すくすく育児

赤ちゃんのあせも対策!ベビーパウダーは必要?首・頭の夏冬ケア

[記事公開日]2016/05/03 [最終更新日]2018/08/26
■カテゴリー:子育て, 赤ちゃん
■タグ:,

あせもって痒くて本当に辛いですよね…

まだ話せない赤ちゃんは、ただ泣くことしかできません。
赤ちゃんや子供のあせもは、一刻も早く治してあげたいものです。

昔は「あせも=ベビーパウダー」というイメージでしたが、最近ではベビーパウダーは使わないなんて聞きますが、実際のところはどうなのでしょう。

今回は、赤ちゃんのあせもの原因と対策、気になるベビーパウダー事情についてまとめてみました!

目次

  1. 赤ちゃんにあせもが出来やすい理由
  2. 赤ちゃんのあせもを予防するポイント!
  3. ベビーパウダーはあせもに効果ある!?
  4. ベビーパウダーは使わない!?口コミ
  5. 首・頭のあせも対策<夏冬ケア>
  6. まとめ

赤ちゃんにあせもが出来やすい理由


(引用:http://www.hifunokoto.jp/solution/507)

子供のころ、首や背中にあせもが出来て痒かったな…という思い出があるママもいらっしゃるかと思います。
きっとお母さんに、薬やベビーパウダーなどを塗ってもらっていたのでしょう。

だけど、どうして赤ちゃんや小さい子はあせもができやすいのでしょうか?

そもそもあせもとは?

あせもは漢字で「汗疹」と書きます。
汗貯留症候群とも言います。

たくさん汗をかくと汗の通り道の汗管がふがって、汗が皮膚の表面に流出できずに小水疱を生じてしまうのです。

赤ちゃんや子供のあせもの原因

赤ちゃんや子供は、新陳代謝がとっても活発で大人より体温が少し高めです。

そのためすごく汗っかきで、ちょこっと動いただけで汗がびっしょりになってしまいます。
汗の量は、大人の3倍近いのだそうです。

また、その小さい体で、汗の出る汗腺の数は大人と同じ数あります。
大人と比べて赤ちゃんの汗腺密度は、なんと12倍もあることも汗疹の原因ですね。

赤ちゃんのあせもを予防するポイント!

asemo01

赤ちゃんのあせもになりやすい部位

頭や額

頭や額には汗腺がおおく汗をかきやすい部位です。
かゆくて引っ掻いてしまって悪化することも。

首や腕・足のくびれ

赤ちゃんをお風呂に入れる時も、なかなか首のくびれは洗わせてくれませよね。
むっちむちのくびれの間には、どこからきたのかゴミや糸くずが汗でぬるぬるに…これであせもになったらバイキン入っちゃいそうですよね。

背中

月齢が低いうちは寝返りができないため、布団と密着して汗をかきやすくなります。

あせもにならないための4つの予防ポイント

  • 汗をかいたらすぐに濡れタオルでふいたり、シャワーで流す
  • 夏でも毎日きちんと保湿する
  • 通気性や吸湿性の良い服装を心がける
  • エアコンを上手に使って室温を快適に

あと汗疹予防といえば、メジャーなのはベビーパウダーですよね。
実際のところ、赤ちゃんにベビーパウダーってどうなんでしょう…

ベビーパウダーはあせもに効果ある!?

asemo03

昔は、赤ちゃんのおむつかぶれや汗疹=ベビーパウダーが定番だったようです。
出産前には、買おうかどうか迷いますよね。

私の場合は、産院でおへその消毒のあとに、乾燥剤としてベビーパウダーをもらったのですが、特にそれ以外でベビーパウダーを使いましょうとは言われませんでした。

ところが生後1ヶ月ころから、娘の首や頭に赤いあせもらしきものがポツポツと…
「こんな時は、ベビーパウダーをパタパタはたいた方がいいのかな~」と思い、色々と調べてみました。

ベビーパウダーについて

名前からして赤ちゃんに使うお粉ですが、おむつが蒸れやすい時や、股擦れなどの時にベビーパウダーが活躍してくれます。

ベビーパウダーをつけることで、不要な水分を放出して(毛細管現象といいます)お肌をサラサラにしてくれ、肌が擦れる痛みのストレスを緩和させてくれる優れものなんです。


(引用:https://www.wakodo.co.jp/product/special/nyuuyouji/skincare/sikkaroll/)

ベビーパウダーをつかう時のコツ

  • あせもができないように予防に使うのは◎
  • 汗を洗い流して清潔な状態で使う!
  • 赤ちゃんが吸い込まないよう、首周りは手で!
  • 上半身には固形タイプ、下半身には粉タイプがおすすめ
  • あせも治療にはならないので、あせもに直接つけない!

お肌を乾燥させてから使うとか、上半身と下半身で分けて使うとか…ベビーパウダーを赤ちゃんに安全に使うには、ちょっとしたコツが必要ですね。

ベビーパウダーの気になること

タルクのアスベストは大丈夫?

使用している原料のタルクにつきまして、アスベストが検出されないことを確認しておりますので、安心してご使用いただけます。

ベビーパウダーの原料として使用されるタルクにつきましては、昭和62 年(1987 年)の厚生省の通達により、アスベストが検出されないことが義務付けられました。現在は平成18年(2006 年)の厚生労働省の通達により、ベビーパウダーへの使用に限らず全てのタルクについて、同様の基準が設けられております。
(引用:https://www.wakodo.co.jp/customer/#faq7)


上記は、シッカロールで有名な和光堂さんのHPからの抜粋です。

和光堂さんではコーンスターチを使ったベビーパウダーも扱っているので、自然派の方にはさらに安心ですね。

赤ちゃんが誤ってなめちゃった・飲んじゃったときは?

ベビーパウダー(粉末) △ 上半身には固形パウダーを、下半身には粉末パウダーをおすすめします。万が一、パウダーを吸い込んだら、すぐ病院へ
ベビーパウダー(固形) ○
(引用:https://support.pigeon.co.jp/category/print-37.html)


上記はピジョンさんのHPからの抜粋ですが、○△は少量なら心配ないという目安です。

Johnson & Johnsonにはこんな記載も…

警告:お子さんの呼吸に問題を引き起こすおそれがありますので、吸引しないようにお子さんの顔にパウダーを近づけないでください。目に入らないようにしてください。体の外部のみに使用してください。使用後はしっかりと閉じてください。火のそばに近づけないで下さい。
(引用:https://www.johnsonsbaby.jp/frequently-asked-questions)

ベビーパウダーは使わない!?口コミ


さて、では実際に赤ちゃんにベビーパウダーはありなのか検索したところ、以下のような口コミが…

ベビーパウダーに関する口コミ

娘さんに効果あり!

ベビーパウダーもお風呂上りに、水気をすべて拭いてつけると娘には効果的でしたが、首周りはくちにちかいので、粉が入らないようにしないと危険ですね。(uminonakayamanonakaさん)

毛穴を詰まらせる!?

ベビーパウダーは毛穴を詰まらせるため、あまり良くないと小児科医に言われた事があります。(umesm_kyo00o0903さん)

ベビーパウダーはよくない!?

小児科の先生に、あせもにベビーパウダーはよくないと言われました。理由は毛穴をふさいでしまうからだということです。
使うならごく薄くということでした。(totoro1nekobasuさん)

かえって不潔に!?

ベビーパウダーであせもは治らないし、予防にもならないと思います。
夏の子供は汗びっちょりだから、ベビーパウダーが首や脇の下などでシワの溝に溜まって不潔です。(mikazuki889さん)

(引用:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1128378431)


みなさん、お医者さんにしっかり聞いているんですね~。
ベビーパウダーって、ただパタパタつければいいってもんじゃないようです。

最近のベビーパウダー事情

ベビー用品売り場では、保湿クリーム等といっしょの場所に必ず並んでいるベビーパウダー。
ですが最近では、小児科の先生はあまりおすすめしていないようです。

ベビーパウダーのこと、お医者さんに聞いてみました!

かかりつけの小児科の先生いわく…

「赤ちゃんは首や頭や背中はむれて、汗をひっきりなしにかいているから、ベビーパウダーつけるより清潔にした方がいいよ。ベビーパウダーって、毛穴をふさいで汚れもたまるからね~」と言っていました。

ちなみに娘は、処方された塗り薬で3日ほどで治りました。
前に一応ベビーパウダーを買ったものの、その後赤ちゃんには一度も使っていません。(パパが足の指に使っています。サラサラでとても快適だそうです。)

首・頭のあせも対策<夏冬ケア>

あせもは夏だけだと思っていませんか?
意外と冬でも暖房が強すぎたり、電車の中でアウターと帽子をかぶせたままだったりすると、あっという間に汗疹になってしまうのです。

そこであせもになると、特に治りにくい首と頭のあせも対策についてご紹介します。

夏のあせも対策

エアコンや扇風機を上手に使って!

夏は温度が上がって、汗をかきやすくなります。
エアコンや扇風機の風を直接あてないようにして、お部屋を涼しくしてあげましょう。

タンクトップは、肩や脇の下の汗が吸えないためNGです。

汗をかいたら、ゴシゴシこすらずに濡れタオル(タオルは固く絞らず、少し水分多めにして)でふいて、1日1~2回シャワーで汗を洗い流して清潔にしましょう。

首はお肉むちむちでふきにくいですが、汗疹ができやすいのでご注意を。

冬のあせも対策

asemo05

寒いとついつい厚着させがちですが、大人よりマイナス一枚という感覚で枚数に気をつけましょう。

また車や電車の中は暖房が強くなっているため、赤ちゃんは暑く感じています。
額や耳の後ろ、首の付け根もあせびっしょりです。

アウターや帽子は脱がせて、汗をかいているようならこまめに汗をふいて、帰宅後は濡れタオルでふいて肌着を着替えさせましょう。

汗疹になる前に予防して、それでもできてしまったら清潔にして様子を見ましょう。
2~3日して治らないようだったら、掻き壊して「あせものより」になる前に、小児科か皮膚科を受診しましょう。

まとめ


今回は、あせも対策とベビーパウダーについての記事でしたがいかがでしたでしょうか。

赤ちゃんのあせもには、ぜひ以下の3点にお気をつけください。

  1. あせもはできないように予防が肝心!
  2. ベビーパウダーとは上手なお付き合いを!
  3. あせもはひどくなる前に受診!


大人になると、あまり汗疹にならなくなると思いますが、私は授乳中に体温の高い娘とずっと密着していたせいで、蒸れて胸元にかゆ~いあせもができてしまいました。

皮膚科であせもの薬(ステロイド)をもらって、二日くらいで治りましたが…かゆくてかゆくて大変でした。

そんな大人でもしんどいあせもに赤ちゃんがなってしまったら…かわいそうすぎますよね。
かわいい赤ちゃんが汗疹にならないように、ママパパはこまめにケアしてあげましょう。

オススメ記事

うちの子は、生後2ヶ月で顔にひどい乳児湿疹ができてしまい、ミトンデビューとなりました。 ところが、一向に湿疹は改善されず悪化する一方で… なにげ...

子供の性別は、妊娠中期にならないと分かりません。 産まれてから、予想していた性別と違った!なんて事もある位ですよね。 性別は親が決められるものではありませんが、...

あなたには子育ての悩みがありますか? 毎日子供と向き合っていると、子育てが思うようにいかず悩むことも多いですよね。 子供に落ち着きがない、怒ってもいうことを聞か...

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね。これからどんどん暑くなっていきますし、お外で遊ぶ機会も多くなるので熱中症に注意が必要です。ここ数年は、ニュースで子供やお年寄りが...

娘が3ヶ月のころ、急におっぱいを飲まなくなりました… なんと唇と舌が、鵞口瘡(がこうそう)という病気になっていたのです。 「赤ちゃん 舌 白い」で検...

小さな子供は、何かと病気をする事が多いものです。 熱が出たり咳が止まらなかったり… そんな時、親としては「病院」や「薬」が頼りの綱となってきますよね。 しかし...

「イクメン」という言葉が定着するようになり、男性の育児参加が当たり前の時代になりましたね。街で見かける抱っこひも姿のパパも、もはや特に珍しいものではなくなりまし...

年齢が進むにつれて気になるのが子どもの習い事事情。周りのお友達から「スイミングを始めた」「ダンス楽しいよ」などの話を聞くと、なんとなく焦りを感じます。 色々や...

聞き分けが良かった子供が、ある時から突然かんしゃくを起して物を投げる様になった…一度癇癪を起すと、なかなか収集がつかなくなってしまう… そんな悩みを抱...

実家に帰省した際など、とくに気をつけたいのが子供のヤケド。 お鍋の前に立っているおばあちゃんに駆け寄って行ったり、ストーブの上のやかんに手を伸ばしたり...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ