すくすく育児

入園式のスーツの色は?ママはパンツでもOK?レンタルも選択肢!

[記事公開日]2018/02/25 [最終更新日]2018/02/23
■カテゴリー:子育て
■タグ:,

もうすぐ新しい出会いの季節、春がやってきます。
この4月から保育園や幼稚園に入学する、という子供も多くいますよね。
大変喜ばしい入園シーズンですが、ここでママには大きな悩み事が出てきます。
それは、入園式での服装なんですよね。
ママにとっても新しいコミュニティのスタートである入園式だからこそ、服装だって大きな悩みとなるのです。
ここでは、そんなママの悩みである入園式にふさわしい服装についてご紹介していきます!

目次

  1. 入園式の服装にルールはある?
  2. スーツの色のおすすめは?
  3. ママはパンツスタイルでもOK?
  4. レンタルスーツの利用ってあり?!
  5. 入園式で失敗しないためのポイント5選!
  6. まとめ

入園式の服装にルールはある?

入園式は、子供の晴れ舞台です。
特に保育園や幼稚園は、子供が生まれて始めて大きく一歩を踏み出すステージとなります。
そんな保育園や幼稚園の入園式は、ママやパパにとって喜ばしくもちょっとさみしいものかもしれませんね。
子供にも親にも人生の一大イベントと言える、入園式。
入園式では、基本的にママもパパもスーツなどを着用します。
ママはドレス以外のセミフォーマルな服装が、入園式でのマナーと言っても良さそうですね。
そのため「セミフォーマル」から逸脱しない範囲でのマナーを守っていれば、厳格なルールはありません。

入園式でのママの服装マナー

ここで、入園式におけるママの服装のマナーを押さえておきましょう。

1.明るめの華のある服装

入園式では、明るめで華のある服装がマナーです。
黒などでも可能ですが、その場合は小物などで明るめの印象になる様に工夫していくと良いでしょう。

2.品があり落ち着いた服装

明るめで華があるとは言っても、品がなくてはいけません。
落ち着いた、母親らしい服装を心掛けましょう。

3.ジーパンや派手な露出はNG

セミフォーマルが基本なので、ジーパンや派手な露出がある服装は避けていきましょう。
またラフすぎるTシャツなども、あまり好ましいとは言えません。

4.黒のストッキングはNG

黒のストッキングは、喪服のイメージが強いのでおすすめできません。
基本は、ナチュラルストッキングを選びます。
ちなみに素足ではマナー違反となりますので、必ずストッキングを着用しましょう。

5.アクセサリーはパールがベター

アクセサリーは、派手すぎないものを着用します。
パールは存在感があり華があるので、入園式でも大変おすすめですよ。

6.髪はアップスタイルが基本

髪は、綺麗にまとめるアップスタイルがベストです。
ハーフアップやダウンスタイルでもOKですが、きちんと手入れをしてセットしていきましょう。

7.適度なヒール靴が基本

靴は、慣れた高さのヒールを履きましょう。
あまりにも高いヒールやピンヒールは、特に入園式では危険な場合もあるので注意しなければなりません。

8.主役は子供

入園式の主役は、あくまでも子供です。
親にとっても大きな舞台ですが、親ばかりが目立ちすぎない様に配慮していきましょう。

スーツの色のおすすめは?

入園式でのスーツは、明るめの色がおすすめです。
白や淡いピンク・イエロー・ブルー、そしてベージュが人気ですね。
これは、ママの好みで選んでいきましょう。
こうした明るい色のスーツは、これから小学校・中学校・高校の入園式で使用する事が予想されます。
使用回数こそ少ないとは言え、長く使うものなので自分の好きな色にすると良いですね。

ちなみに卒園式や卒業式も、これから入園式や入学式の数だけやってきます。
そんな卒園式の服装では、黒やグレー、ネイビーといった暗めの色がおすすめです。
「出会い」という場でもある入園式とは異なり、卒園式は「別れ」の場でもあります。
そのため、暗めの色の方が好まれる傾向にあるのです。
現在ではそこまでマナーとして決まっている訳ではありませんが、使い分けている人が多くなっているんですよ。
そんなママ用に、最近では明るいジャケットと暗めのジャケットがセットになっているものも販売されています。
こうしたセットを持っておくと、ゆくゆくは安心かもしれませんね。

スーツの種類

一口にスーツと言っても、種類がいくつかあるのでご紹介しておきましょう。

ジャケットの種類

ボタンが付いている、いわゆる一般的な襟のついたスーツジャケットは、定番でまず間違いのない服装です。
その一方で、襟のないノーカラージャケットも大変人気となっています。
ノーカラージャケットは、スーツほどかしこまった感じはないけれど、華やかさが出ます。
入園式以外で、ちょっとしたおしゃれ着としても使えそうなのがメリットですね。
その点では、スーツジャケットも着回しがきいて様々な場面で活用できるので嬉しいものです。
ジャケットは、ママそれぞれの好みやライフスタイルによって決めると良さそうですね。

スカートの種類

ジャケットの下に着用するのは、シャツとスカートのツーピースが定番です。
ジャケットと素材を合わせたスカートは、セットアップで綺麗な見栄えとなりますよね。
しかし素材の違うスカートでも、全体的にまとまっていれば問題はありません。
また、ジャケットの下にワンピースを着用してもOKなんですよ。
スカートやワンピースの色は、必ずしもジャケットの色と合わせる必要はありません。
そこでスカートやワンピースは卒園式でも使える様に、黒などの暗めの色を選ぶママも多いのです。

ママはパンツスタイルでもOK?

入園式を迎える3~4歳の子供を持つママは、活発に動き回る子供を追いかけるのに大変な時期でもあります。
また、ちょうど下の子供が生まれて間もないというママも多いですよね。
そんな時、スカートやワンピースではなかなか動きにくいものです。
そこで、パンツスタイルも大変人気となっているんですよ。
入園式においては、スカートでなければならないという決まりはありません。
パンツスタイルであっても、入園式らしくまとまっていれば問題ないのです。
そのため活発な子供を持つママや乳児がいるママなどは、パンツスタイルもおすすめです。

ちなみに、着なれている人は着物での入園式出席もありです。
着物ならば、訪問着や付け下げ、色無地がおすすめですね。
日本らしさと華やかさを併せ持っている着物は、入園式のママの服装にもピッタリなのです。

レンタルスーツの利用ってあり?!

入園式や入学式のスーツって、長く着用するとは言え実際着る回数と言ったら多くても5回ほどではないでしょうか。
卒園式や卒業式で同じスーツを着用すると言っても、着用回数は多くて10回です。
短いと、3回しか着ないなんていうケースもあるんです。
またママの体型や好みだって、年代とともに変化します。
入園式の時には気に入って購入しても、子供の中学校入学式の時にはデザインが若すぎて着られないなんて事もあるのです。

そこで人気となっているのが、レンタルなんですよ。
入園式でスーツをレンタルするのは、全然問題ありません。
何回も高価なスーツを購入するよりも、その都度自分の好きなスーツをレンタルする方が良い事もあるのです。
特に入園式などでは、スーツの着用時間は半日程度が一般的です。
またそんなに汚れるものでもないので、レンタルでも全く問題ないんですね。

最近では、レンタルの他にもリサイクルショップなどで安い商品を購入するママも増えています。
これから先、何かと子供にお金がかかってくる時期です。
そんな子供のためにも、ママのスーツは賢くコスパ良く利用したいものですね。

入園式で失敗しないためのポイント5選!

特に一人目のママにとって、入園式はママにとっても未知のものです。
そこで、入園式で失敗しないためのポイントを5選でご紹介します!

1.カイロ持参

式典会場では、コートを脱ぐのが基本です。
まだまだ寒い日が多い4月上旬ですから、カイロなどを予め仕込んで温かくして式に臨みましょう。

2.荷物は少なくまとめる

入園式には、多くの父母や子供たちが参加する事になります。
そのためスペースも大変制限される事になるので、荷物は最低限にしていきましょう。
また、荷物はなるべく一つか二つにまとめる様にするとベストです。
写真を撮る機会の多い日でもあるので、ぜひすっきりと荷物をまとめて移動しやすい様に心がけていきましょう。

3.写真撮影は控えめに

可愛い我が子の入園式だからこそ、親としては写真をたくさん撮りたいものですよね。
しかし写真撮影ばかりに気が入ってしまうと、周りの迷惑になる事も少なくありません。
写真撮影の時は、周囲の迷惑にならない様にしっかりと配慮していきましょう。
また、シャッター音にも気を配っておくと安心ですよ。

4.乳児の参加は要確認

小さな乳児がいる場合には、入園式に参加が可能かどうか事前に園に確認を入れましょう。
園によっては、乳児連れでは参加できない事もあります。
そんな場合も考えて、早めに確認しておけると安心ですね。

5.祖父母の参加も要確認

乳児と同様に、祖父母の入園式参加も事前に園への確認が必要です。
入園式会場によっては、席の確保が難しい場合も多くあります。
可愛い孫の晴れ姿を見たいという祖父母は多いですが、ここはしっかりと確認してからにしましょう。

まとめ

入園式は、子供にとってのスタートでありママにとっても新しいステージのスタートとなります。
これから何年かの付き合いになる、新しいママ友との出会いの場ともなるのです。
そのため、マナーはしっかりと守って良いスタートを切れる様にしたいものですよね。

入園式では、これといった服装の決まりがありません。
もちろん園によっては、それぞれにルールがあるところもあります。
その場合は、事前にちゃんと調査しておきましょう。
そして、服装のマナーや式典でのマナーを遵守した上で周囲への自分なりの配慮も必要となります。
それは入園式当日の言動も同様に、しっかりと心配りをする必要があります。
これから始まる新しい人間関係を円滑にするためにも、そして子供の晴れ舞台として素晴らしい一日にするためにも、しっかりと準備をしていきましょう!

オススメ記事

実家に帰省した際など、とくに気をつけたいのが子供のヤケド。 お鍋の前に立っているおばあちゃんに駆け寄って行ったり、ストーブの上のやかんに手を伸ばしたり...

産まれたばかりの赤ちゃんの肌は、非常にデリケートです。 だからこそ、赤ちゃん用には無添加の商品を選ぶママが多いですよね。 そんな赤ちゃんに欠かせないスキンケア、...

赤ちゃんは3歳くらいまでに脳が成人の約8割まで出来上がるんだとか… 生まれたばかりの時は、とにかく健康で元気に育ってくれればそれで~と思っていたのですが、少しずつ...

寝る時は川の字でまっすぐ寝ていたのに、ふと見たら子供が180度回転している! 布団から飛び出てしまっていて、ママは眠い目をこすりながら子供を何度も布団へ戻す毎日…...

子育ては、世界中の仕事の中で最も過酷で最も大切な仕事と言われます。 何もできない赤ちゃんを、一人で生活していけるまでにそだてなければならないのです。 人を一人育...

子供の身長がどれ位成長するのかは、気にする親が多いものです。 特に最近では、身長が高くスラッと綺麗なスタイルの子供が多くなってきていますよね。 これは男の子でも...

あせもって痒くて本当に辛いですよね… まだ話せない赤ちゃんは、ただ泣くことしかできません。 赤ちゃんや子供のあせもは、一刻も早く治してあげたいも...

気付けば筆者の息子も5歳。5歳と言えば…そう、今年は七五三です。 七五三に関する知識は「11月頃に神社に参拝して、両家でお祝いして、写真撮影でもするのかな」く...

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。これからどんどん暑くなっていきますし、お外で遊ぶ機会も多くなるので熱中症に注意が必要です。ここ数年は、ニュースで子供やお年寄りが...

子供は、外で遊ぶのが大好きなものです。 どんなに暑い日だって日差しが照りつける日だって、お構いなし。 しかし、それを見ているママは心配で仕方ないものなんですよね...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ