すくすく育児

30代も産後も綺麗なママでいたい!ファッションや髪形のポイント

[記事公開日]2018/06/11 
■カテゴリー:産後, 美容
■タグ:

30代はお肌の曲がり角、なんて言われる時期。
スキンケアにしてもファッションにしても、何かと同じではいられない時期ですよね。
そして産後のママも、様々な部分で変化が多いものです。
しかしどんな時でも綺麗でいたいのは、どの女性にも共通する願いではないでしょうか。
ではいつでも綺麗でいるためには、どんな点に気を付ければ良いのか見てみましょう。

目次

  1. 30代はお肌の曲がり角?!
  2. 産後のママは綺麗がキープしにくい?!
  3. 30代でも産後でも綺麗なママでいるポイントとは
  4. サプリも有効活用しよう!
  5. まとめ

30代はお肌の曲がり角?!

俗に言う「お肌の曲がり角」とは、肌質の変化を感じ始める時期とされています。
加齢によって肌質はどうしても変化してくるもので、ある時から様々な肌トラブルが気になる様になってしまうんです。
その時期こそ、お肌の曲がり角と言えるんですね。

お肌の曲がり角は、一般に20代後半から30代前半頃と言われています。
しかし肌質の変化を感じる時期は、人によって異なります。
早い人だと20代前半に感じ始める場合もあり、逆に40代近くなって初めて肌質の変化を実感する事もあるんです。
そのため○歳になったからお肌の曲がり角になる、という明確なラインはありません。
人それぞれで、お肌の曲り角となる年齢は違ってくるのです。

お肌の曲がり角ってどんな変化があるの?

ではお肌の曲がり角って、実際にどんな変化があるのでしょうか。
まず、肌質の変化を大きく感じる原因をご紹介しましょう。
それは、ターンオーバー周期の変化です。
ターンオーバーとは、肌が生まれ変わるサイクルの事。
私たちの体は、細胞がどんどんと生まれ変わる事で体の機能を維持しています。
古くなった細胞は剥がれ落ち、代わりに新しい細胞がどんどんと生まれていくのです。
このサイクルを、ターンオーバーと呼びます。

本来の理想とされるターンオーバー周期は、28日となっています。
これが加齢と共に長くなっていき、30歳頃の平均は約40日にもなると言われているんです。
そのため古くなった細胞が剥がれ落ちにくくなり、肌トラブルも増えてきてしまうのです。
お肌のバリア機能も乱れてしまうので、様々なダメージを受けやすくなってしまいます。
また、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸もどんどんと減少していくとされています。
これらが減ってしまうと、お肌は乾燥しやすくなったりハリがなくなったりするのです。
こうした加齢による自然な体質の変化が、肌質の変化に結びついてくると言えるのですね。

お肌の曲がり角で現れやすい変化

お肌の曲がり角の時期で現れやすい変化を、いくつかご紹介しましょう。
まずは、シミです。
シミは外部から受けた刺激からお肌を守るために、メラニン色素が働いてできるものです。
ターンオーバーが短ければ、メラニン色素が沈着する前にお肌が生まれ変わります。
しかしターンオーバー周期が長くなれば、その分メラニン色素は沈着しやすくなってしまうんです。
そして沈着したメラニン色素は、シミとなってしまいます。

シミと同様に多く見られる変化としては、シワやハリがなくなるといった点も挙げられます。
これらは、保湿力が下がってお肌が乾燥しやすくなる事が原因とされています。
保湿力が下がるのは、コラーゲンやヒアルロン酸と言った保湿の成分が加齢によって減ってくる事が原因です。
また保湿力が下がってしまうと、お肌はダメージを受けやすくなり肌トラブルを起こしやすい状態となってしまいます。
さらには皮脂が過剰に分泌されるケースもあり、それによって毛穴のトラブルを起こしてしまう事もあるんですよ。
こうして、お肌の曲がり角では様々なトラブルが起こりやすくなるのです。

産後のママは綺麗がキープしにくい?!

女性の肌質が変わりやすい時期としては、産後も挙げられます。
産後のママは、綺麗で良いな状態がキープしにくくなっています。
その原因を、見ていきましょう。

1.ホルモンバランスの変化

まずはホルモンバランスの変化が大きい要因です。
妊娠・出産を経て、女性の体は大きく変化していきます。
体の変化に伴って、ホルモンバランスも急激に変化するのがこの時期です。
ホルモンバランスが変わると、肌質は変化しやすくなりトラブルを起こしやすくなります。
また、痩せにくいなどの状況も出てくるのです。

2.育児で生活リズムが乱れる

出産で大きく体力を消耗したと思ったら、大した休息を取る暇もなく育児が始まります。
そのため、ママの体は育児のスタートからボロボロの状態となっているんですね。
さらには2~3時間おきで昼夜も関係なく続く赤ちゃんのお世話で、ママは生活リズムなんて言っている場合ではありません。
寝不足は当たり前、ご飯もお風呂も満足にのんびりできない時期がしばらく続く事になるのです。
こうして生活リズムが乱れていると、ママは自分の美容どころではなくなってしまいますよね。

3.心的疲労も大きい

身体的な疲労だけならまだしも、育児は心的な疲労も大きいものです。
慣れない育児に奮闘する日々で、なかなか自分の時間も取れずストレスは溜まる一方となってしまいますよね。
ストレスが溜まると、ホルモンバランスはさらに乱されてしまいます。
ただでさえホルモンバランスが乱れている産後に、ストレスによってさらにホルモンバランスは崩されてしまうのです。
こうした「産後」という特殊な状況だからこそ、ママは「綺麗」をキープしにくいと言えるんですね。

30代でも産後でも綺麗なママでいるポイントとは

お肌の曲がり角と言われる30代だって、綺麗のキープが難しいとされる産後だって、女性なら綺麗でいたいものです。
それは、子供を持つママだって同じ事。
そこで、綺麗な女性でいるためのポイントを下記6つにまとめてみました!

1.スキンケアの見直し

お肌の状態が崩れやすい時こそ、スキンケアを見直してみましょう。
特に保湿力を上げる事を重視して、自分のお肌に合ったスキンケア商品を選びます。
産後などのデリケートな時期には、低刺激のスキンケアに変えると良いかもしれませんね。

2.なるべく睡眠時間を確保する

ターンオーバーを理想的な周期にするためにも、十分な睡眠時間の確保は欠かせません。
とは言え、忙しい30代や産後には、そうそう睡眠時間を満足に取れない事でしょう。
そんな時でも、例えばお昼に数分だけでも昼寝をする、赤ちゃんが寝ている間はなるべく一緒に寝るなど工夫をするとベストです。
細切れでも、少しでも多くの睡眠時間を確保する努力をしていきましょう。

3.こまめにストレス発散する

肌質は、ホルモンバランスに大きく左右されるものです。
そしてホルモンバランスは、ストレスに影響を受けやすくなっています。
そこで、ストレスはこまめにしっかり発散していく習慣をつけていきましょう。
毎日数分だけでもリラックスできる時間を作って、ストレスをなるべく溜めない様にすると有効です。

4.ファッションを変えてみる

30代や産後と言えば、ファッションも今までとなんとなく変わってくる時期と言えます。
年代にしても「ママ」という立場になったからにしても、その時の自分に一番合うファッションを選んでいきましょう。
またどうしても肌質が気になる、という場合は、ファッションにこだわりを入れて視線を肌ではなくファッションに持っていくのもポイントですよ。

5.髪型にこだわりを

女性の見た目を大きく左右するのが、髪形です。
どんなに綺麗な肌で丁寧にメイクをしていても、髪がボサボサではそれだけで印象は悪くなってしまいます。
そのため髪形をしっかりこだわっておけば、ちょっと肌の状態が良くなくても印象は良くする事ができるんです。
凝った髪型と言うよりも、こだわって手入れをされた髪形を意識すると良いでしょう。

6.栄養たっぷりの食事を摂る

「綺麗」の大元は、たっぷりの栄養と言っても過言ではありません。
体は摂取した栄養から作られるものなので、栄養バランスが崩れた食事では綺麗はキープできないのです。
様々な栄養をバランス良く摂取する事が大切ですが、特にビタミン類は意識的に摂っていきましょう。
ビタミンAは肌を強くし、ビタミンBはニキビや肌荒れに有効です。
そしてシミやシワにはビタミンC、老化を抑制するのならばビタミンEが効果的となっています。
ジャンクフードなどはなるべく避け、栄養をしっかりと意識していきましょう。

>FUWARI/はぐくみプラス 公式サイトはこちらをクリック!

サプリも有効活用しよう!

30代や産後と言えば、何かと忙しくて栄養なんか考えている暇がない!と言う人が多いものです。
そんな人は、ぜひサプリを有効活用していきましょう。
サプリならば、さっと飲むだけで欲しい栄養素が確実に摂取できます。
これならば、どんなに忙しい人でも栄養をたっぷり摂る事ができますよね。

サプリは、自分が欲しいと思う栄養素を含んでいるものを選んでいくとベストです。
しかしサプリは大変多く販売されているので、いったいどれが良いのか…と悩んでしまう人もいる事でしょう。
そこでおすすめしたいのが、FUWARIです。
FUWARIには、原液換算で7,200mgものプラセンタが配合されています。
栄養の宝庫とされるプラセンタが豊富に入っている上に、30代に減少しがちなエラスチンやヒアルロン酸、そして老化を抑制するビタミンEなどの5種類もの高級美容成分も配合しているんです。
これ1つで、欲しい栄養はだいたい摂れてしまうのではないでしょうか。
綺麗の基本は、栄養をしっかり摂って体を健康にする事です。
FUWARIは、そんな体作りを基礎から支えてくれるサプリなのです。

>FUWARI/はぐくみプラス 公式サイトはこちらをクリック!

まとめ

どんな時だって綺麗な女性でいたいのは、30代でも産後のママでも同じです。
しかしこうした「綺麗をキープしにくい時期」には、綺麗でいるための工夫が欠かせないんですね。
例えば睡眠時間の確保、ストレス発散などに加えて、栄養をしっかりと摂取する事も大切なポイントです。
多忙を極める人が多い30代や産後には、栄養補給もストレスなくサッと手軽に済ませてしまいましょう。
FUWARIならば、あらゆる栄養素が一気に摂取できるのでおすすめですよ。
ちょっとした毎日の心掛けで、ぜひ綺麗をキープしていきましょう!

オススメ記事

赤ちゃんが生まれたらいつから出かけることができるのでしょうか? 妊娠後期は体が思うように動かせなくなることもあり、出産、産褥期間も合わせると出かけたいのにでかけら...

美容成分の代表格と言っても過言ではない、「プラセンタ」と「コラーゲン」。 これらは、誰しもが耳にした事がある成分ではないでしょうか。 しかし実際のところ、それぞ...

出産したら、自然と母乳が出てきてて赤ちゃんにあげるのは簡単な事だと思っていました。 しかし実際出産してみたら、母乳がでない!というママは、決して筆者だけではない事...

妊娠が分かった時から、授乳が終わるまで、女性が飲めないものはなんでしょう? 答えは、そう「お酒」です! 可愛い子どものためとはいえ、お酒が好きな人にとっては...

赤ちゃんの主食となる「ミルク」。 粉ミルクが主流の日本において、ミルクを作る上では「水」が欠かせませんよね。 かと言って、ミルクを作る毎にお湯を沸かすのも大変で...

長かった10ヶ月を終えて出産を迎えたママ。 ふと鏡を見た時に、自分の体形の変化に愕然としてしまう事も少なくないですよね。 今まで約3kgもの赤ちゃんがお腹の中に...

妊活、そして妊娠中に欠かせない成分と言えば、葉酸です。 赤ちゃんの障害リスクを大きく下げるとして、積極的な摂取が叫ばれている葉酸。 だからこそ、葉酸サプリは多種...

ママが毎日、育児に奮闘してとても忙しくしているのは言うまでもない事です。 特に働きながらの育児だったり産後の1年程は、忙しさに拍車がかかるものです。 しかし、忙...

今年もこの時期がやってきました。そう、花粉症の季節です! 2018年の花粉予報によると、関東地方では例年より少し早目ですでに飛散が始まっているそうです。 で...

産後の数時間毎の授乳の時期が過ぎたと思ったら、今度は夜泣き… ママは、夜もなかなかぐっすり眠れないものです。 また子供が寝た後でしかできない事もたくさんあるので...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ