すくすく育児

忙しいママにこそバスローブが便利!おすすめの理由とは?授乳は?

[記事公開日]2018/05/24 [最終更新日]2018/05/22
■カテゴリー:子育て, 赤ちゃん
■タグ:,

子育ての中で、食事に続いて大変なのがお風呂ではないでしょうか?
赤ちゃんのことだけでなく、自分のこともしないといけないので毎日大変ですよね。
そんなお風呂タイムですが、バスローブを使うことで解決できることがあるんです。
ここでは、ママのお助けアイテムバスローブについて、おすすめの理由をご紹介しましょう。

目次

  1. ママにバスローブが便利な理由
  2. バスローブにおすすめの機能8選
  3. 授乳のしやすさは?
  4. バスローブは赤ちゃんや子どもにも使える!
  5. ママにおすすめの今治産バスローブ

ママにバスローブが便利な理由


お風呂は本来なら、赤ちゃんや子どもとのスキンシップの時間ですよね。
でも赤ちゃんも洗って、自分も洗って、とあわただしい時間になっている人が多いのではないでしょうか?
その上子どもが湯冷めする前に服を着せようと、自分のことはどうしても後回しになってしまいますよね。
暑い夏ならまだしも、寒い冬はせっかくお風呂で温まったのに着替えるころにはすっかり冷めてしまっているということも日常茶飯事かもしれません。
そんなお風呂タイムは忙しいと感じているママにはバスローブがおすすめなんです。
では具体的にどのようなポイントがおすすめなのでしょうか?

ぬれたまま着ることができる

バスローブは日本人にはあまりなじみがないので本来の使い方を知らない人も多いかもしれません。
ホテルなどについていても、体を拭いてからパジャマとして使っていたという人も多いのではないでしょうか?
バスローブの何よりの特徴は濡れたまま着るということができるという点です。
そのため、タオルで体を拭く手間が省けます。
バスローブを羽織ることで体に付いた水分が吸収されるので、湯冷めすることなく他の用事をすることができるのです。

さっと羽織ることができる

様々なデザインのものもありますが、バスローブはさっと羽織ることができるのが特徴です。
体を拭いて、パジャマを着せて、という今までの流れと比べると、一瞬で湯冷め対策ができるのです。

パジャマの代わりにもなる

忙しいからといってバスタオルを体に巻いて家事をするわけにもいかないですよね。
バスローブなら、家の中ならそのまま歩き回っていても違和感がありません。
お風呂から上がって、先に食事の準備などの用事をしたい日ってありますよね。
バスローブはそんな時にもとても便利です。

バスローブにおすすめの機能8選


バスローブは忙しいママに必須のアイテムということは、分かっていただけたのではないでしょうか?
ここではママがバスローブを選ぶときにおすすめの機能をご紹介しましょう。

吸水力

バスローブを選ぶ際に最も重視するポイントは吸水力です。
バスローブは体に付いた水分をすっと吸収してくれないと意味がありません。
髪から滴り落ちるしずくもさっと吸い込んでくれるくらい吸水力がある生地がおすすめです。

速乾性

吸水力と並んで重視するポイントが速乾性です。
バスローブは、お風呂上りに着るだけなので人によっては毎日洗わずに干しておくこともあるかもしれません。
また洗濯して重たくなり乾きにくい生地だと、ニオイも気になりやすいですよね。
そのため乾きやすい生地のものを選ぶことはとても重要です。

生地の厚み

バスローブはお風呂上りに羽織ってそのまま家事をすることもあるので肌が透けてしまうようでは困りますよね。
そのため下着を着ない状態でも気にならないくらいのしっかりした厚みがある方が便利です。

フード

フードがあると、髪の毛を拭いたり髪が長い人はフード部分に入れておくことで水滴を防止できるのでオススメです。
フードがあることでバスローブとしてだけではなく、室内用の防寒着としても活躍してくれます。

前開き

バスローブのまま授乳することもあるかもしれません。
そのため、前が開くタイプがオススメです。
かぶるタイプでも前にボタンが付いているものなら授乳もしやすいので便利です。

はだけにくい

腰を結ぶタイプのものには、簡単に取れてしまったり胸元が開きすぎてしまうものもあります。
着たまま用事をしても、はだけにくいデザインのものがオススメです。

袖が邪魔にならない

バスローブはゆったりとしたつくりのものが多いです。
あまりにぶかっとしたものだと、家事をするときに袖が邪魔になったり汚れてしまうこともあります。
そのため動きやすいデザインのものがオススメです。

着心地

バスローブは肌に直接着るものなので、肌触りのいいものを選びましょう。
自分だけでなく赤ちゃんを抱っこする機会があるなら、肌への優しさには気をつけたいですよね。
安価なものには、数回洗濯しただけでぼろぼろと糸が取れてきたり、ごわごわしてくるものもあります。
買う時点での値段や生地の質感だけでなく、洗濯したらどうなるか長い目で見て選ぶのがいいでしょう。
質の良いタオルを使用した今治産育児ママ用バスローブもオススメです。


>育児ママ用バスローブ【今治産バスローブ】公式サイトはこちら

授乳のしやすさは?

授乳に関して言えば、ママがバスローブを使うメリットは3つあります。

授乳しやすいデザイン

バスローブの多くは、前開きで羽織るスタイルのものです。
中にはかぶるタイプもありますが、基本的には授乳しやすいデザインのものが多いです。
そのため、スムーズに授乳をすることができます。

赤ちゃんを待たせない

お風呂で温まると汗をかくので、のどが渇きますよね。
赤ちゃんによっては、お風呂が上がったら直ぐに飲みたい場合もあります。
バスローブならお風呂に上がったあとさっと羽織るだけで、そのまま授乳など赤ちゃんのお世話をすることができます。

肌に優しい

授乳していると赤ちゃんが頭にぐっしょり汗をかいていることはありませんか?
お風呂上りで赤ちゃんの体が温まっていたらなおさらです。
バスローブなら、そんな赤ちゃんの汗も優しく吸収してくれます。
肌触りが良いのも、赤ちゃんには嬉しいですね。

バスローブは赤ちゃんや子どもにも使える!


ここまでママにバスローブがオススメできる理由を見てきましたが、バスローブは赤ちゃんや子どもにも使えます。

赤ちゃんの湯冷め防止

首すわり前

まだ沐浴をしている赤ちゃんの場合は、ベッドにバスローブを敷いて使用します。
バスタオルを使うより、体にフィットするので包み込むように体の水分を摂ることができます。
洋服の準備をする間も、前を閉じておけば湯冷め防止になります。

首すわり後

一緒にお風呂に入るようになると、ベビーバスに座って待つこともありますよね。
バスタオルを巻いていても、赤ちゃんが動くと直ぐにはだけてしまいます。
そんなときにバスローブはとても便利です。
服のように着せておくことができるので、赤ちゃんが動いてもはだけることがありません。
ベビーチェアに座っている間に、体を掻いてしまうことも、少し大きめのバスローブを使用することで解決することができます。
またお風呂のときだけでなく、プールなどの水遊びや室内での防寒着としても活躍してくれます。

子どもの湯冷め防止

歩き回るようになると、お風呂上りもじっと体を拭かせてくれないこともありますよね。
裸のまま走り回るので、頭を悩ませているママのいるのではないでしょうか?
そんな時もバスローブが大活躍してくれます。
お風呂から上がった後バスローブを羽織らせておけば、体の水分を吸収してくれるので湯冷めを防ぐことができます。
動き回る子どもでもさっと着せやすいのがバスローブの魅力ですね。
バスローブを着せてしっかりと体の水分が取れていると、パジャマを自分で着る練習も湯冷めを気にすることなく安心してさせることができます。

ママにおすすめの今治産バスローブ

こうやって見てみると、バスローブは子育てに追われるママの必需品と言ってもいいのではないでしょうか?
ここでは子育てママにおすすめの今治産育児ママ用バスローブをご紹介しましょう。
今治産育児ママ用バスローブは子育てに忙しいママの目線で作られたバスローブです。
そのため、ママに嬉しいポイントがたくさんあります。

優れた吸水力

今治タオルはいわずと知れた高級タオルですよね。
今治産育児ママ用バスローブはそんな今治タオルを使用しています。
その魅力は何といっても吸水力です。
肌に触れた瞬間、すっと水分を吸収してくれるので湯冷めを防止してくれます。

高級感のあるデザイン

忙しいとどうしてもバスローブのままでいる時間が長くなってしまいます。
バスローブはお風呂上りだけに着ることを目的としたものが多い中、今治産育児ママ用バスローブは部屋着として着ても満足できるような高級感があります。

動きやすさ

今治産育児ママ用バスローブはそのまま家事をすることを考えて作られています。
そのため生地もごわごわした分厚すぎるものではなく、動きやすいのが特徴です。
それだけでなく、袖にはロールアップベルトが付いているため、家事をするときも袖が邪魔になりません。

フード付き

フードが付いているので、ちょっと空いた時間に髪の毛を拭くことができます。
速乾性にも優れているので、拭いた後に水滴でぼとぼとになりにくいのも嬉しいポイントです。

子どもとペアで着られる

今治産育児ママ用バスローブは、バスローブではありませんが似ているデザインで子ども用も売られています。
子ども用は、ズボンとパーカーが別々になったタイプです。
ペアで着られると、ママも嬉しくなりますね。
またプレゼントにもとても喜ばれます。


>育児ママ用バスローブ【今治産バスローブ】公式サイトはこちら

まとめ

いかがでしたか?
忙しい子育てを乗り切るには、使いやすいアイテムを取り入れるのがとても効果的です。
お風呂は、子育ての中でもバタバタする時間ですよね。
もし、お風呂を上がった後ゆっくりスキンケアができたら、裸で走り回る子どもに怒らないでよくなったら。
忙しいお風呂タイムが、子どもと触れ合える楽しい時間になるかもしれません。
そんな子育てのオススメアイテムバスローブ、試してみる価値はありそうですね。


>育児ママ用バスローブ【今治産バスローブ】公式サイトはこちら

オススメ記事

「宿題もうおわったよー!」なんて、子供はすぐばれる嘘をつくものです。 親としては、そんな子供の嘘にショックを受けてしまう事も少なくありませんよね。 自分の育て方...

「育児疲れ」って、想像を絶する疲れ度合いなんです… 結婚する前、職場で子供のいない既婚お局が「専業主婦って1日子供と遊んでるだけでしょ~3食昼寝つきでうらやましい...

子供を育てる親にとって、子供の性格ってとても気になるポイントだったりしますよね。 性格は親に似ると言われる事が多いですが、本当にそうなのでしょうか? また環境や...

2歳の子供がソファで遊んでいたら「ゴギッ」と嫌な音がして「おてて痛い!」とギャン泣きしはじめました。 肩がはずれたのか??手が痛いのか、指なのか、ひじが痛いのか、...

赤ちゃんは生後5ヶ月頃から離乳食デビューします。 小さじ1杯の10倍がゆから始まって、次に7~8ヶ月に訪れるのが卵の壁… 赤ちゃんのお肌が弱かったりする...

赤ちゃんと言えば、つるっつるの卵みたいな肌が当たり前!と思っているママは多いです。 しかし生まれたばかりの赤ちゃんは、乳児湿疹が多く出てしまう子がとても多いんです...

大切な我が子にもし障害があったらどうしよう… そんな漠然とした不安に駆られる事、ママやプレママなら誰でも経験があるのではないでしょうか。 両親共に障害がなかった...

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。 ママが栄養バランスを考えて作っているご飯だって、そんなのお構いなしに野菜だけキレイに残すのは子供ならではですよね。 な...

「おむつとれた?」 授乳が終わってほっとしたのもつかの間。食事の習慣が安定し、歩行がしっかりしてくると次に気になるのは、おむつはずれです。周りのお友達からこん...

DHAってとても良く聞く言葉だけど、実際何が良いのか分からない! 子供にも必要だと聞いた事はあるけど、一体どうやって摂取したら良いの? 2児の母である筆者も、ま...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ