すくすく育児

乾燥肌はメイクが厚塗りになる?メイク落とし不要のおすすめブランド

[記事公開日]2017/12/25 
■カテゴリー:美容
■タグ:,


育児に家事に仕事にとせわしない毎日。ママになってもキレイでありたいと思うものの、自分のおしゃれに割く時間は出産前に比べて本当に少なくなりますよね。毎日の洋服のコーディネートやネイル、ヘアケアにお肌のケア、そしてメイク…。楽しいはずの自分磨きも、時間がとられる工程と感じられて苦痛になることさえありますよね。
この記事は、そんな忙しくも充実した日々を送るママたちの自分磨きを応援します!特に美肌の大敵、乾燥肌について、また乾燥肌で悩むママにおすすめの化粧品もご紹介いたします。
毎日、時間に追われるママさんたちのお役に立てればと思いますので、ぜひ参考にしてくださいね。

目次

  1. 乾燥肌がもたらす負のスパイラルとは?
  2. 乾燥肌の人におすすめのファンデーションはこれだ
  3. 乾燥肌が気になるママにおすすめの保湿
  4. 乾燥肌が気になるときのお助け食材とは?

乾燥肌がもたらす負のスパイラルとは?

美の大敵、乾燥肌。美肌を目指すには、まず敵を知ることから…というわけで、最初に乾燥肌のメカニズムを知ることから始めましょう。

乾燥肌になる原因とは?


肌が乾燥する大きな原因はクレンジングや洗顔のしすぎです。クレンジング剤には、オイルタイプやクリームタイプ、拭き取りのタイプなど様々なものがあります。丁寧にクレンジングをする時間がないため、拭き取りタイプのクレンジングを多用するママもいらっしゃると思いますが、拭き取りタイプのものはお肌をこすりすぎて傷をつけてしまう恐れがあります。
また、オイルタイプやクリームタイプのクレンジング剤でメイクを落とす際にも注意が必要です。メイクをしっかり落としたいために、こすりすぎて肌を痛めたり、皮脂をとりすぎてしまうことがあります。肌を痛めることはシミの原因になりますし、皮脂をとりすぎることによって肌の乾燥を引き起こす原因となります。

乾燥肌が厚塗りメイクの原因に?

クレンジングのしすぎで乾燥すると、肌が乾燥から守るために油分を多く出してしまいます。その結果、吹き出物などの肌荒れを引き起こす原因となります。吹き出物や肌荒れが起こると、気になってファンデーションを厚塗りにしてしまうことがありますよね。また、乾燥が原因のオイリー肌の場合、メイクが崩れやすいため、メイク直しを頻繁におこなうことによってメイクを重ねる原因にもなります。
さらに一日の終わりに、厚塗りしてしまったメイクを落とすために、またもやクレンジングをしすぎるという負のスパイラルに陥ってしまいます。

乾燥肌の人におすすめのファンデーションはこれだ

クレンジングのしすぎからお肌の乾燥を引き起こし、その結果メイクの厚塗り…。このつらい状況から抜け出すのにおすすめのファンデーションをご紹介します。

エトヴォスミネラルファンデーション


エトヴォスのマットスムースミネラルファンデーションは、なんと洗顔料だけで簡単に落とせるんです。その理由はお肌に優しい天然のミネラルが主成分だから。のびがよく着け心地が軽いため、肌への閉塞感がないのも嬉しいポイントです。つけていることを忘れるくらいエアリーな着け心地で、そのうえクレンジングストレスも軽減できるのでとてもおすすめです。
洗顔料で落とせるため、肌に必要な油分や水分を残すことができ、クレンジングのしすぎから起こる乾燥とさよならすることができます。

>エトヴォスミネラルファンデ【スターターキットM(マット)】公式サイトはこちら

初めての方限定のお試しセットがおすすめ


とはいっても、ファンデーションは自分のお肌との相性をチェックしてみたいものですよね。そこで、初めての方限定で購入できるミネラルファンデーションスターターキットがおすすめです。購入すると税抜5,800円相当の下記商品セットを税抜1,800円でゲットできちゃいます。

  • マットスムースミネラルファンデーション
  • 下地パウダー(ナイトミネラルファンデーション)
  • フェイスカブキブラシ(メイクブラシ)
  • クリアソープバー(洗顔料)
  • モイスチャライジングローション(化粧水)
  • モイスチャライジングセラム(美容液)
  • アルガンオイル(美容オイル)

クレンジングの工程が省けるのってとても魅力的ですよね。メイクオフに時間のかからないミネラルファンデーションは忙しいママの強い味方です。ぜひおためしください!
>エトヴォスミネラルファンデ【スターターキットM(マット)】公式サイトはこちら

乾燥肌が気になるママにおすすめの保湿

肌への負担が少ないファンデーションに変えたり、美容液やパックでたっぷりケアしたり…。
忙しい中でなんとか工夫して保湿しても、エアコンを最大稼働させている真冬って保湿が追い付かないですよね。
そこで、忙しいママでもできるこんな「ながら保湿」がおすすめです。

寝ながら口もと保湿

ケアしたいのは、睡眠中の乾燥です。
睡眠中の乾燥には枕元の加湿器がおすすめです。しかし、それ以上にお手軽なのが濡れマスクです。美容だけでなく、喉の乾燥を防ぐことで風邪を予防することもできます。濡れマスクは市販されているものもあり、中には安眠効果を促す良い香りのするタイプなどもありますが、自分でも簡単に作ることもできます。作り方はとっても簡単です。

用意するもの

  • 普通の不織布マスク(2枚)
  • ガーゼ(1枚)

作り方

  1. ガーゼを水で濡らし軽く絞る
  2. 濡らしたガーゼをマスク2枚の間に挟んで装着する
  3. ガーゼが口元にくるように調節する

風邪の予防のために濡れマスクが紹介されていることが多いのですが、濡れマスクは普通のマスクをつけたときよりも、翌朝、頬や唇、喉の調子が劇的に違うのでおすすめです。
メイクが崩れる箇所って大体決まっていますよね。目元や口元から崩れる方が多いのではないでしょうか。濡れマスクは口元のお肌の保湿に効果的です。
作るのもとても簡単ですのでぜひお試しください。

寝ながらパック


パックと言ってもおすすめするのは、お顔に乗せるシートタイプのものではなく、塗るタイプのパックです。写真は資生堂エリクシールの塗って寝るパックですが、こちら忙しい女性にぴったりのまさに寝ながら保湿アイテムです。朝プルプルのお肌を実感できると、一日を元気に始められますよね。
パックにはハリタイプと美白タイプがあり、ハリタイプが税込3,024円、美白タイプが3,456円とお値段もお手頃です。
>資生堂エリクシール公式サイトはこちら

乾燥肌が気になるときのお助け食材とは?


年内のお仕事もあとわずか。忙しい一日を終えてクタクタになって帰ってきても、家族のために食事を作らなければならない…。こんな状況、よくありますよね。もちろん忙しいのはお仕事ママだけではありません。一日子供と過ごしながら、なんとか家事をこなし、残りの体力を削るように夕食作りにいそしむ方もいらっしゃるでしょう。
疲れが出やすい年末は、身体の免疫力も低下するなど、疲労や内臓の疲れなどによりお肌の調子が崩れることもあります。そんなときにおすすめなのが食材を放り込むだけのお鍋料理です。簡単なのに、色々な食材から栄養をたっぷり摂れるので重宝している方も多いはず。
そんなお鍋料理の際には、乾燥肌の改善を助ける食材をたっぷり入れて、明日の元気の源と一緒に美容エキスも吸収しちゃいましょう!

タンパク質

おすすめなのがお肌のうるおいに欠かせないアミノ酸をたくさん含むタンパク質です。肉、魚、卵、豆腐などを摂取しましょう。いずれもお鍋には入れやすいものばかりですよね。

ビタミンB2、B6

豚肉には肌のターンオーバーを助けるビタミンB2が、そして卵や豆腐にはホルモンバランスを整えるビタミンB6も含まれています。

ビタミンA

さらに、ほうれん草やにんじんなどの緑黄色野菜に含まれるビタミンAは肉と一緒に摂取すると吸収率が上がるとされています。ビタミンAは、お肌のターンオーバーを助けたり、皮膚の潤いを保つなど美肌に効果的に働きます。

ビタミンC

疲労回復に効果のあるビタミンCは疲れたママを回復させてくれる癒しの食材です。お鍋に入れる食材としては大根が良いでしょう。大根には消化を助ける消化酵素も含まれているので、疲れた胃腸もサポートしてくれます。大根は葉っぱの部分にも栄養が豊富に含まれているようです。他には小松菜やブロコッリーがおすすめです。

鉄分

鉄分が不足すると貧血になる、というイメージがありますが、実は肌が乾燥したり枝毛が増えるなど、美容面からみても良くない症状が現れます。そんな鉄分を補う食材としては、豚肉、卵、大豆製品、牡蠣、ほうれん草などがおすすめです。

とにかく疲れているときには、冷蔵庫の中に入っている野菜やお肉を放り込んじゃいましょう。トマト缶を入れて、チーズを加えコンソメ風味の洋風鍋にしたら、手抜きなのにオシャレに見えちゃいます。それさえもめんどくさかったら、白だしのみで味付けしてしまえばそれだけで野菜やお肉の味が出て十分美味しくできますよ。最後にうどんでしめれば、簡単なのに五臓六腑に染み渡る優しいお鍋でお腹も気分もほっこりです。

まとめ

母としての務めを果たすのに一生懸命な毎日を送っていると、女性としての努力がどうもおろそかになりがちです。気付けば、メイクにかける時間はほんの数分程度、ネイルもしばらくしていなかったり…。ママになってもオシャレでいたいと思う反面、やらなければならない多くのことで心の余裕を失いがちです。
それでもメイクって毎日のことですから、できることなら時間がない中でも前向きに楽しみたいものですよね。
この記事では忙しい日々を送るママにぜひ使ってもらいたい洗顔料で落とせるお肌に優しいファンデーションをご紹介しましたが、このようなアイテムを上手に活用することで効率よく女子力を上げるのもアリです。これ以上ないほど自分磨きや肌ケアを時短している筆者ですが、このファンデーションはとっても優れものだと思います。

オススメ記事

子供が生まれても、美容に手を抜かないでキレイでいよう。生活に疲れたおばさんみたいにはならないぞ! そんなことを心に誓っていたはずなのに。子育てが現実となった今...

美肌やアンチエイジングに効果があることで知られているプラセンタですが、最近では不妊治療に取り入れている医療機関が増えているそうです。 なんでも、プラセンタで妊娠し...

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ真ん中に現れる茶色の1本の線… 見たことのない線でびっくり、これは何だろうと気になって検索してみると、どうやら「正中線」というもので...

産後に髪の毛がどんどん抜けて焦っていたら、今度はパサパサになったりしていませんか? もともと艶のあるきれいな髪質の方でも、産後は何かしらのトラブルでお悩みのママが...

育児疲れって、どうしても顔にあらわれちゃうんですよね…特にほうれい線や顔のたるみは、老け顔度マシマシに…ショック(泣) 妊娠中は女性ホルモンと体重増加のおかげで、...

DHAってとても良く聞く言葉だけど、実際何が良いのか分からない! 子供にも必要だと聞いた事はあるけど、一体どうやって摂取したら良いの? 2児の母である筆者も、ま...

髪の毛は見た目の印象をかなり左右しますから、妊娠中もできるだけ良いコンディションを保ちたいものですよね。 ただ妊娠中は、それまで普通に使えていたシャンプーが合わな...

妊娠中に濃くなってしまったシミ…出産後は初めての育児で忙しくてついつい放置状態に。 その後、育児にも慣れてきて公園デビューのため、久しぶりにバッチリメイクしようと...

美しい髪はいつの時代も女性の憧れですよね。 年齢を問わず髪に艶があり、天使のリングができていると、それだけで女子力はワンランクもツーランクもアップします。 ...

小じわってスッピンの時はさほど気にならなくても、いざファンデーションを塗るとちりちりちり~っと目立ってしまうなんてことありませんか。せっかくメイクしたのに、小じわの...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ