すくすく育児

産後の乾燥肌ケア!ガサガサ&かゆみ対策に!くすみやすい年齢肌にも!

[記事公開日]2016/09/22 [最終更新日]2016/09/20
■カテゴリー:産後, 美容
■タグ:

産後は目まぐるしく育児に追われ、毎日汗だくで赤ちゃんのお世話をして、やっと外出できる日が1ヶ月健診でした。メイクしようと思ったらなんだか肌の調子が悪い??ファンデーションのノリも悪くて乾燥しているのかガサガサに。これが産後の肌あれか…としみじみ実感しました。
実際に、産後の肌トラブルでお悩みのママは多いようです。そこで、産後肌についてしらべたことをまとめてみました。また乾燥肌におすすめのスキンケアもご紹介します。

目次

  1. 産後に起きやすい肌トラブル
  2. 産後に肌が乾燥する原因は?
  3. 産後肌のトラブル予防と対策
  4. 産後肌のおすすめスキンケアはコレ!
  5. まとめ

産後に起きやすい肌トラブル

royal01
女性としてはママになってもキレイなお肌でいたいものですよね。しかし、現実には多くのママが経験するのが肌トラブルなんです。産後ママにに起きやすいのは以下の肌トラブルです。

ママを悩ませる肌トラブル

  • 乾燥してガサガサに
  • 今までの化粧品が合わなくなる
  • 湿疹が出る
  • かゆみがある
  • くすみがち
  • シミ・そばかすが増える
  • ニキビができる

私の場合、どちらかと言うともともと乾燥肌っぽかったのですが、産後はくすみまで出てきてしまってかなりショックでした。
産後の肌の状態を一言で言うと、残念ながら「老けた?」でしょうか。なんだか、出産とともに全てを出し切ったという感じですね。イメージとしてはスロージューサーに残っているカスみたいな…。水分もうるおいも一体どこにいってしまったの?という状態ですね。赤ちゃんのぷるぷるつやつやのお肌がうらやましかったです(泣)

産後に肌が乾燥する原因は?

royal02
赤ちゃんは大人よりも体温が高いので、抱っこしたり添い寝していると暑くて汗びっしょりになってしまいます。そのせいで自分の肌がしっとりしていると思っていたら、実は乾燥してしてしまっていたなんてびっくりです。そもそもなぜ産後に乾燥肌になってしまうのでしょうか。

ホルモンバランスの変化

妊娠中にはエストロゲンやプロゲステロンといった女性ホルモンの分泌が急増します。これらは新陳代謝を向上させ、女性の若々しさを維持する効果があって美肌効果も高くなるのです。
しかし、悲しいことに出産を終えると急激に減少してしまいます…。妊娠中は肌がしっとり潤っていたのに産後はガサガサになったという方は、まさにホルモンバランスの変化に影響が考えられます。

睡眠不足や育児疲れストレス

産後のママは、ひたすら赤ちゃんのお世話で大忙しですよね。2・3時間置きの授乳とオムツ替えに抱っこのエンドレスリピートです。まとまった睡眠なんて取れませんよね。しかも、はじめての育児はわからないことだらけなので不安やプレッシャーを感じることばかりでママのストレスはMAXです。自律神経の乱れも肌トラブルの原因ですね。

他にも食事がゆっくり取れないことから、食物繊維などが不足して便秘になってしまうことも。私なんかは、会陰切開の傷の痛みがあったのでトイレが億劫で便秘になってしまいました。母乳だったので、水分が足りなくなっていたのかもしれません。こんなんじゃ肌が乾燥するわけですよね。

産後肌のトラブル予防と対策

royal03
産後のお肌は外部の刺激を受けやすい状態になっています。肌を保護するバリア機能が、ホルモンバランスの変化や睡眠不足・ストレスなどによって低下しているのです。そのせいで、肌が水分を保てなくなって乾燥してガサガサになったりかゆみ等のトラブルを引き起こします。
これ以上、肌トラブルを進行させないための予防と対策はどうしたら良いのでしょうか。実際に私が行った対策をご紹介します。

睡眠時間を確保

肌の状態を、これ以上悪化させないために良質な睡眠は必須です。
まず、とにかく睡眠不足で肌も体もボロボロだったので、家事も育児もがんばりすぎないために色々なサービスを利用しました。

  • 買い物はネットスーパー
  • 晩ごはんのおかずは栄養バランスのとれたワタミの宅食弁当
  • 時々、産後ヘルパーに家事を頼む(地域の子育て支援)

主婦失格かもと思ったりもしましたが、割り切って宅配などを利用してから睡眠時間が確保できました。栄養面も良くなり、家事の負担も軽くなって育児ストレスが減ったおかげで、便秘も良くなり肌の状態が改善されて来ました。

保湿と紫外線対策

産後は赤ちゃんが泣くとバタバタお世話に取り掛かるので、自分のために時間を使うことがまずなかったような…。妊娠中はシミが濃くなったりして気になって基礎化粧品をたっぷり時間をかけてパッティングしてたのに、産後はほったらかしでした。
そこで、外出時にUVケアはしっかりやって、赤ちゃんのお風呂をパパにお願いして一人で入浴して、忘れずに化粧水や美容液をつけるようにしていたら乾燥がだいぶマシになりました。

ずっと使っていた化粧品があわなくなったりした場合は、刺激の少ない化粧品に変えた方がいいかもしれません。肌あれで敏感肌になってしまった場合は、化粧品を使うのをお休みして皮膚科で一度みてもらいましょう。

たまたま私の場合は、パパが見ていてくれたので鏡の前でスキンケアに時間をかけることができました。でも、なかなかそうはいかないという事情があるママも…。そういう方は化粧水や乳液やらパックまで一度にすむオールインワンタイプのスキンケアでかなり時短ができるんです。

>オールインワンタイプの化粧品の詳細はこちら

産後肌のおすすめスキンケアはコレ!

royal04
保湿が大切なのはわかってはいるけど、そんな時間がないと言うママにおすすめなのがオールインワンタイプの化粧品です。アラサー・アラフォーママに多いくすみがちな年齢肌にももってこいなのが、「ローヤルゼリーもっちりジェル」なんです。

これ1つで5つの役割

ローヤルゼリーもっちりジェルは、たったこれ1つで、化粧水・美容液・乳液・化粧下地・うるおいパックの働きをしてくれます。

royal_cp

合成香料、鉱物油、アルコール等不使用!

お肌に心配な成分が一切入っていないので、産後の敏感なお肌でも安心して使えます。

カプセルで肌にぐんぐん浸透!

うるおいたっぷりローヤルゼリー、乾燥を防ぐヒアルロン酸、ハリや弾力を与えるコラーゲンを、小さなカプセルにしているからぎゅっと閉じ込めてお肌の奥まで届けてくれるんです。

40種の美容成分を贅沢に配合!

水分の蒸発を防ぐセラミドや濃密なうるおいを与えるハチミツ、その他生薬エキスなどがたっぷりで72時間後もうるおいが持続!乾燥をよせつけないのが魅力です。

>ローヤルゼリーもっちりジェルの公式サイトはこちら

ローヤルゼリーもっちりジェルはこれ1つで、さっとスキンケアできるのでとっても楽チン!しかも化粧下地にもなるので、朝の忙しい時にもめちゃくちゃ便利ですよ。

まとめ

royal05
肌の調子が悪いと気持ちも憂鬱になってしまいますよね。特に産後は、ホルモンバランスが安定しないので落ち込んだり悲しくなったり精神的にも大変です。でも、やっぱり可愛い赤ちゃんの前では笑顔でいたいものですよね。ぜひ、いつも笑顔のママでいられるように、オールインワンを取り入れて上手に保湿ケアしてキレイなお肌の状態を取り戻してあげてくださいね。

>ローヤルゼリーもっちりジェルの公式サイトはこちら

ローヤルゼリーもっちりジェルは初回限定で76%OFF、たったの912円で購入することができるのでコスパ的にもいい感じです。しかも、使ってみて合わなければ、定期コースをいつでも解約できるので安心ですね。
産後の肌トラブルでお悩みの方は、ぜひ試してみては。

royal_bt

オススメ記事

育児に家事に仕事にとせわしない毎日。ママになってもキレイでありたいと思うものの、自分のおしゃれに割く時間は出産前に比べて本当に少なくなりますよね。毎日の洋服のコ...

(function(){ src = 'http://' + 'kmad.adms-ad.com/delivery?site_id=63&frame_id=19...

出産前は、マタニティブルーって妊娠中に気持ちが落ち込むことだとばかり思っていました。 なので赤ちゃんが産まれたら、そりゃ大変だけど幸せいっぱいな毎日なんじゃないか...

産後に尿もれを経験するママはかなり多いんだそうです。妊娠中は約9割の方が多かれ少なかれ尿もれを体験していて、産後にひどくなったなんて方もいらっしゃるようです。 私...

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムになりましたよね。 赤ちゃんが生まれる前に準備する人も多いのではないでしょうか? ...

小じわってスッピンの時はさほど気にならなくても、いざファンデーションを塗るとちりちりちり~っと目立ってしまうなんてことありませんか。せっかくメイクしたのに、小じわの...

赤ちゃんが生まれたらいつから出かけることができるのでしょうか? 妊娠後期は体が思うように動かせなくなることもあり、出産、産褥期間も合わせると出かけたいのにでかけら...

妊活ママ活中の女性向けに開発されたDHAサプリ「ハグラビ」の口コミを検証するため、実際に1ヶ月間ハグラビを飲んでみました! 昔、さかなさかなさかな~♪魚を食べると...

赤ちゃんが生まれると、いろいろな方から出産祝いをいただきます。お祝いをいただいた方へ感謝の気持ちを伝えるのが「内祝い」です。せっかくのお祝い事なので、失礼があっては...

子育てはなんといっても体力勝負!20代の若いママでも育児は疲れるっていうのに… アラフォーママとしては、ヒシヒシと体にこたえるものがあります。子供のためにも健康で...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ