すくすく育児

妊娠初期のレントゲンの影響は?排卵日に健康診断…腹部X線は大丈夫?

[記事公開日]2016/10/06 [最終更新日]2018/04/15
■カテゴリー:妊婦, 妊活
■タグ:,

妊活中にレントゲン検査って受けられるのでしょうか。

私つい先日、健康診断でレントゲンを撮ったのですが、ちょうど排卵日あたりだったのでかなり心配に…
ここ何ヶ月か基礎体温を毎日つけ、まじめに妊活に取り組んでいたもので。

ふと「生理が来たからと健康診断を受けてしまったけど着床出血??もしかして妊娠してたらどうしよう…あれ??でも排卵日にレントゲン受けて卵子は大丈夫なのかな?」と不安だらけになってしまいました。

そこで今回は、妊娠・妊活中の健康診断のタイミングや、レントゲンによる被爆や放射線の影響について詳しくまとめてみました。
プレママや妊活をがんばっている方々、ぜひご参考までに!

目次

  1. 妊娠初期のレントゲンによる影響とは
  2. 1-1.赤ちゃんへのリスク
    1-2.胎児の被曝量

  3. 排卵日前後のレントゲンは大丈夫?
  4. 超初期、気づかずにX線検査を受けてしまった体験談
  5. 健康診断で妊娠はわかるの?
  6. 妊活中の健康診断で気をつけたいこと
  7. まとめ

妊娠初期のレントゲンによる影響とは

一般的に妊娠中は、薬やレントゲンは控えるようにと言われていますよね。

もちろん妊娠が確定していれば気をつけますが、妊活中に気づかずに、健康診断や歯医者でレントゲン撮影を受けてしまって、妊娠がわかってから不安になっている方もいらっしゃることでしょう。

とくに働いている方なんかは、会社の健康診断で少し先の日程が決まっていて、レントゲンも普通に受けてしまうことも多いと思います。

結果から言うと、健診で胸や胃のレントゲンを数枚撮ったりバリウム検査をしても、赤ちゃんへの影響は心配ないのだそうです。

妊娠中、レントゲンの何が心配?

レントゲンで心配なことは、放射線をあびることですよね?
大量の放射線を妊娠中に浴びると、赤ちゃんに影響が出ることがあるからです。

胎児は子供や大人と比べて放射線の感受性が大きく、放射線で被爆した時期や線量によっても影響は異なります。
心配されるのは、胎芽・胎児死亡(流産)や奇形、発達遅延や悪性腫瘍等です。

xsen01
(引用:http://www.hirokoku-u.ac.jp/other/radiation/exposure/chapter7.html)

被爆時期と胎児のリスクは

  • 受精後約9日間:胚死亡・流産・未着床など
  • 器官形成期(受精後2~8週):奇形・小頭症・新生児死亡など
  • 胎児期:新生児の死亡・精神異常・出産後の発がんなど

放射線被爆が原因の奇形や精神発達などの遅れ等は、発生してしまうと自然治癒力で回復することはないのだそうです。

健康診断でのレントゲンは大丈夫なの?

私たちはレントゲン検査や飛行機に乗る以外にも、地球上の天然の放射性物質や宇宙からの放射線で被爆しています。

1年間に約2.4mSv(ミリシーベルト)の被爆線量なのだとか。
シーベルトという単位はよく耳にすると思いますが、妊娠中の胎児の被爆の程度を表す単位にはGy(グレイ)が用いられます。


(引用:http://www.cent-hosp.pref.niigata.jp/shinryou/houshasen/q&a2.html)

国際放射線防護委員会ICRPによると、妊婦が放射線に被曝した場合、胎児へ奇形等の影響が出るのは、しきい値100mGy~200mGyとされています。
(しきい値とは、胎児に影響がでる放射線量の最低ラインのこと)

ですので、胎児への影響は被爆した時期と被爆線量の2点が重要です。
そこで気になる健康診断での放射線の被曝量を見ていきましょう。

検査による胎児の被爆量

  • 胸部X線撮影:0.01mGy以下
  • 腹部X線撮影:1.4mGy
  • 上部消化管造影(バリウム検査):1.6mGy
  • 注腸造影検査:8.0mGy
  • 頭部CT:0.005mGy以下
  • 胸部CT:0.06mGy以下
  • 腹部CT:8.0mGy
  • 骨盤部CT:25.0mGy

一般的に健康診断で行われるのは、胸部X線ですしバリウム検査を一緒に受けたとしても100mGyには到底届かないので、赤ちゃんへの影響は考えにくいです。

被曝量が100mGy以下であれば問題はないということが、疫学的調査で確認されているそうです。

なので妊活中に、もし妊娠に気づかずにレントゲン撮影を受けたとしても、胎児に影響が出るほどの放射線量を浴びていないので心配ないようです。
ひとまずホッとしました。

排卵日前後のレントゲンは大丈夫?

xsen03

さて私の場合、排卵日あたりにレントゲンでX線検査を受けたので、卵子に何か影響があったらと思い不安だったのですが、排卵日付近は全く問題がないそうです。

赤ちゃんに影響が出る可能性があるのは、妊娠4週からで排卵日はだいたい妊娠2週ころだからです。

被爆の影響は2つにひとつ

妊娠4週未満のレントゲンで、もし放射線の影響を受けたとする場合は以下のようになります。

  • 卵子は着床しない
  • ダメージを修復し健康な胎児になる

このどちらかの結果になるので、何も心配はいらないのだそうです。
でも妊活中は、その1回の受精卵もムダにしたくないと考える方は多いと思います。

ですので、レントゲン検査を受ける時期を、生理開始から排卵までの2週間の間に受けるようにするのが安全ですね。

妊娠4週以降は医師に相談

妊娠4週以降に、もし自分で妊娠に気づかないでレントゲン検査を受けた場合は、念のため産婦人科の医師に伝えて相談するのが良いでしょう。
不安なままではお腹の赤ちゃんにも良くないですからね。

超初期、気づかずにX線検査を受けてしまった体験談

調べてみると、妊活中にレントゲンを受けてしまって不安だったという方も多かったです。
そこで、その際の医師のアドバイスや、気になるその後について体験談をご紹介します。

腹部レントゲン2回も…

私、2人目不妊で4年間治療してました。
体外受精のスケジュールの都合で3カ月治療がお休みになったので、それまでできなかった虫歯治療に検診もしました。
胃腸炎になって腹部のレントゲンも2回撮り、薬もたくさん飲みました。
膀胱炎になって尿検査して妊娠判明です。
まさかの自然妊娠です。
もう、中絶するしかないと思っていましたが、初期の時ってあまり影響を受けないみたいですよ。
着床(生理が遅れて1週間?頃)してから、気をつければいいみたいです。
ちなみに病院の先生は「どんな場合でも100%って事はないから、なんとも言えません。障害の原因は結局分からないので」って全然安心するような事を言ってくれませんでしたが、現在8歳。
元気すぎる娘に成長しております。
せっかく授かった命大切にしてください。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0501/312110.htm)

バリウムと胸部X線も…

私も妊娠初期に健康診断を受け、胃の検査(バリウム)と胸部X線撮影しました。
主治医に聞いたら「問題ない」と言われ、念の為ウェブでも調べましたが大丈夫との事。
ちなみにうちの子も何の問題もなく、元気に出産しました。
現在1歳です。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2010/0501/312110.htm?o=0&p=2)

妊娠が確定するまでは全く問題ない!

信頼している婦人科の先生に健康診断のレントゲンについて聞いた時、妊娠が確定するまでは全く問題ないと言われました。
(引用:http://www.jineko.net/forum/%E4%B8%8D%E5%A6%8A%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%A0%B4/76796)

100枚以上とらないと影響ない!

3年前、妊娠5.6週と微妙な時期に食中毒で入院し、しらずにレントゲンを腹部に3枚くらいとりました。
生まれてきたのはとっても元気な子供でした。
レントゲンは100枚以上とらないと影響ないといわれているので大丈夫です。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/0218/031488.htm)

障害児が残る可能性はまったくゼロ

妊娠2週0日(受精)から妊娠3週末(27日目)までは“All or none の法則”期といって、受精卵に問題が生じても修復されて全く健康な赤ちゃんになるか、全部が死滅するかのどちらかになるのであって、障害児が残る可能性はまったくゼロといわれています。
最終生理が3月1日からであったというのが正しければ、排卵・受精は早くても3月14日ごろであり、19日に検査で放射線を浴びた時点はこの期間に含まれます。ですのでそのまま自然流産することなく順調に妊娠が継続した場合、19日の検査の影響で障がい児が産まれるという可能性はほとんどないでしょう。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0418/402845.htm)

バリウム後、自然妊娠!

私もちょうど着床したかな?くらいの時に健康診断にてバリウムをのみました。
それまでは全然妊娠したくてもできなくて、妊娠できないと踏んでいただけにビックリしました。
意外にこういうときに限って妊娠したりするんですよね(汗)
そのときの赤ちゃんが今6ヶ月ですが、すくすく元気に育っています。
特に先天性の病気とかもなく。
(引用:http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0418/402845.htm)

妊娠中の心配事に医師が相談に乗っている「たまごママネット」というサイトで、それぞれ個人の質問に対して週数や線量などについて詳しく回答されているので、気になる方はご覧になってみてください。

健康診断で妊娠はわかるの?


ちなみに、妊娠しているかも?と思っていている初期の頃に、会社の健康診断が行われる場合、「もしかして、健康診断で妊娠が発覚したりする?」「妊娠していたとしても、安定期まで会社には黙っていたい」などと、思われる方もいらっしゃるかと思います。

健康診断でも、妊娠しているかどうかわかるものなのでしょうか。

健康診断ではhCGホルモンは調べない?!

基本、健康診断の検査内容では妊娠の有無はわかりません。
なぜなら、健康診断では健康に問題が無いか調べるので、それらの項目では妊娠しているかどうかは、わからないのです。

妊娠の有無を調べる尿検査では、hCGホルモン・尿糖・尿タンパクなどを調べます。
この場合、重要なのはhCGホルモンで、このホルモンを調べることで妊娠がわかります。

健康診断での尿検査では、尿比重・尿糖・尿タンパク・尿潜血などを調べ、腎臓の異常がないか、糖尿病の気配がないかなどを調べます。

残念ながら、健康診断にはhCGホルモンが検査内容に含まれていませんので、妊娠がわかることはありません。

妊活中の健康診断で気をつけたいこと

xsen05
私の場合、妊活中ということもあり無理に健診を受けなくてもいいかなと思ったのですが、昨年健診でピロリ菌が見つかり萎縮性胃炎になっているということで胃がんになる確率が高いと言われたので、受けられる時にと思い健診に行きました。

実際すぐ妊娠できるか、まだまだ妊活が続くのかわかりませんし…。

でもネットを見ると、普通の生理だと思ったら妊娠していたなんていう方もいたので、健診を受けた後に心配になってしまったのです。
今思えば、レントゲン技師さんに聞いてみれば良かったなと…。

いろいろなご事情で、妊活中の健康診断を受けるか受けないか迷うという方もいらっしゃると思いますので、健診で気をつけたいことをまとめてみました。

健康診断で気をつけること

  • 最終月経や生理周期を把握しておくことが大事
  • 生理が遅れているようなら妊娠の可能性がある旨を伝える
  • 心配な場合は、レントゲン検査は受けない

健康診断は予約制なので、ぽんっと当日に空きが出ない限り1ヶ月とか少し先の予約になりますよね。
そうなると、予約の日に万が一妊娠していたらと不安になることもあるでしょう。

X線検査、妊娠の可能性がある方は基本的にお断り!

健康診断は、妊娠中でもレントゲン検査以外(心電図・血液検査・各測定等)は通常通りに受けられます。
妊娠した後は、産婦人科で様々な検査がありますので、受けられる範囲で健診を受けると良いと思います。

ちなみに私が受けた健診センターでは、X線検査(マンモグラフィ・胸部・胃部・CT)は基本的にお断りで、妊娠中・妊娠の可能性のある方は事前にお申出下さいとのことでした。

他も調べてみると、「妊娠8週目までが、特に奇形児形成や死亡などの危険があるため実施していません」という検診センターもありました。

医学的には、健診程度のレントゲン撮影で赤ちゃんに影響が出るということはまずないのだそうです。
でも健診を受ける前に生理の周期をきちんと確認して、妊娠の可能性が考えられるのなら、事前に伝えて健診を受けるのが一番ですね。

まとめ

妊活中のレントゲンの影響についてですが、色々と調べた結果、心配していた排卵日のX線検査は全然問題なかったようです。
しかも、受けたのは胸部と腹部ではなく胃のレントゲンだったので、2つ合わせても放射線量1.61mGyなのでしきい値の100mGyにはほど遠かったです。

ちなみに妊娠超初期かなという頃に、歯の詰め物が取れて歯医者に行っていた時は、プロテクターという鉛のエプロンみたいなのをしてレントゲンを撮ってもらいましたが、歯のレントゲンの被爆量は0.01mGyと言われていますので問題ありませんでした。

妊活中のX線検査のポイントは!

一般的なレントゲンでは、特に赤ちゃんに影響はないと言われていますが、妊娠中に心配なことを増やしたくないですよね。

もし妊活中の場合にレントゲン検査を受けるとすれば、生理開始から約10日間のうちに受けるようにするのがベストです。

妊娠初期にレントゲン撮影を受けてしまって、どうしても不安が拭えないという方は一人で悩まず、ぜひ産婦人科の医師に相談してみて下さいね。

追記になりますが、臨月には、骨盤の幅や赤ちゃんの位置等を見るためにレントゲン撮影がありました。
担当医師から、とてもていねいに放射線量について説明された記憶があります。
その後、おかげさまで赤ちゃんは無事に生まれてきてくれて、すくすくと元気に成長してますよ♪

オススメ記事

妊娠するまでは、つわりというとドラマでよく見る妊娠発覚のシーンをイメージしていました。「うっ」とトイレに駆け込んで吐く…だけだと思っていたのに、現実のつわりは長く辛...

女性は冷え性で悩んでいるという方が多いですね。 最近は男性でも手足の冷えを気にしている方も増えてきています。昔から「冷えは万病のもと」と言われていますよね。冷えか...

妊娠中のカラダには様々な変化が起こります。 つわりがある人もない人もいますが、約9割もの妊婦さんが感じているというのが「味覚の変化」。 「これって…味覚...

妊娠5ヶ月頃の健診の時、先生から「胎動そろそろ感じてる?」と言われ、まだ全く何にも感じていなかった私は思わず「胎動ってどんな感じですか?」と聞いてしまいました。先生...

妊娠中、食の好みの変化には、本人さえもとまどうことが多々あります。 しょっぱいものやすっぱいものが衝動的に食べたくなったり、油っぽいものをまったく受け付けなく...

出産って、誰でも不安やドキドキは絶対ありますよね。みんな安産になるように願っていると思います。 お産はどうしても長丁場になりますので、最低限の体力はつけておきたい...

妊娠中に、体重が増えすぎてお医者さんに怒られたなんてことをよく聞きますよね。私の場合つわりで何も食べられずに、なんと6キロくらい体重が落ちてしまったので、臨月手前く...

夫の友達宅におじゃました時、ふと「二人目考えてる~?」と言われ、そういえばそろそろかなと思い始めました。年齢が若かったら、まだまだあと2~3年はいいかなという所だと...

DHAってとても良く聞く言葉だけど、実際何が良いのか分からない! 子供にも必要だと聞いた事はあるけど、一体どうやって摂取したら良いの? 2児の母である筆者も、ま...

赤ちゃんを妊娠できて嬉しい半面、女性のカラダには様々な変化やトラブルが起きてくることがあります。つわりや立ちくらみ、むくみや頭痛、手足がしびれたり…なにかと大変です...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ