LIFEジャック

ごぼう茶おすすめランキング6選!成分比較!副作用のない飲み方は?

[記事公開日]2017/07/21 [最終更新日]2017/10/05
■カテゴリー:健康, ダイエット
■タグ:


健康が気になる人が始めている噂の「ごぼう茶」。え?「ごぼう」って野菜のあの「ごぼう」!?お茶ってどういうこと?
この記事では、今話題のごぼう茶についてとことん掘り下げます。ごぼう茶に含まれる成分やおすすめランキング6選、また気を付けたいポイントもご紹介します。
読めばあなたもごぼう茶のとりこになってしまうかもしれませんよ!

目次

  1. ごぼう茶の成分とは?
  2. ごぼう茶おすすめランキング6選!
  3. サントリーの健康黒豆ごぼう茶がおすすめな理由!
  4. ごぼう茶の副作用とは?
  5. 副作用の出ない飲み方は?
  6. 妊婦さんが飲んでもいいの?

ごぼう茶の成分とは?

「ごぼう茶」とは野菜のごぼうを乾燥、焙煎させてお茶にしたものです。人工的に作られたものとは違い、野菜のごぼうを使っていますから、栄養成分も天然のものを期待できます。ごぼうに含まれる成分と聞いて、まずは、食物繊維を思い浮かべる人が多いかもしれません。しかし、ごぼうのパワーはそれだけではないんですよ!一般的なごぼう茶に含まれる成分をご紹介していきます。

ポリフェノール


赤ワインなどに含まれていることで有名なポリフェノールですが、実はごぼうの灰汁にも含まれています。料理の食材として使用する際は、灰汁抜きをしてしまうことが多いため、家庭料理でごぼうからポリフェノールを摂取するのは難しいですよね。しかし、市販のごぼう茶には水で灰汁抜きをせずポリフェノールを残すよう加工しているものが多くみられます。

サポニン

ごぼうの皮に含まれているサポニンは、ごぼう茶の中でも主要な成分の一つです。こちらも料理の時には、削いでしまう皮に含まれている成分ですので、ごぼう茶で摂取できるのは嬉しいですよね。

イヌリン

また、水溶性食物繊維のイヌリンも大事な成分です。

カリウム

ミネラルの一種であるカリウムは、ナトリウムとバランスを取りながら体内の細胞を正常な状態に保つ働きをしています。

ごぼう茶には魅力的な成分がたっぷり含まれていることが分かりました。
でも市販のごぼう茶はたくさん種類があって、どれを買ったらよいのか迷いますよね。そんなあなたに、おすすめのごぼう茶をランキング形式でご紹介します。

ごぼう茶おすすめランキング6選!

市販の数あるごぼう茶の中からおすすめランキング6選を発表いたします!早速見ていきましょう!

1位サントリーの健康 黒豆ごぼう茶


まずおすすめなのが、サントリーウエルネスの「健康黒豆ごぼう茶」です。昔から日本人にとって馴染み深く、お正月には縁起物として食される黒豆と、ごぼうをブレンドした健康茶です。黒豆は、通常の大豆の2.5倍もの重さのある高級種の丹波黒を採用。健康に役立つ成分がたっぷり含まれています。また、メインのごぼうも産地にこだわった一品です。滋味たっぷりの土で育ったごぼうは宮崎県小林産。シンプルな素材だからこそ、栄養や味へのこだわりが商品の質につながりますね。その他、ビタミンやミネラルが豊富なタンポポの根、ルイボス、桑の葉の3種のハーブをブレンドされているのもポイントです。

>サントリーの健康 黒豆ごぼう茶公式サイトはこちら

2位あじかんの「焙煎ごぼう茶」


あじかんの焙煎ごぼう茶は、ごぼうを独自の焙煎方法でお茶にしています。ごぼうの皮付きのまま加工しているため、その成分を余すところなくお茶にしているのが魅力です。他の素材を加えず、ごぼう本来の香りやごぼうの成分にこだわりたい人に特におすすめです。まずは少しだけ試してみたい人のために、7包入のお試しサイズがあるのも嬉しいですよね。

3位有機高原のごぼう茶


こだまいきいき農場の「有機高原のごぼう茶」は、その名の通り有機栽培にこだわったごぼうを使用しています。ごぼうは広島県の世羅郡産。2年以上農薬を使っていない土地を耕し化学肥料を使用せず、雑草は手で取り除いています。さらに、厳しい審査に合格して「有機JAS」認定された自社工場で加工されているため、品質に安心感が持てますよね。品質だけでなく、モンドセレクションで3年連続金賞受賞している味のクオリティもおすすめのポイントです。

4位粉末ごぼう茶 恵巡美茶


手軽に飲むのにぴったりなのが、こちらの粉末タイプのごぼう茶「恵巡美茶」。2位のこだまいきいき農場の商品で、有機栽培にこだわったごぼう茶を粉末タイプで楽しむことができます。粉末タイプにすることで、水溶性食物繊維を余すことなく摂取できるため、その量は普通のごぼうの約9倍だとか。粉末タイプのため、ティーポットで蒸らすなどの手間がいらず、職場などでも手軽に飲めるのが嬉しいですよね。

5位伝統爽快なた豆茶


次におすすめなのが、こちらの「伝統爽快なた豆茶」。国産のごぼうに京都産の赤なた豆、黒豆、さらに90種類の発酵酵素を配合した独自ブレンドの健康茶です。生命力の強いなた豆や成分豊かなごぼうなど、素材の風味にプラスして味の美味しさにこだわっているのが嬉しいポイントです。やはり、健康茶と言っても、毎日続けるには美味しくないと厳しいですよね。メインはなた豆ですが、ごぼう茶の風味も楽しめるためおすすめです。

6位デルモッティ


ごぼうの香りがどうしても苦手…という人には、こちらの「デルモッティ」がおすすめです。ごぼうだけでなく、キャンドルブッシュやローズヒップなどのハーブや、しょうが、ラズベリーを加え、女性に好まれる味に仕上がっています。さらに腸内環境を整える乳酸菌もプラスされているのも嬉しいポイントです。色々な成分が含まれているお茶がお好みの場合は、女性には良いことづくめのブレンドティー「デルモッティ」がおすすめですよ。

サントリーの健康黒豆ごぼう茶がおすすめな理由!


1位はサントリーウエルネスの健康黒豆ごぼう茶でした!ごぼう茶として大事なのは、まずは素材であるごぼうの質ですよね。産地、栄養、味にこだわったごぼうを採用している点でポイントが高く、1位となりました。また、長く続けるためにはお茶としても魅力的な味であることが大切ですよね。ごぼうの土っぽい香りには好き嫌いが分かれるものですが、健康黒豆ごぼう茶は、メインのごぼうと黒豆に加えて3種の優しいハーブをブレンドし、美味しく仕上げられているところがおすすめです!
ごぼうそのものの良さにプラスして、美味しいお茶として楽しめる点がポイントとなりました。

>サントリーの健康 黒豆ごぼう茶公式サイトはこちら

ごぼう茶の副作用とは?


身体に嬉しいごぼう茶、さっそく始めてみよう!と思われた方もいらっしゃると思うのですが、注意点もあります。ごぼう茶に含まれるサポニンという成分について補足説明をいたしますね。サポニンはごぼうが土の中の細菌に負けないために自ら作り出している成分なのですが、実はたくさん摂取しすぎると副作用を起こすことがあります。
血液中の赤血球を破壊してしまったり、悪玉コレステロールだけではなく善玉コレステロールを排出してしまったり、栄養の吸収を阻害することがあるようです。自覚症状としては食欲不振や吐き気、下痢、喉の渇き、疲労感、だるさなどを感じる場合もあるようです。体力が落ちている人、もともと胃腸の弱い人、高齢者、ダイエット中の人は飲み方に気を付けましょう。
また、ごぼうはキク科の植物ですので、植物アレルギーのある方には上記の副作用とは別に注意が必要です。アレルギー症状の表れる強さは人によってまったく違います。疑わしい場合には、かかりつけの医師に相談されるか、先にアレルギーテストを受けられることをおすすめします。

副作用の出ない飲み方は?


副作用についてお伝えしたため驚かせてしまったかもしれませんが、基本的に市販のごぼう茶には副作用が頻発するほどの量のサポニンは含まれていません。しかし、一日に飲む量については、各商品に記載されている一日の目安量を参考にし、規定の量を守るようになさってください。例えば、サントリーウエルネスの健康黒豆ごぼう茶であれば、一日一包となります。
また、先にお伝えしたように、もともと胃腸の弱い方や、最近疲れやすくなったなど体力が落ちていることを自覚されている場合は注意してください。
一日の目安量を守っていても、身体に合わないと感じた場合には飲むのを中止し様子をみてくださいね。

妊婦さんが飲んでもいいの?


お腹の赤ちゃんのために食べ物や飲み物に気をつけている妊婦さんはごぼう茶を飲んでも良いのでしょうか。
まず、気になるのがカフェインですよね。妊娠中のカフェイン摂取には賛否両論あり、極力摂取しないほうが良いという意見もあれば、リラックス効果もあるので一日一杯程度なら良いという意見まで様々です。しかし、多くの妊婦さんはカフェインをなるべく避けるケースが多いかもしれません。ごぼう茶にはカフェインは含まれていませんので、妊婦さんも安心して飲むことができますよ。また、カロリーオフの商品も多いため、妊娠後期のカロリー摂取が気になる妊婦さんにもおすすめです。
また、妊娠中には便秘に悩まされる妊婦さんがたくさんいらっしゃいますが、ごぼう茶にたっぷり含まれる食物繊維で便秘やむくみの解消も期待できるため、この点もおすすめです。
しかし、前述したとおり、副作用として下痢や吐き気の可能性もあります。つわりで胃の調子が良くない妊娠初期には避けた方が良い場合もあります。ご自身の体調と合わせて飲んでみることをおすすめします。
心配な場合はかかりつけの産婦人科医に相談してみるのも良いでしょう。

まとめ

夏には、キーンと冷やしたビール…といきたいところですが、今年は代わりにごぼう茶で暑さをしのぐのも良いですね。
今日からごぼう茶で健康生活、はじめてみませんか?

関連記事

妊娠したいと希望している妊娠中のママさんの間で話題の葉酸サプリ。 お腹の赤ちゃんのすこやかな育成のために、厚生労働省も摂取を推薦する葉酸ですが、本当に...

眠れない…こんな悩みを抱えている人が多いようです。夜寝れない人にとって、夜長を感じるのは秋だけではありませんよね。今回は、眠れない、夜寝れないから朝起きれな...

最近運動不足で何か運動したい。 そんな時に気軽に始められる運動って… そう「ランニング」ではないでしょうか?! 今回はランニングの効果や注意点についてお話して...

親不知は、痛くなってくると非常に厄介な歯です。 しかし「抜歯するのは痛いって聞くから、なかなか歯医者には行けない」なんて方も多いのではないでしょうか。 実際親不...

目次 インフルエンザの主な症状 インフルエンザ対策、何すれば良い? まとめ 冬はインフルエンザが流行する季節ですね...

パソコンやスマホの見過ぎで疲れやすい、そんな人はいませんか?現代人は画面を見る時間が長く、以前よりも疲れを訴える人が増えています。日頃からいたわってあげることが大切...

冬の日差しが変化して少しずつ春の訪れを感じてくると、すがすがしい気分とは裏腹に鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりと不自由な生活にならざるをえない方もありますよね...

花粉症の季節ですね。 目のかゆみや充血、他にも疲れ目などが気になっていて目薬を使う方も、多いのではないでしょうか。 でもその目薬の差し方、本当に合ってますか...

「お肌の曲がりかどは20歳から」と言われているお肌ですが、何歳になっても美肌・美白で魅力的な女子でいたいですよね。 今では、スキンケアを20代の時から徹底されてい...

DHAって体に良いとは聞いたことがあっても、どう選べばいいのか、どんな風に摂取すればよいのかを説明できる人は意外に少ないかもしれません。 この記事では、お...

NEW ENTRY

肌の潤いを保つには?成分やケア方法8選!乾燥肌に悩んだ私の実体験

私は、職場で「地割れ女」というあだ名がついてしまいました。 それは...

30代の高血圧が怖い!症状とは?女性特有の原因ってあるの?

「うちの旦那は高血圧で…」なんて会話がよく聞かれますよね。でも、高血圧って男...

水素サプリの美容効果はパックより高い?!その効能の秘密とは!

そろそろ美容の事を考えてサプリでも始めたい… そう考えてネットで調べてみると、...

クマがひどい!原因と対策法は?脱コンシーラーを目指してクマを治す私の3ヶ月チャレンジ!

顔の印象が暗くなったり、血色が悪くなったり。 目元のクマがひどいとホントに...

中性脂肪サプリおすすめ7選!成分比較や効果と選び方を紹介!

おやつをよく食べる。 肉や脂っこい揚げ物が大好き。 そんな女性の天敵...

ページTOPへ