LIFEジャック

IKIREI(イキレイ)の悪い口コミまとめ!口臭効果なし?成分検証

[記事公開日]2018/06/29 [最終更新日]2018/06/21
■カテゴリー:美容レビュー, 美容, 健康
■タグ:

口臭が気になって自信を持って話せない。
誰かに口臭を指摘されてショックを受けた。
歯を磨いても口臭が取れない。
こんな悩みはありませんか?
実に3人に1人は口臭に悩んでいるといわれています。
ここではそんな口臭が驚くほど消えると話題のIKIREI(イキレイ)について、口コミや成分を徹底検証していきます!

目次

  1. IKIREI(イキレイ)とは?
  2. IKIREI(イキレイ)の悪い口コミ
  3. IKIREI(イキレイ)の良い口コミ
  4. 悪い口コミから見るIKIREI(イキレイ)のデメリット4
  5. 良い口コミから見るIKIREI(イキレイ)のメリット
  6. IKIREI(イキレイ)の成分・効果は?
  7. IKIREI(イキレイ)の添加物は安全?
  8. IKIREI(イキレイ)の効果的な使い方は?
  9. IKIREI(イキレイ)定期購入のメリット・デメリット
  10. IKIREI(イキレイ)と リフレケアを比較してみた!

IKIREI(イキレイ)とは?


IKIREI(イキレイ)とは、口の中に塗るだけで口臭ケアができる口臭ケアジェルです。
驚くほど口臭が消えると数々の雑誌で紹介され、SNSや口コミでも話題になっています。
IKIREI(イキレイ)は歯学博士が口臭を抑えるために本気で開発したアイテムで、多くの歯科医院やクリニックに導入されており、続々と新しい導入先も決まっている注目の口臭対策アイテムなのです。

IKIREI(イキレイ)の悪い口コミ

歯科医も認めるほどの実力のあるIKIREI(イキレイ)ですが、中には悪い口コミもあるようです。
ここではそんな悪い口コミをみてみましょう。

値段が高い(26歳男性)

彼女に口臭を指摘されてIKIREI(イキレイ)を購入してみました。
初回は安く買えたし効果にも満足しているのですが、続けるには少し高いです。
もう少し手軽な値段になればいいのに。

外出先で使いにくい(28歳女性)

コーヒーを飲んだり食事をした後に口臭が気になるので使い始めました。
朝歯磨き粉の代わりに使用したら午前中は口のニオイが気になりません。
でもランチを食べた後やコーヒーを飲んだ後などには、また少しニオイが気になり始めます。
人前で使うには抵抗があるしジェル状で手や歯ブラシにつけないと使えないのが少し使いにくいです。
効果はあるので、気になったときにさっと使える形状ならもっといいと思います。

胃から上がってくるニオイには効果なし(46歳男性)

タバコをすうので口臭が気になり使っています。
確かに使った後は口の中がスッキリとして口臭が気にならなくなります。
ですがニンニク料理を食べた後などの、胃から上がってくるニオイには効果がありません。
そういうニオイまで対策しようと思うとサプリなどと併用しないといけないと思います。

IKIREI(イキレイ)の良い口コミ


IKIREI(イキレイ)の実力は、多くの良い口コミが物語っています。
では具体的にどのような良い口コミがあるのでしょうか?

思った以上に効果が長続きする(22歳女性)

気にしすぎかもしれないのですが、口の粘つきや口臭が気になって常に歯磨きを持ち歩いて1日何度も歯を磨いていました。
IKIREI(イキレイ)を試してみると、朝歯磨き粉の代わりに使うだけで昼過ぎまで効果が持続してくれます。
歯磨き粉としてだけではなく、そろそろかなと思ったときに指で口の中に直接ぬれるのがとても便利です。

入れ歯のニオイが気にならなくなった(60代男性)

今まで口臭はあまり気にしていなかったのですが、入れ歯をするようになって気になり始めました。
口臭が気になると孫とのコミュニケーションにもちょっと距離をとってしまうのがストレスでした。
いくら歯を磨いてもニオイが消えなかったのにIKIREI(イキレイ)を使うと驚くほど口がすっきりとしました。
これなら孫とも以前のように口臭を気にすることなく接することができるのでとても感謝しています。

味も気に入っています(32歳女性)

ミントが苦手なので、口臭ケアグッズはミント系のものが多く気に入ったものを見つけられずにいました。
IKIREI(イキレイ)は効果が高いと聞いて気になってはいたのですが、効果がある分刺激が強いイメージでした。
実際に使ってみるとピーチ味で刺激もなくとても使いやすいです。
これなら続けられると思います。

コスパがいい(38歳男性)

嫁に口臭を指摘されて、始めは口臭ケアのサプリメントを飲んでいました。
それだけでは即効性も無かったので歯磨き粉も口臭ケアのハイブランドのものを使い始めました。
それでも時間が経つとやはり口臭が気になるので、話題のIKIREI(イキレイ)を試してみました。
IKIREI(イキレイ)は始めは高いかなと思ったのですが、歯磨き粉の代わりに使えてこれ一つで口臭ケアが完結するので今までのケアに比べると格段に安いです。
口臭予防の効果も予想以上に持続するので大満足です。
今のところ朝と夜の2回使っています。

口の中がすっきり(45歳女性)

40歳を過ぎた頃から、口の中の粘つきや口臭が気になり始めました。
いつもタブレットを持ち歩いていたのですが、頻繁に食べると胃の調子が悪くなってしまいます。
そこで持続力があると話題のIKIREI(イキレイ)を試してみました。
効果は大満足です。
口臭が予防できるだけでなく、口の乾燥やネバつきまで抑えることができるとは思ってもいませんでした。
これからも使い続けたいと思います。

悪い口コミから見るIKIREI(イキレイ)のデメリット

いくつかの悪い口コミからIKIREI(イキレイ)のデメリットをまとめてみると

  • 形状が外出時に使いにくい
  • 胃から上がってくるニオイまでは防げない
  • 効果の持続時間は人それぞれ
  • 値段が高い

値段に関しては、他のアイテムを使用している人からしたら、安く抑えられるといった意見もあるようです。
ですが、始めて口臭ケアグッズを買う人には商品の値段だけ見ると高く感じることもあるかもしれません。

良い口コミから見るIKIREI(イキレイ)のメリット

IKIREI(イキレイ)には嬉しい口コミがたくさんありました。
そんな良い口コミからIKIREI(イキレイ)のメリットをまとめてみると、

  • しっかり口臭を予防してくれる
  • 口臭予防効果が持続する
  • 口の乾燥や粘つきも改善する
  • コスパがいい
  • 刺激がなく使いやすい

このように、効果に関してはとても定評があるようです。
悪い口コミを見ても、効果に対する一定の評価はありましたね。

IKIREI(イキレイ)の成分・効果は?


ではIKIREI(イキレイ)が効果的に口臭を予防することができるのはなぜでしょうか?
配合されている成分から考えてみましょう。

CLO2

CLO2はIKIREI(イキレイ)に含まれている口臭抑制効果のある成分です。
その効果は人間を対象とした臨床実験で実証されています。
口臭には大きく分けて3種類の悪臭があります。

  • 卵の腐ったようなニオイの硫化水素
  • 腐ったたまねぎのようなニオイのメチルカプタン
  • 腐ったキャベツのようなニオイのジメチルサルファイド

CLO2はこれら全ての悪臭を同時に、しかも長時間抑制することができるのです。

亜塩素酸ナトリウム

亜塩素酸ナトリウムも口臭を予防する成分の一つです。
食品添加物の一種で、食品の殺菌にも使用されている成分です。
亜塩素酸ナトリウムは口腔内の酸と反応して二酸化塩素が作られます。
この二酸化塩素には口臭を引き起こす菌の活動を停止させる効果があるのです。

IKIREI(イキレイ)の添加物は安全?

IKIREI(イキレイ)には、以下の添加物が配合されています

  • ソルビトール
  • グリセリン
  • セルロースガム
  • PEG-6
  • キシリトール
  • セイヨウハッカ油
  • メチルパラベン

IKIREI(イキレイ)に含まれているこれらの添加物には、万が一口の中に残ってもほとんど危険性はありません。
厚生労働省の食品影響評価でも、IKIREI(イキレイ)は毎日常食したとしても健康に影響を及ぼすことはないとされています。
そのため、子供から高齢の方まで安心して使用することができます。

IKIREI(イキレイ)の効果的な使い方は?


IKIREI(イキレイ)の効果をより実感するためには、どのように使用すればいいのでしょうか?
おすすめの使い方をご紹介しましょう。

歯磨き粉として使用する

IKIREI(イキレイ)を歯磨き粉と同様に歯ブラシにつけて使用します。
そうすることで歯の隅々まで行き渡り、口臭の原因を予防することができます。

ジェルが隅々まで行き渡るようにする

ニオイの原因菌は口の中のちょっとした隙間にも潜んでいます。
しっかりと口臭を予防するためには、歯茎や舌の裏までしっかりとジェルが行き渡るようにしましょう。
もし効果に満足できない場合には少しずつジェルの量を増やして、しっかりと口の中全体にジェルが行き渡るようにするのがポイントです。

回数を調整する

IKIREI(イキレイ)は1日2~3回の使用が推奨されています。
ですが、それぞれの口の状態に合わせて回数を調整するのがいいでしょう。
使い始めて口内環境が整ってくれば少ない回数でも効果が実感できるようになるようです。

IKIREI(イキレイ)定期購入のメリット・デメリット


IKIREI(イキレイ)には得々イキスッキリコースという定期購入があります。
このコースを利用することで、

  • 初回は60%オフの2本で2400円(税別)
  • 30日間無料返金保障が利用できる
  • 毎月自動的に商品が届くので買い忘れが無い

というメリットがあります。
また、特に何回購入しなければならないという縛りはないので、いつでも解約することが可能です。
デメリットとすれば、解約する際には自分から連絡をする必要があることですが、メールで解約することができるのでとても簡単です。

IKIREI(イキレイ)と リフレケアを比較してみた!

IKIREI(イキレイ)とよく比較される口臭ケアグッズにリフレケアがあります。
ここではそんな二つの商品を比べてみたいと思います。

価格

IKIREI(イキレイ)は1本あたり初回限定価格1200円(税別)、通常価格は3000円(税悦)です。
1本当たり40g入っています。
それに対してリフレケアは様々なインターネットショップやドラッグストアで売られており、値段は様々です。
多くは70gあたり2000円前後で売られています。

商品の特徴

IKIREI(イキレイ)はチューブに入ったジェル状の商品です。
口臭を予防する成分としてCLO2を配合しています。
それに対してリフレケアは、ジェル状とミスト状の2種類があり、味も数種類から選ぶことができます。
口臭を予防する有効成分にはヒノキチオールが採用されています。

まとめ


いかがでしたか?
口臭ケアグッズには、サプリメントや今回のIKIREI(イキレイ)のようなジェル状、マウスウォッシュタイプなど様々な種類が販売されています。
自分の悩みにあわせて上手に組み合わせて使うのがおすすめです。
持続力のある口臭ケアを求めるなら、IKIREI(イキレイ)は試してみる価値はあるのではないでしょうか?

関連記事

珈琲が美味しい! だけどコーヒーに関する色々な情報がありますよね。 「健康に良い」「ダイエットも期待できる」「コーヒーは体に悪影響」など。 今回はそんなたくさ...

目次 はじめに 痩せ貧乳の人 ポッチャリ貧乳の人 貧乳解消法!!! はじめに 胸が小さくて悩んでる女性は、年...

パソコンやスマホの見過ぎで疲れやすい、そんな人はいませんか?現代人は画面を見る時間が長く、以前よりも疲れを訴える人が増えています。日頃からいたわってあげることが大切...

プロテオグリカン原液を知っていますか? あまり聞きなれない成分の「プロテオグリカン」ですが、とても保湿効果が高い美容成分として注目されています。 美容の世界...

最近、ボタニカルを生活に取り入れていこうという考え方が、注目を集めています。 その中でも本日は特に、ボタニカルシャンプーについて、見ていきたいと思います。...

くせ毛で髪がうまくまとまらない!髪が傷んでツヤがない!とお悩みの方、たくさんいらっしゃると思います。 特に雨の日は湿気が多くて、くせ毛の人はそれだけで気分が沈...

布団に入って手足を伸ばしたその瞬間…足の裏が「痛っ!」 足裏のささくれって、なんともいえない衝撃的な痛みですよね… 体を動かすたび、足の裏の皮が一部...

自分のスタイルをコントロールできる人は、いつまでたっても若々しくて美しいものです。でも、スタイルを維持するためには、毎日の食事での栄養管理、日常的な運動、溜めこ...

妊娠したいと希望している妊娠中のママさんの間で話題の葉酸サプリ。 お腹の赤ちゃんのすこやかな育成のために、厚生労働省も摂取を推薦する葉酸ですが、本当に...

美白を目指している人にとって、乗り越えなければならない季節がもうすぐやってきますね! 暑いと感じる日も増えてきて、焼けないために夏用のSPF値が高い日焼け止めに切...

NEW ENTRY

非変性Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカン配合のサプリの効果を徹底検証

ドラッグストアに行けば、たくさんのサプリメントが並んでいます。 栄養補給・疲労...

オリーブオイルはニキビを悪化させる?ニキビが治る正しい活用方法とは

オリーブオイルは、体にいいイメージがありますよね。 オリーブオイルは食べて体の...

自分の頭皮が臭い!4つのシャンプーで対策してみた!9つの原因と解消方法

きちんと毎日シャンプーを欠かさずしているにもかかわらず、頭皮の匂いが臭い...

手の老化の原因を徹底解明!改善方法は?専用のハンドクリームもある!

手は顔と違ってメイクをすることができませんよね。 また基本的にはいつも外に出て...

ひび割れかかとのケア、どうしてる?尿素クリームやオロナインが使える!

手や顔はよく目につくのできちんとケアしていても、足までは目が届いていない人も多い...

ページTOPへ