すくすく育児

正中線を消す方法とは?妊娠線との違い!産後いつまで?クリームで予防できる?

[記事公開日]2017/02/23 [最終更新日]2017/02/20
■カテゴリー:妊婦, 産後, 美容
■タグ:,

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ真ん中に現れる茶色の1本の線…
見たことのない線でびっくり、これは何だろうと気になって検索してみると、どうやら「正中線」というものでした。
妊娠中はお腹に毛も生えてきてワキや乳首も黒ずんで、さらにこげパンみたいな線までできて、健診や立会い出産の時に恥ずかしかった記憶が…産後もすぐには消えず、息抜きのスーパー銭湯にも行けず…たるんだお腹と正中線が悩みの種でした。
できれば2人目の時にはできてほしくないもんです。
そこで、正中線を消す方法や予防について調べてみることにしました。

目次

  1. 正中線とは?
  2. 妊娠線とはどう違うの?
  3. 正中線が消えない…産後いつまで?
  4. 正中線を消す方法!クリームで予防も!
  5. まとめ

正中線とは?


はじめて妊娠された方は、まさか自分のお腹にこんな線ができるなんてとショックを受けている方もいらっしゃると思います。
妊娠するまでは、正中線なんて聞いたことも見たこともない線ですよね。濃く出てしまう人、薄かった人さまざまです。
そもそも正中線とは何なのでしょうか。

妊娠するとできる正中線とは?原因は?

正中線とは、おへその上下に縦に伸びる茶色い線のことをいいます。
実はこの正中線、妊娠したからできたというものではなく、人間が生まれながらにもっているもので男女ともにあります。もともと胎児のころに細胞分裂した時の名残りで、鼻の下の筋やケツアゴなんかも同じようなものです。
だから、もともとあった正中線が妊娠したことをきっかけに目立つようになってしまったというだけのこと。小さい時から、うっすら正中線があったという方もいるようです。

正中線がはっきりしてくる原因は、ホルモンバランスによってメラニン色素の分泌が増えるためと言われています。メラニン色素の分泌がもともと多い方なんかは、妊娠していなくても正中線が見えているということもあります。
そもそも妊娠中にメラニン色素の分泌が増加するのは、お腹の赤ちゃんを守るためです。体毛が濃くなったりするのも同じで、体が強くなろうとしているんだとか。
正中線の上のお腹の産毛が、しっかりふさっとしてきた時にはさずがに驚きましたね~(汗)私の体、赤ちゃんのためにがんばってたんですね。

正中線はいつからできるものなの?

正中線は、一般的にお腹が大きさが目立ってくる妊娠6か月頃に出始めたと言う方が多いようです。
妊娠5か月頃から出てきたという方もいれば、中には妊娠中に一度も正中線が出来なかったという方もいるようです。メラニン色素の分泌の影響に個人差があるので、時期等や出方に関してはあまり気にする必要はありません。

妊娠線とはどう違うの?


正中線が現れた時、これも妊娠線なの?一生消えなかったらどうしよう…と焦ってしまいました。
妊娠線も正中線も妊娠中にできるので勘違いしてしまいがちですが、それぞれ全く別物なんです。

正中線と妊娠線の違い

正中線はもともと誰でも持っている線ですが、妊娠線は肉割れと同じなんです。
一言でいうなら妊娠線は傷、妊娠にともなって急激にお腹が大きくなったことで皮膚が引っ張られて裂けてしまったものです。正中線はただ茶色の線が出るだけですが、妊娠線は触るとボコボコしています。

症状やできる時期に違いが

妊娠線は、女性だけが妊娠中にできるものです。妊娠線は皮膚トラブルなので、人によってはかゆみや痛みを感じることもあります。
妊娠線は一度できてしまうと、徐々に薄くなって目立たなくはなりますが完全に消えることはありません。
妊娠線ではありませんが、太ももやお尻に肉割れがある人は同じ経験があるかもしれませんね。妊娠線も肉割れも、乾燥すると症状がひどくなることもあるので保湿ケアが大切になります。

一方、正中線の場合は痛みやかゆみは感じません。
正中線はメラニン色素の分泌が影響するので、男女の性別や時期も問わずできるものです。体質によっても変わります。

正中線が消えない…産後いつまで?


出産後、なかなか正中線が消えないとお悩みのママさん達も多いようです。
でも大丈夫!妊娠線は消えませんが、正中線は消えます。
時間はかかりますが、気づいたらいつの間にか消えてなくなっていました。(8か月くらいまであったかな…)
正中線の濃さにも違いがありますが、みんな産後いつまでに消えたのでしょう。先輩ママの正中線体験談をいくつかご紹介します。

正中線、いつまであった?

私も出ましたが、今は産後9ヶ月たちましたが、なくなりました。子供産んだらそのうち消えますよ。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0528/041955.htm)

でも、この線、私は子供の頃からありました。
出産前後、濃くなったかは記憶にありませんが、産後7年経ちますが、今もあります。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1010/267694.htm)

妊娠線は出ませんでしたが、私も縦に出ましたよ。
消えないとイヤだなぁ~と思っていましたが、半年もしないうちにいつの間にか消えていました。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0528/041955.htm)

5年前に双子を出産した時、くっきり正中線できました。とても毛深くもなりました。
線は、一年後くらいには消えてました。
去年3人目を産んだのですが、産後9ヶ月ですが、まだ残ってます。お腹もぽこりのままです(涙)。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2009/1010/267694.htm)

正中線がいつまであるかは、人によって差がありました。でも、けっこうみなさん、妊娠線と間違っている方が多かったです。
産後すぐはたるんだお腹に黒っぽく線が残ってて、とにかく気になりますよね…
うちなんか夫が授乳中の私を見てボソッと、「あれっ?乳首そんな真っ黒だったっけ?しかもお腹の線、くまのぬいぐるみか(笑)」と。うっ…さすがにショックでした。

そこで、何か対策はないものかと探してみたところ、めずらしく正中線専用のクリームを見つけました!

>正中線専用クリームの詳細はこちらから

正中線を消す方法!クリームで予防も!


妊娠中、せっせと妊娠線予防クリームを塗っていたのに正中線は濃くなるばかり…とお悩みの方、そもそも正中線と妊娠線は全くの別物。だから、根本的な対策アプローチが違うんです。
そこで正中線の悩みを解決してくれると人気なのが、「メイドバイマムクリーム」!
徹底的に正中線ケアを考えて作られた、ママによるママのための正中線クリームなんです。

>メイドバイマムクリーム公式サイトはこちら

現役ママが開発!塗るだけ簡単!正中線ケアクリーム

メイドバイマムクリームを開発したのは、美容サロンを展開している1児のママさん。
ご自身の妊娠をきっかけに、正中線の悩みを解決する商品がないことから考案した正中線専用のクリームなのです。
無添加でアルコールやパラベン、合成着色料などが一切使われていないので、敏感なマタニティ期にも安心して使えます。

2つの薬用成分で黒ずみをケア!

  • トラネキサム酸:黒ずみをケアし、メラニンの生成を押さえる
  • グリチルリチン酸2K:お肌の荒れを防止・鎮静化して整える

メラニン成分をストップする4つの植物成分配合!

  • サクラ葉抽出液:保湿性・抗炎症作用
  • カモミラエキス:炎症抑制・保湿作用
  • ダイズエキス:保湿性・抗炎症作用
  • オウゴンエキス:美白・抗炎症作用

厳選された8種類の潤い成分配合!

ヒアルロン酸ナトリウムやローズ水、グリセリン他の8種類もの保湿成分がデリケートゾーンに潤いを与えてしっかり保湿して、理想的な状態に保ちます。

このメイドバイマムクリームは、こんな方におすすめ!

  • 正中線のケアがわからない…
  • マタニティフォトをキレイに撮りたい!
  • 産後もビキニを着たい!
  • ママになってもキレイでいたい

>メイドバイマムクリーム公式サイトはこちら

メイドバイマムクリームは、正中線以外のシミやデリケートゾーン、ワキ等の黒ずみが気になる所ならどこでも使えるのがうれしいですね。
しかも、国内工場で製造されている日本製っていう所も安心できるポイントです。

メイドバイマムクリームは、今だけ初回限定で980円で試すことができて、万が一使ってみて合わなかった時のために28日間返金保証もついているので安心です。
だんだん濃くなっていく正中線…なんとかしなきゃとお悩みの方は、この機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか。

まとめ


できればない方がいい正中線…2人目の時には、メラニン色素を抑えてくれるビタミンCをしっかり摂って、メイドバイマムクリームで保湿もマメにしてあげてキレイなお腹を保ちたいものです。
ちなみに、正中線がくっきり出ると「男のコ」、曲がると「女の子」なんて聞いたこともありましたが、まっすぐくっきり濃い正中線で生まれてきたのは女の子でした。(笑)

>メイドバイマムクリーム公式サイトはこちら

今回ご紹介したメイドバイマムクリームは、お腹の赤ちゃんを守るために皮膚ががんばってくれてるおかげで起こる黒ずみにも使えるので、気になるワキや乳首、外陰部なんかもケアできるので一石二鳥なんです!一人目の時に知っていたら、絶対マストでしたね♪
マタニティフォトって、そうそう何度も経験できるものではないですよね~。
ぜひ、正中線の目立たないキレイなお腹でという方にこそ絶対おすすめです!

オススメ記事

秋から冬に差しかかると一気に空気が乾燥しはじめますね。すると同時にお肌もカサカサに…。 もともと乾燥気味の娘の肌も、やっぱりカサつきはじめてきました。夫も含め乾燥...

妊活中っていろんなものに目がいきますよね~。 たまたま「金スマ」を見ていたら、血管を鍛えて体の細胞を元気にできる「ゾンビ体操」っていうのをやっていました。ゾンビみ...

産後に髪の毛がどんどん抜けて焦っていたら、今度はパサパサになったりしていませんか? もともと艶のあるきれいな髪質の方でも、産後は何かしらのトラブルでお悩みのママが...

子供がかかりやすい病気の一つとして、手足口病があります。 手足口病は名前は聞いた事があっても、実際どんな病気か知っている人は少ないのではないでしょうか。 今流行...

妊娠中のカラダには様々な変化が起こります。 つわりがある人もない人もいますが、約9割もの妊婦さんが感じているというのが「味覚の変化」。 「これって…味覚...

妊娠中に動悸がしてくると、何かと心配になる事が多いものです。 何か赤ちゃんに良くない事が起こっているんじゃないか…この息苦しさがずっと続くんじゃないか… そんな...

赤ちゃんの主食となる「ミルク」。 粉ミルクが主流の日本において、ミルクを作る上では「水」が欠かせませんよね。 かと言って、ミルクを作る毎にお湯を沸かすのも大変で...

妊婦がかかると、胎児に影響を及ぼす危険性がある怖い病気の一つが風疹。 たまたま東尾理子さんのブログで、予防接種について目にして気になっていたころ、「コ...

ママになるとなんだかんだ忙しくて、なかなかエステや美容クリニックに通う時間って取りづらいものですよね。 アラフォーとしては鏡を見るたびに、明らかに20代の頃と違う...

今、女性を中心に大変人気のある「プラセンタサプリ」。 美容に興味のある方なら、必ず聞いた事がありますよね。 そんなプラセンタサプリですが、その効果はどんなものな...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ