すくすく育児

妊婦の猫やペットとの接し方は?トキソプラズマに注意!実家で飼ってる場合は?

[記事公開日]2017/04/22 [最終更新日]2017/04/11
■カテゴリー:妊婦, 病気
■タグ:,

妊娠してはじめて、トキソプラズマという名前を聞いたという方も多いと思います。
妊娠中にトキソプラズマに初感染することで、お腹の赤ちゃんに悪影響を与える可能性があるんです。猫だけではなく他のペットも感染する病気を持っている場合もありますので、妊娠中は大切な赤ちゃんを守るためにペットとの接し方にも注意が必要です。
今回は、妊娠中にトキソプラズマに感染したという方の体験談もまじえながら、妊婦さんが気をつけたいことをまとめてみました。

目次

  1. 妊婦は猫との接し方に気をつけて!
  2. 妊婦がトキソプラズマに感染したら?
  3. ペットから感染する可能性のある病気
  4. 実家でペットを飼ってる時の注意点
  5. まとめ

妊婦は猫との接し方に気をつけて!


妊娠中の血液検査時に、助産師さんに「最近、猫触った?土いじりする?」と聞かれました。当時は全くトキソプラズマを知らなかったので「え??何のこと?」という感じでした。
妊娠前から猫をペットとして飼っている方もいらっしゃいますし、野良猫でも人懐っこくてかわいい猫ちゃんはいますよね。
つい、なでたり抱っこしたりなめられたりと、動物好きな人なら何気なくしてしまう行動も妊娠中は控えたいことも…
でも、そもそもなぜ猫なのでしょうか?

妊婦さんが特に気をつけたいトキソプラズマ症

ペットの口の中や排泄物には多くの病原菌が存在します。
特に妊婦さんが気をつけたいのが、トキソプラズマという原虫によって感染するトキソプラズマ症です。ネコ科の動物や豚の糞が感染源といわれます。
妊娠前にすでに感染したことがあれば、抗体ができているので胎児に感染するおそれはありませんが、妊娠中にはじめて感染した場合は、胎盤を通して胎児に感染し、流産や早産、発達の遅れや水頭症を引き起こすおそれもあります。
感染を防ぐためには、ペットの衛生管理をきちんとして、よその家のペットや野良猫には接近しすぎないようにしましょう。

猫と接する時に気をつけること

トキソプラズマ=猫という感じで、猫が悪者にされがちですが、トキソプラズマについてきちんと知識を持って衛生面に気をつけていれば、感染を防ぐことができます。

トキソプラズマの原虫は猫の体の中で繁殖活動をして、オーシストという卵のようなものをフンの中に排出します。
このオーシストはすぐには感染力を持たず、1~5日で成熟して感染力を持つようになるので、猫のトイレはこまめに掃除してフンを早めに除去することが大切です。トイレの掃除は旦那さんにやってもらうか、ビニール手袋を着用して必ず石鹸で手をきれいに洗いましょう。また、エサに生肉を与えるのは絶対にやめましょう。

危険なトキソプラズマ…猫よりリスクが高いのは?


(引用:https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/119912.html)

トキソプラズマの感染源になる可能性があるもので、日常生活で気をつけたいものは以下になります。

加熱不十分な肉

妊娠中に生肉を食べることは避けていると思いますが、レアのステーキやハンバーグ、生ハムでも感染することがあります。トキソプラズマはどんな動物の肉にも含まれている可能性があるので、とにかくしっかりと中まで火を通してから食べるようにしましょう。

ガーデニングなどの土いじり

ガーデニングなどで猫のフンが混じった土をいじることで、トキソプラズマに感染する可能性があります。土いじりや畑仕事をする際には必ず手袋をして、作業のあとには石鹸で手を洗いましょう。

また、トキソプラズマのオーシストがハエやゴキブリを介して食品に運ばれて、口に入ってしまうこともあるそうです。肉だけでなく野菜や果物を食べる時にも注意が必要です。よく洗って、皮をむけるものはむいて食べるようにしましょう。

妊婦がトキソプラズマに感染したら?


私の場合は、血液検査の結果は陰性で抗体はなし。
とにかくマスクと手洗いは徹底していましたが、実家の猫やノラちゃんにやたら敏感になっていたような…
トキソプラズマ症は感染しても症状を発症しない不顕性感染が多いので、無自覚のまま過ごしてしまうことも…こわいですよね。

そこで次に、妊娠中にトキソプラズマに初感染したという方の体験談をご紹介します。

トキソプラズマ症に感染した方の体験談

生まれた子が先天性トキソプラズマ症に

血液検査をし、お腹の中の赤ちゃんの障害の原因がトキソプラズマ感染だと分かった時、私は自らの手で、大事な宝物である娘を、トキソプラズマに感染させ、障害を与えてしまったのだと、非常に悔いて、そんな自分を呪いました。

思い出してみると、妊娠中期に一度だけ知人に誘われて、初めての焼き肉店へ行き、 そこでユッケやレバ刺しを食べたことがありました。
そののち、二週間くらいして、今まで腫れたことのない頸部リンパ節が痛みもないまま無症候性に大豆大に固く腫脹し、一般的な抗生剤のフロモックスを服用しても全く効かず、その腫れが二週間ほどして自然治癒した…ということがあったのです。 あの時に感染したのではないかなと思いました。
アビディティ検査の結果ともその時期は合致しているようでした。

まだ、生肉中毒死事件以前の話で、私自身、トキソプラズマ=猫を飼っている人が用心する病気、という誤解した知識しかなく、また、初めにかかっていた産婦人科でもトキソプラズマの抗体検査をルーチーンにしていなかったため、正しい情報、知識を手に入れることができなかったことを、非常に悔しく思いました。
(引用:http://toxo-cmv.org/story/story_1.html)

検査で陽性に…分娩まで薬を服用

トキソプラズマの検査で陽性発覚…妊娠11週でトキソプラズマのIgM抗体が4.3で陽性とのこと、妊娠初期の感染であれば胎児感染率は2%程度、ただし妊娠初期に胎児に感染した場合は重症化する、との説明でした。
アセチルスピラマイシンとアジスロマイシンの服用で、抗生物質の副作用で、ひどい下痢や腹痛に悩まされましたが、整腸剤を飲みながら頑張って服用しました。

トキソプラズマについての知識が足らず、妊娠前後にローストビーフを食べたり、ガーデニングをしたり、猫カフェに行ったりして、慎重に行動しなかったことを後悔しました。
トキソプラズマ検査で陽性となり「産む・産まない」を考えなければならなかったことは非常に辛かったです。生まれた娘は生後から1歳時まで何度も血液検査をし、先天性トキソプラズマ症はないと診断されました。

私のような思いをしないためにも、これから妊娠を希望する人にこそ、トキソプラズマについて知っておいてもらいたいし、可能なら妊娠前にも検査をしておいてほしいと思います。
(引用:http://toxo-cmv.org/story/story_21.html)

日本では、年間におおよそ10人の先天性トキソプラズマ感染症が発生しているようです。
生まれてきた赤ちゃんには未治療の場合、発達障害や視力障害、てんかん等の症状が高い確率で起こっていて、妊娠中に治療できた場合は死亡率や障害の発生率も減るようです。
未治療で誕生時になにもなくても、成長とともに徴候がはっきりしてきて、発育不全や精神発達遅滞となる場合もあるそうで、治療を適切に行えば、先天感染が生じにくいのだそうです。

残念ながら、トキソプラズマを予防するワクチンはありません。血液検査で1000円程度の費用はかかりますが、妊娠を希望する方は検査を受けておくことも必要だと思います。

ペットから感染する可能性のある病気


トキソプラズマ症以外にも、ペットから感染する可能性のある病気は他にもあります。

こんな感染症にも注意!

パスツレラ症

パスツレラ菌は犬の75%、猫のほぼ100%が口内にもつ病原体のことです。噛まれたり引っ掻かれたりして感染するとはれや赤みが。最近の調査では、呼吸器系の疾患や全身重症感染症、さらには死亡例もでているそうです。

バルトネラ症

猫に噛まれたり、引っ掻かれたりして感染すると発熱や痛み等の症状が。まれに犬も。リンパ節の腫脹が続いた後に、突然の痙攣発作や意識障害で脳症を併発することもあるようです。媒体となるのはノミなので、定期的な駆除と予防を行いましょう。

エキノコックス症

エキノコックスはキタキツネや犬に寄生する原虫。人間に感染すると重い肝機能障害が。

猫や犬以外のペットは?

カメなど爬虫類や両生類

爬虫類や両生類はサルモネラ菌を持っているので、触ったら必ず石鹸で手洗いしましょう。

熱帯魚など魚類

魚を入れている水槽は雑菌がいっぱいです。手を入れたり水を替えたら石鹸で手洗いしましょう。

オウムやインコなど鳥類

インフルエンザのような症状の出るオウム病が心配です。エサの口移しは絶対に避けましょう。

ペットからの病気はとにかく予防に重点を置くことが大切になります。
猫の場合は、室内で飼うことで野外からの感染を防御できます。猫や犬の爪はいつも短く切っておくこと、野良猫や野良犬、よその家のペットには妊娠中は触らないのが一番です。
普段、おとなしい動物でも興奮して噛みつかれたり引っ掻かれたりしたら危険ですので。
石鹸での手洗いと、もし引っかき傷等ができた場合は消毒をして、症状が気になる際には早めに受診しましょう。

実家でペットを飼ってる時の注意点


自宅では猫や犬といったペットを飼っていなくても、実家や旦那さんの実家で飼っている場合にも注意は必要です。

犬を飼っている場合は

犬の場合には、顔や口をなめるなど過剰なスキンシップが心配です。抵抗力の弱っている妊婦さんが、あまりなめられるとパスツレラ菌に感染することもありますので、スキンシップはほどほどに。さわったりなめられた後には石鹸で洗いましょう。
旦那さんの実家の場合は、長居せずにサッと帰れるように旦那さんに協力してもらうのがいいですね。

猫を飼っている場合は

猫の場合には、下記にあてはまるようでしたら動物病院でトキソプラズマ検査をしましょう。

  • 外出が自由
  • 子猫や最近飼い始めた猫
  • 生肉を食べさせている
  • ゴキブリやねずみを捕食する

検査をして、猫が昔から感染している場合は心配はいりません。
未感染の場合には、完全に室内飼いにしてもらったり生肉を与えないようにしてもらいましょう。ゴキブリやねずみの駆除も忘れずに。

ちなみに私は妊娠中、実家にも旦那さんの実家にも近寄らないようにしていました。
うちなんかは実家が田舎なので、飼い猫でも自由に外への出入りをさせていて、普通にねずみを退治してくれていました…子どものころ首に痛みが走って鏡を見ると、猫のノミが吸い付いていたこともありました。ゾゾゾーーー(汗)

まとめ


今回、妊娠中にトキソプラズマ症になってしまった方々の体験談を読ませていただいて涙が止まりませんでした。
まさか自分が感染するなんて…と、誰しも思ってもみないことだと思います。知らなかったということが、取り返しのつかないことになってしまうことも…
トキソプラズマ症をはじめ、ペットや動物からの感染の可能性のある病気の場合は、妊娠中にママが気をつけることで後悔を避けることができるかもしれない病気です。
妊活中の方も妊娠中の方も、ペットや動物との接し方や徹底した予防に気をつけ、ご自身と大切な赤ちゃんを病気から守りましょう。
上の子がいらっしゃる場合の砂遊びの際にも、口にその手を絶対に持っていかないようにして、手洗いを徹底してくださいね。

オススメ記事

妊活中にレントゲン検査って受けられるのでしょうか。 私つい先日、健康診断でレントゲンを撮ったのですが、ちょうど排卵日あたりだったのでかなり心配に…...

娘が3ヶ月のころ、急におっぱいを飲まなくなりました… なんと唇と舌が、鵞口瘡(がこうそう)という病気になっていたのです。 「赤ちゃん 舌 白い」で検...

出産後の抜け毛には本当にショックだった記憶があります。毎日毎日バッサバッサと抜け落ちて、おでこがどんどん広くなり前髪もスッカスカに…2人目を産むとさらに抜け毛がひど...

妊娠すると体には様々な変化が起こります。 つわり・涙もろくなる・体重が増えるなど、その多くは妊娠すると誰もが体験するもので心配はありません。 ですが、中には心配...

以前、妹から2年間の妊活を経てのおめでた報告を受けた際に、一緒に子宮筋腫があるという報告も受けました。本人は妊娠するまで全く自覚症状はなかったようです。 結果的に...

いつベビちゃんを授かってもいいように、カラダのコンディションを万全に整えておきたいものです。 そこで、妊活中に欠かせないのが葉酸サプリですね。さぁ~妊活しよう!と...

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ真ん中に現れる茶色の1本の線… 見たことのない線でびっくり、これは何だろうと気になって検索してみると、どうやら「正中線」というもので...

妊娠するまでは、つわりというとドラマでよく見る妊娠発覚のシーンをイメージしていました。「うっ」とトイレに駆け込んで吐く…だけだと思っていたのに、現実のつわりは長く辛...

多くの人が悩む、便秘。 何をしても効果がない便秘は、心身ともに疲労してしまうものです。 たかが便秘、されど便秘。 特に子育て中は、思う様にトイレにも行けずに便...

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。これからどんどん暑くなっていきますし、お外で遊ぶ機会も多くなるので熱中症に注意が必要です。ここ数年は、ニュースで子供やお年寄りが...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ