すくすく育児

冬の風邪予防!ママの風邪対策で家族を守ろう!咳や喉の痛みに効く食べ物は?

[記事公開日]2018/02/09 [最終更新日]2018/02/05
■カテゴリー:子育て, 病気
■タグ:

冬は風邪をひくと長引いてしまうことが多いですよね。
パパの風邪の場合には、部屋を別にして隔離することができたとしても、ママの場合は赤ちゃんのお世話もありますし、子どもはくっついてきますから、ママが風邪をひいてしまうと本当に大変ですよね。
今回は、風邪をひいても倒れられないママのために、風邪のひきはじめの咳や喉の痛みに効く食べ物や、授乳時の対策などをご紹介させていただきます。

目次

  1. 冬に風邪をひきやすい原因は?
  2. ママが風邪をひくとこんなに大変!風邪体験談
  3. 咳や喉の痛みに効く食べ物レシピ4選
  4. 冬の風邪をこじらせない!予防&対策
  5. まとめ

冬に風邪をひきやすい原因は?


風邪は正式には「かぜ症候群」といわれる病気です。
かぜ症候群の場合、ほとんどがウイルス感染によって引き起こされています。
冬にひく風邪の症状には、鼻水や鼻づまり、咳が多く、喉の風邪をひいた人の咳で飛沫感染することが特徴です。

冬になると風邪をひきやすくなるのはなぜ?

冬に流行するかぜのウイルスは、15~18℃の低温で乾燥している環境が大好きです。
私達の体は、冬になり寒くなると体温も下がって抵抗力が弱まります。
そうなると、空気中に浮遊しているかぜのウイルスが鼻や口から体の中へ侵入しやすくなるのです。

かぜの感染経路は2種類

  1. すでにかぜにかかっている人の咳やくしゃみによる飛沫感染
  2. ウイルスが付着したものに触れた手で、鼻や口にふれることで感染する接触感染


抵抗力の弱い子どもや高齢者は、ウイルスに感染しやすくなります。
また赤ちゃんや妊婦や産後ママも感染しやすいので、感染経路を断つことが大事なんです。

赤ちゃんは風邪ひかないはウソ!

赤ちゃんも風邪をひきます。
いくらママからもらった抗体があったとしても、それはママが過去にかかったことのある病気のみの抗体です。
かぜのウイルスは数百もの種類がありますので、ママがはじめてかかるかぜだとすると赤ちゃんにも感染ってしまうので要注意です。

ママが風邪をひくとこんなに大変!風邪体験談


ママが風邪をひくと想像以上に大変なことになります。
ここでは、風邪で困ったというママ達の体験談をご紹介します。

ママ業は休みなし…ママ達の風邪体験談

ミキマイリさん

出産後初めて風邪を引きました。9ヵ月の娘は後追い真っ最中。私は39度の高熱で横になっていたかったのに、まだ授乳もしないといけないし、娘は私と一緒にいたくて寝てる私に乗っかってきたり、バシバシ叩いたり、ギャーギャー泣いたりと大変でした。母親は常に健康でいないとダメだなと思いました。

ちびポンさん

仕事をしていて、有給は子供が病気の時のために使いたいので風邪薬や解熱剤で乗り切ろうとしたが、無理をしすぎて肺炎になった。結局入院し3週間休むはめに…。家族にも職場にも迷惑をかけた。
(引用:https://www.happy-note.com/voice/10533-1.html)

ママ業は風邪をひいても休めないのが辛いところですよね。
風邪がしんどすぎて家事や育児がツライ…ベビーフードを使うことに心が痛むというママに、優しくアドバイスをされているママ達がいました。

辛いですね。ベビーフードでも頑張ってあげているだけ偉いと思いますよ。
しばらく家が汚くても家事ができなくても、とりあえずお子さんの世話だけ頑張ってあとは見てみぬふりで。
早くよくなるといいですね。

母親だって人間ですから、しんどくて当たり前ですよ!
うちは普通に普段からベビーフード大活用してますよ。
ごはん食べさせてないわけじゃないんですからいいじゃないですか

(引用:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1379590453)

産後ってなんだかがんばっちゃうんですよね~体が十分休めていないせいで抵抗力も下がるし、気持ちも辛くなるのよくわかります。
そんな時に、上記のようなアドバイスはうれしいし励みになりますよね。

我が家の風邪対策はというと

とにかくマスクで感染予防を万全に!

私はかぜかもという時には、赤ちゃんや家族に風邪をうつさないために、家の中でもずっとマスクを着用しています!
ちなみに、うちの下の子は6ヶ月でなんでもつかみたい盛り…マスクもすかさずガシッと掴んで(まるでGメン)口に持っていってパクっとやってしまいます。
そこで抱っこの時には、手ぬぐいやタオルをマスクをした上に巻いて(顔から頭にしばって)、マスクを掴まれないように対策しています(笑)
暑いですが赤ちゃんに風邪をうつさずにすみましたよ。

夜間の授乳には、オイルヒーターがおすすめ!

夜間の授乳時は、ママの体は布団から出ていますので冷えてしまいます。
授乳の度にエアコンをつけるのも大変ですし、すぐには暖まらないうえに空気が乾燥してしまうのも嫌ですよね。
そこで対策として、我が家では夜間のみオイルヒーターをつけています。
温度を17〜18℃設定すると、程よくぽわーんと部屋全体が暖まり、授乳中も寒くなくなりました。
空気も乾燥しませんし、朝方の冷え込みも感じないので、子どもの寝起きも良くなり着替えもスムーズです。
オイルヒーターの電気代は、月プラス5000~6000円程度になりますが、冬の間だけですし、なにより風邪対策になっているので授乳中のママにはおすすめですよ。

咳や喉の痛みに効く食べ物レシピ4選


なんとなく喉がイガイガして咳もでるし…風邪ひいちゃったかなという時は焦りますよね。
子どもや家族にうつさないように、ソッコー治してしまいたいものです。
つい最近、風邪をひきかけて2日で治した私ですが、その時に効いたと感じるレシピをご紹介します。

咳や喉の痛みにソッコー効く食べ物レシピ

はちみつ大根あめ

大根をサイコロ状に切ってタッパー等に入れ、同量くらいのハチミツをかけて冷蔵庫で1時間以上置きます。
大根から水分がでて、ハチミツがサラサラになったら完成です。
スプーンですくってそのまま飲んでも、他の飲み物に入れても美味しいです。

ハチミツには強い抗菌作用と抗炎症作用、大根には消炎作用があります。
はちみつ大根あめにすることで栄養をとりやすく、咳止めや喉の痛みや腫れを鎮める効果があります。

はちみつレモン

スライスしたレモンとハチミツをカップに入れて、熱いお湯をそそぐだけでOK。

レモンには殺菌作用がありますので、喉の粘膜に効果的です。
ビタミンCも豊富で体力回復に役立ち、体もぽかぽか温まります。

玉ねぎスライス

玉ねぎをうすくスライスして、お皿に広げて数時間ほど放置。
鰹節とポン酢で美味しく食べられます。塩とオリーブオイルでサラダにしてもOK!

玉ねぎの硫化アリルという成分には、殺菌消毒効果や炎症を抑えてくれる効果があります。
部屋が玉ねぎ臭くなりますが、空気中で気化した硫化アリルが喉の粘膜に付着して症状を緩和してくれますよ。

レンコンネギ味噌汁

ネギを刻んでおわんに入れ、鰹節と味噌とショウガ、皮ごとすり下ろしたレンコンを入れて熱いお湯を注ぐだけでOK!

レンコンに含まれるタンニンは、ポリフェノールの一種で消炎作用があります。
ネギに含まれるアリシンやネギオールには、抗菌抗ウイルス作用があって殺菌作用も高く、喉の炎症を防いでくれるんです。
体も温まって食欲も出ますし、なにより簡単で美味しいですよ。

喉の痛みが治まるだけで、だいぶ楽になりますので、簡単なのでぜひお試しください。

冬の風邪をこじらせない!予防&対策


家族のお世話があるママとしては、風邪はこじらせなくないものですよね。
ここでは、「林修の今でしょ!講座」で紹介されていた名医のかぜ対処法などを織り交ぜながら、最新の風邪予防と対策をご紹介します。
なんと手洗いうがいやマスクなど使い方でも、ちょっとしたことで大きな差が出るんです!

冬の風邪予防にやっておきたいこと!

買い物はパパに頼むか、ネットスーパーを利用する

風邪やインフルエンザが流行している間は、人混みには近づかないのが一番です。
不要な外出は避けるようにしましょう。

外出時は必ずマスクをお忘れなく!

マスクは鼻の形に沿わせて、顔にフィットさせて使うことが大切です。
また、マスク表面にウイルスが付着していることもあるので、帰宅後はすぐにフタ付きのゴミ箱に捨てましょう。
その際には、マスクのひもを掴んで捨てるようにして下さいね。

児童館や支援センター、屋内の遊び場には行かない

かかりつけ医の先生がおっしゃっていたのですが、商業施設の広場などは空気もこもっているので感染しやすいのだそうです。
小学校等で学級閉鎖になっていて、親子で買い物に来ている子から感染ってしまうんだそう…
児童館などの屋内で子どもが集まる場所には、ウイルスがうじゃうじゃなので、公園で遊ばせた方が良いとのことでした。

手は二度洗い!タオルからの二次感染にご注意

手についたウイルスを落とすのに、最も効果的といわれているのが2度洗いだそうです。
最新の研究で手のひらのウイルスが1/100に減少するとのこと!
しっかり長く一回洗うより効果的なので、ぜひ今日から実践してみては。

また手で顔をさわるクセのある人は要注意です。
手についたウイルスが、鼻の粘膜や口から入ってしまうからです。
なるべく顔は触らず、できれば手洗い後に洗顔もしてしまうのが良いそう(うちのパパには、帰宅後ソッコーお風呂に入ってもらっています。)

さらにタオルからの感染も避けたいので、風邪の時はタオル共有はしない方がいいですね。
我が家では子どもと大人でタオルは使い分けているのですが、オムツ替えもあってしょっちゅう手を洗うのでタオルがすぐにびしょびしょに…
洗濯物が増えて風邪の時はしんどいので、その間はペーパータオルを使用していました。
ペーパータオル代が100円程かかりましたが、衛生的で楽でしたよ。

赤ちゃんの予防接種には注意が必要

予防接種が午後で一般の診察と区切られている病院ならいいのですが、そうでない場合はすでに風邪のお子さんから感染してしまうことが考えられます。
待合室が混んでいる際には外で順番を待ったり、咳をしているお子さんからは離れるようにしましょう。

また、病院のオムツ替え用のベッドから感染することも多いようです。
ベビーカーで行くか、使い捨てのオムツ替えシートを持参しましょう。
あと小児科の絵本には、ウイルスが付着している恐れがありますので、絵本も持参するのが安心ですよ。
感染性胃腸炎などの心配もありますので、なるべく病院のトイレは使わない方がいいですね。

風邪をこじらせないための対策

3つの首を温めて放熱を防ぐ!

かぜのウイルスは体温が37℃を超えると活動が低下します。
体を温めて体力を回復させるためにも、首・手首・足首を冷やさないようにしましょう。
育児をしていると、ついつい袖をひじまでまくっていることが多くなりますよね。
ネックウォーマーやレッグウォーマーはもちろんですが、手首も冷やさないように、気がついたら上着の袖は戻すようにしてあげましょう。

おへその位置にカイロを貼る

体温を効率よく上げるためには、お腹を温めるのが効果的。
おへそのあたりには腹部大動脈という太い血管があるので、全身をめぐる血液が温まりやすいのだそうです。
ただし低温やけどを防ぐために、カイロは肌着の上から貼るようにしましょう。

喉が痛い時にはマスクをして横向きで寝る

マスクで乾燥が防げるので、喉の痛みが和らぎます。
横向きで寝ることで気道が広がって呼吸が楽になるので、抱きまくらなどで横向きをキープして寝るようにしましょう。

鼻かぜには蒸しタオル!お風呂に入ってすぐに寝る

蒸しタオルは鼻づまり解消に効果大です。
鼻の粘膜の血流を良くするには足湯も良いですね。
40℃程度のお風呂につかって、冷えないうちにソッコー寝てしまいましょう。

他にも緑茶でうがいをするとか、朝にホットヨーグルトで腸内環境を整えるとか、軽い運動をするとか…簡単にできる風邪対策が番組内では紹介されていました。

ただ、どうしても赤ちゃんの授乳やお世話があると、ママのペースでというわけには行かないことが多いですが、かぜのひきはじめには、やっぱり十分な睡眠と休息が必要ですよね。
体を冷やさないように気をつけて、横になれる時には少しでも休みましょう。

まとめ


かぜや病気は、悪化させてしまうと大変ですし、赤ちゃんや家族にうつさないためにも早めの対処が必要です。
ママが軽い症状だったとしても、もしRSウイルスだったりしたら、赤ちゃんにとっては命取りになりかねませんので、冬のかぜには大げさなくらい注意しましょう。
またお仕事をされているママや、上の子が風邪をもらってきちゃうという場合には、とにかく毎日の食事や習慣で免疫力を高めておきたいものですね。

もし急に、38度以上の発熱や咳・喉の痛み、関節痛や筋肉痛、全身の倦怠感などのような症状がでた場合には、インフルエンザが疑われますので早めに医療機関を受診しましょう。

オススメ記事

ある日、仕上げ磨きをしようとしたら、もうじき2歳になる娘の前歯が茶色っぽくなっているではありませんか…歯ブラシをしっかりしてみても全く取れる気配もなく…。 一瞬「...

寝る時は川の字でまっすぐ寝ていたのに、ふと見たら子供が180度回転している! 布団から飛び出てしまっていて、ママは眠い目をこすりながら子供を何度も布団へ戻す毎日…...

「まるで未知の生物」。男の子を育てるお母さんから、男の子についてこんな本音が聞こえてくることがあります。 同年代の女の子と比べるとその差は歴然です。親の言うこ...

2歳までにほぼ100%の子供が感染すると言われるRSウイルス。 冬にかけて流行する風邪の代表的なウイルスですが、2017年は夏から大流行しました。 そんな中、我...

ついさっきまで元気に走り回っていたのに、突然ぐずり出したと思ったら体が熱い! 子供の発熱は突然起こる事が多く、親は動揺して慌ててしまうケースが多いですよね。 す...

子育てって想像していたよりも、ずっとずっと疲れます。こどもができる前の、仕事や運動とか遊びすぎでヘトヘトに疲れたという感覚とは全く違いますよね。 なんせ自分の時間...

今まで素直に言う事を聞いてくれていたのに、突然「イヤ!」ばかり言う様になる2歳頃。 ママにとっては、大変憂鬱な時期ですよね。 ご飯は食べない、服は着ない、お風呂...

下の子が産まれてから、なぜか上の子がかわいくないと感じてしまうことを「上の子可愛くない症候群」と呼びます。 私自身も、上の子を大好きなはずなのにかわいくないという...

妊娠中はさまざまなカラダの変化が起こりますが、口の中も同じです。 虫歯や歯周病になりやすいので、いつも以上にケアすることが必要なんです。悲しいかな…30代後半をす...

暖かい日が増えてきて、嬉しいと同時に気になるのが「花粉」です。 この時期になると、杉の花粉が活発に飛散する様になるんですよね。 目や鼻がムズムズとして、どうにも...

NEW ENTRY

新生児は外出NG?散歩はいつから?服装や授乳、みんなどうしてる?

赤ちゃんが生まれたらいつから出かけることができるのでしょうか? 妊娠後期は体が...

幼児はいつから勉強の習慣を付ける?動画は教材?おすすめの教え方

わが子には、将来勉強で困って欲しくない。 そのために小さい頃から勉強の習慣を付...

赤ちゃんのシャンプーどうしてる?ボディソープで大丈夫?いつから大人用?

あなたは赤ちゃんのシャンプーをどうやって選んでいますか? ドラッグストアやベビ...

30代も産後も綺麗なママでいたい!ファッションや髪形のポイント

30代はお肌の曲がり角、なんて言われる時期。 スキンケアにしてもファッションに...

赤ちゃんが夜中に遊ぶ原因は?!2ヶ月3ヶ月4ヶ月8ヶ月対処法

夜中、なんだかモソモソと動く気配がして起きてしまう事があります。 何だろうと思...

カテゴリー

ページTOPへ