LIFEジャック

カンジダ症は市販薬やインクリアで治る?自然治癒は?2つの典型的症状

[記事公開日]2017/05/05 [最終更新日]2018/01/10
■カテゴリー:健康
■タグ:,

なんとなくデリケートゾーンがかゆい、おりものが多いという方は、もしかしたらカンジダ膣炎かもしれません。かゆみや匂いを伴う女性の病気には色々ありますが、カンジダ膣炎はしつこく繰り返しやすい病気の一つです。カンジダ膣炎になるとどんな症状が出るのでしょう?市販薬では治せるのでしょうか。自然治癒は?他人には相談しにくい、カンジダ膣炎についてお話していきます。

目次

  1. カンジダ症ってどんな病気?
  2. カンジダ膣炎の典型的な症状2つ
  3. カンジダ膣炎は自然治癒で治る?
  4. かゆみや匂いが気になったら市販薬で平気?
  5. 日頃の臭いとかゆみを予防
  6. 臭い対策にはインクリアがおすすめ?

カンジダ症ってどんな病気?


カンジダという名前は女性なら一度は聞いたことはあるのではないでしょうか?カンジダ症およびカンジダ膣炎は女性の4人に1人が一生のうちで1回は経験することがあるという、とてもポピュラーな病気です。かゆみやおりものの症状が特徴的です。きちんと治療しないと、何度も繰り返すことがある厄介な病気でもあります。

カンジダ症は菌が原因?

カンジダの原因はカンジダ菌という菌への感染です。カンジダって性病じゃないの?って思う人もいるかもしれませんが、カンジダは必ずしも性行為が原因になって感染するわけではありません。カンジダ菌は、常在菌といって、もともと私たちの体に住み着いています。普段は悪さをすることがありませんが、疲れていたり、免疫力が低下すると菌が繁殖して悪さをしはじめます。膣の中は乳酸菌によって、適度な酸性に保たれていますが、妊娠したり、抗生物質を使うことなどによって常在菌のバランスが低下することによっても起こります。

カンジダ膣炎の典型的な症状2つ


カンジダ膣炎に似た病気はいくつかあり、見分けが素人にはつきにくいことも、判断を難しくさせる理由です。カンジダの場合は、次の2つの症状が典型的な症状になります。

  1. 外陰部のかゆみ
  2. おりものの変化

外陰部のかゆみの症状とは

カンジダ膣炎の場合、デリケートゾーンの特に外陰部にかゆみを感じます。かゆみは時に、とても強いことがあり、ひどい場合にはズキズキするような痛みを感じることもあります。かゆいと、ついつい掻いてしまいたくなるものですが、非常にデリケートな部分なので掻くのはよくありません。

おりものの変化とは?

カンジダ膣炎を他の病気と区別する時に、特徴的な症状として参考になるのが、おりものの変化です。白く濁ったようなおりものが出ていたら要注意。特に次のような表現をする場合もあります。

  1. 酒かす状
  2. 粥状
  3. ヨーグルト状
  4. カッテージチーズ状

さらに量が多いのが特徴です。また、匂いについては特徴的な症状があるわけではなく、むしろ他の細菌性膣炎やトリコモナス膣炎という可能性もあるので、婦人科に相談することをおすすめします。

カンジダ膣炎は自然治癒で治る?


カンジダ膣炎になったとき、婦人科にいくのは恥ずかしいからなるべく自分で治したいと思う人もいるかもしれません。カンジダ膣炎は自然治癒することは可能なのでしょうか?

軽い症状であれば自然治癒する場合も

カンジダ膣炎かどうかわからない場合には、放置しておくことはおすすめできません。自然治癒するかな?と思って待っているうちに、症状を悪化させてしまう可能性もあるからです。
カンジダ膣炎の症状が軽い場合には、自浄作用といわれる自分の浄化作用によって治る場合もあるといいます。しかし、大量におりものが出ている、かゆみが非常に強い、腫れているなどの症状があれば、自分で治すのではなく早めにお医者さんに相談しましょう。

自然治癒に必要な自浄作用って?

自浄作用というのは、自分の力で膣内をきれいにする能力のことです。膣内には、デーデルライン桿菌という菌がいて、適度な酸性に保ってくれることにより、悪い菌が繁殖するのを防いでくれています。しかし、疲れが溜まっていたり、ストレスが多いなどで免疫力が低下していると、デーデルライン桿菌の力が弱まって、自浄作用が低下してしまうのです。その結果、カンジダ膣炎を引き起こしてしまう場合があります。

洗いすぎは要注意

自浄作用を低下させる原因に、陰部の洗いすぎという問題が隠れていることもあります。かゆい、匂いが気になるという時に、ついつい石鹸を使ってタオルなどでゴシゴシと洗ってしまっていませんか?洗いすぎによって、大切なデーデルライン桿菌などの体を守ってくれる菌を洗い流してしまっているかもしれません。また、ビデの使いすぎも危険です。

かゆみや匂いが気になったら市販薬で平気?


カンジダ膣炎になったら、必ずしも病院に行く必要があるかというと、そうではありません。自分で治せる場合もあります。市販薬はどう使ったらいいのでしょう?

まずは診断が必要

カンジダ膣炎が疑われる場合、まずは婦人科での診断を受けることが必要です。病院では細菌を調べて、カンジダ菌がいるかどうかを検査します。他の似た病気との判別をするためにおりものなどを調べていきます。おりものが変化する病気としては、トリコモナス膣炎、萎縮性膣炎、細菌性膣炎などがあり、原因によって治療も変わるので調べて突き止めることが大切です。病院の場合、膣に入れる坐薬などが処方されることがあります。

再発ならば市販薬でも対処できる

病院で治療する以外には、市販薬という方法がありますが、これは再発の場合に限られています。再発カンジダ膣炎の場合、自分でまた同じ症状だと判断できれば、薬局で市販薬を買って治療することができます。

カンジダか不明なかゆみは病院へ

もし、かゆみや匂いなどがあって、何の病気か分からないという場合は、病院に行くことをおすすめします。市販薬のかゆみ止めもありますが、むやみに使うと症状を悪化させてしまうこともあるので気をつけましょう。

日頃の臭いとかゆみを予防

カンジダ膣炎に限らず、生理の前後などは、匂いやかゆみを伴うことが多いので悩んでいる女性はとても多いと思います。日頃からできるデリケートゾーンケアとしては、どんな対処法があるのでしょうか?

入浴時にはお湯で洗う

石鹸でゴシゴシあらうと大事な菌を流してしまうというお話をしましたが、普段はどう洗ったら良いのでしょう?特に石鹸などは使わないで、やさしくぬるま湯などを使ってシャワーで洗い流すだけで十分です。化学繊維のタオルなどを使うことも避けましょう。

デリケートゾーンはなるべく清潔に保つ


カンジダ菌を始め、デリケートゾーンで繁殖しやすい菌は、ジメッとした湿度の高い環境を好む習性があります。そのためなるべく、風通しをよく、乾燥した状態にしておくことが大切です。

入浴や水泳などの後はすぐに乾かす

お風呂に入った後にしっかり水気を拭かないで下着をつけたり、海やプールの後に水着のままでいたりするのは、よくありません。濡れた下着はすぐに取り替えるように心がけて、膣の外側を乾かすようにしておきましょう。

ナプキンやおりものシートはこまめに替える

生理の終わりかけの時期のナプキンはついつい放置しがちになったり、おりものシートを何時間も替えないでいると、ばい菌が繁殖しやすくなります。こまめに取り替えて、常に清潔を心がけましょう。

締め付ける下着やパンストを避ける

きつい下着や、サテンなどの吸湿性の悪い下着、また締め付けの強いガードルやパンティストッキングは、デリケートゾーンを蒸れやすくしてしまいます。なるべく、コットンの下着を身につけるなどして、通気性を良くしておきましょう。

臭い対策にはインクリアがおすすめ?


デリケートゾーンからの臭いが気になる方はいませんか?病気ではなくても、ある程度の臭いは自然に発生するものです。しかし、人によってはその臭いが強い場合や、体調によって強くなることもあります。臭いが気になる場合には、単に洗うだけでは変わらないことも。そこで、おすすめなのが「インクリア」という商品です。

>インクリア公式サイトはこちら!

インクリアって何?

インクリアは膣の自浄作用を促してくれる洗浄器です。膣の洗浄というとビデがありますが、単に洗い流すだけのビデとは違います。インクリアの場合は、タンポンのような形をした容器を膣に挿入し、その中に入っているジェルを直接注入します。そうすることで、膣の洗浄と共に自浄作用のサポートもして、膣内環境を整えにおいやおりものを軽減していきます。

インクリアはこんな人におすすめ

  • 病院に行くほどでもないけれどケアはしたい
  • 臭いやおりもの、乾燥が気になる
  • 忙しくて病院に行く時間がない
  • 手軽にケアを行いたい

インクリアの成分


インクリアのジェルは無香料の透明なジェルです。その成分もきちんと開示されています。

グリセリン

アルコールの一種で、強い吸湿力を持っていることから化粧品や軟膏にも使用されています。

ヒドロキシエチセルロース

植物から抽出された成分ですが、人体への影響はなく、安全性が確認されています。液体に粘性を付けることからクリームやジェルなど化粧品に使用されることが多く、インクリアにもジェルに粘り気を出すために配合されています。

乳酸

乳酸には膣内の環境を整え、自浄作用を維持する効果があります。乳酸の力が低下すると自浄作用が落ちて、雑菌が増え臭いなどのトラブルが起こりやすくなってしまいます。

パラオキシ安息香酸メチル

食品や化粧品の防腐剤として使われる成分です。

ヒアルロン酸ナトリウム

安定性、安全性、保湿力が非常に高い成分です。

その他にも、精製水、クエン酸ナトリウム、エデト酸二ナトリウムが含まれています。口に入っても問題ない成分で製造されていますし、容器も安全性の高いプラスチック素材でできています。また、1本ずつ個包装された使い切りタイプなので、衛生面についてもきちんと考慮されています。
詳細は公式サイトでも説明されているので、下記ボタンから確認してみて下さい。

インクリアの使い方

  1. 袋から容器を取り出します
  2. キャップを引き抜きます
  3. リラックスした体勢で、容器を膣に5~8cmほど挿入します
  4. ピストンを押してジェルを注入します
  5. 容器をゆっくり抜きます

 
挿入時の体制は、立つか横になるのがおすすめです。また、ジェルは注入後体外に出てくることがあるので、下着の汚れが気になる場合はナプキンやライナーを用意しておいた方が安心でしょう。

いつ使うのがいい?

特にタイミングは決まっていないので、においやおりものが気になった時に使用すればOKです。ただ、インクリアのジェルを少しでも長く膣内にとどまらせるために、就寝前の使用がおすすめされています。

インクリアはどこで買えるの?

インクリアは一部の薬局や病院で扱っている場合もありますが、場所は限られています。おすすめは公式サイトの通販で買う方法です。

中身がわからないように発送してもらえる

他人には言いづらい悩みですから、インクリアを購入したことを知られたくない人もいるでしょう。でも、公式サイトの通販なら心配しなくても大丈夫です。外箱は無地のダンボールで、差出人は株式会社WTJ、商品名は「化粧品」と記載されて送られてくるので、中にインクリアが入っていることはわかりません。

自宅以外での受け取りもOK

ヤマト運輸の営業所留にしたり、代引以外での注文ならコンビニで受け取ったりすることも可能です。家族に荷物が届いたことを知られたくない、家族に開けられてしまうかもしれないという場合は利用してみるといいでしょう。

インクリアの値段は?


公式サイトなら、10本セットを3,888円(税込)で購入することができます。通常価格が4,320円(税込)なので、432円お得ということになります。3本セットは1,296円(税込)で購入可能です。
また、購入金額が10,000円(税込)未満の場合は、別途送料が648円(沖縄・離島は1,620円)かかります。ただし、定期便を申し込んだ場合の送料は無料です。

こちらの公式サイトから注文が可能です。

インクリアでカンジダは治せるの?

インクリアは薬ではなく、殺菌作用があるわけではないので、カンジダ膣炎を起こしてしまった場合には、効果はありません。洗浄するという意味では使うことはできますが、症状がある場合には、お薬できちんと治療することを優先させましょう。また、インクリアには特に避妊効果はありませんので、誤った使い方はしないようにしてください。日頃の臭い対策としてお役立てください。

さいごに

カンジダ膣炎は嫌なかゆみと、おりものの変化が気になる病気です。体力が落ちていると、再発することもあるので、日頃から疲れを溜めないようにしておくことも大切です。また、再発を繰り返さないためにも、症状が出たら薬でしっかり治療するなど、医師による判断を受けることが重要です。臭いやかゆみに悩まされることのない、スッキリ気持ちいい生活を送っていきましょう。

関連記事

「不味い!もう一杯!」のブームで有名になった青汁、皆さんは一度飲んだ事はありますか? 健康・美容効果でとても有名な青汁の成分をおさらいしていきましょう! ...

母乳の中に存在し赤ちゃんを守るというラクトフェリン。そのラクトフェリンが体に良いと評判です。今、たくさんのラクトフェリンサプリが発売されています。含有量や成...

理由があって、どうしても絶対ダイエットしたい!という方は多いですよね。 でも、ダイエットって、やっぱりキツイし、しんどい。 出来るだけ自然に、健康的に、しっかり...

日本では古くから親しまれているお茶ですが、実はお茶は体に良い成分が大変多く含まれている飲み物なんです。 最近では多種多様な飲み物が溢れており、なかなかお茶を手にす...

きれいになりたいと考えた時に、規則正しい生活やバランスの取れた食事に加えて、サプリメントでキレイを補給使用と思う方もいらっしゃるでしょう。美容に敏感な女性に...

今、妊活をしている方や、不妊治療中の方、妊娠した妊婦さんの中でとても話題となっている栄養素、「葉酸」。 葉酸は、胎児のすこやかな生育の為に必須の栄養素。 お...

飛行機に乗っての長時間旅行や長時間ドライブでよく耳にする「エコノミー症候群」。 ですがエコノミー症候群は、こういった長時間の旅行だけでなく、長時間デスクワ...

腸内環境を気にしている人や、サプリメントで健康を保ちたいと思っている人は「プロテクト乳酸菌」という言葉を一度は聞いたことがあるでしょうか?一般的に乳酸菌というとヨー...

満足に眠ることができないって、本当に辛いですよね。 私も不眠に長いこと悩んできました。 薬に頼っても量は増えていくし、なにより薬が強くて朝が辛い! 仕事も...

夜眠れない、睡眠が浅くすぐ起きてしまう・・・不眠症は、大変辛い悩みの一つです。 特に更年期になると、特別な理由がないのに眠れなくなってしまうケースが多くありま...

NEW ENTRY

粉末緑茶のメリットは?注目の健康効果!ミルでも作れる!カフェインは?

あなたはお茶を飲む習慣はありますか? ペットボトル飲料の流行により家でお茶をい...

爪が弱い人におすすめのネイルケア!補強に栄養は有効?マニキュアは?

爪がすぐに割れたり二枚爪になってしまう。 そんな爪の悩み、生まれつきや体質だと...

疲れは肝臓機能の低下が原因?簡単セルフチェック!数値はサプリで改善する?

何となくだるい、疲れがとれない。 そんな症状で悩んでいませんか? その症状、...

不眠に効く食べ物や飲み物は?不眠対策の効果ある?原因も紹介

なかなか眠れないとその日の疲れも取れず、毎日つらいですよね。 寝つきが悪い以外...

更年期の肌荒れやニキビ対策を徹底検証!有効なのは漢方?化粧品?

更年期かも・・・ そんな予感は女性の気持ちを鎮めてしまうものではないでしょうか...

ページTOPへ