LIFEジャック

カフェインの効能時間は?副作用もある?コーヒー紅茶や緑茶の効果とは

[記事公開日]2017/07/03 [最終更新日]2020/05/08
■カテゴリー:ヘルスケア
■タグ:,

休憩時間や仕事のお供に、現代人の多くが愛飲しているコーヒー。

筆者も例外なく、コーヒーがないと仕事ができないタイプの一人です。

そんなコーヒーには、多くのカフェインが含まれていますよね。

カフェインの効能には多くのものがありますが、実は副作用もあるんですよ!

またカフェインは、コーヒーだけでなく実に様々な飲み物に含まれています。

大変身近なカフェイン、その実態を詳しく調査していきます!

カフェインは「コーヒーに含まれている成分」という認識の人が多いと思いますが、まずはその実態からご紹介しましょう。

カフェインとは?


カフェインとは、コーヒーから分離されて発見された「精神刺激薬」の一つです。

1800年代にドイツの分析化学者によって発見され、以後は医薬品としても大活躍している成分なんですよ。

そんなカフェインは、アルカロイドという化合物の仲間とされているんです。

その効能には、実に様々なものがあるんですよ。

カフェインの効能

カフェインには、以下のような効能が確認されています。

  • 覚醒作用
  • 鎮痛作用
  • 興奮作用
  • 利尿作用
  • 消化を助ける
  • 脂肪の燃焼を助ける
  • 集中力を向上させる
  • 記憶力を向上させる
  • 運動能力向上させる
  • 疲労を回復させる

実に様々な効能がありますが、医薬品としては主に「鎮痛薬」として用いられています。

その一方で私たちが仕事中などにコーヒーを飲みたくなるのは、眠気を払拭してくれたり集中力や記憶力を向上させてくれるからかもしれませんね。

また食後にコーヒーが欲しくなるのも、消化を助けてくれる作用によるものかもしれません。

またパーキンソン病や糖尿病などの予防にも、カフェインは有効とされているんですよ。

カフェインを含む飲み物

カフェインと言えばコーヒーが定番となっていますが、実は多くの飲み物に含まれているんですよ。

  • コーヒー
  • 紅茶
  • 抹茶
  • 緑茶
  • 煎茶
  • ほうじ茶
  • ウーロン茶
  • ココア
  • コーラ
  • ドリンク剤

これらには、少なからずカフェインが含まれています。

またチョコレートや眠気覚ましに効くガムなどにも、カフェインは少量ながら含まれているんですよ。

妊婦は何故カフェインを避けなければならないの?

妊婦はカフェインを飲んではいけないというのは、誰でも聞いた事がある話ではないでしょうか。

多くの良い効能を持つカフェインですが、妊娠中は例外なんですよ。

妊娠中は、体内で赤ちゃんを育てているという大変特殊な状況です。

お母さんが摂取したものは、ほぼ全て胎盤を通して赤ちゃんへ届いてしまうのです。

赤ちゃんはまだまだ体が未熟な状態で、全ての成分を代謝できる訳ではありません。

カフェインも代謝できないものの一つであり、成長を妨げたり流産や死産のリスクを高めてしまうのです。

全くカフェインを摂らないという事も難しいと思いますが、妊娠中はこうしたリスクを避けるためにも摂取を制限しなければならないんですね。

どれ位の時間効くの?

さてコーヒーを愛飲している人にとっては、こうした効果を見込んで飲んでいる人も多い事と思います。

そこで気になるのは、「どれ位の時間、カフェインの効能は続くのか?」という点ではないでしょうか。

まずカフェインは、摂取してから20~60分ほどで効果が現れてくるとされています。

その後2~3時間で効能は最大に発揮され、8~14時間は持続すると言われているんですよ。

ちなみに体内からカフェインが完全に抜けるには、16~20時間はかかるんです。

しかし効能が最大の時を超えると、体感的にはカフェインが抜けた様な感覚になりますよね。

すると、自然とまたカフェインを摂取したくなってしまう人も多いと思います。

またコーヒーを飲むのが習慣という人にとっては、一日5杯は絶対飲むというケースも多い事でしょう。

ですがこのカフェイン、良い効能ばかりではないんですよ。

カフェインには副作用もある?!

カフェイン摂取が体に与える影響は、決して良いものばかりではありません。

副作用もあるので、ここでご紹介しましょう。

カフェインで起こる副作用の種類

カフェインの副作用は、

  • 急性中毒
  • 慢性中毒

の2種類に分けられます。

急性中毒

急性中毒とは、短期間にカフェインを大量摂取した場合に起こります。

  • 不整脈
  • 動悸
  • 呼吸困難
  • 胸やけ
  • 胃痛
  • 嘔吐
  • 精神錯乱
  • 幻覚
  • 幻聴

非常に怖い症状が並んでいますよね。

短期間に異常な量のカフェインを摂取してしまうと、これらの症状が出てしまう事もあるんですよ。

特に眠気覚ましと言って、コーヒーやドリンク剤などを乱用してしまうと症状が出やすくなるので注意が必要です。

慢性中毒

慢性中毒とは、長期間に渡ってカフェインを日常的に摂取し続けて起こるものです。

  • 睡眠障害
  • 頻脈
  • 頻尿
  • 神経過敏

短期間に大量摂取はしないまでも、毎日必ずカフェインを多めに摂るというケースでもこうした症状が現れてきます。

カフェインには依存性があるので、許容量を超えての摂取を続けてしまうと多くの副作用が生じてしまうんです。

カフェイン摂取の目安量は?

様々な副作用も確認されている、カフェイン。

最近ではカフェイン中毒での死亡事例も、テレビで報道されたりしましたよね。

では、カフェインの摂取量の目安はどれくらいなのでしょうか。

カフェインの一日摂取量の目安は、現在日本では設けられてはいません。

しかし欧州食品安全機関では、一日当たりのカフェイン摂取は200mg以下を推奨しています。

ただしカフェインの影響は、人によってそれぞれです。

体型や年齢、体質によっても影響の受け方は大きく異なってくるんですよ。

そのため、一概に一日当たり200mg以下であれば問題ないという訳ではないのです。

自分の体質やその日の体調に合わせて、カフェイン摂取量は調節していくべきと言えそうですね。

何を隠そう筆者も、その昔原因不明の体調不良が長期間続いたために診察を受けた結果「カフェイン中毒」と診断された事があります。

しかし自分ではそんなにコーヒーを過剰摂取しているつもりはなく、実際一日にアメリカンコーヒーを3杯飲む程度だったんです。

おそらくカフェインの推奨摂取量を上回っている事はなかったのですが、それでも筆者の体にはカフェインが多すぎたんですね。

最近ではそんな経験を活かして、デカフェやカフェインレスを好んで飲む様になりました。

カフェインってどれくらい入っているもの?

では実際の飲み物には、カフェインがどれくらい入っているのかも、見ておきましょう。

それぞれ、100ml当たりの飲料で換算しています。

  • コーヒー…約40~300mg
  • 紅茶…約30mg
  • 抹茶…約30mg
  • 緑茶…約20mg
  • 煎茶…約20mg
  • ほうじ茶…約20mg
  • ウーロン茶…約20mg
  • ココア…約30mg
  • コーラ…約10~13mg
  • ドリンク剤…約50mg

主なカフェイン飲料で、上記レベルのカフェインが入っていると考えておきましょう。

ちなみにコーヒーの場合、エスプレッソではカフェインが約300mgほど含有されています。

しかしインスタントコーヒーでは約40mgしか含まれておらず、その飲み方によっても含有量は変わってくるんですよ。

デカフェにはカフェインが入っていない?

最近人気となってきている「デカフェ」

一昔前までのデカフェは、普通のコーヒーと味が違い過ぎて苦手だった人も多いと思います。

しかし最近のものは大変美味しく、デカフェである事を感じさせないものばかりとなっていますよね。

この「デカフェ」とは、元々カフェインが入っていた飲料からカフェインを除いたものの事を指します。

また「カフェインレス」なんていう飲料も多くなっていますが、これはカフェインがほとんど含まれないものの事を言います。
つまりカフェインレスには、わずかながらカフェインが含まれている事になります。

そして「ノンカフェイン」とは、カフェインを全く含まないものを言います。

ちょっとした言い回しの違いですがカフェイン含有量には違いがあるので、頭の片隅に置いておくと良いかもしれませんよ!

カフェインを含む飲み物の効果まとめ

最後に、カフェインを含む飲み物の効果をいくつかまとめてみました!

コーヒー

コーヒーには

  • カフェイン
  • クロロゲン酸
  • ポリフェノール

などが含まれています。

そのためカフェインの効果に加えて、

  • アンチエイジング
  • 口臭予防

効果を得る事が出来るとされているんですよ!

その上淹れたてのコーヒーの香りには、DNAの酸化を抑える作用のある物質が300種類以上も含まれているんだそうです!

紅茶

紅茶には、

  • カルシウム
  • ビタミン
  • ミネラル

など多くの成分が含まれています。

これらによってもたらされるのは、

  • 成人病予防
  • 殺菌作用

特に殺菌作用は強いとされており、インフルエンザにも有効だと言われているんですよ!

緑茶

緑茶にはカテキンが多く含まれます。

そんな緑茶の効果には、

  • ガン予防
  • 食中毒の予防
  • 歯を強くしてくれる
  • アトピー
  • 花粉症

など効果があるとされています。

まとめ

カフェインには様々な良い効能があると共に、副作用があるので摂り方に注意しなければならない成分です。

特にカフェインの代名詞でもあるコーヒーは、依存性があり摂取量はしっかりと見極めていかなければなりません。

日常生活において嬉しい効果がたくさんありますが、その一方で過剰摂取や中毒による副作用も多くあるという事も忘れてはいけないのです。

カフェインは、上手に摂取すれば良い効果がたくさん得られる嬉しい成分です。

是非自分の体と相談して、自分なりの適量を見付けてカフェインを活用していきましょう!

関連記事

薬効があるとして知られている高麗人参のことは、みなさんよく耳にしたことがあると思います。 では、田七人参ってご存知ですか?聞いたことがない人も多いのではないで...

世の中に臭いはいくつあるのか知っていますか? 40万種類です。中でも万人が好む臭いは存在しないそうです。 ってことは体臭や口臭から発するクサい臭いは、限りな...

鼻水 くしゃみ 目のかゆみ などに悩まされる花粉症は本当に辛くて嫌なものですよね。 花粉症の発症にはさまざまな原因が関わっ...

毎月の生理痛がしんどくてたまらない、学校や仕事に行くのが億劫…という人は少なくありません。 でもなかなか人に相談したりできないですよね。 ましてや会...

目次 みんなの肌潤糖効果がなかった口コミ みんなの肌潤糖効果があった方の口コミ 効果があるという口コミをまとめると ...

笑った時、口の端がピキッと切れて鈍痛が走る。 あくびをするとき、ご飯を食べるときも、口の端が痛くて仕方がない。 これは、誰もが一度は経験した事が...

しじみは、昔から「元気の出ないとき」に食べるとよい、と言われる滋養食として知られていました。 今でも、二日酔いには「しじみの味噌汁」が効くなどと、インスタント食品...

「生活リズムを整えなさい!」って、非常によく聞く言葉ですよね。 良いことだとは分かっていても、具体的にどんなメリットがあるのか分からない。 そん...

タバコの値段はどんどん上がっているものの、なかなか禁煙できない人は多いですよね。 体に良くないと頭では分かっていても、どうしても辞められないのがタバコの怖...

繰り返すカンジダでお悩みの方はいませんか? 「毎回病院に通って治すけど、すぐ再発してしまう・・・」という方には、乳酸菌が効果を発揮するかもしれません。 整腸...

NEW ENTRY

エムビューティークリニックの特徴は?口コミや評判、効果もまとめてみた!

「脱毛をしてみたいけれど肌が弱くて心配」と言う人は多いですよね。 お肌が敏...

医療脱毛は効果がない?ある?費用や回数の疑問にもお答え!

肌の露出が増える夏場やムダ毛の処理が面倒になった時、「脱毛をやってみようかな...

果物を食べるハムスター
ハムスターの飼い方や種類を解説!モフカワイイ癒しペット代表♪

飼いやすさから、一人暮らしの方にも人気のハムスター。 初期費用や維持費...

HEALSY 2
HEALSY(ヘルシィ)の口コミ&評判を徹底紹介!今話題のオーガニックモリンガを凝縮サプリ♪

毎日が忙しくて、野菜不足や便秘、肌荒れ、ストレス、睡眠不足など不調な日々を過...

一人暮らしでも飼える動物9選!注意点や心構えも知ろう!

ここでは一人暮らしでも安心して飼える動物、またその動物のメリット、デメリット...

ページTOPへ