すくすく育児

砂糖スクラブのすごい効果!作り方は?乾燥した顔や唇もバッチリ保湿!赤ちゃんにも!

[記事公開日]2018/02/07 [最終更新日]2018/02/11
■カテゴリー:美容, 赤ちゃん
■タグ:,

寒い季節になると、手の指先の皮が剥けてきたり、脚のすねが乾燥して痒くなったりすることでお悩みの方多いですよね。
そんな乾燥肌のお悩みに、なんとお砂糖が一役買ってくれるんです。
先日、NHKのあさイチで特集され、いま話題になっている砂糖スクラブの保湿効果はいかなるものか、実際に試してみました!

目次

  1. お砂糖は薬?!話題の砂糖スクラブの効果とは
  2. 超簡単!砂糖(シュガー)スクラブの作り方
  3. 砂糖スクラブで顔や唇もバッチリ保湿!
  4. 乳幼児にも砂糖スクラブがおすすめ!
  5. まとめ

お砂糖は薬?!話題の砂糖スクラブの効果とは


(引用:http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180122/1.html)

ママはとくに赤ちゃんのお世話や家事で、手を洗う回数も多いですから、手荒れは気になりますよね。
老化の原因になるとか抗糖化とかで、すっかり出番を失いつつある白砂糖…ところが、そのお砂糖で作るシュガースクラブが、乾燥肌に効果大なんです。

あさイチで話題になった砂糖スクラブ!

冬になって、私の手は親指の皮が乾燥してガサガサになってきてしまいました。
オムツ替えの時に、赤ちゃんのお肌に引っかかったりしたら痛いんじゃないかと心配していた時に、NHKのあさイチでたまたま「お砂糖」についての特集を目にしました。

お料理でも目からウロコの砂糖マジックが続々登場しましたが、なんといってもあのお砂糖で、カサカサ肌がしっとりするというのです。

砂糖スクラブとは?

スクラブといえば、毛穴の汚れを落とすスクラブ洗顔やクリームのイメージですよね。
古くなった角質層を取り除いて、お肌をきれいに整えるというのがソルトスクラブですが、砂糖スクラブの場合はちょっと違うんです。

ゴシゴシこすって剥がすというよりは、砂糖の特性を活かして荒れた皮膚を修復して、潤いのあるお肌へ導いてくれる作用があるんです。

お砂糖は昔は薬だった!?期待できる効果は

なんでもお砂糖は、昔の人にとっては甘味料ではなくて、お薬として使われていた貴重品だったそう。
菌を抑えてくれたり、防腐性が高く、傷を治す効果が医学的に証明されています。
打ち身や切り傷の医薬品として用いられていて、現在も床ずれのお薬の原料に使われているそうです。

砂糖スクラブの効果とは?

砂糖の特性は、角質層への高い浸透力と潤いを逃がさない保湿力と吸水力です。
この働きによって、お肌のバリア機能が高まってターンオーバーが正常に行われるように!
普段使っている基礎化粧品等の保湿効果も、格段にアップさせてくれるんだそうです。
よってキメが細かくなって、柔らかく潤ったお肌になるというわけです。

超簡単!砂糖(シュガー)スクラブの作り方


砂糖スクラブは、キッチンにある白い上白糖とサラダ油で簡単に作れちゃいます!
上白糖とサラダ油を1:1の割合で混ぜるだけでOK。
サラダ油じゃなくてオリーブオイルでも大丈夫だそうです。

実際に砂糖(シュガー)スクラブを作ってみました!

私は母乳育児なので、乳腺炎や詰まり防止のため、ここ半年間お砂糖を全く口にしていないので、上白糖のあまりの白さに目がくらみました(笑)

作り方は超簡単!

上白糖とオリーブオイルを、小さじ1杯:小さじ1杯の分量で作ってみることに。

上白糖なので、しっとりしていてとても美味しそう!
混ぜるだけなので簡単にできます!

砂糖(シュガー)スクラブの使い方

  1. 乾燥が気になる部分を、お湯で濡らす(お風呂でもOK!)
  2. 砂糖スクラブを優しくお肌になじませる
  3. 砂糖の粒子が溶けてなじんだら、お湯で洗い流す


小さじ1杯程度だと、顔全体に使えるくらいの分量になります。
私は手の指先と、足のかかとに塗ってみたのですが、小さじ1杯で十分足りました。

お風呂では湯船につかった方が、角質に水分が入りやすいので、砂糖スクラブの効果も実感しやすいようです。

砂糖スクラブを使ってみた感想

あさイチの放送では、肌荒れに悩む視聴者モニターさん5人が実験をしていましたが、4週間後にはみなさんの角質の水分量や皮脂量が全部上がっていました。
かかとがひび割れていた方なんか、明らかに見た目も変わっていて、しっとりしていてまるで別人のようでした!!

私はまだ、1週間で3回しか使っていませんが、次のようなうれしい変化が感じられています。

  • 手の指先→ゴワゴワと皮膚が乾燥してめくれていたのが落ち着いた
  • 足のかかと→白く分厚くなっていた角質がすこしなめらかになった
  • 脚のすね→粉ふきいも状態が解消され痒みも減った気が…

手の指先に塗るついでに、手の甲にも伸ばしているせいか、手全体の肌質が良くなってきている感じがします。
血色もよくなってワントーン色白になって、しっとりもちもち感があります♪
オイルのベタつき感が少しあるので、嫌な人もいると思いますが…。

私は使う度に毎回作ってみましたが、作りおきすると保存期間は2週間程度だそうです。
オイルも入っているので酸化するとお肌に悪いので、その都度作るのが良いかと思います。

あさイチのツイッターではこんな声も!

あさイチを観て、あんなにきれいになるなら砂糖スクラブやってみた~い!という方が多かったです。
簡単なんで、乾燥肌が気になってる人はぜひお試しあれ~♪

砂糖スクラブで顔や唇もバッチリ保湿!


寒い時期には、やっぱり顔の乾燥も気になります。
唇の乾燥によるシワは老けて見られますし、ひび割れて血がでたりすると痛いんですよね。
ぜひ砂糖スクラブを上手に使って、お顔も唇も保湿ケアしてあげましょう。

砂糖スクラブを顔や唇に使う際の注意点

砂糖スクラブはソルトスクラブとは違って、肌が荒れた状態でもしみたりしないので使いやすいのですが、お顔や唇の皮膚は薄いので注意が必要です。

くれぐれもやり過ぎ厳禁

手作りの砂糖スクラブを顔に使う場合は、週に3回程度にしておくのが良いようです。

使う前にパッチテストを!

まれに肌に油が合わない人もいるので、顔に使う前に腕の内側等に塗って、様子をみてからにしましょう。

超敏感肌で心配という方には

アトピーやトラブル肌なので使うのが心配という場合は、顔用に研究して作られたシュガースクラブが安心です。
市販のお砂糖は粒子が角ばっているので、肌への刺激を強く感じる場合もあります。
口コミでは、北の快適工房から発売されている「みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~」が評判がいいですね。

乳幼児にも砂糖スクラブがおすすめ!


NHKのあさイチによると、乳幼児のスキンケアにも砂糖スクラブが有効であることがわかっているそうです。
小児看護学が専門の藍野大学元教授の山口求さんが、新生児の沐浴時に砂糖スクラブをスキンケアとして使用していた映像が、なんとも微笑ましい感じでしたね。

乳幼児のスキンケアにも砂糖スクラブは効果的!

砂糖スクラブを、2歳以下の乳幼児32人に1ヶ月使用した検証結果では、次のような効果が見られました。

  • 頬の水分値・弾力値・皮脂量がいずれも上昇
  • 皮膚の湿疹がきれいになった

砂糖ってすごいなと思い砂糖のことを調べていたら、農畜産業振興機構のHPに山口求さんの「お砂糖と乳幼児のスキンケア」という記事を発見しました!
そこには砂糖スクラブの効果が、より詳しく掲載されていました。

砂糖スクラブを試した乳幼児のお母さんの感想

  • 汗疹がでなかった
  • 虫刺されの傷がすぐに治った
  • お尻を掻かなくなった
  • 下痢でもお尻がただれなかった

これは、カサカサ肌や掻き傷、アトピーと思われる湿疹や臀部のただれがある乳幼児に、1ヶ月使用したあとのお母さんの感想です。
砂糖スクラブによるスキンケアを行うことは、角質層の薄い乳幼児のデリケートな肌の乾燥を防ぎ、バリア機能を高めてダニや雑菌の侵入を防ぐことにもなるのだそうです。

この記事を読みながら、3歳の娘が赤ちゃんだったころの酷い湿疹を思い出しました。
新生児の頃から、ちゃんと適切な保湿スキンケアをしてあげていたら…引っかき傷で顔が血だらけになるなんてことなかったのになぁと深く反省。

砂糖には、痛みや痒みを減少させる効果もあるのだそうです。
だからといって、手作りの砂糖スクラブはちょっと危険かもしれません。
赤ちゃんの場合はとても皮膚がうすいので、刺激が強すぎると考えられます。

乳幼児におすすめの砂糖スクラブ!

そこで赤ちゃんや敏感肌のお子さんにおすすめなのが、口コミでも評価の高い「みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~」!

手作り砂糖スクラブとの大きな違いは?

通常の砂糖は角がとがっているのだそう。
肌潤糖の場合は、特殊技術でその角を丸く加工してから、植物性オイルでコーティングしているから使い心地がマイルドなんです!
もちろん着色料・防腐剤・合成香料無添加、放射能試験済みで、刺激に弱い赤ちゃんのお肌にも優しくなじむよう徹底して作られています。

しかも原料の8割がてん菜糖という砂糖、残り2割が植物性オイルだから、手作り砂糖スクラブと違ってベタつきがないのも特長です。

うかつに赤ちゃんに変なものは使えないというママにこそ、ピッタリな保湿ケアですよ!

>保湿スキンケア【みんなの肌潤糖】公式サイトはこちら

まとめ


今回は砂糖スクラブについてでしたが、いかがでしたでしょうか。
健康志向の強い現代では、白いお砂糖はどうしても悪者にされがちですが、日本の上白糖は世界の中でも最も美味しいお砂糖なんだそうですよ。

体の中からではなく、外側からお肌をきれいにしてくれる砂糖スクラブ!
肌のカサカサガサガサが気になる時には、とっても簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

オススメ記事

産後は目まぐるしく育児に追われ、毎日汗だくで赤ちゃんのお世話をして、やっと外出できる日が1ヶ月健診でした。メイクしようと思ったらなんだか肌の調子が悪い??ファンデー...

妊娠中は身体中が痒くなってブツブツまでできてびっくり(汗)大変でした… 妊娠すると体の状態はもちろんですが、お肌もどんどん変化していくんです。 普段、あまり肌ト...

お肌の乾燥は様々な肌トラブルにつながりますので、早めに対処していきたいものです。 ママ自身のお肌の悩みも困りものですが、赤ちゃんや子供の肌トラブルにおいては、それ...

赤ちゃんが、寝てくれなかったり泣いてばかりいたりすると、ちゃんと母乳が出ているのか足りているのか心配になることが何度かありました。 健診でぷくぷく太った赤ちゃんを...

妊活中から葉酸は摂った方がいいと言われていますが、実際にはいつからいつまで必要なのでしょうか。 妊娠したいと思っていても、いつ妊娠できるかわからないのでコスパも気...

今、女性を中心に大変人気のある「プラセンタサプリ」。 美容に興味のある方なら、必ず聞いた事がありますよね。 そんなプラセンタサプリですが、その効果はどんなものな...

産後から2年、子育てを理由に運動もマッサージもさぼってきた結果があちこちに(泣) 顔や足のむくみも気になって、妊娠中からご無沙汰だったリファをひっぱりだしてきまし...

赤ちゃんは生後5ヶ月頃から離乳食デビューします。 小さじ1杯の10倍がゆから始まって、次に7~8ヶ月に訪れるのが卵の壁… 赤ちゃんのお肌が弱かったりする...

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ真ん中に現れる茶色の1本の線… 見たことのない線でびっくり、これは何だろうと気になって検索してみると、どうやら「正中線」というもので...

今日は良く泣くなぁなんて思って子供を抱っこしてみたら、体中が火の様に熱い! この体験は、まさに子育てあるあるなのではないでしょうか。 そんな時、親としてはびっく...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ