すくすく育児

母乳がでないのはなぜ?遺伝やダイエットのせい?有効な対策とは?

[記事公開日]2018/01/19 
■カテゴリー:子育て, 産後, 赤ちゃん
■タグ:

出産したら、自然と母乳が出てきてて赤ちゃんにあげるのは簡単な事だと思っていました。
しかし実際出産してみたら、母乳がでない!というママは、決して筆者だけではない事と思います。
特に初産の場合は母乳が思う様にでないケースが多く、悩んでしまうママが多くいますよね。
母乳は、なぜでなくなってしまうのでしょうか?
その有効な対策と共に、ご紹介していきます。

目次

  1. 母乳の仕組み
  2. 母乳がでない理由は遺伝やダイエット?
  3. 母乳を多く出すための対策8選!
  4. すくすく母乳の泉がおすすめ!
  5. まとめ

母乳の仕組み

女性は、妊娠すると体全体が子供を育てられる様に変化していきます。
子宮で胎児を育てる事はもちろん、出産した後も育児ができる様に変わっていくのです。

妊娠中は、胎児を育てながら母乳を作り出して育てていくための準備期間となっています。
妊娠すると、プロラクチンとプロゲステロンというホルモンが多く分泌されます。
これらは母乳に大変重要なホルモンで、この2つが分泌される事によって母乳生成の準備に入ります。
プロラクチンは乳腺の発達を促す作用があり、母乳が出る様に働きかけてくれます。
これによって、妊娠中に胸が大きくなる妊婦さんも多いですよね。
そしてプロゲステロンは、母乳が出る事を抑えてくれるホルモンです。
妊娠中はまだ母乳が出る必要がないため、母乳が出る体にしつつも実際には出ない様になっているのです。

出産すると、プロラクチンは引き続き分泌されて母乳はしっかりと生成される様になります。
そしてプロゲステロンの分泌に変わって、オキシトシンが多く分泌される様になるのです。
オキシトシンは、母乳が出る様に作用してくれるホルモンです。
この2つのホルモンによって、出産後は母乳が出る様になるのです。

出産したら母乳が出るのは普通の事なの?

出産すると、プロラクチンとオキシトシンの分泌は多くなるものです。
しかしこれは人によって個人差があり、出産後すぐに母乳が出る人もいればそうでない人もいます。
ホルモンの分泌は少しずつ多くなる場合がほとんどなので、出産後少しずつ母乳の量が増えてくるママが多いんですよ。
またプロラクチンとオキシトシンは、赤ちゃんが乳首を吸う事によって刺激されて多く分泌されてくる特徴があります。
そのため母乳が出なくても、最初は赤ちゃんにどんどん吸ってもらう事が大切なのです。

母乳を飲ませるメリットとは?

現在では、母乳以外にも粉ミルクも積極的に育児に取り入れられています。
粉ミルクはどんどんと研究が進み、母乳にかなり近いものに作られていますよね。
その一方で、赤ちゃんに母乳を飲ませる事には4つの大きなメリットがあるんですよ。

1.必要な成分が全て入っている

母乳には、赤ちゃんが成長していくための成分が全て含まれています。
生後しばらくは、母乳だけの栄養で赤ちゃんは十分に成長できるのです。
三大栄養素であるタンパク質や脂質、炭水化物、そしてビタミン、ミネラルなどがバランス良くしっかり含まれているんですよ。

2.抗体も入っている

特に出産後一週間以内に分泌される「初乳」には、病気から赤ちゃんを守る抗体が含まれています。
これを赤ちゃんに飲ませる事で、赤ちゃんを病気やアレルギーから守る事ができます。
これら以外にも、赤ちゃんのための成分が全て含まれているのが母乳なのです。

3.親子の絆を育める

母乳を飲ませる事は、親子のスキンシップとなります。
そのため、母乳を飲ませる事で親子の絆を深めていく事が可能です。
そしてママは、母親としての自覚もしっかりと持てる様になっていくのです。

4.ママの体の回復を促進させる

母乳を飲ませる事で、オキシトシンが多く分泌される事になります。
このオキシトシンは、子宮の収縮を促す作用があります。
これによって、出産後のママの体は回復が促進されるのです。

母乳がでない理由は遺伝やダイエット?

出産後、しばらく赤ちゃんが乳首を吸っていても母乳がでない事もあります。
その理由には、様々なものが考えられます。

まずは、遺伝により母乳が出にくいというケース。
そしてダイエットなどにより、ホルモンバランスが崩れて母乳が出ないという事も考えられます。
ストレスによって、母乳が出なくなる事もあるんですよ。
また、母乳が出ていたのに突然出なくなってしまうという事も少なくありません。

ママの体は、妊娠・出産を経て大変大きな変化を経験しています。
それだけで大きな負担となっているのですが、出産後は休む間もなく育児へと突入していきます。
だからこそ、母乳がすぐにでない事だって少なくないのです。
母乳がでないからと言って、自分を責める必要はありません。
まずは母乳をだすための対策を、少しずつ実践してみましょう!

母乳を多く出すための対策8選!

母乳は、基本的に自然とでてくるものです。
しかしもっと多くだしたい場合や、母乳がそもそもでない場合には下記の方法を試してみましょう!

1.授乳を増やす

どんなに母乳がでなくても、赤ちゃんに吸ってもらう事はホルモンを分泌させる最も良い刺激となります。
また赤ちゃんが吸えば吸うほど、母乳は生成される量が増えていくのです。
そのため、出なかったとしてもどんどん授乳していく事が大切なのです。

2.体をしっかりと休める

出産で大変な体力を消耗したママは、しっかり体が休まる事なく育児へと突入します。
そして頻回授乳により、さらに休めない状況が続く事になるのです。
しかし休める時にできる限り体を休めないと、母乳の生成も乏しくなってしまいます。
赤ちゃんが寝ている時はなるべく一緒に寝る様にして、体をしっかりと休める様に努めていきましょう。

3.体を少し動かしてみる

特に出産後すぐの産褥期には、なかなか体を動かせないものです。
ですが体を動かさない状態では、全身のめぐりが悪くなってしまい母乳も出にくくなってしまいます。
産褥期は産褥体操、そして床上げしたら適度な運動を心掛けて全身の巡りを良くしていきましょう。

4.マッサージする

母乳が生成されていたとしても、乳腺が詰まっていると母乳がでなくなってしまいます。
そのため、乳房は定期的にマッサージをしていくと効果的ですよ。
自分でのマッサージはもちろん、母乳外来を利用してプロにマッサージしてもらうのも良さそうですね。

5.水分をたくさんとる

母乳は、ママの血液から作られています。
そんなママは、出産により血液を多く失ってしまった状態で水分不足となっています。
そこで水分を積極的にたくさんとり、水分不足を解消していきましょう。
水分が多くなれば、血液も増えて母乳が多くなりやすいのです。

6.栄養バランスの良い食事をとる

母乳の生成には、栄養バランスの良い食事も欠かせません。
産褥期にはなかなか自分で料理する事もできないので、周りの助けをしっかり借りて食事もたっぷりと摂っていきましょう。
また授乳には大変カロリーを消費するので、いつもよりもしっかり食事をとる事も大切ですよ。

7.ストレスを上手に発散する

ストレスは、母乳がでなくなる大きな要因となります。
しかし始めてづくしとなる育児において、ストレスは避けては通れないものと言えます。
そこで、毎日少しずつでもストレスを発散していける方法を見つけていきましょう。

8.母乳がでる様になるサプリなどを活用する

母乳がでる様になるお茶やサプリは、様々な商品が販売されています。
例えばごぼう茶なんかも、母乳がでる様になるお茶として有名ですよね。
しかしその多くは味が大変独特で、苦手というママも多いと思います。
そんなママにおすすめしたのが、「すくすく母乳の泉」というサプリメントです。
サプリなのでどんなママでも手軽に飲む事ができて、忙しい育児の合間に、さっと飲めるのが嬉しいポイントです。

すくすく母乳の泉のおすすめポイント!

すくすく母乳の泉は、母乳に良い成分がしっかり含まれているサプリメントとなっています。
特徴をご紹介します。

1.栄養が豊富!

授乳中のママは、いつも以上に多くの栄養を摂る必要があります。
そこですくすく母乳の泉には、14にもなるビタミンやミネラルを凝縮して配合しています。
厚労省付加推奨量を、なんとこのサプリ一つで全て摂る事ができるのです。

2.母子の健康と発育をサポートしてくれる!

すくすく母乳の泉には、ママの健康のみならず赤ちゃんの発育をサポートしてくれる成分が多く含まれています。
赤ちゃんに特に必要とされている「DHA・EPA」、そして母乳に欠かせない「葉酸」、授乳中のママが悩みやすいお腹の詰まりをケアしてくれる約5億個にもなる「乳酸菌」。
さらにルイボスやローズヒップ、そして7種類の国産野菜ミックスも入っているのです。

3.体に優しい2大ハーブ!

母乳の原料に大きく関わってくる鉄分やカリウムを豊富に含む、西洋タンポポ。
そして母乳がよく出る様になるとされている、ラズベリーリーフ。
この2つのハーブも、しっかり配合されています!

4.安全にはとことんこだわっている!

母子に直接関わってくるサプリだからこそ、安全にはとことんこだわって作られています。
妊婦にはNGとされているフェンネルはもちろん使用しておらず、10の無添加や放射線検査のクリア、そしてGMP取得工場での製造となっています。
これだけ安全にこだわっているからこそ、授乳中でも安心して飲めるサプリとなっているのです。

5.返金保証がある

また、返金保証があるので、1か月間の試し飲みも可能です。
詳しくは公式サイトをチェックしてみて下さいね。

>すくすく母乳の泉公式サイトはこちら!

まとめ

授乳中は、母乳への移行を気にしてサプリであっても気軽に飲む事ができないものですよね。
しかし母乳の出が悪いと、ママは決して悪くないのに罪悪感を感じてしまうママが多くなっています。
筆者も母乳の出に悩み、母乳の出が良くなるというお茶をいくつも試してみました。
ですがどうしてもその味に慣れる事ができず、一週間たたないうちに断念してしまった過去があります。

授乳中は、なるべくストレスなく母乳の出が良くなるアイテムを手に入れたいものです。
さっと水で飲めるすくすく母乳の泉は、サプリタイプなので誰でも味を気にせず飲めます。
そして飲むのに時間も取らないので、非常にストレスフリーで続けられる商品です。
母乳に悩んでいるママ、ぜひすくすく母乳の泉を活用していきましょう!

>すくすく母乳の泉公式サイトはこちら!

オススメ記事

子供の死因の原因で多いのは不慮の事故なんだそうです。 うちの娘はずりバイが出来るようになったころ、私がふと後ろを向いていた3秒位の間にベッドから転落…こりゃ大変だ...

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムになりましたよね。 赤ちゃんが生まれる前に準備する人も多いのではないでしょうか? ...

産後は爪がもろくなって割れやすくなったり、表面がデコボコしていたり、二枚爪になってしまったりというトラブルが起こることがあります。 爪は体の状態をあらわすとか、健...

鼻づまりは、大人にとってはたいてい大事ではありませんが赤ちゃんにとっては大事です。 まだ自分で対処できない赤ちゃんは、鼻がつまっていてもどうしたら良いのかわかりま...

五月人形なのにおしゃれってどういうこと? タイトルを見て、そんな素朴な疑問を持たれた方もいるはず。 五月人形と言えば、兜や鎧飾りですが、「おしゃれ」とは違う...

ママにとって戦争の時間の1つである、朝。 忙しく家事をこなす中で、子供がすっきり目覚めてくれたらどんなに有り難い事かと思うものですよね。 しかし子供は、そんなマ...

子育ては体力勝負とはよく言ったもので、まさにその通りだと思います。 無限に湧いてくる様な子供と体力とは違って、親の体力には限りがあるものですよね。 しかし、親が...

出産後に起こる、様々な体の変化。 その中でもなかなかショックが大きいのが「抜け毛」ではないでしょうか。 ある日突然大量に髪の毛が抜ける様になると、かなりの不安を...

子供の噛み癖で悩んでいるママやパパって、結構多いみたいなんです。 うちの子も1歳を過ぎた辺りから、かなり強い力で噛んでくることが増えて、赤ちゃんなのに...

乳酸菌サプリってほんとにいろんな商品がありすぎて、選ぶのに迷ってしまいますよね。 産後は特に、便秘や慣れない育児のストレス等で肌あれになったり…何かコレだ!という...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ