すくすく育児

更年期対策に!食べ物や運動や薬は?サプリは?高齢出産ママにおすすめなのは?

[記事公開日]2017/04/10 [最終更新日]2017/04/04
■カテゴリー:子育て, 病気
■タグ:,

最近では晩婚化してきていることもあって、高齢で初産される方も多くなってきているようです。
私自身も39歳で出産したので、ばっちり高齢出産でした。若い時に比べると確実に重力に負けていますし(笑)、体力も衰えているのを実感する毎日です。
そんな時ふと気になったのが、子育て真っ最中(しかも小学生…)の40代で訪れるであろう更年期です。
そこで今回は、高齢出産ママが更年期対策で気をつけたいことを調べてみました。

目次

  1. 更年期について
  2. 高齢出産ママの更年期との向き合い方
  3. 更年期に効果あった!?食べ物・運動・薬・サプリ
  4. 更年期対策なら!おすすめは「白井田七。甕」!
  5. まとめ

更年期について


まだ会社勤めとしていた頃、40代の同僚から「更年期だからだるいし、なんだか辛くて」というのを聞いたことがありました。30代前半の私は更年期って大変なんだなとは思いつつも、なんだか他人事という感じであまりピンとはきていませんでした。
ところがアラファーになり、いよいよ更年期が近づくにつれ、これからの子育て大丈夫かなとちょっと不安な気持ちも…でも未体験なので更年期自体がよくわからず…
そもそも更年期ってどういった感じなのでしょうか。

更年期っていつ?

更年期は、閉経をはさんだ前後約10年間のことをいいます。
女性は、40歳を過ぎた頃から卵巣機能が徐々に衰えていき、やがて閉経を迎えます。初潮の年齢は人それぞれ違いますが、閉経の年齢にも個人差があります。日本人女性の多くは、50歳前後で閉経を迎えることから、一般的には45歳~55歳を更年期と呼んでいます。

更年期障害とは?

更年期障害は、女性ホルモンが減少することで引き起こされます。
卵巣から分泌されるエストロゲンが減少して、体の中のホルモンバランスが乱れることで自律神経の調節が乱れて、さまざまな不調が体に現れてきます。

更年期によく見られる症状

  • のぼせ
  • ほてり
  • 冷え性
  • めまい
  • 頭痛
  • 疲労倦怠感
  • 不眠
  • 肩こり
  • むくみ
  • 便秘
  • 動悸
  • イライラ

他にもまだまだ心身ともにたくさんの症状があって、人それぞれ個人差も大きいようです。
こ、こんなに(汗)女性って大変…

高齢出産ママの更年期との向き合い方


私の場合は更年期に差しかかる45歳ころ、娘は小学生にあがる時期かな…PTAやら仕事やらできっと忙しくしているんだろうと思います。
そんな時期に、更年期障害があったらと思うと心配になります。
高齢出産をしたママは更年期とどう向き合ったらよいのでしょうか。

更年期に気をつけたいこと

赤ちゃんや小さい子がいると、更年期だからなんて言っていられないのが現実ですよね。
赤ちゃんのお世話で睡眠不足だったり足腰が痛かったり、元気いっぱい走り回る子どもについていくにはどうしても体力勝負になります。
出来る限り規則正しい生活を心がけて、栄養面を考えた食事や運動などを取り入れながら、更年期を迎えてもなんとかやり過ごせる身体作りをしておきたいものです。

ちなみに更年期の時期は、なにか体に不調があった際には注意も必要です。
きっと更年期障害だろうと決めつけていると、じつは別の病気が潜んでいるということもあるようです。医療機関では、他の重い病気を考慮して検査した後に更年期障害と診断されます。現在では、更年期外来などを設けている産婦人科もあります。
体や心に不調を感じた際には、そのままにしておくより早めに医療機関を受診しましょう。

更年期の症状は母親に似る!?

更年期障害の症状に関しては、真面目だったり几帳面で神経質なタイプの人に強く起こりやすいんだとか…
女性は母親と体質や食生活や考え方が似通っていることが多く、母親が更年期に強い症状があった場合は娘もなりやすいという傾向があるそうです。

う~ん…うちの場合、母親に更年期障害があったか聞いたら、「そんなもん、何もなかったよ。毎日仕事大変だったしね」と言っていました。義母にも聞いたところ、「仕事でバリバリやってたから何も感じなかった」と。
二人とも全然几帳面じゃないしね…仕事に打ち込んでいるとあまり更年期の症状を感じないのかな?ぜひ二人の母にあやかりたいものです。
あっ昔から怒りっぽくて、常にイライラしていたみたいだったので更年期の症状に気づかなかったのかも(笑)

更年期に効果あった!?食べ物・運動・薬・サプリ


女性は誰でも更年期が訪れますが、更年期障害を感じるかどうかは個人差があるようです。
できることなら、つらい症状は感じたくないものですね。
そこで、更年期に効果があるという食べ物や運動、薬やサプリについて調べてみました。

更年期の症状を緩和するには?

更年期の症状を緩和するためには、以下のことを意識して生活に取り入れてみるのがいいようです。

食べ物

女性ホルモンと自律神経に作用する栄養素を摂取できる食べ物を、メニューに加えてみては。
アボカドやナッツ類に多く含まれるビタミンEには、血行を良くしてのぼせや冷えを緩和する効果が期待できます。牡蠣やレバー、ごまなどに含まれる亜鉛も、ホルモンバランスを整える作用があります。
自律神経に作用するビタミンB1やビタミンB12はストレスに有効で、豚肉やレバー、アサリや牡蠣に多く含まれます。イライラには果物やほうれん草、ブロッコリーなどのビタミンCが有効です。
また女性ホルモンのエストロゲンと似た作用がある大豆イソフラボンは、豆腐や納豆などに多く含まれますが、めまいやほてりなどの改善に有効と言われています。

運動

更年期は内臓脂肪がつきやすくなり、加齢によって筋肉量も減るので太りやすく痩せにくい体質に変化する時期です。
ストレッチや有酸素運動や筋力トレーニングが有効のようです。とくにウォーキングや水泳などの有酸素運動は、ストレス発散になり自律神経のバランスを安定させて更年期のめまいや精神症状の改善が期待できるといわれています。

保険診療では、減少したエストロゲンを補充するホルモン補充療法(HRT)があります。のぼせやほてりなどのホットフラッシュや動悸、骨粗しょう症などを予防改善します。ホルモン補充療法ができない場合には、漢方薬による治療があります。また、うつや不安などの精神神経症状には抗うつ薬や抗不安薬が使用されます。
早期にセルフケアをする場合には市販薬があります。小林製薬の「命の母A」や武田薬品の「ルビーナ」といった漢方薬が有名ですね。

サプリ

更年期の症状を緩和してくれる成分が入ったサプリメントも多くあります。
よく目にする高麗人参やプラセンタには、女性ホルモンを調整する効果が期待できます。ローヤルゼリーやエクオールも同じような効果があります。また大豆イソフラボンやマカなども冷え性や疲労回復が期待できる成分です。

更年期障害の対処には、有酸素運動で体を動かしたり、気分転換に趣味を楽しんだりしてストレスを溜めないことが大切ですね。
重い症状が出始める前に、生活習慣を改善して体や心のバランスを整えたり、サプリや漢方薬などを試してみることも有効のようです。

たまたま先日、いとこが娘にお下がりの服を持ってきてくれたので、「更年期どう?」と恐る恐る聞いてみると、「ほてりとかあったけど、白井田七飲み始めてめっちゃ調子いいよ」とのこと。
いとこは49歳で更年期真っ只中のキャリアウーマンでシングルマザーなのですが、会社の同僚にすすめられて「白井田七。甕」という和漢発酵ドリンクを飲んでいるんだそうです。
「白井田七。甕」っていうと美肌にいいというイメージでしたが、いとこの周りでは更年期を迎えたママの中で絶大な評価を得ているんだとか!

>白井田七。甕公式サイトはこちら

更年期対策なら!おすすめは「白井田七。甕」!


更年期障害をはじめとする40代からの不調に、予防医療の一つとして人気の「白井田七。甕(しらいでんしち。かめ)
改めて調べてみると、高齢出産ママにうれしい成分がたくさん詰まっていました!

「白井田七。甕」ってどんなもの?

更年期の症状に効果があるといわれている高麗人参をご存知の方は多いのではないでしょうか。
なんと、その高麗人参の7倍ものパワーを持つ田七人参を黒酢のかめで1年間熟成発酵して作られた和漢発酵ドリンクが「白井田七。甕」なのです。

>白井田七。甕公式サイトはこちら

女性ホルモン不足をサポート!

更年期にみられるほてりやイライラや動悸などの不調に関係している女性ホルモンですが、それにともなって代謝も減り体のめぐりが悪くなるのは困り物ですね。
田七人参には体のめぐりを整えてくれるサポニンが豊富なんです!
しかも更年期に摂りたい栄養素のビタミンや鉄分、カルシウムや亜鉛など数十種類の成分が含まれています。さらに身体の元気の源になるアミノ酸が19種類も!

熟成発酵させることでパワーアップ!

アミノ酸は元気のもとになりリラックス効果を生み出してくれるので、更年期には欠かせない栄養素です。
和漢の王様である田七人参を黒酢と一緒にかめで熟成発酵させることで、アミノ酸含有量が最大239倍もアップするんだそう!
栄養価がぐんと上がって体へも効率よく吸収される形に変化しています。

他にも更年期に嬉しい成分が!

  • 植物性エストロゲン豊富なザクロ
  • うるおいとツヤを与えてくれる話題のプロテオグリカン
  • ポリフェノール豊富なアサイーベリー

「白井田七。甕」で使っている田七人参は、無農薬有機栽培で徹底した品質管理がされているから安全です。しかも自然由来原料だけで作られていて合成着色料や香料はもちろんのこと、防腐剤や保存料も不使用なので安心して飲み続けられるのもポイントですね。

「白井田七。甕」を飲んでいる40代の方の口コミ

実際に更年期の症状が気になって飲み始めたという方の口コミではこんな声も!

  • 2週間続けた頃にイライラやダルさが少し楽になってきた
  • 飲み始めてから頑張りがきくようになった
  • 冷えがよくなり顔色が明るくなったと言われる

私も飲んでみましたが、「白井田七。甕」は1包づつの小分けになっているので衛生的にも安心だし、ドリンクだけど瓶じゃないから捨てやすい!味は、ライチ果汁やレモン果汁が配合されているので、和漢といっても比較的飲みやすい味です。
しかも15日返金保証キャンペーンがあるので、飲んでみたけど体に合わないなんて時でも安心です。興味のある方はお気軽に試してみてはいかがでしょう。

>白井田七。甕公式サイトはこちら

まとめ


高齢出産ママの更年期対策について色々と調べてみましたが、かわいい子どものためにもまだまだ元気で健康でいなきゃな~と改めて感じました。

子育て奮闘中ママの更年期対策には、今回ご紹介させていただいた「白井田七。甕」がピッタリです!
美容にも健康にも効果的なおすすめドリンクなので、元気でキレイなママでいたいという方は一度試してみては。

>白井田七。甕公式サイトはこちら

先輩ママの体験談なども参考にさせていただきましたが、日頃の食生活や運動、サプリなんかも上手に取り入れながら若々しさを保っている方が多いようです。
やっぱり子育ての大変な時期に、更年期も同時にやってくる高齢出産ママは気持ちの面で気合いが違います!ただ出産後に無理をしすぎて更年期の症状が重くなったなんて方も…くれぐれも無理は禁物ですね。

オススメ記事

猛暑が到来しましたね。真夏の強烈な日差しの下でも子どもは元気いっぱいです。しかし、熱中症も気になる季節。汗をかくのも大切ですが、親としては涼しいところで遊ばせた...

子供と動物が触れ合っている場面は、とても微笑ましく癒されますよね。 身近な動物と言えばペットですが、ペットを飼う事は子供の教育にも良い影響があるのを知っていますか...

あなたは子供の歯の生え変わりについてどこまで知っていますか? 自分も経験しているのでなんとなくわかっているようで、具体的な時期や順番などあいまいな人も多いと思いま...

歴史上の偉人たちは、想像力が非常に豊かな人が多いもの。 生まれ持った才能を活かすためには、想像力を高める事が大切とも言われます。 そんな想像力が鍛えられると、子...

「まるで未知の生物」。男の子を育てるお母さんから、男の子についてこんな本音が聞こえてくることがあります。 同年代の女の子と比べるとその差は歴然です。親の言うこ...

赤ちゃんのお世話で欠かせないのが、ミルクです。 ミルクを作るのって、意外と手間がかかるもの。 しかも赤ちゃんが泣いている時なんかは、1秒でも早くミルクを作りたい...

「トマトきらーい」「お肉はママが食べて」「ごはん残してもいい?」 子供の健康のために親としてはなんでもパクパク食べてほしいと思いますよね。でも、子供ってどうし...

行楽の季節到来です!保育園、幼稚園、小学校では初夏の遠足シーズンでもありますね。 遠足と言えばお弁当。楽しみにしている子どもの気持ちとは裏腹に、「お弁当どうし...

子供の事故はほんの一瞬で起こります。 ちょっと目を離した隙に…というのも多いですが、目の前でケガをすることもあります。 そう、つい先日、娘がドアに指を挟むと...

出産時にしか採取できない貴重な「さい帯血」。 いま、子供の将来のためにさい帯血を保存する家庭が増えています。 このさい帯血、一体どんな場面で役立つのでしょうか。...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ