すくすく育児

妊娠と年齢の関係&確率は?女性の妊娠力UPで流産や障害リスク減!

[記事公開日]2016/05/30 
■カテゴリー:妊婦, 妊活
■タグ:

妊娠したいと思った時にたまたまタイミングよく妊娠できると良いのですが、なかなか授かることが難しいという方も多くいます。さらに現代では晩婚化も進み、母親の平均出生時年齢が30歳を越えてきているため、流産や障害に不安を感じるという方も…
私の場合は、ゆるすぎる妊活のせいで38歳で妊娠するも流産してしまい、その3ヶ月後に妊娠、39歳で出産となりました。
女性の年齢による妊娠の確率はどのように関係してくるのでしょうか。
また、妊娠力UPすることで流産や障害リスクは減らすことが可能なのでしょうか。

目次

  1. 妊娠と年齢の関係&妊娠する確率
  2. 妊娠後の流産や障害リスク
  3. 女性の妊娠力UPに!おすすめサプリ
  4. 妊娠中に安心してママ活を送るために
  5. まとめ

妊娠と年齢の関係&妊娠する確率

hagukumi07
女性の身体は一人だけでは妊娠することは出来ないし、今すぐ妊娠したいと思っても授かるかどうかはわかりません。

私が始めて妊娠して病院で診てもらった際に、「週数からすると発育が遅れている。排卵日を間違っていない?」と医師に言われたので、「毎日、基礎体温もつけているし、アプリで計算もしているのでバッチリです!」というと…「完璧な受胎や妊娠はないの!妊娠しても無事に育つ確率は低いんだから、奇跡みたいなもんなのよ。」と軽く怒り気味に言われました。
その後、2週間後に流産してしまったので、その時の先生の言葉が身にしみました。

そこで、多くの女性が妊娠を考える20代~40代、それぞれの妊娠力についてまとめてみました。

世代別の妊娠力について

20代

10代は生理周期などが不安定だったりしますが、20代は女性の一生のうちで最もホルモン分泌や子宮のコンディションが良く妊娠・出産に適しています。卵子の数や大きさも良い質です。

30代

30代前半は女性ホルモンの分泌が20代とさほど変わらず妊娠・出産に適しています。しかし、30代後半は卵巣機能やホルモン分泌量が低下するため、妊娠しにくい状態になっていきます。

40代

30代に比べて妊娠する確率が減少、流産の可能性がぐんと上がっていきます。ホルモン分泌が減るため卵巣機能が低下し、加齢によって子宮の血流が減少したり筋力が落ちるからです。

妊娠する確率は?

女性が妊娠する確率は、1周期あたり約20%ほどです。
20代~30代で自然妊娠する確率は25~30%、35歳では約18%、40歳では約5%になり45歳ではたったの1%です。

妊娠後の流産や障害リスク

hagukumi05

母体高年齢と流産の関係

卵子が老化するので、加齢にともなって染色体異常等を起こしやすくなります。加齢に伴いダウン症などの染色体異常が増え、流産率が増加していきます。

神経管閉鎖障害について

先天性の脳や脊髄の癒合不全のことをいいます。先天異常の多く、特に中枢神経系は7週未満に発生することが知られています。

        

  1. 脳に腫瘤のある脳瘤
  2. 脳の発育が出来ない無脳症

葉酸で障害リスク低減の期待が!

受胎前後に葉酸サプリメントを摂取することが、神経管閉鎖障害のリスク低減に有効です。それは数多くの研究から明らかになっています。厚生労働省では2000年から「妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月までの間、サプリ等の栄養補助食品から1日400μgの葉酸摂取」を推奨しています。

妊活中から葉酸をサプリで摂っておくというのは、今や常識になっています。
ただ、いざ葉酸を飲もうと思った時に多くのメーカーさんで葉酸を取り扱っていて…実際、どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

やっぱり、これから生まれてくるお腹の赤ちゃんの為にも、安全なサプリを選びたいものです。
数あるサプリの中でも、おすすめのサプリを1つ紹介します。

女性の妊娠力UPに!おすすめサプリ

hagukumi03

赤ちゃんにとってとても大切な時期に口にする葉酸としては、なんといっても天然素材100%の「はぐくみ葉酸」が一番おすすめです。

hagukumi_bt

>はぐくみ葉酸サプリサイトはこちら

はぐくみ葉酸は、オーガニックレモンから絞った葉酸です。1日に必要な葉酸400μgがたった3粒で摂れるので、辛いつわりの最中でも手軽に栄養補給が可能なのがうれしいですね!

おすすめ4ポイント

安心素材

使っている素材全てが天然由来だからママも赤ちゃんも安心!

バランス

葉酸以外の必要な栄養素もバッチリ入っています!

安全管理

定期的に安全性試験を実施しているから安心!

続けやすさ

飲みやすさを追求した形やニオイ!

hagukumi01

はぐくみ葉酸は合成の添加物を一切使用していないのも安心して飲めるポイントです。

さらに妊娠中は栄養不足になりやいので、ママの健康のためにも鉄分やカルシウム、ビタミンや亜鉛などのミネラルが一緒に摂れるのはありがたいですね!

hagukumi_bt

>はぐくみ葉酸サプリサイトはこちら

妊娠中に安心してママ活を送るために

hagukumi06
最近では葉酸の有効性を知らないママはいないくらいですが、残念なことに葉酸を摂取する開始時期が遅かったり適切な摂取量に関しての認知不足があるようです。妊活中の方は、葉酸の過剰摂取にも気をつけましょう。

  1. 赤ちゃんにとって特に葉酸が必要なのは妊娠初期!妊活中から葉酸摂取は必須
  2. 葉酸の摂り過ぎに注意!1日1㎎は越えないこと!ビタミンB12欠乏の診断が困難になるため

はぐくみ葉酸なら、1日に必要な葉酸400μgプラス赤ちゃんに必要な栄養素を安心して摂取できます。

15種類以上の天然のビタミンやミネラルも入っているので普段からの栄養補給に最適ですね!

hagukumi02

>はぐくみ葉酸公式サイトはこちら

まとめ

hagukumi04
私達の身体は日々、どんどん老化していますよね。とくに赤ちゃんのもとになる卵子は加齢とともに老化していきますし、出産や育児も体力勝負です。妊活中の方は日頃から適切な健康管理が重要になります。

ご自身の妊娠する確率をUPできるように普段から栄養バランスの良い食生活を心がけ、健やかなママ活を送れますように。
これからママ活スタートという方には、ぜひはぐくみ葉酸をお試しください。

>はぐくみ葉酸サプリサイトはこちら

オススメ記事

妊活中から葉酸は摂った方がいいと言われていますが、実際にはいつからいつまで必要なのでしょうか。 妊娠したいと思っていても、いつ妊娠できるかわからないのでコスパも気...

近年不妊治療により生まれる赤ちゃんの割合はどんどん高くなっていると言われています。 まわりは結婚したら普通に子供ができているのに、自分だけなかなか授からないと焦り...

妊活中は何かとストレスを感じやすいものです。でも妊娠には何よりも健康な心と体が大切ですね。やはり妊娠しやすい体になるためにはストレスは禁物です。普段、お風呂あがりに...

いつベビちゃんを授かってもいいように、カラダのコンディションを万全に整えておきたいものです。 そこで、妊活中に欠かせないのが葉酸サプリですね。さぁ~妊活しよう!と...

出産って、誰でも不安やドキドキは絶対ありますよね。みんな安産になるように願っていると思います。 お産はどうしても長丁場になりますので、最低限の体力はつけておきたい...

出産時にしか採取できない貴重な「さい帯血」。 いま、子供の将来のためにさい帯血を保存する家庭が増えています。 このさい帯血、一体どんな場面で役立つのでしょうか。...

妊娠中ってお肌が敏感になりますよね。 急に肌の赤みが目立つようになって痒みがでたり、今まで使っていた化粧品がなんとなく合わなくなったり。特につわりの時期はとにかく...

妊活中に膀胱炎の症状を訴える女性が案外多いようです。 私の場合、排卵日の仲良しの翌日に腹痛が…もしや!受精成功?とウキウキしていたら、なんとその翌日の夜、1時間も...

妊婦がかかると、胎児に影響を及ぼす危険性がある怖い病気の一つが風疹。 たまたま東尾理子さんのブログで、予防接種について目にして気になっていたころ、「コ...

つわりの症状として一番に思い浮かぶのは吐き気ではないでしょうか? この記事を見ている人も、つわりが始まってつらい日々を送っているのかもしれません。 中にはもしか...

NEW ENTRY

おすすめ産褥ショーツの選び方!帝王切開は全開タイプ、痛くないものを選ぼう

妊娠雑誌などの出産準備リストの中に必ず書いてあるものの一つに、産褥ショーツがあり...

子供の遺伝子検査の結果から何がわかる?費用は?どこの検査がおすすめ?

子供のためと思って習い事を始めても、なんだかあまり乗り気じゃない。 子供が何が...

抱っこ紐はいつからいつまで使える?新生児も縦抱きして大丈夫?

抱っこひもは近年人気が高まり、ここ数年は子育てママなら誰もが持っているアイテムに...

ママナチュレたんぽぽ茶の口コミを徹底検証!妊活や母乳への効果は?

たんぽぽ茶は妊娠中や授乳中の人に人気のドリンクです。 ノンカフェインで体に良く...

トイレトレーニングはいつから始める?平均年齢は?やり方やコツを解説

子供のおむつ事情は、ママなら気になりますよね。 お友達はもうおむつが外れている...

カテゴリー

ページTOPへ