LIFEジャック

顔汗を抑える方法で薬や漢方、制汗剤は本当に安全?副作用ない?

[記事公開日]2018/04/06 [最終更新日]2018/03/23
■カテゴリー:美容, 健康
■タグ:,

顔汗はメイクが崩れる原因にもなりとても気になりますよね。
汗というと暑い時期だけかくものと思いがちですが、冬の暖房でも意外と汗をかくことは多いのです。
近年は空調設備が整っているところが多いので、体全体に汗をかく機会自体は減ってきているかもしれません。
ですが、実は顔汗に悩む人が年々増えているのを知っていますか?
ここでは顔汗をかく原因とともに、薬や漢方、制汗剤などの顔汗を抑える方法、そしてその副作用の有無についてご紹介しましょう。

目次

  1. 顔汗をかく原因とは?
  2. 顔汗を抑える薬
  3. 顔汗を抑える漢方
  4. 顔汗を抑える制汗剤
  5. 顔汗を抑えることの副作用はない?

顔汗をかく原因とは?

汗をかくのは、暑い時や体に熱がこもった時など体温を下げる必要がある時です。
汗をかくことで体の表面が湿ります。
その水分が乾く時に体の熱を奪うことによって体温を下げるのです。
また暑い時以外にも、緊張した時や興奮したときにも顔に汗をかくことも多いですね。
汗をかくとベタベタと気持ちが悪いかもしれませんが、汗をかくことは健康を保つ上でとても大切なことなのです。

顔汗をかく人が増えているのはなぜ?

近年顔に汗をかく人が増えていると言われています。
それはなぜでしょうか?

冷房や暖房などの空調設備が備わっている場所が増えた分、汗をかく機会は減ってきています。
そのため、汗をかく器官である「汗腺」の働きが弱くなっている人が多いと言われています。
特に洋服で覆われている部分は、空調の整った部屋から外へ出てもすぐには気温の変化を感じませんよね。
体が暑い(又は寒い)と感じる前にまた空調の整った部屋に入ってしまえば、体は快適な温度のまま汗をかくことがありません。

それに対して、洋服に覆われていない顔は外に出た瞬間に外気の温度を感じます。
その上、空調の整った場所が増えた分、顔は一日に何度も急激な温度差を感じることになります。

このように顔は外気の温度を直接感じることにより、汗をかきやすい状態にあるのです。
そしてこのような状態が続くことで、体の汗腺が弱まり顔の汗腺のみが活発になってしまいます。
このような環境が、顔だけに汗をかきやすい体質を作り出してしまうのです。

顔汗をかくと顔の印象が大きく変わる


顔汗は第一印象を大きく左右します。
顔に汗をかいていることで、暑苦しい印象を与えてしまいます。
それだけでなく顔に汗をかくと、メイクも崩れやすくなります。
また汗が引いたあとも脂っぽくなりテカリの原因にもなってしまいます。
せっかくお洒落をしてメイクをしても、顔汗で台無しになってしまいかねません。
そんな、気になる顔汗を抑えるには、どのような方法があるのでしょうか?

顔汗を抑える薬


顔汗には実は薬が存在します。
薬を使用することで顔汗を抑えることができるなら、試してみたい人も多いかもしれませんね。
ですが、顔汗を抑える薬を手に入れるためには医師に診断してもらい処方箋を書いてもらう必要があります。
海外には処方箋なしで購入できる国もあるため、個人輸入をすることで手に入れられないことはありませんが、その分使用する際は注意が必要です。
ここでは、顔汗を抑える飲み薬、塗り薬をそれぞれご紹介しましょう。

プロバンサイン


(引用:
https://www.tokyo-okusuri.com/)

プロバンサインは多汗症の治療薬です。
多汗症とは一般的に体温を調節するために汗をかくアポクリン腺ではなく、体臭の原因となるエクリン腺からの汗をたくさんかいてしまう状態です。
プロバンサインを服用することにより、汗を出させる神経の伝達物質であるアセチルコリンを抑制しその結果汗を抑える効果が期待できます。
そのため顔だけではなく全身の汗を抑制する高い効果を期待できます。
副作用として、眠気や頭痛、便秘、排尿障害などが見られることがあります。
高い効果が期待出来るのは魅力がありますが、副作用も心配ですね。
アセチルコリンの分泌を抑える作用を「抗コリン作用」といいますが、これは市販の風邪薬などでも起こりうるものです。
このように副作用があるため、常用するのではなく一時的に汗を止めたいときに使用するのがいいかもしれません。

パースピレックス


(引用:
https://www.tokyo-okusuri.com/)

パースピレックスは塗るタイプの多汗症の外用薬です。
手足用のローションタイプ、脇用のロールオンタイプがあります。
副作用として、肌に刺激を感じることがあるようです。
基本的に顔用ではないため、肌の弱い方は特に注意してください。
まずは顔ではなく体の目立たない部分から使用して様子を見るなど、顔に使用する際には注意が必要です。
パースピレックスには有効成分として塩化アルミニウムが含まれています。
その作用により汗腺に蓋をすることで、汗を抑えることができます。
その効果はとても高く、一度塗るだけで3~5日間持続すると言われています。
汗腺に蓋をすることで雑菌を防ぐこともでき、臭いを予防する効果も期待できます。

顔汗を抑える漢方

顔汗は抑えたいけど薬を使うのは不安という人には、漢方という方法もあります。
漢方を使用する場合は、体質改善により汗を抑えるという考え方です。
そのため、顔に汗をかく原因を考えてそれを改善することを目指して、使用するようにしましょう。
ただし同じ漢方でも体質によってその効果の出方は様々です。
そのため自己判断で使用するよりも漢方専門の薬局などで体質に合わせた漢方を見てもらうと、より高い効果を期待することができるでしょう。

ここでは、汗の原因ごとに一般的におすすめされる漢方を見ていきます。

精神的な原因

精神的な原因により汗をかきやすい場合には、精神を安定させてくれるような漢方を飲むことで汗を抑えることができます。
緊張しやすい、気性が激しい、ストレスが溜まっている人などが当てはまります。

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)
  • 柴胡桂枝乾姜湯(サイコケイシカンキョウトウ)

食生活の乱れが原因

脂っこい食事や野菜不足などの乱れた食生活も汗をかく原因になることがあります。
食生活の乱れにより汗をかきやすくなっている場合、臭いも気になることが多いので改善したいですよね。
そんな時は体の熱を冷ます効果のある漢方を飲むことで汗を抑える効果が期待できます。

  • 黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ)
  • 茵陳蒿湯(インチンコウトウ)

肥満が原因

太っている人は汗をたくさんかくイメージがありますよね。
太りすぎも汗をかく原因の一つです。
太っていると水分代謝がうまくいっていない場合が多く、代謝を改善することで汗を抑えることができます。
肥満を解消すると同時に汗が治まることもあるようです。
そのため肥満が原因の場合、代謝改善や肥満解消を目的とする漢方がおすすめです。

  • 防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)
  • 防風通聖散(ボウフウツウショウサン)

ホルモンバランスの乱れが原因

更年期に汗をかきやすいというのは、ホルモンバランスの乱れが原因です。
汗をかきやすいと同時にのぼせなどもある場合には、ホルモンバランスの乱れが原因の可能性が高いです。
そんなときはホルモンを安定させたり、ホルモンの影響を緩和させる漢方を飲むことで汗を抑える効果も期待できます。

  • 加味逍遙散(カミショウヨウサン)
  • 女神散(ニョシンサン)

顔汗を抑える制汗剤

汗を抑える方法として、最も手軽で知られているのが制汗剤ではないでしょうか?
ですが制汗剤は脇などの体用が主で、顔に塗るイメージはあまりないかもしれません。
制汗剤には様々な種類のものが販売されています。

  • スプレータイプ:広範囲に使いたい場合、清涼感を求める場合
  • ロールオンタイプ:脇の匂いが気になる場合、汗をしっかり抑えたい場合
  • クリームタイプ:しっかりと汗を抑えたい場合
  • シートタイプ:臭いが強くない場合、広範囲に使用したい場合
  • ローションタイプ:汗があまり多くない場合、清涼感を求める場合

制汗剤にはこのように多くの種類がありますが、顔に使用できるものは限られています。
顔汗におすすめなのは、ローションタイプとクリームタイプの2種類です。
ここでは多めの汗にも対応できるクリームタイプの制汗剤をご紹介しましょう。

顔にも使える薬用制汗クリーム「サラフェプラス」

制汗剤の中には肌に刺激が強いため顔には使えないものも多くあります。
逆に顔に使えるとうたっているものの中には、肌への刺激は優しいですが制汗効果は高くないものもあります。
今回おすすめするサラフェプラスは、肌に優しく制汗効果も高いと多くの口コミの寄せられている制汗クリームです。

>サラフェプラス公式サイトはこちら

サラフェプラスの使い方

制汗剤には一度塗って高い効果を数日間キープできるようなものもあります。
そのような制汗剤は毛穴を塞いで汗を防ぐタイプが多く顔に使用するには向きません。
それに対してサラフェプラスは、毎朝塗る必要があるので面倒に感じるかもしれません。
ですがサラフェプラスには美容成分がふんだんに配合されているため、化粧水や美容液としての役割も兼ね揃えているのです。
朝、洗顔の後にサラフェプラスを塗ったあとは、UVケアとメイクだけでOKなのでとても手軽に使用することができます。
またメイク直しの際などメイクの上からでも使用することが出来るのも女性にとって嬉しいポイントです。

サラフェプラスの有効成分

ではサラフェプラスはどのように汗を抑えるのでしょうか?
一般的な制汗剤は肌の表面に膜をはったり、毛穴に蓋をすることで汗を抑えるタイプのものが多いです。
それに対してサラフェプラスにはフェノールスルホン酸亜鉛という有効成分を使用しています。
フェノールスルホン酸亜鉛は毛穴から流れ出てくる汗に吸着して流れないようにすることで顔汗を抑える仕組みです。

そのため肌への負担が少なく安心して使用することができるのです。

サラフェプラスの美肌効果

サラフェプラスには美容成分がふんだんに使用されています。

  • ワレモコウエキス
  • 茶エキス
  • シャクヤクエキス
  • シメン-5-オール
  • ソメイヨシノ葉エキス
  • ナノセラミド
  • ボタンエキス
  • オウゴンエキス
  • アミノカプロン酸
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
  • ノイバラ果実エキス
  • タイムエキス
  • ダイズ種子エキス

これらの成分がしっかりと肌の内部まで浸透することで高い美容効果を発揮するのです。
それと同時に、制汗・皮膚汗臭を抑える薬用化粧品なのです。
合成香料や着色料などの添加物を含んでいないというのも安心ですね。

>サラフェプラス公式サイトはこちら

顔汗を抑えることの副作用はない?


ご紹介してきたように顔汗を抑えるには様々な方法があります。
メイク崩れの原因にもなり見た目の印象を大きく左右する顔汗、できることなら抑えたいですよね。
では顔汗を抑えることに副作用はないのでしょうか?

汗を抑えると体温調整ができなくなる?

汗は体温を調整するためにとても大切な体の機能です。
汗をかくことで、体の中に溜まった熱を排出することができるのです。
そのため制汗剤を広範囲に塗り、汗を極端に抑えてしまうと体内の熱をうまく排出することができなくなってしまいます。
それにより、熱中症などのリスクが高まってしまう可能性があります。
そのため、強力な制汗剤を広範囲に使用するのは注意が必要です。

顔汗を抑えるだけで体温調節に支障がでることも

近年冷暖房の普及により汗をかく機会が減っています。
それにより体の汗腺が衰え、顔だけに汗をかく人が増えていると言われています。
顔だけにしか汗をかかない状態になってしまっていると、顔の汗を極端に抑えることで体温調節に何らかの支障がでることも考えられます。
そのため、汗腺を塞いでしまうタイプの制汗剤を使用する際は、注意をするようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
見た目の印象を大きく変えてしまう顔汗、できることなら抑えたいですよね。
とはいえ、汗をかくことは体の体温調節にとても大切な機能です。
それを踏まえて適度に調節するために、漢方や薬、制汗剤などを上手に組み合わせて自分に合った方法を見つけるといいですね。

関連記事

今まで元モーニング娘の辻ちゃんと、愛ちゃんがイメージキャラクターとして有名だった脱毛サロン「脱毛ラボ」 3月からは大人気の、ニコルちゃんとセイラちゃんがイメージキ...

敏感肌の人や天然コスメを愛用している人に人気の「クレイ」。このクレイは、様々な方法で美容に取り入れることができるのですが、中でもクレイ洗顔は、クレイの持つ効果から、...

お肌に良いファンデーションとして注目を集めている「ミネラル化粧品」。 実際普通の化粧品と何が違うのか、何故お肌に良いと言われているのか知っていますか? またお肌...

テレビCMやネット上でも人気が出てきている乳酸菌サプリはどのように効果があるのでしょうか。 また、なぜ乳酸菌は私たちの体に必要なのでしょうか。 話題の乳酸菌...

尊敬しているけど、もう会話したくない! 私の上司は、仕事も出来て性格もよくて、仕事の面でもプライベートの面でも本当に尊敬できる人。 見た目も清潔感があって爽...

健康に良いとされるオリーブオイル。 しかしその効果は健康だけに留まらす、美容効果・ダイエット効果・便秘解消等様々な効果があることがわかってきました。 「え?オリ...

昔は、たくさん食べてもあんまり太りませんでしたが、 最近はなんだか、贅肉の付きがはっきり見てわかるような気がする管理人です。 歳を重ねると新陳代謝が落ちて中...

なんだか疲れやすい… 立ちくらみがする… 食欲がない…など 貧血に悩まれている方ってけっこう多いですよね。 さらに貧血は、他の病気に比べると、軽視されがちな...

なかなか治らない大人のニキビ。 でもなにこれ!明らかに薄くなっている!! しつこい大人ニキビをここまでキレイにした正体は一体何なのでしょうか? 目次 ...

多くの人がストレスを抱えている、今の時代。 今まで以上に必要とされてきているのが、カウンセラーです。 病院などに留まらず、職場や学校にもカウンセラーが常駐する事...

NEW ENTRY

非変性Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカン配合のサプリの効果を徹底検証

ドラッグストアに行けば、たくさんのサプリメントが並んでいます。 栄養補給・疲労...

オリーブオイルはニキビを悪化させる?ニキビが治る正しい活用方法とは

オリーブオイルは、体にいいイメージがありますよね。 オリーブオイルは食べて体の...

自分の頭皮が臭い!4つのシャンプーで対策してみた!9つの原因と解消方法

きちんと毎日シャンプーを欠かさずしているにもかかわらず、頭皮の匂いが臭い...

手の老化の原因を徹底解明!改善方法は?専用のハンドクリームもある!

手は顔と違ってメイクをすることができませんよね。 また基本的にはいつも外に出て...

ひび割れかかとのケア、どうしてる?尿素クリームやオロナインが使える!

手や顔はよく目につくのできちんとケアしていても、足までは目が届いていない人も多い...

ページTOPへ