すくすく育児

女の子を妊娠する方法は?妊娠しやすい体質が必要?タイミングが大事?

[記事公開日]2017/10/11 
■カテゴリー:妊活
■タグ:, ,

女の子が産まれたら、可愛い洋服を着せて髪の毛も可愛く結ってあげたい。
そして大きくなったら、女同士で一緒にショッピングやランチを思いっきり楽しみたい!
そんな願いを持っているママは、少なくないのではないでしょうか。
私も男の子が二人いますが女の子への憧れも捨てきれず、姪っ子にはついつい可愛い洋服なんかをたくさん貢いでしまいます。
男の子とはまた違った魅力を持つ、女の子。
そんな女の子を妊娠する方法はあるのでしょうか。

目次

  1. 女の子を妊娠する方法は?
  2. 女の子を妊娠しやすい体質ってあるの?
  3. 産み分けゼリーってどうなの?
  4. 産み分けゼリーは安全?
  5. まとめ

女の子を妊娠する方法は?

妊娠する時、親は子供の性別を選べません。
50%の確率で、性別は自然に決まるものとなっているんです。
性別を決めているのは、ママとパパの染色体です。
2種類ある染色体のどちらが受精するかによって、性別は妊娠と同時に決定されるのです。
つまりこの染色体をコントロールできれば性別を操作する事が可能と言えますが、現代の技術ではそれはまだできないとされています。
そのため子供の性別を100%完璧にコントロールして、希望の性別の子どもを妊娠することはできないのです。

しかし医学の発展によって、確率を50%より上げる事ができる様になりました。
もちろん100%とはいきませんが、確率を上げる事によって希望の性別を授かりやすくする事ができるんです。
その方法には、ジンクスから科学的なものまで様々です。
その中から、4つの方法をご紹介しましょう。

1.タイミング法

私の知人も多く実践して結果を出しているのが、タイミング法です。
タイミング法とは、女の子を授かりやすい日を定めてタイミングを取っていく方法を言います。

性別を決める2つの染色体にはそれぞれ性質があり、女の子を作る染色体は酸性に強くなっています。
女性の体内は、通常酸性となっていますが排卵日が近付くとアルカリ性に近付いていきます。
そのため排卵日のタイミングでは、アルカリ性に強い性質の男の子を作る染色体が活発となるんです。
すると、男の子を妊娠する確率が上がる事になります。
逆に酸性が強い時期のタイミングを計る事により、女の子を作る染色体が活発に活動して受精しやすくなる訳なんですね。
卵子の寿命は長くても24時間程度ですが、精子は数日から1週間ほどと長くなっています。
そのため排卵日の3日ほど前のタイミングが、女の子ができやすいとされているんです。

2.食べ物のよる産み分け

性別の確率を操作するには、染色体の性質を利用する事が非常に重要です。
そこで、パパとママそれぞれの食事によっても女の子を授かりやすくできると言われています。
子供を作ろうと思ったら、妊娠する3ヶ月前から食事による体作りをしていくのです。
ママは酸性が保たれるようなお肉などを多く食べ、パパは野菜などを中心として体内をアルカリ性にしておくんです。

これには科学的根拠はありませんが、昔から伝えられている産み分け方法の一つです。
また極端にこの方法を行ってしまうと、栄養バランスが崩れて妊娠しにくくなってしまう可能性もあります。
そのため栄養バランスが偏り過ぎない様に注意しながら、行っていかなければならないのです。

3.産み分けゼリー

最近では産み分けを実施する病院でも多く導入している、産み分けゼリー。
これも染色体の性質を利用したもので、女性の体内のPhを人工的に操作していく方法です。
体内が酸性であれば女の子ができやすい訳ですから、人工的にゼリーを使って体内を酸性にしていくんです。
この方法は病院でも取り入れられる位ですから、科学的な妊娠の原理に基づいた方法です。
それでも100%希望の性別を授かれる訳ではなく、あくまでも確率を50%以上に上げるだけのものです。
また少しでも確率を上げるために、タイミング法と併せて実施される事が多くなっています。

4.中国式カレンダー

こちらも科学的な根拠はありませんが、意外と当たるとされている方法です。
中国式カレンダーは13世紀頃の中国の王家によって実施された、受胎月と子供の性別の関係を調べた統計となっています。
そのため本家の中国人の妊娠では、このカレンダーの的中率は非常に高いとされています。
日本人でも当たるという評判は多いですが、その反面当たらないという報告も多数あるものなのです。
これは胎児が受胎した月とママの年齢から、子供の性別を見分ける事ができる様になっています。
そのため、希望の性別の子供ができやすい月を調べてタイミングを取っていくという方法なのです。

女の子を妊娠しやすい体質ってあるの?

周りを見てみると、男の子ばかり4人産んだママがいたりします。
逆に女の子ばかり、4人産んだママだっていますよね。
これらはそれぞれ本人が望んだ訳ではなく、自然とこうなったケースがほとんどです。
4人とも同性を授かる可能性は、実に6%ほどです。
こうして見ると、何か体質があるのでは…と思うのも当然ですよね。

しかしどちらかの性別を妊娠しやすい体質というのは、基本的にはないとされているんですよ。
もしかしたら、食生活の面で意図せずどちらかの性別が生まれやすい体になっているのかもしれません。
またなんとなくいつもタイミングが一定で、どちらかの性別が生まれやすいという可能性もあります。
ただ、自然な体質によって女の子を妊娠しやすくなっているという事はないとされているんです。

産み分けゼリーってどうなの?

病院でも産み分けを希望する夫婦に対して使用する事も多くなってきている、産み分けゼリー。
実際2人目や3人目の妊娠を考えた時に、この産み分けゼリーを使おうか悩む夫婦が多くなっています。
現在様々な産み分けゼリーが発売されていますが、ここでは「ベイビーサポート」と「ピンクゼリー」をおすすめします。
これらの商品ならば、病院に行かなくても産み分けゼリーによる産み分けが可能となるんです。

ベイビーサポート

ベイビーサポートは、日本製にこだわって作られている産み分けゼリーです。
天然成分で作られているゼリーはもちろん、容器や梱包袋、箱に至るまで全てが日本製となっているんですよ。
また製造には国内のクラス10,000以下のクリーンルームを使用していて、安全性にもとことんこだわっているのです。
容器は一回の使い切りタイプとなっているので、使い方も至って簡単な上に衛生的ですよね。
そしてベイビーサポートにて妊娠に至りゼリーが余ってしまった場合には、なんと余ったものを買い取ってくれるサービスまであるんです。
使う夫婦の気持ちを一番に考えた、産み分けゼリーと言えますね。

>ベイビーサポート公式サイトはこちら

ピンクゼリー

ピンクゼリーは、産婦人科医と共同開発された産み分けゼリーです。
管理医療機器認証商品としての認定を受けていて、その品質には定評があります。
この管理医療機器認証商品とは、厚生労働省が指定した第三者機関による審査で承認を受けたものの事を言います。
安全性などについての、厳しいチェックを経た商品のみが受けられる認証なのです。
また日本の専門会社が販売しており、独自開発された容器は使用時の抵抗感を和らげてくれます。
成分ももちろん安全にこだわっており、人体に含まれている成分を使用するなどの工夫がされているんですよ。

>ピンクゼリー公式サイトはこちら

産み分けゼリーは類似品も多い?!

産み分けゼリーは、様々な類似商品も出ていると言われています。
類似商品においては価格が安いかもしれませんが、成分などの安全性は確認されていないものもあると言います。
ママの体や子供の体に関わる可能性も、否定はできない産み分けゼリー。
ぜひ安全性にこだわって作られている、こうした類似品ではない商品を使っていきたいですね。

産み分けゼリーは安全?

産み分けゼリーは、そのほとんどが体に害のない成分ばかりを使って作られています。
そのためママの体へ害があったり、産まれてきた子供に害があるという事は現在報告されていません。
しかし産み分けゼリーの中には、もしかしたら体に害のある成分を含んだものがあるかもしれません。
使用する際には、必ず成分をチェックしていくと安心ですね。

また産み分けゼリーによる妊娠でも、子供に障害があるケースもあります。
自然な妊娠で健康そのもののママから生まれても、子供に障害があるという事だってあるのです。
そのため産み分けゼリーを使った事が理由でなくとも、障害を持って生まれてくる可能性があるんです。
しかし産み分けゼリーを使って障害児を産んだママは、ゼリーを使ったからではないか…と自分を責めてしまう事が多くあります。

産み分けゼリーは、基本的に子供の障害とは無関係とされています。
ですが産み分けゼリーを使った事で将来自分を責めてしまう可能性があるのであれば、パートナーとゼリーの使用をもう一度検討してみましょう。
また産み分けゼリーを使っても、希望の性別の子が必ずできる訳ではありません。
こうしたあらゆる可能性を吟味して、その上で産み分けゼリーは使っていけると良いですね。

まとめ

希望の性別の子を妊娠できる可能性が高くなる、産み分けゼリー。
これを使う際には、夫婦二人でしっかりと話し合う必要があります。
夫婦二人の子ですから、どちらか一方のみの希望で決められるものではないんですね。
また希望の性別の子が必ず授かる訳ではない事も、しっかりと理解しておかなければなりません。

産み分けゼリーは、その成分が天然のものばかりとなっています。
そのため今までにトラブルなどは報告されていない、安全性の高い商品となっています。
赤ちゃんは授かりもので性別は選べないとされてきましたが、産み分けゼリーを使えば希望が可能性も上がります。
そんな産み分けゼリーは、しっかりと安全にこだわっているベイビーサポートやピンクゼリーで安心して使っていきたいですね。

>ベイビーサポート公式サイトはこちら

>ピンクゼリー公式サイトはこちら

オススメ記事

「卵子が老化する」ということを、初めて知った時はかなり衝撃を受けました。 2012年ころ、製薬会社に勤めている義兄が「卵子は老化するんやて。不妊治療してもなかなか...

妊活中に膀胱炎の症状を訴える女性が案外多いようです。 私の場合、排卵日の仲良しの翌日に腹痛が…もしや!受精成功?とウキウキしていたら、なんとその翌日の夜、1時間も...

2人目が欲しくて妊活中ですが、一人目が女の子だったので次はできれば男の子が欲しい! そもそも、アラフォーでの妊娠自体が確率低いのに性別までは欲張りかなとも思いつつ...

妊活中っていろんなものに目がいきますよね~。 たまたま「金スマ」を見ていたら、血管を鍛えて体の細胞を元気にできる「ゾンビ体操」っていうのをやっていました。ゾンビみ...

妊活に良いと噂されている、最近人気のサプリメント「kodakara(コダカラ)」をご存じですか? 早いと一ヶ月程で子宝に恵まれる事もあると言うkodakaraです...

妊活に効果的とされている「マカ」と「葉酸」。 どちらも妊娠待ちや不妊に大変おすすめ!と言われていますが、実際にはどちらが妊娠には効果的なのでしょうか。 またマカ...

ベビ待ちさんに冷えは大敵!いよいよ冷え込む寒い季節になりましたね~。 寒いとどうしても体調を崩しがちに…月経不順等が気になる方も、冬こそしっかりと子宮をあっためて...

妊活、そして妊娠中に欠かせない成分と言えば、葉酸です。 赤ちゃんの障害リスクを大きく下げるとして、積極的な摂取が叫ばれている葉酸。 だからこそ、葉酸サプリは多種...

つわりの症状として一番に思い浮かぶのは吐き気ではないでしょうか? この記事を見ている人も、つわりが始まってつらい日々を送っているのかもしれません。 中にはもしか...

妊娠を希望して本格的に妊活をする方は、お酒の害が受精卵に影響するのかどうかが気になると思います。お酒が好きな方は、妊活中にお酒を飲んでいても、本当に胎児へ影響がない...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ