すくすく育児

子供が嘘をつく原因は?人のせいにする理由とやめさせる方法とは

[記事公開日]2018/07/08 [最終更新日]2018/07/05
■カテゴリー:子育て
■タグ:,

「宿題もうおわったよー!」なんて、子供はすぐばれる嘘をつくものです。
親としては、そんな子供の嘘にショックを受けてしまう事も少なくありませんよね。
自分の育て方が間違っていたのだろうか、これから嘘ばかりつく様になってしまったらどうしよう…
そんな事を考え出したら、きりがありません。
しかし子供の嘘は、大人がつく嘘とはちょっと本質が違います。
その原因を知って、子供のためになる対処をしていきましょう。

目次

  1. 子供が嘘をつく原因
  2. 嘘をついて人のせいにする理由とは?
  3. 子供の嘘をやめさせる方法8選!
  4. 子供が嘘をつかなくなる環境作りが大切!
  5. まとめ

子供が嘘をつく原因

子供を嘘をつくのには、いくつかの原因が考えられます。
ここでは、主なものを8つ挙げてみましょう。

1.早く遊びたいから

例えば宿題を終わらせていないのに「終わった」と言ったり、手を洗っていないのに「洗った」と言うなどは、子供が早く遊びたいからつく嘘です。
子供の最優先事項は、いかに楽しい事ができるかという事。
楽しい事を1秒でも早くしたいからこそ、手っ取り早く嘘をついてしまうのです。
この場合の嘘は、決して悪意があるものではありません。
ただ単に、遊びたいという気持ちが先走っているだけなのです。
これは、子供の健全な反応と言って良いでしょう。

2.褒められたいから

子供は、親に褒められる事が大好きです。
そのため、ありもしない事実を作り上げて嘘をつく事があります。
「クラスで、みんなができなかったのに自分だけできた」など、いかにも親が褒めそうな内容を伝えてくる事が特徴です。
この場合も、子供に嘘をついているという意識はありません。
親に褒められるためには、事実がどうかという事はまだあまり認識ができないのです。
もちろん年齢が上がれば認識力は上がるので、中学生などでは意図的に嘘をついている可能性も出てきます。

3.認められたいから

子供は親が大好きだからこそ、認められたいと強く願います。
親に認められてこそ、子供は自分自身を好きになり自信を持てる様になるのです。
そのため、事実に反する事を言う事があるんですよ。
その理由は、親に褒めてもらって頭を撫でてもらいたいから。
子供にとっては、親に認められて褒められる事が全てと言っても過言ではないのです。

4.怒られたくないから

大人でも、嘘をつく最大の理由は「怒られたくないから」ではないでしょうか。
いわゆる「保身」のためとなるこの嘘は、ある意味人間の正常な反応です。
良い事と悪い事の分別がしっかりとついているからこそ、嘘をつくのです。
嘘がばれると怒られる事が頭で理解できているから、どうしても嘘をついてしまうんですね。

5.空想の中にいるから

まだ幼い子供の場合は、空想と現実の堺がはっきりとはしていません。
大好きなアニメの空想の中にいて、ごっこ遊びをする事も多くあるでしょう。
その延長で、空想の中にいるかの様な嘘をつく事があります。
もちろん子供の中ではそれは現実で、嘘だという実感は全くありません。

6.嘘が当たり前と思っているから

中には、嘘が悪い事だとは思っていない子供もいます。
例えば両親が毎日の様に嘘をついていたり、親に嘘ばかりつかれていると子供もそうなります。
子供との約束を破ってばかりいるのも、これに当たります。
子供は、親を見て手本にして成長していきます。
親のこうした行動は、子供をも同じ道へと導いてしまうのです。

7.誰かを守っているから

大人ではありがちな、誰かを守るためにつく嘘。
子供だって、そんな嘘をつく可能性があります。
大好きな友達や先生、時には親をかばって嘘をつく事もあるでしょう。
この場合の嘘は、大変優しく思いやりに満ちています。

8.病気の可能性

嘘が多すぎたり違和感を感じる場合は、病気の可能性も考えられます。
演技性パーソナリティ障害や虚偽性障害は、嘘をつく事が症状の1つとなっているのです。
もちろん、嘘をつくという事だけで病気の診断ができるものではありません。
しかし子供の嘘に何か違和感を感じるという場合は、万が一の可能性も視野に入れて専門家に相談してみると安心です。

嘘をついて人のせいにする理由とは?

様々な嘘がある中で、親が最も怒りたくなってしまう理由は「人のせいにする」というものではないでしょうか。
子供の嘘は、非常にわかりやすいものです。
すぐばれるのに、人のせいにして嘘をついてしまう事も多くありますよね。
子供が人のせいにするのには、それなりの理由が考えられます。
まずは、その理由について言及してみましょう。

1.自分を守るため

人のせいにしてしまう最大の理由は、「自分を守るため」ではないでしょうか。
誰かのせいにすれば、自分は怒られる理由がなくなります。
自分は守られて、恐怖から逃れる事ができるのです。
嘘をつく根底はまさにここにあると言えますが、人のせいにするのは良い事ではありませんよね。
しかし人のせいにすれば、自分が楽になって守られる事が分かっているからこそ人のせいにしてしまうのです。

2.親から嫌われたくないため

親は、子供が見ている世界の中でも大変大きなウェイトを占める存在です。
そんな親に嫌われてしまったら、子供は絶望の淵に立たされるも同然となります。
そこで親に嫌われてしまいそうな事が合った場合、どうにかしてそれを回避するために人のせいにしてしまうんですね。
親への純真無垢な愛情が、時に子供に嘘をつかせてしまうのです。

子供の嘘をやめさせる方法8選!

子どもの嘘に悪意がない事が多いとはわかっていても、親としてはどうしても心配になるものです。
そこで、子どもの嘘をやめさせる方法も8つ見ていきましょう。

1.嘘をつかない

まずは、親が嘘をつかない事が大切です。
親が嘘ばっかりついている様では、子どもも嘘が悪い事とは認識できなくなってしまいます。
そんなに小さな嘘も、子どもにはつかない様にしましょう。

2.約束を破らない

約束を破るという事は、嘘をついたとイコールとして考えられる事がほとんどです。
特にまだ幼い子どもと交わした約束は、「どうせまだわからないから」と破ってしまう親も少なくありません。
しかし子どもは、親が思っている以上に状況を把握しているものです。
こうして頻繁に約束を破ってしまっていると、子どもも約束を守れなくなり嘘もつく様になってしまうのです。

3.子供の気持ちに共感する

子どもが何か話をしてきたら、まず子どもの気持ちに共感してあげましょう。
「そうだったんだね」「大変だったね」「すごいね!」「嬉しかったね」「悲しかったね」など、この一言がとても重要なのです。
これがないと、子どもは親に自分の気持ちが分かってもらえなかったと思ってしまう事もあります。
すると、どうにかして分かってもらいたくて嘘をつくという行動に走ってしまう事もあるのです。
だからこそ、子どもの気持ちには、たった一言でも共感してあげる事が大切なんですね。

4.頭ごなしに叱らない

簡単にばれる嘘だからこそ、親としては頭ごなしに叱ってしまう事もあるでしょう。
しかし頭ごなしに叱ってしまうと、子どもは嘘をやめるどころか嘘のつき方が上達していってしまいます。
より嘘がばれない様に、工夫していく様になるのです。
つまり、頭ごなしに叱るのは逆効果と言えます。

5.子供の話をしっかりと聞く

子どもの話は、忙しい時でもしっかりと聞いてあげましょう。
ゆっくりと気長に、子どもに主導権を全部渡して話したいだけ話させてあげます。
すると子どもも満足して、嘘をつく事もなくなるのです。

6.たくさん愛情を伝える

親からしっかりと愛されている事が分かっていれば、嘘をつく必要もありません。
子どもがつく嘘のほとんどは、親に関する理由です。
だからこそ、日頃から子どもにはたくさんの愛情を伝えておく事が大切なんですね。

7.素直に話したらたくさん褒める

素直に話す事ができたら、大袈裟な位に褒めてあげましょう。
嘘を途中でやめて、素直に話してくれた時も同様です。
こうすれば、子どもは「素直に話した方が褒めてもらえるんだ」と認識します。
すると、嘘の回数はどんどんと減っていくんですよ。

8.子供の様子を観察しておく

嘘をつくという事は、子どもが何かしらのメッセージを発している可能性があります。
「寂しい」「つらい」など、それは子ども自身も気付いていないメッセージかもしれません。
そんなメッセージをしっかりとキャッチするためには、日頃から子どもの様子をしっかりと観察しておく事が大切です。
そしてちょっとでも変わった事に気付いたら、すぐに優しく声をかけて話を聞いてあげましょう。

子供が嘘をつかなくなる環境作りが大切!

こどもの嘘を減らすためには、親が嘘をつかなくなる環境を整えてあげる事が大切です。
まずは、こどもがいつでも親に話ができる様にしておく事。
そして、愛情を惜しまずにどんどんと伝える事。
さらに何でも叱るのではなく、まずはこどもに共感して受け止めてあげる事です。
たったこれだけでも、こどもは嘘をつかなくなってくるものです。
こどもの嘘は、親の対応によって多くも少なくもなる事も覚えておきましょう。

まとめ

嘘をつくという事は、子供が成長している証です。
そのため嘘が一概に悪いと決めつけてしまうのではなく、健やかに成長している証だとおおらかにとらえておきましょう。
その上で、嘘が少なくなる様な環境を整えておく事が大切です。

人間なら、誰しも嘘はつくものです。
それは大人だって同様で、子供に限った事ではありません。
むしろ子供の嘘は、そのほとんどに悪意がないのです。
親に愛されたくてつく嘘、楽しさを求めてつく嘘、そして自分を守るための嘘。
どれも、大変健全な反応ではないでしょうか。
もちろんその理由は様々ですが、悪い嘘を減らすためには親の愛情が何よりの薬となるんですね。
だからこそ、親は子供の嘘を温かく見守り愛情をたくさんかける事で嘘をつかない環境を作る事が大切なのです。

オススメ記事

「おむつとれた?」 授乳が終わってほっとしたのもつかの間。食事の習慣が安定し、歩行がしっかりしてくると次に気になるのは、おむつはずれです。周りのお友達からこん...

子育てって想像していたよりも、ずっとずっと疲れます。こどもができる前の、仕事や運動とか遊びすぎでヘトヘトに疲れたという感覚とは全く違いますよね。 なんせ自分の時間...

子供は成長が早いので、去年来ていた服が今年はもう着られないということも多いですよね。 下の子がいればそんなサイズアウトした服を置いておくこともあるかもしれません。...

「母乳だと免疫力が高まって、赤ちゃんが風邪をひかない」ということを聞いたことがあるというママもいるかと思います。私も年配の方や助産師さんからも言われていたので、赤ち...

「イクメン」という言葉が定着するようになり、男性の育児参加が当たり前の時代になりましたね。街で見かける抱っこひも姿のパパも、もはや特に珍しいものではなくなりまし...

お肌の乾燥は様々な肌トラブルにつながりますので、早めに対処していきたいものです。 ママ自身のお肌の悩みも困りものですが、赤ちゃんや子供の肌トラブルにおいては、それ...

一昔前に比べて、外遊びが劇的に減っている現代。 そんな現代では室内でも子供が満足できる遊びがたくさん揃っている環境ではあるものの、外遊びでしか得られないメリットも...

今日は良く泣くなぁなんて思って子供を抱っこしてみたら、体中が火の様に熱い! この体験は、まさに子育てあるあるなのではないでしょうか。 そんな時、親としてはびっく...

歴史上の偉人たちは、想像力が非常に豊かな人が多いもの。 生まれ持った才能を活かすためには、想像力を高める事が大切とも言われます。 そんな想像力が鍛えられると、子...

「乳酸菌ラブレ」って名前だけは知っているけど、実際どんな効果があるのか分からない… そんな方、多いのではないでしょうか。 健康に良いのは分かるけれども、どんな成...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ