだ周囲に知られることに抵抗を感じる人もたくさんいます。
そのため、多くの人が職場の上司や同僚に妊活をしていることを隠しながら病院に通っています。
妊活の治療には生理周期に合わせて通院日を指定されることも多く、その都度休みを取らなければなりません。
妊活していることを上司に話せていない環境だと、休みづらくそれだけでストレスになってしまいます。

仕事が大変

そもそも、妊活がなくても仕事にストレスを感じている人は多いのではないでしょうか?
仕事自体にストレスを感じている人もいれば、肉体的につらい、人間関係がきついということもあるかもしれません。
仕事と妊活、単体でもストレスがあるのに両立するのは本当に大変なのです。

仕事を辞めざるを得ないことも

職場で妊活について話せない、もしくは妊活していると話しても協力を得られないなどの理由で、退職を考える人も少なくありません。
妊活にはタイムリミットがあります。
そのため、特に30代後半以上で妊活を始めた人は、すぐに結果を出さなければ間に合わないという危機感があります。
その状況で職場の理解が得られなかったり、仕事が原因で妊活の妨げになったりすることがあれば、離職を考えることも多いようです。
中には本当は仕事を辞めたいけど、妊活にはお金がかかるため経済的に辞められないパターンもあるようです。

妊活中の旦那のストレス


妊活中はパートナーに対してストレスを感じることも多いようです。
本来、一緒に妊活を頑張っていくはずのパートナーに対してストレスを感じてしまうのはなぜでしょうか?
それには様々な要因があります。

妊活への意識の違い

        
妊活は、夫婦でするものですよね。
ですが、中には夫婦間で妊活への意識が違って悩んでいる人もいます。
女性側と男性側、どちらかだけが妊活に対して前向きであった場合には、妊活への意識の違いが大きなストレスとなります。
不妊の原因が男性側にあったとしても、基本的には妊活は圧倒的に女性の体への負担が大きいものです。
女性側はなぜ自分ばかり苦労するのか、となってしまいがちです。

夫婦生活に関するストレス

  
体外受精などになれば、基本的には夫婦生活を控えるように指示されることが多いです。 
中には夫婦生活が自由にできないことに対して、ストレスを感じることもあるでしょう。
逆に、タイミング法の段階であれば、決まった日に夫婦生活を行わなければならないため、それを負担に感じていることもあるかもしれません。
どちらにしても、妊活中は夫婦生活が自由にできないということも多く、それによって夫婦間の関係がぎくしゃくしてしまうことも多いようです。

その他の人間関係

旦那との関係以外にも、その他の人間関係に悩んでいることも多いでしょう。
妊活している事実を両親に伝えているかどうかによっても、そのストレスは変わってきます。
特に旦那の両親や親せきに、子供を催促するようなことを言われてストレスに感じる女性が多いようです。

効果的なストレス発散方法は?


このように妊活中は様々なストレスがかかるものです。
ストレスとうまく付き合えるか、うまく発散できるかが妊活の成功を左右すると言っても過言ではありません。
なぜなら、妊活の成功には精神的な要因も大きく関係しているからです。
妊活を成功させるために、ここでは効果的なストレス発散方法について考えてみましょう。

おいしいものを食べる

妊活中は体のことを考えて栄養バランスを考えた食事を心がけている人も多いのではないでしょうか?
ホルモンバランスの影響で太ってしまい食事をセーブしているという人も多いようです。
また、経済的な負担から節約をしていることも少なくありません。
ですが、たまには妊活のことを忘れて、好きなものを食べてはいかがでしょうか?
病院に行ったついでに好きな店でランチをしてみたり、カフェでリラックスしてみたり、それだけでもストレス発散につながります。

体を動かす

妊活中は、その半分近くが「もしかしたら妊娠しているかもしれない」時期です。
そのため、運動を控えている人も多いですよね。
体を動かさないことで、気持ちまでどんどん保守的になってしまいストレスをため込んでしまいがちです。
そのため安静を指示されている場合を除いて、軽い運動などで体を動かすようにしましょう。
体を動かすことでストレスを発散できるだけでなく、血行や代謝もよくなり妊活にもいい影響があると考えられます。

妊活のことを考えない時間を作る

妊活をしていると、どうしてもそのことばかり考えてしまいます。
ですが、それでは精神的につらくなってしまうばかりです。
たまには妊活のことを忘れて、リラックスする時間を作りましょう。
自分へのご褒美にちょっとしたぜいたくをしてみたり、夫婦で出かけてみたりするというのもいいですね。
思い切って1か月休憩してみるなど気持ちを切り替えるのもいいと思います。

妊活のことを話せる人を見つける

妊活はなかなか人に言いづらく、夫婦だけで抱えてしまいがちです。
ですが、妊活をしている人はたくさんいるのです。
妊活を経験した人や、今頑張っている人など、一人でも話をできる人がいることでストレスは大きく軽減されます。
クリニックのセミナーで知り合った人と情報交換をすることで不安が解消できたという声もあるようです。

妊活を成功させるために


ここでは、妊活を成功させるために注意したいことをいくつかご紹介しましょう。

体を労わる

妊活にはストレスがつきものです。
ストレス解消法と言えば、お酒やたばこという人もいるかもしれませんが、妊活中は控えるようにしましょう。
また体に何か不安があるなら、きっちりと病院に行くなどして解決するようにしましょう。
長年悩んでいた腰痛を改善するために整骨院に通い始めたところ妊娠したという声もあるようです。

規則正しい生活をする

栄養のあるものを食べしっかりと睡眠をとりましょう。
妊活の基本は体です。
健康的な生活が、妊活の成功、そしてその後の妊娠出産には不可欠です。

インターネットの情報にまどわされない

妊活中は不安になって、様々な情報をインターネットで検索してしまいがちです。
人それぞれ状況はことなるので、インターネット上の情報に一喜一憂しないようにしましょう。

自分にあったクリニックを見つける

妊活は、自分でタイミング法を試している人から、専門のクリニックで治療をしている人まで様々です。
不妊治療を行っているクリニックはたくさんありますが、病院によっても先生によっても、治療方針は大きくことなります。
そのため、自分が信頼できると思う病院を見つけることは妊活を成功に導くカギとなります。
中には、カウンセリングなどストレスへのケアをしてくれるクリニックもあるので、病院選びの一つの基準にするのもいいですね。

まとめ


いかがでしたか?
妊活のストレスに悩んでいるなら、一度立ち止まってその原因について考えてみましょう。
ストレスを上手に解消することは、妊活の成功にもつながります。
無理をせず、自分に合った妊活スタイルを見つけましょう。

オススメ記事

ベビ待ちさんに冷えは大敵!いよいよ冷え込む寒い季節になりましたね~。 寒いとどうしても体調を崩しがちに…月経不順等が気になる方も、冬こそしっかりと子宮をあっためて...

近年、芸能人が妊活をカミングアウトしたりドラマになったりと、妊活に注目が集まっていますね。 もちろん中には、何の問題もなく望んだ時に子どもを授かることのできる人も...

妊活中は何かとストレスを感じやすいものです。でも妊娠には何よりも健康な心と体が大切ですね。やはり妊娠しやすい体になるためにはストレスは禁物です。普段、お風呂あがりに...

赤ちゃんを産んだのは2年前ですが、当初、入院が6日間の予定だったので、そんなに入院してたら暇だな~と雑誌やらマッサージグッズやら、あれこれバッグに詰め込みまくり。 ...

大切な我が子にもし障害があったらどうしよう… そんな漠然とした不安に駆られる事、ママやプレママなら誰でも経験があるのではないでしょうか。 両親共に障害がなかった...

妊娠を希望して本格的に妊活をする方は、お酒の害が受精卵に影響するのかどうかが気になると思います。お酒が好きな方は、妊活中にお酒を飲んでいても、本当に胎児へ影響がない...

昔は出産といえば実家へ帰って、実母にサポートをしてもらう「里帰り出産」が一般的だったようなイメージがあります。近年では高齢出産の方も増え、それに伴ってご両親も高齢だ...

女性が多く社会で活躍している現代では、一昔前に比べると妊娠・出産が高齢になる傾向が強くなっています。 しかし高齢になればなるほど、妊娠にはリスクが伴うと言われてい...

生理が始まった頃、毎月お腹が痛くなるし面倒くさいなぁ…特に、体育のプールや修学旅行に当たらなければいいなと思っていた記憶があります。働くようになってからは、仕事がハ...

妊娠中には積極的に葉酸を摂取する様に、よく言われていますよね。 しかし葉酸は、どうやって摂取していったら良いのでしょうか。 また、何故摂取する必要があるのでしょ...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ