すくすく育児

出産後のダイエットを成功させる方法は?骨盤やお腹がポイント?

[記事公開日]2017/08/07 
■カテゴリー:産後, 美容
■タグ:

長かった妊娠期が過ぎ出産を終えたママの体は、すぐに出産前の様に戻る訳ではありません。
なかなか体重が戻らずに悩んでいる、というママが大変多いんですよね。
その原因の一つが、忙しくて自分の事にまで手が回らないからなんです。
そんな目まぐるしく毎日が過ぎていく中で、ダイエットを成功させる方法はあるのでしょうか。
いつまでも綺麗なママでいたい女性のために、出産後のダイエット成功法をご紹介します!

目次

  1. 出産後は絶好のダイエット期?!
  2. 骨盤やお腹がポイント?
  3. 出産後のダイエットを成功させる方法5選!
  4. シックスパッドなら簡単にダイエットできる?!
  5. まとめ

出産後は絶好のダイエット期?!

妊娠中は、大半のママの体重が増えます。
しかも1kgや2kgのレベルではなく、8~12kg程も増えるんですよ。
妊娠中は今まで通りの食生活をしていても大変太りやすくなっているため、簡単に脂肪が付いてしまうのです。
これは妊娠によって変わったホルモンバランスも影響しており、妊娠期間中は仕方のない事と言えます。
中には20kg近くも体重が増えてしまうというママもいる程で、妊娠中にはどうしても体型が変わってしまうものなのですね。

しかしこの体重、出産して赤ちゃんが誕生したと同時に5~6kg程は自然と減ります。
これは、お腹にいた赤ちゃんと子宮にあった胎盤や羊水が流れ出るからなんですよ。
ただし、自然と体重が減るのは出産直後の時のみです。
その後は、ママの努力次第となってきてしまうんですね。

出産後でも太りやすいって本当?!

出産後は、頻回授乳やおむつ替えなど赤ちゃんのお世話に追われてなかなか思う様に生活リズムを整える事が出来ません。
また出産後は産褥期と呼ばれる期間が6~8週間あり、基本的に食べる・寝る・赤ちゃんのお世話以外は寝ていなければならないのです。
こうした生活をしていると、摂取したエネルギーが余ってしまい脂肪になりやすいのも頷けますよね。
その上出産後はホルモンバランスの乱れも影響して、非常にストレスが溜まりやすい時期となっています。
ストレスを抱えてしまうと、必要以上に多く食べてしまう等の行動に出る事もありますよね。
また自律神経系が乱れてしまうので、太りやすい体質となってしまう事もあるんですよ。
妊娠中は非常に太りやすい時期ですが、出産後もこうした様々な要因が重なって太りやすいと言えるのです。

母乳育児だと痩せやすい?!

赤ちゃんに母乳をあげていると、自然と痩せるという噂も良く聞きます。
これは、ママが摂取した栄養が母乳に多く持っていかれてしまう事によるものです。
母乳には赤ちゃんに必要な様々な栄養素が含まれていますが、これを生成しているママの体も相当なエネルギーを使っているんですね。
ただし一概に、母乳育児だから痩せるという訳ではありません。
人によっては、母乳をあげていても体重が一向に減らないという事もあるんです。
母乳をあげていると、より多くの栄養が必要なので痩せる事もあると考えておくと良さそうですね。

出産後が絶好のダイエット期ってどういう事?

こうして見てみると、出産後は思う様にダイエットが出来ない時期の様に見えます。
しかし出産後は、絶好のダイエット期とも言われているんですよ。
その理由は、「骨盤がリセットされる」という点にあるのです。

出産時、赤ちゃんはママの骨盤を押し広げて子宮から出てきます。
そのためママの骨盤は出産により一度リセットされた状態となり、出産後にまたゼロから位置を決めていく事になるんです。

骨盤は、歪みなどによって体に様々な影響をもたらします。
骨盤矯正をするだけで痩せやすくなったなんて声がある位、骨盤は体全体に大きく関わっているものなのです。
そんな骨盤がリセットされるからこそ、出産後は骨盤の歪みを矯正する大チャンスと言えるんです!
出産後の骨盤は、3~6ヶ月という期間をかけて少しずつ閉じていきます。
そのためこの3~6ヶ月の間に骨盤を正しく矯正できれば、出産前かそれ以上のスタイルを見込めるという訳なんですね。

骨盤やお腹がポイント?

妊娠中は、主にお腹やお尻、太ももに脂肪が付きやすくなっています。
だんだんと大きくなるお腹を支えるためにも、この脂肪は必要なものなんですね。
しかしこうした部位の脂肪は、なかなか落ちてくれないものでもあります。
だからこそ、出産後のダイエットには苦戦するママが多いとも言えますよね。

先ほどご説明した骨盤矯正の場合、出産直後からベルトやガードルなどを使って骨盤を正しく矯正していきます。
しかしもちろんこれだけでは、妊娠中に付いてしまった脂肪を落とす事はできません。
骨盤矯正と共に、余分な脂肪はどんどんと落としていく必要があるのです。

中でも、出産直後にたるんだ自分のお腹を見てショックを受けたママは多い事と思います。
だるだるにたるんだ皮膚を見て、本当に元に戻るのか心配になってしまいますよね。
これは基本的に少しずつ元に状態に戻っていくので心配ありませんが、脂肪が付いたままでは元に戻るにも限度があります。
だからこそ、骨盤矯正と共に脂肪も落とす様に心がけていかなければならないのです。
そこで、骨盤矯正をしながら出来るダイエット方法も見ていきましょう!

出産後のダイエットを成功させる方法5選!

出産後は、産褥期もあるので通常のダイエットでは体を壊してしまう事もあります。
ダイエットを始めるタイミングとしては、産後1ヶ月を過ぎてからがベストと言われているんですよ。
そんな出産後のダイエットを成功させる方法を、5つ見てみましょう!

1.骨盤ベルトや補正下着を活用する

骨盤矯正には欠かせない、骨盤ベルト。
これによって骨盤矯正をすると同時に、体型を補正する補正下着を着用する事も効果的です。
しかし人によっては通常の補正下着は辛いという場合があるので、自分にあったものを使用するのがポイントですよ。
骨盤矯正ベルトにも様々なタイプがあるので、自分に合うものを見つけて使用していきましょう。

2.和食を中心とした食生活を心がける

特に母乳育児をしている場合には、無理なカロリー制限によるダイエットは禁物です。
ママが摂取した栄養によって母乳が作られるので、栄養を損なう様な食事は避けるべきと言えるのです。
そこで、栄養満点ながらもカロリーが控えめの和食がおすすめなんですよ。
和食を中心として、過度に食べ過ぎない様に心がけていくと良いですね。

3.ウォーキングをする

出産・産褥期を経て、ママの体力は大幅に落ちてしまっています。
体力が落ちていると脂肪も燃焼しにくくなってしまうので、産褥期を過ぎたら赤ちゃんと一緒に軽いウォーキングを兼ねて散歩に出てみましょう。
こうして軽く運動をするだけでも、脂肪は燃焼しやすくなる上に体力を回復させるのにも効果的なんですよ。

4.こまめにストレスを解消する

出産後は、何かと思う様に事が運ばないものです。
そのためストレスを抱えるママが多く、「産後うつ」なんて状態にもなりかねません。
そこで、こまめにストレスを発散していく習慣をつけていきましょう。
ストレスを抱え込み過ぎていると、ダイエットにも悪影響となってしまいます。
是非ちょっとの空き時間を見つけて、少しずつでもストレス解消していきましょう。

5.シックスパッドを活用する

体力が非常に落ちている出産後ですから、突然激しい運動をする事はできません。
そこで、簡単に筋肉を鍛える事ができるシックスパッドを活用していきましょう!
シックスパッドなら、自分で体を動かさなくても体を引き締める事ができるんです。
出産後特に気になるお腹には、是非このシックスパッドを活用していきたいですね。

>シックスパッド公式サイトはこちら

シックスパッドなら簡単にダイエットできる?!

シックスパッドは、運動が苦手な人でも使うだけで筋肉を鍛える事ができる嬉しい商品です。
筋電気刺激と呼ばれる電気で筋肉を刺激するシックスパッドは、20Hzの刺激が筋肉に伝わります。
この20Hzが筋肉には最適とされており、効率的に筋肉を刺激する事ができるんですよ。

しかし筋肉に電気が流れるので、痛みがあるのでは…と心配になる人もいますよね。
シックスパッドは、独自開発により発見した痛みを感じない波形を使用しています。
これによって、痛みがなく効率的に筋肉を刺激できる様になったんです。

使い方は至って簡単で、1日に1回23分間装着するだけなんですよ。
この23分間には、ウォームアップから徐々に筋肉を刺激してクールダウンするというまさに筋肉トレーニングの一連の流れが入っています。
だからこそ、つけているだけで筋肉を鍛える事ができると言えるんですね。

このシックスパッドなら、出産後にたるんでしまったお腹を効率良く引き締める事ができます。
また他のダイエット方法と併用する事で、出産前より更に引き締まった体を手に入れる事ができるかもしれないのです。
筋肉を鍛える事ができれば、脂肪はどんどんと減少します。
より脂肪も燃焼しやすくなるので、更に痩せやすい体質へと導いてくれるとも言えますね。
その上美しい体のラインまでゲットできてしまうので、シックスパッドは出産後のママにも大活躍する商品なんですね!

>シックスパッド公式サイトはこちら

まとめ

シックスパッドと言うと、なんとなくアスリート等が使用するというイメージが強いかもしれません。
しかし出産後のママの強い味方で、引き締まった美しい体を作ってくれる最高のアイテムなんですよ!

出産後は、育児に忙しくなかなか自分の時間を取れないママが多いものです。
しかし出産後は絶好のダイエット期です!
骨盤矯正をしつつ、シックスパッドでお腹を引き締めていけば妊娠前を超える美ボディを手に入れられるかもしれません。
忙しい産後のママにこそ、手軽に使えるこうしたアイテムを活用して欲しいものですね!

>シックスパッド公式サイトはこちら

オススメ記事

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く、ベビー用品店でもよく見かけるので、気になっている人も多いのではないでしょうか? ...

「乳酸菌ラブレ」って名前だけは知っているけど、実際どんな効果があるのか分からない… そんな方、多いのではないでしょうか。 健康に良いのは分かるけれども、どんな成...

妊娠後期になると、特に目立ってくる事の多い「正中線」。 妊娠線はできなくても、正中線だけはしっかりと出来てしまう…そんなケースも少なくありません。 ...

ママになるとなんだかんだ忙しくて、なかなかエステや美容クリニックに通う時間って取りづらいものですよね。 アラフォーとしては鏡を見るたびに、明らかに20代の頃と違う...

「ママ友」と聞いて、あなたはどんなイメージを持ちますか? 楽しそうにランチやお茶をしている和やかな光景でしょうか。または、表面上だけ仲良くしているだけの面倒な...

お尻や脚にかけて走るするどい痛みは、本当に辛いですよね。 私自身、3年以上坐骨神経痛に悩まされてきたのですが、最近ひょんなことで痛みが改善しちゃったんです! ...

赤ちゃんが生まれると、いろいろな方から出産祝いをいただきます。お祝いをいただいた方へ感謝の気持ちを伝えるのが「内祝い」です。せっかくのお祝い事なので、失礼があっては...

妊娠して一度止まった生理。出産したらすぐ来ると思っているママも多いですが、産後の生理再開には大きく個人差があるのです。産後約1ヶ月程で生理が再開するママもいれば、産...

短い様で長かった妊娠期、そして壮絶な出産を終えたママ。 赤ちゃんが産まれてから、今度は「産褥期」という期間に入ります。 意外と知らない人も多い産褥期ですが、ママ...

出産したら、自然と母乳が出てきてて赤ちゃんにあげるのは簡単な事だと思っていました。 しかし実際出産してみたら、母乳がでない!というママは、決して筆者だけではない事...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ