LIFEジャック

ジャムウ石鹸のおすすめの使い方は?汗の匂い対策にどんな効果があるの?

[記事公開日]2017/02/28 [最終更新日]2017/02/13
■カテゴリー:美容
■タグ:,

皆さんは、ジャムウ石鹸ってご存知でしょうか?汗のにおい対策にすごくいい石鹸なんだそうです。
しかも、10年以上売れ続けているロングセラー商品!

冬でも自分の汗のにおいって気になるもの。
そこで、ジャムウ石鹸のおすすめの使い方や、その効果などを調べてみました。

>「ジャムウ・ハーバルソープ」公式サイトはこちら!

目次

  1. どうして汗をかいてしまうの?匂いがするのはなぜ?
  2. 汗対策におすすめの方法は?3つの汗対策と2つの根本的な解決法
  3. ジャムウ・ハーバルソープは汗の匂い対策に有効な石鹸?成分は?
  4. ジャムウ・ハーバルソープの効果的な使い方簡単3ステップ

どうして汗をかいてしまうの?匂いがするのはなぜ?

1
汗をかくことで困ることってたくさんあります。女性だと顔に汗がにじめば化粧崩れが心配ですし、脇にかけば汗染みが気になります。さらに一番困るのが汗の臭いですよね!

なぜ汗をかくの?

できればかきたくない汗ですが、人間にとってどうしても必要なもの。体温が高くなると、それを下げるために汗をかきます。

また、ドキドキしたりして交換神経が活発になった場合も汗をかきます。
他にも汗をかく理由として、辛いものを食べた時、また、多汗症や女性の更年期障害など、病気が原因の汗もあります。

臭いのする汗としない汗があるのは何故?

サラサラとして蒸発しやすい汗であれば、ほとんどニオイはしないといわれていますが、べたつく汗やネバつく汗は、ニオイがすることがあります。
病気でなければ、運動不足などで汗をだす汗腺の機能が劣っているのが原因と考えられます。

また、汗が出る場所によって汗にホルモンなどいろいろな成分が混じる為、時間がたってくると臭いがきつくなります。

エクリン腺から出る汗はどんな汗?

汗には大きく分けて二種類あります。エクリン腺から出る汗と、アポクリン腺から出る汗です。エクリン腺というのは身体のいたるところにあり、ほとんどが水分で肌の表面で皮脂とまざって皮脂膜をつくる役割があります。この汗は、ほとんどニオイがないといわれています。

アポクリン腺から出る汗はどんな汗?

もう一つのアポクリン腺は、エクリン腺よりも肌の深いところにあり、毛穴と連結しています。アポクリン腺は思春期になると急速に発達してきます。わきの下、外陰部、肛門周辺などです、この汗は、アンモニア、脂肪分、色素、尿素、ホルモンなどが混ざっているので、時間がたつと脂質やたんぱく質が酸化し分解され、いやな臭いを発します。

汗対策におすすめの方法は?3つの汗対策と3つの根本的な解決法

どうしても汗はかいてしまうもの。なるべく臭いを強くしない方法がないか調べてみました。

汗の臭い対策方法

汗対策その1 すぐに拭く


汗をかいたら、すぐ汗をふくようにします。脇など汗をかきやすい場所を清潔に保つことで、臭いを防ぐことができます。また、汗を放っておくと雑菌の繁殖や吹き出物などの原因になります。

汗対策その2 汗を抑える


汗そのものを抑えるという方法もあります。
ドラックストアや薬局などで売っている制汗スプレーを上手く取り入れてみましょう。制汗スプレーは、発汗作用を抑える仕組みもあります。

汗対策その3 デオドラント剤を使う

汗の嫌なニオイを抑えるデオドラント剤もあります。デオドラント剤単体で売られている場合もありますし、制汗剤とデオドラント剤が一緒になったタイプもあります。

汗対策への注意点

汗の量やニオイに個人差があるように、市販で売られているデオドラント剤や制汗スプレーの効果も人によりけりなところがあります。
多くの制汗スプレーやデオドラント剤には、添加物や香料がふくまれているので、肌が弱い人は刺激になる場合もあります。

汗の臭いの根本的な解決方法3選

上記では、汗の臭い対策をご紹介しました。
では、汗の臭いがなくなる根本的な解決方法はないのでしょうか?調べてみました。

汗対策の根本的な解決法その1 食事


汗対策の根本的な解決法は、体質を改善することがあげられます。

汗は自分の体液で出来ているので、食事によって汗の臭いが変わる場合があります。脂っこい食べ物やインスタントなどの添加物の多いもの、肉中心の食べ物、コーヒーやお酒、香料や刺激の強い物などを多く食べる人は、体臭、汗の臭いも強くなるようです。

また、食生活が偏っていたり栄養不足、身体が冷えているなどの原因で血行が悪くなると血液がドロドロになり、出る汗の臭いもきつくなる場合もあります。
汗の臭い対策には、食生活の見直しが大切といえそうです。

汗対策の根本的な解決法その2 運動


運動不足も汗の臭いをきつくします。

常にエアコンが効いた快適な空間にいたり、体を動かさない生活をしていると汗を出す汗腺機能が弱くなります。そうすると、臭いがでやすいアポクリン腺の分泌が必要以上に多くなってしまいます。
汗をかくことで代謝を高めることができるので、汗の臭いが気になる場合は運動を積極的に行ってみましょう。

汗対策の根本的な解決法その3 ストレスを溜めない


精神的なもの、ストレスや不安、緊張でもアポクリン腺からの分泌が盛んになり、臭いがきつくなる傾向にあります。
ストレスや心配事をなるべく軽減するよう意識することも必要です。
また汗をうっすらとかくような適度な運動はストレス解消にもなりますので、生活にとりれてみるのがよいでしょう。

食生活に気を付け汗をかく適度な運動を行い、ストレスをためないことが汗の臭いを解消する対策になります。それでも汗や臭いが気になる人は、制汗剤やデオドラントなどを使うことで、かなりの汗対策が可能になります。

ジャムウ・ハーバルソープは汗の匂い対策に有効な石鹸?成分は?

4
汗対策用の商品は、ドラックストアや通販でたくさん売られており、お風呂で使えるものも多くあります。
その中でも人気商品のひとつが、ジャムウ・ハーバルソープです。

特に、女性のためのサイトLCラブコスメから発売されているジャムウ・ハーバルソープは、もう10年以上のロングセラー商品!汗の臭いを気にする女性が非常に多いということですね。
では、人気のジャムウ石鹸はどのような商品なのでしょうか?

>>「ジャムウ・ハーバルソープ」公式サイトはこちら!

ジャムウとは?ジャムウ石鹸の歴史

ジャムウ・ハーバルソープの「ジャムウ」という言葉は、ジャワ語、インドネシア語で「もてなす」という意味です。

ジャムウはインドネシアで古くから女性の体のお手入れに使われてきた石鹸で、ハーブなど自然植物を配合し作られています。ジャムウの歴史は、インドの「アーユルヴェーダ」がルーツとされ、インドネシアでは千年以上前から各家庭で代々受け継がれてきました。ハーブの調合レシピは、各家庭でそれぞれ異なるそうです。

そのため、中国の漢方やインドのアーユルヴェーダにくらべてジャムウは体系化されておらず、科学的な根拠もとぼしいとされていたため、素晴らしいものであるにも関わらず研究や開発がされていませんでした。

LCラブコスメがジャムウを研究!

LCラブコスメはジャムウのもつ素晴らしさを知り、代々伝わるレシピを元にして日本人の肌質に合わせてジャムウ・ハーバルソープを作ることを試みました。その際に、3つのことを心掛けました。

その3つとは、

  • 成分の配合をできる限り自然由来の素材にすること。
  • 日本人女性の悩みに特化したものをつくること。
  • 製品に不必要なものを使わないこと

です。

2003年、LCラブコスメは、現地のジャムウレシピを元に日本人女性に合うジャムウを発売します。日本でまだジャムウの存在は全く知られていませんでした。しかし、使用したお客さんが良さを実感し、口コミでじわじわと評判が広まっていきました。

現在ジャムウは、発売から10年以上たっても愛されているロングセラー商品となっています。

一つ一つ手作りされているジャムウ・ハーバルソープの成分


ジャムウ・ハーバルソープは、今でもインドネシアの工場で一つ一つ手作りされており、成分も自然由来のものです。

ジャムウ・ハーバルソープの主な材料は、甘草、アロエベア、オタネニンジン(高齢人参)、カミツレ油、パーム油です。
ジャムウ・ハーバルソープをつくるベースは、ヤシ油を主体としたパーム油です。ヤシ油は、自然派石鹸に多くとりいれられていますのでとても安心ですね!

また、無着色、無香料、防腐剤不使用、安定剤不使用、アルカリ性、パラペンフリー、石油系界面活性剤不使用なので、デリケート部分の匂いが特に気になる人や、お肌が敏感で成分が気になる人にも使いやすく作られています。

>>ジャムウ・ハーバルソープ公式サイトはこちら!

ジャムウ石鹸の効果

ジャムウが何かがわかったところで、気になるのが、その効果ですよね。
では、ジャムウ・ハーバルソープの効果を見てみましょう。

臭いを防ぎ古い角質や黒ずみなども除去

ジャムウ・ハーバルソープは、成分は自然由来!
全身に使用OKですし、毎日、使ってもお肌に負担をかけません。

またジャムウ・ハーバルソープは、気になるニオイを防いでくれるほか、古い角質など黒ずみも取り除いてくれます。
泡パックして洗い流すことにより、本来の肌の色に近づけてくれるので、黒ずみの気になるところ、乳首まわりはもちろんのこと、ひじやひざに使っている人も多いようです。

保湿もしてくれる

ジャムウ・ハーバルソープは肌を柔らかくする成分や保湿にもすぐれています。
ジャムウ・ハーバルソープはお肌にやさしいので、デリケートゾーンに使っても沁みないのでありがたいです。

シリーズで発売されているので、黒ずみの集中ケアやピーリングケアをしたい場合、用途に合わせて使うとより効果を期待できます。

ジャムウ・ハーバルソープの効果的な使い方


汗の臭い対策に効果的だというジャムウ・ハーバルソープ。
その使い方は、とても簡単な3ステップです。

ジャムウ・ハーバルソープの使い方ステップ1 ネットで泡立てる

手で泡立てることも可能ですが、ネットにいれた方がよく泡立ちます。ソープを泡立てるネットは、今ならジャムウ・ハーバルソープを購入するとプレゼントでついてきます!

自然由来の成分なので、最初はちょっと泡立ちにくいかもしれませんが、徐々に濃厚な泡が出来上がります。

ジャムウ・ハーバルソープの使い方ステップ2 気になる部分に使用する

出来上がった泡を黒ずみやニオイの気になる部分におきます。もちろんデリケートゾーンに使用しても大丈夫です。
5

ジャムウ・ハーバルソープの使い方ステップ3 泡パックする

置いた場所が見えなくなるぐらいたっぷりと泡をおきます。そのまま3分ほど「泡パック」します。その後、シャワーで洗い流します。

特にニオイが気になる部分には、泡立てずに直接石鹸を塗りこむ方法もあります。試す時は、比較的肌の強い足の裏側やワキの下から試してみるとよいです。

使い方などで困った時も安心!

ジャムウ・ハーバルソープを取り扱っているLCラブコスメでは、チャットやメールの使用が可能。

もしもの肌トラブルが起こった場合など、対処法を教えてくれるので、どんどん質問してみましょう。
安心してジャムウ・ハーバルソープを使うことができますね。

>「ジャムウ・ハーバルソープ」公式サイトはこちら!

まとめ

32
ジャムウ・ハーバルソープは、10年以上のロングセラーなので品質や効果にもとても信頼がおけます。
汗ばむ季節に、自分の汗の臭いが気になってしまう人は是非使ってみてください!

関連記事

自分のスタイルをコントロールできる人は、いつまでたっても若々しくて美しいものです。でも、スタイルを維持するためには、毎日の食事での栄養管理、日常的な運動、溜めこ...

夏場に比べると、足の露出が極端に減ってくるこれからの季節。 しかし冬だからって、足のケアを怠っていてはいざという時に恥ずかしい思いをしてしまう事もあります。 綺...

枝毛や切れ毛、パサつきなど、女子にとって髪の毛の悩みは尽きないもの。 ヘアモデルのような美しいツヤ髪になりたい! 本日は、そんな方に、髪の傷みの原因と、痛みを改...

目次 アトピーでも大丈夫?肌潤糖とは? 肌潤糖の効果・口コミとは? 肌潤糖の使い方 まとめ 毎日クーラ...

毎日のムダ毛処理って大変ですよね。 最近では脱毛サロンも低価格で受けることが出来るので、通っている方も多いのではないでしょうか。 脱毛サロンの中でも、医療レーザ...

顔痩せしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、具体的にはどうしたらいいか分からない、とか、エステに通うことに効果があるのは知っているが、毎日は行けな...

お正月太りが気になる…。 そんな痩せたいあなたに必見!実は腸の環境を変えられれば痩せられるってご存知でしたか?秘密は体内の「でぶ菌」と「痩せ菌」にあります! ...

年齢を重ねるにつれて、ちくび(乳頭)が黒ずんできたと感じている人はいませんか?もしくは、昔からという方も・・・。 恥ずかしながら私も長年悩んできました。 ...

目次 はじめに 痩せ貧乳の人 ポッチャリ貧乳の人 貧乳解消法!!! はじめに 胸が小さくて悩んでる女性は、年...

すっぽんと言えば、スタミナ料理として大変有名ですよね。 しかしそれ以外にも、コラーゲンを大変豊富に含んでいるという特徴があるんですよ。 コラーゲンと言えば、美容...

NEW ENTRY

うつには音楽療法がおすすめ?クラシックが効果大って本当?!

いつも気分が優れず、ずっとうつむき気味になっている。 毎日楽しい事がなく、ひた...

ヘアケアにはトリートメントがおすすめ!洗い流さないケアのやり方

「髪は女の命」なんて言葉がありますが、確かに美しい髪の女性は、年齢より若々し...

肌の潤いを保つには?成分やケア方法8選!乾燥肌に悩んだ私の実体験

私は、職場で「地割れ女」というあだ名がついてしまいました。 それは...

30代の高血圧が怖い!症状とは?女性特有の原因ってあるの?

「うちの旦那は高血圧で…」なんて会話がよく聞かれますよね。でも、高血圧って男...

水素サプリの美容効果はパックより高い?!その効能の秘密とは!

そろそろ美容の事を考えてサプリでも始めたい… そう考えてネットで調べてみると、...

ページTOPへ