すくすく育児

逆子を直す方法は?いつまでに直ればいいの?寝方や体操のコツは?

[記事公開日]2017/03/07 [最終更新日]2017/02/27
■カテゴリー:妊婦
■タグ:, , ,

母親学級で出会った人のなかで、来月出産なのに逆子が直らなくて不安だと言っている人が何人かいました。
まだ妊娠中期だった私は他人事だと思っていたのですが、その後の健診で先生から「赤ちゃん、骨盤位ね~」と言われ、えっそれって逆子?まさか帝王切開?とドキッとして、焦てて逆子体操等を調べた記憶があります。
私の場合、逆子を直す方法を色々とやっているうちに、いつの間にか直っていたようです。
そこで、今回は逆子を直す方法や体操等で逆子が直ったという方の体験談をまとめてみました。

目次

  1. 逆子ってどうなってるの?
  2. 逆子だと帝王切開になるの?
  3. 逆子はいつまでに直る?直す方法は?
  4. これで逆子が直った!寝方や体操のコツ体験談
  5. まとめ

逆子ってどうなってるの?


おなかの中の赤ちゃんは、普通頭を下にして羊水の中に浮かんでいる状態です。
この状態を「頭位」といいます。逆子とは、頭位とは反対に頭が上で足が下に向いている姿勢の赤ちゃんのことをいいます。この状態が「骨盤位」です。

逆子にはいくつか種類がある

赤ちゃんがおしりを下にしている体勢を「殿位(でんい)」といいます。
これは、逆子の75%を占める代表的な体勢です。殿位には両足を伸ばした「単殿位」と、ひざを曲げた「複殿位」があります。
また赤ちゃんが立った格好の「足位」、横に伏した「横位」があります。

逆子だと帝王切開になるの?


頭位で出産する場合、赤ちゃんは頭から先に出てきます。
体の中で一番大きい頭が先に出るので、産道が広げられ体もスムーズに出るのです。
では、逆子の場合は絶対に帝王切開になってしまうのでしょうか。

逆子の場合、危険な状態に陥ることが…

逆子の時は、頭よりも小さな足などが先に外に出るので産道の広がりが不十分です。
そこを大きな頭が通ろうとすると、へその緒が頭と産道の間に挟まってしまって圧迫され、危険な状態に陥ることがあるようです。
そのため、逆子の場合は赤ちゃんの安全第一で、帝王切開になることが一般的なのだそうです。

殿位の場合は経膣分娩もあり

殿位の場合は、赤ちゃんの大きさや産道の柔らかさによっては、経膣分娩が可能な場合もあります。
しかし、逆子の経膣分娩では前期破水や臍帯脱出、微弱陣痛などが起こりやすくなるため、途中で帝王切開に切り替える場合もあるようです。

産院によっては、逆子の妊婦さんすべてに帝王切開を行っている産院もあるそうです。担当の医師とよく相談のうえ、お産に臨みましょう。

逆子はいつまでに直る?直す方法は?


育児本によると、たとえ逆子であっても以下のような確率で、自然に頭位に戻るというデータがありました。

  • 妊娠24~27週なら約90%
  • 妊娠28~31週なら約80%
  • 妊娠32~35週でも約65%

最終的に逆子のまま出産するママは全体の3~5%程度なので、8か月の時点で逆子と診断されてもがっかりする必要はないのだとか。
体操やお灸、外回転術などで赤ちゃんを頭位に戻すことも不可能ではないようなのです。

逆子を直す方法について

さかご直し体操

代表的な逆子直しの体操には「側臥位」というものがあります。
ただ横向きに寝るだけです。赤ちゃんの向きをエコー等で確認してもらって、赤ちゃんの背骨がママのおなかの右側にある時は左向き、その逆で赤ちゃんの背骨がママのおなかの左側にある時は右向きで横になります。


(引用:http://marufuku-marufuku.at.webry.info/201010/article_16.html)

他にも、「胸膝位」があります。四つん這いで両膝をついて頭と肩を下げて、お尻を高く持ち上げます。これはおなかが大きいとかなり苦しいです…(汗)
また仰向けに寝て、お尻の下にクッションや枕等をいれて高くする姿勢をブリッジ法といいます。

逆子直し体操は100%有効ではありませんが、医師の許可があればチャレンジしてみてもいいでしょう。
ただし途中でおなかが張ってきたり、疲れてしまった時にはすぐに中止して下さい。

お灸や鍼

産院によっては逆子直しのお灸や鍼をしてくれるところもあります。
以下のツボを、お灸や鍼で刺激する方法です。

  • 内くるぶしから指4本分上の三陰交
  • 足の裏の湧泉
  • 足の小指の外側の方の爪の生え際にある至陰

ツボを刺激することで、ママの血行が良くなることで赤ちゃんの動きも活発になって、結果としてさかごが直ると言われています。
ただし、妊娠中は刺激しないほうがいいツボもあるので、自分で勝手に押さない方がいいんだそうです。

外回転術

医師や助産師がおなかの上から手を当てて、赤ちゃんを回す方法です。
妊娠36週以降に超音波で確認しながら、骨盤にはまり込んでいる赤ちゃんのおしりを持ち上げるようにして向きを変えます。
ただしまれに早産や常位胎盤早期剥離が起こるリスクがあるので、行っている施設には限りがあります。

他には、普段から体を冷やさないようにして足湯をしたり、冷たい飲み物を控えたり、ウォーキングなども効果的です。
あとは十分に睡眠をとって、リラックスしてストレスを溜めないようにすることも大切ですね。

これで逆子が直った!寝方や体操のコツ体験談


私の場合は妊娠30週になる前だったので、医師から「たぶん、そのうち勝手に直ると思うけど。無理しない程度で逆子直し体操やってみてもいいしね~」と言われたので、毎日お風呂上がりにブリッジ法を軽く行っていました。(許可は得ていませんが…勝手に貼るお灸も試してみたり…)
あとは、わざわざ遠くのスーパーまでウォーキングがてら買い物に行っていたのが運動になっていたのか、次の健診では逆子が直っていてホッとしました。

逆子が直ったという方の体験談

出産予定日がかなり近くなってから逆子が直ったという方も!
一体、どんなことに気をつけていたのか体験談を見ていきましょう。

検診のたびに向きが変わっていて、最終的に直ったのは38週目でした。
逆子体操もやり、徹底的に冷えにも気をつけましたが、効いたと感じたのは鍼灸です。3度とも、鍼灸院で治療を受けた直後~数時間後にお腹の中でぐるりと動くのが分かりました。
鍼灸院を選ぶ時は、逆子治療を治療診目に出している所が良いと思いますよ。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0128/222594.htm)

逆子体操?というか、逆子が治る姿勢を主治医の先生から教えていただき、床に新聞を広げて正座しながら顔を近づけて読むような姿勢を一週間続けたら、ぐるりんとおなかの中で動く気配がして、次の検診で逆子が治っているのを確認できました。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2008/0703/192307.htm)

私も28週から34週くらいまで逆子でした。
今は37週で赤ちゃんは頭を下にしてくれています。
私も逆子体操をやりましたが、毎日は辛かったので、やらなかった日はとにかく寝る向きを気にしていました。
(逆子体操の後に右下とか左下とか横になる向きを指導されますよね。あれです)

あとはやはり冷え対策です。
三陰交へのお灸も考えたのですが、素人がヘタにやって失敗したらどうしよう、と不安になり、とりあえず貼るタイプのカイロを三陰交のあたりに貼ってみました。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/0128/222594.htm)

体験談を見ていると寝方や体操の他にも、毎日赤ちゃんに話しかけてお願いするというのがコツのような気もします。
なかには、おなかの赤ちゃんに「頭からスルッと産まれてきてね~」と話しかけていたら、逆子が直ったなんて方も!「帝王切開やだなー。クルンしてみて~」とお願いしたら帝王切開の予定日の前日に直ったケースなんかもありました。
ぜひ、赤ちゃんにやさしくお願いしてみては?

まとめ


逆子の場合、妊娠後期で心配なのが前期破水なのだそうです。
もし破水してしまった場合は、頭位と違って頭で子宮に栓をすることができないので、隙間から臍帯が脱落する恐れも…
破水かなと思ったら、すぐに産院を受診しましょう。

また、逆子直しの体操は無理な姿勢をとるものもあり、おなかが張る可能性があります。
医師の許可を得てから行い、おなかが張ったらすぐにやめましょう。

なにより赤ちゃんの安全第一なので、くれぐれも自己判断で逆子直しをするのではなく、医師に相談しながら行って下さい。
またがんばりすぎてストレスを溜めないようにして下さいね。

オススメ記事

妊娠すると、自分だけの体ではなくなるので色々と気をつかうことが増えますよね。 その中の一つに食べ物があります。 アルコールやカフェインなど色々禁止されて、ストレ...

あらゆる面において、体に良いと言われている「乳酸菌」。 乳酸菌は、食材から摂っていくのが一般的ですよね。 しかし最近ではサプリでの摂取も、定番となりつつあるので...

今年もこの時期がやってきました。そう、花粉症の季節です! 2018年の花粉予報によると、関東地方では例年より少し早目ですでに飛散が始まっているそうです。 で...

妊娠を心待ちにしてしている妊活中、いざ妊娠検査薬で陽性がでたら産婦人科を受診することになりますよね。でも初めて産婦人科を受診する時って緊張するんですよね…診察時の服...

妊娠5ヶ月頃の健診の時、先生から「胎動そろそろ感じてる?」と言われ、まだ全く何にも感じていなかった私は思わず「胎動ってどんな感じですか?」と聞いてしまいました。先生...

出産は赤ちゃんと出会えるとても素敵な出来事です。 とはいっても、出産に不安を感じる妊婦さんがほとんどではないでしょうか? 初産の妊婦さんはもちろん、経産婦さんも...

妊娠中には積極的に葉酸を摂取する様に、よく言われていますよね。 しかし葉酸は、どうやって摂取していったら良いのでしょうか。 また、何故摂取する必要があるのでしょ...

普段、何気なく飲んでいる風邪薬や鎮痛剤ですが、妊活中や妊娠中の薬の服用にはかなり敏感になりますよね。特に、妊娠したかもという時期や妊娠判明前後に飲んでしまった薬につ...

もしかして妊娠したかも…。 妊娠の報告をすると、周囲の人は一緒に喜んでくれたり応援の言葉をかけてくれたりして、あたたかい気持ちになるものです。 しかし、働く...

赤ちゃんの出産予定日が確定するまで、何度か産婦人科に通うことになる場合もあります。 健康保険が使えないので、請求される金額が高くて焦ったという方も… ...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ