すくすく育児

乳児湿疹に効く石鹸のおすすめは?顔の洗い方は?悪化させないコツ

[記事公開日]2018/03/12 
■カテゴリー:子育て, 赤ちゃん
■タグ:, , , , , , ,

赤ちゃんと言えば、つるっつるの卵みたいな肌が当たり前!と思っているママは多いです。
しかし生まれたばかりの赤ちゃんは、乳児湿疹が多く出てしまう子がとても多いんですよ。
乳児湿疹は赤ちゃん特有の症状で、決して珍しいものではありません。
そうは言っても、実際に湿疹が出てしまうとママにとってはどうしても気になるものですよね。
そこで、乳児湿疹の対策などをご紹介していきます!

目次

  1. 乳児湿疹とは?
  2. 乳児湿疹を悪化させないためのコツとは?
  3. どうやって顔を洗うのが良い?
  4. 乳児湿疹に効く石鹸のおすすめはDolciBolle(ドルチボーレ)!
  5. まとめ

乳児湿疹とは?

乳児湿疹とは、新生児期から乳児期に現れる湿疹の総称です。
特に生後6ヶ月までの赤ちゃんの場合、湿疹が現れる原因の特定が難しいとされています。
様々な原因によって湿疹が現れる可能性があり、その原因の特定が難しさ故、総称して「乳児湿疹」と呼ばれているのです。

乳児湿疹が起こりやすい時期

乳児湿疹は、生まれて1~2週間ほどで起こるケースが多くなっています。
また、中には生後3ヶ月頃から湿疹が現れる事もあります。
しかし個人差があるので、全く湿疹が出ない赤ちゃんもいれば、たくさん出てしまう赤ちゃんもいるのです。
顔などに現れる事も多いですが、これらは長くても生後6ヶ月頃には治まってくる事がほとんどです。
湿疹の種類も、乾燥しているものからべたつくものまで様々となっています。

乳児湿疹の原因

乳児湿疹の原因は特定が難しいものですが、考えられる要素は主に下記の3つです。

1.皮膚が薄い

赤ちゃんの皮膚は、大人に比べると断然薄くなっています。
特に角質層が整っていないため、外的な刺激を受けやすい環境なのです。
また潤いを保つ機能も未発達なので、ちょっとした寒暖差だけでも湿疹が出やすくなっています。

2.皮脂と汗が多い

生後すぐの赤ちゃんは、新陳代謝が非常に活発な状態です。
そのため皮脂や汗の分泌も多く、毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。
これは、乳児脂漏性湿疹や新生児ニキビにもなる原因とされています。

3.肌が乾燥しやすい

生後3ヶ月頃からは、皮脂や汗の分泌もある程度落ち着いてきます。
すると、今度は肌が乾燥しやすくなってしまいます。
特に冬になると外気も乾燥してくるので、さらに湿疹が出やすい環境となってしまうのです。

乳児湿疹の主な見分け方

乳児湿疹は乳児期までに現れる湿疹の総称なので、その種類は様々です。
中でも代表的なものを、下記にご紹介しておきます。

1.あせも

湿疹の代表格と言っても過言ではない、あせも。
あせもの場合は、首や背中などの蒸れやすい場所に出来るのが特徴です。
そして、あせもは暑い時期に現れるケースがほとんどとなっています。

2.アトピー性皮膚炎

湿疹が赤くかゆみを伴っていて、更に何度も繰り返し出来てしまう様ならば、それはアトピー性皮膚炎かもしれません。
顔や頭、耳などにできるのが特徴で、何度も繰り返してしまう湿疹です。

3.アレルギー

食物やペットなど、様々な物に対するアレルギーでも、湿疹ができる可能性があります。
特に食物アレルギーの場合には、湿疹の他にも嘔吐などの症状が出る事があるので注意が必要です。

乳児湿疹を悪化させないためのコツとは?

乳児湿疹は、どんなに注意していても防ぎ様がありません。
そのため乳児湿疹が出てしまったら、悪化させない事が大切なんですよ。
そのためには、下記2つのコツを抑えておきましょう。

1.清潔を保つ

乳児湿疹を悪化させないためには、肌を清潔に保つ事がとても大切です。
特に生後3ヶ月未満の赤ちゃんは皮脂や汗の分泌が多いので、こまめに拭き取ってあげましょう。
また肌を清潔に保つためには、肌の状態によってケアの方法を変えていくと効果的です。

皮脂が多い時

皮脂が多い場合には、皮脂をこまめに優しく拭き取ってあげましょう。
この時、ガーゼなどの肌に優しい素材のものを使い、肌をなるべくこすらない事がポイントです。
また衣服もこまめに交換してあげると、肌がダメージを受けにくくなります。

乾燥している時

乾燥している時は、乾いた布でも肌には刺激となってしまう事があります。
そのため、なるべくウェットティッシュなどで優しくケアしてあげましょう。
寒い時期は、ウェットティッシュを温めたりガーゼを温かいお湯で濡らしても使っても良いですね。

2.しっかりと保湿をする

乳児湿疹の悪化を防ぐには、保湿が欠かせません。
赤ちゃん用のローションやクリームを使って、しっかりと保湿をしてあげましょう。
お風呂上がりや起床時、帰宅時などに、保湿をしてあげると効果的です。
また室内の湿度を保つ事も、保湿には大切な事ですよ。
乾燥してしまう時期には、加湿器などを使用して湿度を保っていきましょう。

どうやって顔を洗うのが良い?

乳児湿疹の中でも、顔にできる湿疹は厄介ですよね。
特にまだ小さい赤ちゃんは、写真を撮る機会も多いものです。
一生残る大切な記録なので、できれば湿疹は最小限に抑えてあげたいものなんですよね。
しかし顔は赤ちゃんの体の部位でも、特にケアが難しい箇所と言えます。
大人の様にバシャバシャと洗う訳にもいかないのが、難しいポイントですよね。
そうは言っても、しっかり洗って清潔にしておかないと乳児湿疹は悪化してしまいます。
そこで、上手な顔の洗い方も知っておきましょう。

1.石鹸をよく泡立てる

まずは、石鹸をよく泡立てていきます。
泡立っていれば、肌に優しく且つ汚れもしっかりと落とす事ができます。

2.手かガーゼを使う

洗う時には、手かガーゼを使用します。
そして、たっぷりの泡で肌を優しく洗いましょう。
ゴシゴシとこすらず、優しく撫でる様に洗う事がポイントですよ。

3.ぬるま湯でしっかり流す

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、お湯の温度は少しぬるめにしておきましょう。
目安としては、38~40度くらいと考えておくと良さそうです。

ポイントは、肌に優しい石鹸を使う事!

こうして赤ちゃんの顔は、優しくしっかりと洗っていきましょう。
この時のポイントは、赤ちゃんの肌に優しい石鹸を使う事にあります。
特に無添加の石鹸ならば、赤ちゃんの肌には大変優しいので良いですね。
そんな赤ちゃん用の石鹸は、DolciBolle(ドルチボーレ)がおすすめです。
肌に優しい石鹸で洗ってあげる事は、赤ちゃんの肌を守る事にも繋がってくるんですよ。

>DolciBolle(ドルチボーレ)公式サイトはこちら

乳児湿疹に効く石鹸のおすすめはDolciBolle(ドルチボーレ)!

ドルチボーレは、赤ちゃんの肌に大変優しい無添加使用のベビーソープです。
各種雑誌でも取り上げられ、楽天市場リアルタイムランキングではベビーシャンプー・ソープ部門で第1位を獲得しているんです。
また医師が所属している情報サイトでも掲載された、大変おすすめのベビーソープなのです。
そんなドルチボーレには、こだわりポイントが5つあります。

1.肌に優しい水

ベビーソープのベースである水は、昔ながらの自然がもたらしてくれる天使の希水を100%使用しています。
地下水を汚染する施設のない環境にある雷山の高地で採れる水は、非加熱天然水として肌に大変優しいのです。

2.肌を健康にするミネラル配合

ドルチボーレには、肌の健康に欠かせないミネラルである「珪素」を配合しています。
水溶性珪素濃縮溶液のUMOを配合して、まだ未発達な赤ちゃんの肌を健康にしてくれるのです。

3.しっかり保湿

乳児湿疹の悪化を防ぐために欠かせないのが、保湿です。
ドルチボーレには、ヒアルロン酸、コメヌカスフィンゴ糖脂質、PCA-Naを使用しています。
これらの成分によって、乾燥しやすい赤ちゃんの肌もしっかりと保湿する事ができるのです。

4.必要な成分のみを使用

ドルチボーレは、必要な成分のみを使用する事にこだわっています。
洗浄力と保湿力は、必要な成分だけを使用して赤ちゃんの肌に優しく作用する様に作られているのです。

5.無添加へのこだわり

必要な成分だけを使用する事にこだわっているドルチボーレだからこそ、無添加へもこだわりがあります。

  • 無香料
  • 無着色
  • 鉱物油無添加
  • パラベン無添加
  • 旧表示指定成分無添加
  • アルコールエタノール無添加
  • 石油系界面活性剤無添加
  • ノンシリコーン
  • フェノキシエタノール無添加

これだけ無添加にこだわっているからこそ、赤ちゃんの肌にも優しくなっているのです。

パパママにも嬉しいポイント!

ドルチボーレは、ベビーソープを使用するパパママにも嬉しいポイントがあります。
まずは、あらかじめ泡で出てくる事。
石鹸を泡立てるのは、結構手間がかかるものですよね。
特に赤ちゃんのお風呂は時間勝負でもあるので、泡立てている時間はもったいないものです。
さらに、泡切れが良いのも嬉しい特徴ですね。
これならば洗い流すのも簡単で、流し残しもなく安心です。

さらに、パパママの肌にも大変優しいのがドルチボーレのおすすめポイントです。
洗顔ソープとしてはもちろん、ボディソープやデリケートゾーンにだって安心して使えます。
こうして家族みんなで使えれば、お得感も満載なのではないでしょうか。

>DolciBolle(ドルチボーレ)公式サイトはこちら

まとめ

乳児湿疹は、多くの赤ちゃんが経験するものです。
その原因の特定が難しい事から、予防も大変難しいのが特徴ですね。
そんな乳児湿疹は、できてしまったらしっかりとケアしてあげる事が大切です。
特に肌がまだ未発達な赤ちゃんなので、より丁寧なケアが必要です。

ドルチボーレの必要な成分だけを使用し不必要な無添加は使用しないというこだわりは、赤ちゃんの肌にも安心して使えるポイントですよね。
また赤ちゃんだけでなく家族みんなで使えるので、家族みんなの肌を守るサポートをしてくれます。
新生児の赤ちゃんから年齢問わず使用できる、ドルチボーレ。
この機会に、家庭の石鹸をドルチボーレに変えてみませんか?

>DolciBolle(ドルチボーレ)公式サイトはこちら

オススメ記事

「まるで未知の生物」。男の子を育てるお母さんから、男の子についてこんな本音が聞こえてくることがあります。 同年代の女の子と比べるとその差は歴然です。親の言うこ...

ぷるっぷるの赤ちゃんのお肌。 水分もたっぷりで、スキンケアなんてしなくても大丈夫よね!なんて思っているママも多いはず… でも、赤ちゃんの肌は実は大人よりも敏感な...

子供と動物が触れ合っている場面は、とても微笑ましく癒されますよね。 身近な動物と言えばペットですが、ペットを飼う事は子供の教育にも良い影響があるのを知っていますか...

子供はあっという間に大きくなって巣立っていってしまうもの。 そんな事頭では分かっていても、子供を育てるのはとても大変で、楽しむ余裕はなかなか出てこないものですよね...

なかなか作りにくく、普通の友達とはまた違った存在の「ママ友」。 どこが違うのかと聞かれればその理由はパッと応えられる訳ではありませんが、明らかにママ友特有の空気感...

子育てって想像していたよりも、ずっとずっと疲れます。こどもができる前の、仕事や運動とか遊びすぎでヘトヘトに疲れたという感覚とは全く違いますよね。 なんせ自分の時間...

スマートフォンやタブレット端末が普及している現代では、学習教材にタブレットが用いられていたり、子供にとってインターネットは身近な存在になっています。 ...

もうすぐ新しい出会いの季節、春がやってきます。 この4月から保育園や幼稚園に入学する、という子供も多くいますよね。 大変喜ばしい入園シーズンですが、ここでママに...

食べ物は健康に成長していく上で必要不可欠なものです。 だからこそ、母乳からミルクに切り替えたいけど飲んでくれない。 離乳食の好き嫌いが激しい。 そんなことがあ...

子供の身長が同じ年の子に比べて低いのが気になる。 何か栄養が足りていないのか、原因になる病気がひそんでいるんじゃないか? 背が低いと本人だけではなく親も心配にな...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ