すくすく育児

ミルクの水は軟水で!赤ちゃんに安心なのはペットボトル?浄水器?

[記事公開日]2018/08/25 [最終更新日]2018/08/20
■カテゴリー:子育て, 赤ちゃん
■タグ:

赤ちゃんのお世話で欠かせないのが、ミルクです。
ミルクを作るのって、意外と手間がかかるもの。
しかも赤ちゃんが泣いている時なんかは、1秒でも早くミルクを作りたいものですよね。
そうは言っても、赤ちゃんにはより安全な水でミルクを作ってあげたいと思うのは親として当然です。
ここでは、そんな赤ちゃんのミルクを安全に作るための水について紹介していきます。

目次

  1. 赤ちゃんのミルクの水は軟水が良い?
  2. ペットボトルや浄水器が安心?
  3. ウォーターサーバーが大活躍!
  4. フレシャスの魅力とは
  5. まとめ

赤ちゃんのミルクの水は軟水が良い?

赤ちゃんは、まだ体の中も大変未熟な状態です。
生まれたばかりの赤ちゃんはミルクしか飲めず、そこから全ての栄養を得て成長していくことになります。
そんなデリケートな赤ちゃんの体を守るためには、ミルクを作るための水にも気を遣わなければなりません。

水の種類

水と一口に言っても、種類がたくさんあります。
例えば、硬水と軟水です。
これは水に含まれているカルシウムやマグネシウムと言ったミネラル分の多さによって変わってきます。
ミネラル分が多い水は硬水となり、ミネラル分が少なければ軟水となります。
硬水は苦味があるなど少し癖のある味となっていますが、肉を柔らかくする働きがあるので煮込み料理などに最適です。
その一方でミネラルが多く含まれるために腎臓に負担がかかってくるので、下痢などの症状が出てしまう可能性があります。
軟水は癖があまりなく、口当たりの良い水です。
日本の水は軟水が多く、一般的には硬度が100以下を軟水、101以上が硬水とされています。

また硬度以外にも、水には4つの種類があります。

1.ミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、ミネラルを含んだ水の事を指します。
元々ミネラルを含んでいなくても、後から人工的にミネラルを追加することでミネラルウォーターとする事も可能です。
水そのものに基準はなく、製造がとても簡単であるという特徴があります。

2.ナチュラルウォーター

ナチュラルウォーターは鉱水や鉱泉水と呼ばれる水で、ろ過や沈殿、加熱などの処理が施されている地下水です。
特定の水源から採水され、地下水に処理が成されたものをナチュラルウォーターと言うのです。

3.ナチュラルミネラルウォーター

ナチュラルミネラルウォーターは、天然水と呼ばれます。
土壌で何十年もかけてろ過された水に、ろ過や沈殿、加熱殺菌処理を行った水の事です。
自然の恵がたくさん詰まっていますが、値段も高くなりがちです。

4.ボトルドウォーター

ボトルドウォーターは、「飲用適」と水道法の基準を満たしている水の事です。
ボトルドウォーターは処理方法が決まっていないので、飲用適であればどんな水でもボトルドウォーターとなります。

赤ちゃんのミルクに適した水は?

さまざまな水がありますが、赤ちゃんにはより安心な水を使用したいものです。
硬度で言えば、赤ちゃんには軟水が適しています。
体に優しい水なので、まだ未熟な赤ちゃんの体でも安心です。
水の種類で言えば、天然水となるナチュラルミネラルウォーターが適していると言えますね。

ペットボトルや浄水器が安心?

赤ちゃんのミルク作りは、意外と手間がかかるものです。
70度以上のお湯で粉ミルクを溶かして、人肌の温度になるまで冷ましてあげなければなりません。
水道水の場合は、10分ほど沸騰させた水を使う必要があります。
これでは、ミルクが欲しいと泣く赤ちゃんを10分以上放置しておかなければならなくなってしまいますよね。
そこで、ペットボトルや浄水器を使っているママもいるんです。

ペットボトルの水にもさまざまな種類がありますが、ミルクに使うのならば天然水の軟水を選びましょう。
ペットボトルならば、10分待たずともサッと沸騰させてミルクを作ることができます。
水の品質も安心な上に衛生的に保管ができるので、とても重宝されているんですよ。
そして浄水器も、水道に簡単に取り付けができて水道水よりも安心な水が利用できるので人気となっています。
ただし、浄水器によっては有害物質が取り除けないなどのデメリットがある場合もあるので注意しなければなりません。
そんな特徴があるとしても、水道水を10分以上沸騰させるよりは断然に時短でミルクが作れるのがペットボトルや浄水器のメリットなのです。
1日に何回も作るミルクは、こうして少しでも手間がかからない方が良いに越したことはありませんよね。

ウォーターサーバーが大活躍!

ミルク作りで大活躍するのは、ペットボトルや浄水器だけではありません。
ウォーターサーバーも大変便利で、人気となっているんですよ。
ウォーターサーバーならば、いつでも80度程度の熱湯が出てきます。
沸騰させるという手間がないので、ミルクが完成するまでの時間は圧倒的に短くなりますよね。
熱湯に粉ミルクを溶かして、それを人肌までに冷ますだけで良いんです。
これは、特に夜中のミルクの時には大変重宝する事間違いありません。
時間がなくとにかく忙しいママにとって、ミルクをサッと作れるのは大変有り難い事なのです。

またウォーターサーバーによって水の品質は違いますが、ミルクに適した水を選ぶ事ができるのも魅力です。
そして赤ちゃんが成長して、離乳食などが始まった際にもウォーターサーバーは活躍します。
離乳食が始まったとは言え、まだまだ体が未熟な赤ちゃん。
離乳食に使う水にも、気を遣っていきたいものですよね。
ウォーターサーバーならば、料理にもお茶を作る際にも、お米を焚く時にも活用する事ができます。
日常のあらゆる場面で、赤ちゃんにも安心な水が熱湯でも冷水でもすぐに利用できる環境となるのです。
これは、ママにとって大きな魅力であること間違いありませんよね。

>ウォーターサーバー【フレシャス】公式サイトはこちらをクリック!

フレシャスの魅力とは

多種多様なウォーターサーバーがありますが、ここではフレシャスをおすすめします。
フレシャスには、おすすめしたい4つの魅力があるんですよ。
それぞれ、詳しく見てみましょう。

1.3種類から選べる天然水

フレシャスでは、産地直送で3種類の天然水から好きなものを選ぶ事ができます。
フレシャス定番となっているFRECIOUS富士の天然水、富士山のバナジウム180μgを配合したFRECIOUS朝霧高原の天然水、そして森に湧きでるFRECIOUS木曽の天然水です。
それぞれ含有成分が多少異なっていて、赤ちゃんのミルクにより適しているのはFRECIOUS富士とFRECIOUS木曽となっています。
どれも軟水ですが、FRECIOUS木曽のみ湧水で他は地下水という違いもあります。

2.水交換が楽!

ウォーターサーバーと言えば、水の交換が重くて大変なイメージがあるものですよね。
ママだけしかいない時に水がなくなってしまったら、水の交換だけでも一苦労で大きく体力を消耗してしまうものです。
しかしフレシャスならば軽量パック式の水を採用しているので、ママでも手軽に水の交換ができるんですよ。
さらに使い回しのボトルではなく回収不要の使い切りパックとなっているので、衛生面でも非常に安心ですよね。
赤ちゃんに使う水だからこそ、この安心感はとても大きな魅力です。

3.デザインが豊富!

フレシャスの魅力は、そのデザインの多さにもあります。
ウォーターサーバーというと、なんとなく見た目は妥協してしまう部分もありますよね。
しかしフレシャスならば、各家庭のインテリアに合ったデザインを選ぶ事ができるんです。
基本的なデザインでもとてもスタイリッシュですが、さらにグッドデザイン賞を受賞しているものや卓上型のものも選ぶ事ができます。
さらには、miffyやリラックマ、ワンピースなどとのコラボモデルもあるので、好みに合ったものが選べるんですよ。

4.続けやすい料金設定!

フレシャスは、続けやすい料金設定も魅力です。
全国の送料は0円となっていて、サーバーのレンタル代も0円~となっているんです。
一部サーバーにおいては、月々に指定されたパック数注文すればレンタル代が0円となるものもあります。
さらにメンテナンス料も無料となっているメリットがあるのですが、基本的には簡単なセルフメンテナンスで済んでしまうのです。
これならば、使い勝手も良いですよね。
そして気になる水の値段は、500mlあたりで約79円~となっています。
さらに購入ノルマもないので、家庭に合わせたペースで購入ができるんですよ。
この料金設定なら、家計に負担をかけることもなく使っていく事ができますね。

>ウォーターサーバー【フレシャス】公式サイトはこちらをクリック!

まとめ

赤ちゃんは、自分の欲求が満たされるまでひたすら泣き続けます。
特にお腹が空いている時は、泣き方も激しくなるものなんですよね。
ミルクができて口に入るまで休む事なく泣き続ける赤ちゃんを見ていると、いくらママでもストレスが溜まってしまうものです。
特に生まれたばかりの赤ちゃんの場合は、夜中でも2~3時間おきにミルクをあげなければなりません。
この、夜中のミルクほど大変なものはないのではないでしょうか。
眠い体を叩き起こして、ミルクを作らなければならないのです。

そんな時、沸騰する手間のかからないウォーターサーバーがあれば便利なんですよね。
我が家でも、長男が生まれてすぐギブアップしてウォーターサーバーを取り入れました。
その便利さと言ったら、当時の感動は今でも忘れません。
毎日が体力勝負で時間との闘いとなる、子育て。
中でもミルクを飲んでいる乳児の場合は、時間がいくらあっても足りないものです。
そんな毎日を少しでも楽にするためには、ウォーターサーバーが大変おすすめですよ。
もちろん赤ちゃんのミルクだけでなく、ママのリラックスタイムの紅茶やパパの夜食のカップラーメンなんかでも大活躍します。
フレシャスはデザイン性も高く天然水も選べるので、どんな家庭でも使いやすい様に工夫されています。
ぜひフレシャスを使って、毎日の生活にもう少しゆとりを作ってみませんか?

オススメ記事

妊活中から葉酸は摂った方がいいと言われていますが、実際にはいつからいつまで必要なのでしょうか。 妊娠したいと思っていても、いつ妊娠できるかわからないのでコスパも気...

大切な我が子にもし障害があったらどうしよう… そんな漠然とした不安に駆られる事、ママやプレママなら誰でも経験があるのではないでしょうか。 両親共に障害がなかった...

妊活に良いと噂されている、最近人気のサプリメント「kodakara(コダカラ)」をご存じですか? 早いと一ヶ月程で子宝に恵まれる事もあると言うkodakaraです...

一昔前に比べて、外遊びが劇的に減っている現代。 そんな現代では室内でも子供が満足できる遊びがたくさん揃っている環境ではあるものの、外遊びでしか得られないメリットも...

まだ小さい子供だとは言っても、幼稚園や保育園に入ればマナーが必要となってきます。 しかしその前にも、様々な場面で必要となってくるのが、マナーですよね。 そんなマ...

夜なかなか寝ついてくれない赤ちゃんはとても多く、頭を抱えるママは非常に多いですよね。 育児等で一日中働いて疲れ切っているママにとって、赤ちゃんがなかなか寝ついてく...

英語教育が盛んに行われる様になった現在では、幼児世代からの英語教育も広がってきています。 そのため今後は、「英語が話せて当たり前」となっていく事が予想されます。 ...

子供がかかりやすい病気の一つとして、手足口病があります。 手足口病は名前は聞いた事があっても、実際どんな病気か知っている人は少ないのではないでしょうか。 今流行...

寝る時は川の字でまっすぐ寝ていたのに、ふと見たら子供が180度回転している! 布団から飛び出てしまっていて、ママは眠い目をこすりながら子供を何度も布団へ戻す毎日…...

近年では晩婚化もあって、10歳以下のお子さんを持つ40代女性が急増しているのだそうです。 育児だけでも大変なのに、そこにもっと大変な介護が重なってしまったらどうな...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ