LIFEジャック

花粉症対策にいい食べ物はヨーグルトとレンコン!果物は危険?!

[記事公開日]2017/03/18 [最終更新日]2020/05/21
■カテゴリー:ヘルスケア
■タグ:,

  • 鼻水
  • くしゃみ
  • 目のかゆみ

などに悩まされる花粉症は本当に辛くて嫌なものですよね。

花粉症の発症にはさまざまな原因が関わっていますが、食べ物が花粉症に関係している場合があるのです。

また逆に花粉症の症状を和らげてくれる食べ物もあります。

食べ物を改善するだけで花粉症の辛い症状を和らげることも可能かもしれません。

今回は花粉症対策になる食べ物についてお話しします。

花粉症対策はまず食べ物から見直そう!

毎年春になるとスギやヒノキなどの花粉症に悩まされている方はいませんか?

花粉症は花粉に対するアレルギーにより発症する症状のことをいい、季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。

  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 目のかゆみ
  • 赤み

などに悩まされる病気です。

花粉症は完全に治すことが難しいといわれている病気ですが、体質を変えることによって症状を和らげることは可能です。

体質を変えるには食事から見直すことが大切になります。

花粉症は日本人の4人に1人が悩まされる?!

日本人の4人に1人は花粉症であるというデータも出ているほど、日本人と花粉症は切っても離せない関係にあるようです。

この理由には、日本が戦後にスギの木やヒノキの木などをたくさん植林したことが原因に挙げられます。

しかし、昔の人はここまで花粉症に苦しむことは無かったといわれており、現代人の食生活や住環境が関係している部分も多いと考えられているのです。

住環境は昔に比べて機密性が高まり、ハウスダストなどに対するアレルギーが増えています。

そして、現代は飽食の時代と言われるように、食習慣が昔の人と比べて大きく変化してしまったのです。

昔と比べて加工食品が増え、添加物などが使われることも増えています。

便利になった反面、私たちの体には負担となるような食べ物も増えてしまいました。

結果としてアレルギーに苦しむ人が増えてきているという実態があり、花粉症と食生活との関係も否定できないのです。

花粉症対策には食べ物の改善も必要!

花粉症対策としての基本は薬による治療に、マスクやメガネなどの装着による予防です。

しかし、花粉症には食べ物も深く関係しているのです。

食べ物を見直して、花粉症に悪い影響を及ぼす食品を減らすだけでも体質から変えていくことができます。

また、薬だけに頼ることなく食べ物を改善することによって、症状が和らぐ場合もあるのです。

みなさんも花粉シーズンをもっと楽に過ごすために食事から見直してみませんか?

花粉症対策に悪影響の食べ物は?

花粉症の症状が悪化しているのは、もしかしたらあなたが食べている食べ物が関係しているかもしれません。

原因となっている食べ物の摂取を減らすことにより花粉症を防ぐことも出来るかもしれません。

あなたが何となく食べているものも関係しているかも?

りんごや桃などの果物に要注意


りんごは健康的な印象がありますが、りんごには交差抗原性があり、花粉と間違えて体がアレルギー反応を起こしてしまう場合があるので注意が必要です。

特に、北海道などに多いシラカバアレルギーのある人はりんごを食べることにより症状が出やすくなる可能性があります。

また、スギ花粉の場合はトマトに要注意です。

逆にスギ花粉症の人がトマトを食べて症状が出ることもあります。

他にも、次の果物に気をつけましょう。

果物は全般的に体を冷やすことがあります。

冷えることによって鼻水などが出やすくなることもあるので食べ過ぎにはくれぐれも要注意です。

  • ウリ科の果物(メロン、スイカ)
  • バラ科の果物(モモ、ナシ、サクランボ、ビワ)
  • キウイ、バナナ、パイナップル

白砂糖の摂り過ぎ

白砂糖はアレルギーの発症に関係があると考えらえています。

白砂糖というと太る食べ物ということ位しか気にかけていないかもしれませんが、その製造過程で使われている農薬や漂白剤などがアレルギーを引き起こすヒスタミンを生成してしまうのです。

さらに糖分は悪玉菌のエサとなり、腸内環境が悪化する原因にもなります。

腸内環境が悪化すると、免疫力が低下して、花粉症のようなアレルギー疾患に繋がりやすくなります。

白砂糖をそのまま摂取する人は少ないかもしれませんが、次のようなお菓子に多く含まれているので見えない白砂糖に注意が必要です。

  • チョコレート
  • 和菓子
  • ケーキなどの洋菓子
  • 清涼飲料水

揚げ物などの悪い油

  • 揚げ物
  • スナック菓子
  • ファーストフード

などに含まれているショートニングなどのトランス脂肪酸にはアレルギーを悪化させる作用があるため注意が必要です。

トランス脂肪酸を摂取することで、アレルギーを起こす物質が体内で増えやすくなり、炎症が強くなり症状が悪化してしまいます。

花粉症の症状が出ている間は

  • インスタントラーメン
  • ポテトフライ
  • 加工食品
  • ジャンクフード

などはなるべく避けて、バランスの良い食事をとるようにしましょう。

パンなどの小麦製品

パン、パスタなど粉物が大好きな人は多いと思いますが、実は小麦由来の製品はアレルギーの原因となりやすいので要注意です。

花粉症がある人がパンなどを口にすることで花粉症の症状が悪化してしまう場合もあるのです。

また、小麦に含まれるグルテンは腸壁に傷をつけて、大きな分子が吸収されやすくなり、普通はアレルギーを起こさないような物質に対してもアレルギーを起こすようになってしまう場合があります。

特に、イネ科の花粉アレルギーの場合には小麦を摂取することで症状が悪化しやすいので気をつけましょう。

イネ科のシーズンの頃は

  • パン
  • うどん
  • フライ

などを食べてから運動することで症状が悪化するケースがあります。

花粉症対策に役立つ4つの食べ物

あれこれ食べてはいけないといわれると、何を食べれば良いのかと困ってしまいますね。

花粉症を和らげる働きのある食べ物を取り入れていけば、あなたの花粉症も少し楽になるかもしれませんよ?

おすすめの食べ物をご紹介します。

ヨーグルト

花粉症などのアレルギーを防ぐには免疫力を高めることが大切です。

その免疫に大きく関わっているのが腸内環境です。

腸内環境を整える食品にはいろいろとありますが、最も有名な食品ともいえるのはヨーグルトでしょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸に届いて、腸内の善玉菌を増やしてくれます。

腸内環境を整えることが免疫力の維持にもつながるので、ヨーグルトなどから乳酸菌を摂取し続けることが大切です。

特に、花粉症に対して効果があるといわれているのが、1073R-1乳酸菌です。

他にも、

  • 味噌
  • ぬか漬け
  • 醤油

などの発酵食品からも生きた菌を取り入れて腸内環境を整えていくと良いでしょう。

レンコン甘酒

甘くて女性に大人気の甘酒も発酵食品ですが、花粉症対策にさらにおすすめなのがレンコン甘酒です。

レンコン甘酒は、酒粕で作った甘酒とレンコンのすりおろし汁を合わせて作る甘酒です。

このレンコン甘酒は東洋医学的にいう「肺」の機能を高めてくれる効果があるのです。

「肺」というのは呼吸の機能だけでなく、免疫力も司っていると東洋医学では考えます。

「肺」が特に苦手なのが乾燥で、免疫力の低下に繋がります。

そこで「肺」を潤す食べ物を取り入れることで、「肺」の機能を高めてあげるのが効果的です。

レンコンにはタンニンという成分が含まれており、炎症を抑える作用があります。

また、甘酒には生きた菌がたっぷり含まれているので、腸内環境を整えて免疫力を高めてくれる効果も期待できます。

両方合わさったレンコン甘酒には肺を潤してくれる作用があり、免疫力を高めてくれるのでアレルギーによる花粉症対策にもぴったりという訳です。

べにふうき茶や甜茶などの飲み物

花粉症対策に良い飲み物としてはお茶を2種類ご紹介したいと思います。

べにふうき茶

特に花粉症に効果があるといわれているのが、べにふうき茶です。

べにふうき茶にはカテキンの中でもべにふうきにしか含まれない「メチル化カテキン」という成分が含まれています。

この成分が体内でアレルギー反応に関わっているIgE抗体の産生を抑えてくれるため、花粉症に対する効果があると考えられています。

お茶には即効性がないと思われがちですが、人によっては効果を早く感じる場合もあるようで、薬と併用することもできるので花粉症に悩む人にはとてもおすすめです。

甜茶

またもう一つ、花粉症に効くといわれているお茶が甜茶です。

独特の甘みがあるお茶で飲みやすいのも特徴です。

甜茶に含まれるポリフェノール成分がアレルギーを起こすヒスタミンを抑えるため、花粉症に効果があるといわれています。

個人差はありますが、即効性も期待できるので症状が出てからでも試してみると良いでしょう。

バナナ

ある研究によると、バナナを食べている人の方が花粉症の重症度が低かったというデータがあります。

また、8週間毎日食べ続けた結果、くしゃみが緩和されたという報告もあります。

バナナは身近なフルーツで一年中を通して手に入れることができるので、花粉シーズンが到来する前から食べて症状を和らげることを目指しましょう。

花粉症対策に食べ物以外で出来ること

食べ物を変えることは花粉症対策に有効ではありますが、なかなか変えるのが難しいという人も多いでしょう。花粉症対策には次の方法も効果があります。

運動で自律神経を整えよう

適度な運動を取り入れている方が免疫力が高まるといわれています。

ヨガやウォーキングなどの軽い運動を日常的に取り入れて体力をアップさせるだけでなく、免疫を高めておくと花粉症対策になります。

アロマテラピーでスッキリしよう

鼻が詰まって苦しい時に役に立つのがアロマオイルです。

ティーツリー、ユーカリなどのスッキリする匂いをかぐと鼻が通って楽になります。

洗面器に2,3滴オイルを垂らして湯気を吸い込むアロマ温浴もおすすめです。

さいごに

花粉症は完全に治すことが難しいので、諦めている人も多いはずです。

もちろん薬を飲んで症状を和らげる方法は効果的ですが、もし食べ物の影響で症状が悪化しているならば、食事から見直していくことが必要です。

  • 小麦
  • 白砂糖
  • 特定の果物

など気をつけなければいけない食品はさまざまですが、体質によってどれを除くことが効果が上がるかは異なります。

あなたの花粉症の症状を悪化させている食べ物を見つけることが改善への糸口になります。

普段食べている食べ物を改善することは、お金もかからず手軽ですぐにでも始められるので試さない手はありません。

花粉症が少しでも楽になり、快適な生活が送れるように出来ることから始めてみましょう。

関連記事

みなさんはモリンガという植物のことを知っていますか?様々なスーパーフードが話題になっている中で、最近大注目なのがモリンガです。どんな素晴らしい効能があるのか、おすす...

繰り返すカンジダでお悩みの方はいませんか? 「毎回病院に通って治すけど、すぐ再発してしまう・・・」という方には、乳酸菌が効果を発揮するかもしれません。 整腸...

炊事・洗濯などの家事に追われるみなさんは、手荒れが気になっているのではありませんか? 特に冬場になると、さらにひどくなりますよね。 指がかゆくてたま...

長時間のタイピングや、スマホ操作のし過ぎで手が疲れた・・・ そんなときは、忙しくても5分だけ作業を止めてリフレッシュしてみるのがおすすめです。 ...

年を重ねるにつれ、疲れがなかなかとれないということはありませんか? 1日の疲れは、その日のうちにリセットして次の日に持ち越さないのが大切です。 でもなか...

最近、健康食品として注目されている人気の果物、サジー。 スーパーフルーツだと言われているサジーは、ユーラシア大陸を中心に自生しており、秋から冬にかけて小さなオ...

酢は体に良い万能調味料ですが、実は血圧を下げる効果もあるのをご存知でしょうか? とはいっても、酢には種類もたくさんあり、何をどのくらい摂取すればよいのか分...

ミネラルの一種の「亜鉛」、サプリなどでも聞いたことありますよね。 でも、からだにどのように役立っているのか、よくわからない方多いと思います。 この「亜鉛」、不足...

ふとした時に突然、のぼせた様な状態になる事はありませんか? 夏でも冬でも関係なく突然起こるそのほてりは、「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状かもしれません。 ホッ...

薬効があるとして知られている高麗人参のことは、みなさんよく耳にしたことがあると思います。 では、田七人参ってご存知ですか?聞いたことがない人も多いのではないで...

NEW ENTRY

エムビューティークリニックの特徴は?口コミや評判、効果もまとめてみた!

「脱毛をしてみたいけれど肌が弱くて心配」と言う人は多いですよね。 お肌が敏...

医療脱毛は効果がない?ある?費用や回数の疑問にもお答え!

肌の露出が増える夏場やムダ毛の処理が面倒になった時、「脱毛をやってみようかな...

果物を食べるハムスター
ハムスターの飼い方や種類を解説!モフカワイイ癒しペット代表♪

飼いやすさから、一人暮らしの方にも人気のハムスター。 初期費用や維持費...

HEALSY 2
HEALSY(ヘルシィ)の口コミ&評判を徹底紹介!今話題のオーガニックモリンガを凝縮サプリ♪

毎日が忙しくて、野菜不足や便秘、肌荒れ、ストレス、睡眠不足など不調な日々を過...

一人暮らしでも飼える動物9選!注意点や心構えも知ろう!

ここでは一人暮らしでも安心して飼える動物、またその動物のメリット、デメリット...

ページTOPへ