LIFEジャック

更年期障害の不眠症状の対策は?漢方薬やサプリメントが効く?

[記事公開日]2016/10/24 
■カテゴリー:健康
■タグ:, ,

40歳を過ぎた頃から、気持ちがすっきりしない、体がシャキッとしない、などと感じている方いませんか?年齢的に、これはもしかしたら、あの更年期障害という症状なのでは、とますます落ち込んでしまいます。
よく耳にする更年期障害といっても、体の不調、心の不調とその症状はさまざま。
みな辛い症状ではあるのですが、眠れない、というのは本当に辛いものです。
更年期障害といわれる症状やその対策法を見ていきます。

目次

  1. 更年期障害とは、その症状は?
  2. 更年期障害の対策法は?
  3. 不眠に効く漢方薬は?
  4. 不眠に効くサプリメントはある?

更年期障害とは、その症状は?

tukare-nemuru

更年期障害とは、閉経前後の女性に現れる自律神経失調症の一種です。閉経前後のこの期間を更年期といいます。
女性ホルモンの一種のエストロゲンが減少しホルモンバランスが乱れて、さまざまな症状が現われます。
しかし、症状の出方には個人差があり、ほとんど不調を感じないで過ごせる人もあれば、日常生活に大きな支障をきたすような辛い症状に悩む人もいます。

体の症状

とても多くの症状がありますが、程度の差や感じ方などは個人差が大きいです。主な症状をあげてみます。

  • だるさ
  • 疲れやすさ
  • 耳鳴り
  • たちくらみ
  • めまい
  • のぼせ・ほてり
  • 多汗
  • 動悸
  • 手足のしびれ
  • 手足の冷え
  • 関節痛
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 頭痛
  • 肌の乾燥
  • ドライアイ・ドライマウス
  • 尿トラブル

心の症状

  • 不眠
  • イライラ
  • 不安感
  • うつ
  • 意欲低下

なかでも、なかなか寝付けない、途中で目が覚めるといった不眠症(睡眠障害)や、ちょっとしたことでイライラしたリ不安になったりと感情のコントロールができなくなるなどは、更年期障害の特徴といえます。

更年期障害の対策法は?

まずは自分でできるケアを、症状が重くならないうちに、できれば若いうちから習慣づけることです。日々の心がけや習慣は大切な基本となります。
ここでは、特にストレスによる不眠などの精神的な症状について対策をまとめました。

 

日常生活を見直してみる

偏った食生活や不規則な睡眠は、体のリズムを狂わせて自律神経のバランスを乱す原因となります。

rirakksu
  

睡眠

体のリズムを整えるためには、毎日ほぼ決まった時間に起床・就寝する習慣が大切です。
特に起床時間を一定にして太陽の光を浴びると体のリズムが整って、夜も自然に眠くなる時間が訪れます。
でも、更年期障害の不眠症状が現われると、良い睡眠が得られにくくなってきます。女性ホルモンのエストロゲンの減少が主な原因といわれます。
また、自律神経のバランスが乱れるため、のぼせや寝汗で目が覚めてしまう、トイレが近くなり何度も起きてしまう、手足が冷えてなかなか眠れないなど、更年期特有の症状により眠りが妨げられることも多いです。イライラや不安感のため眠れなくなる場合もあります。
このような時には、就寝前に半身浴でよく体を温めたり、湯たんぽで足元を暖かくして眠るようにすると改善効果もあります。
寝る前にアロマテラピー、読書、音楽鑑賞、ヨガやストレッチなどを決まって行なうようにすると、リラックス効果で眠りが誘発されます。

  

食事

wayoku
たんぱく質、ビタミン、ミネラルのそろった栄養バランスのとれた食事が、更年期の不快な症状を和らげるのに有効です。
神経伝達や免疫機能を強化するのに効果的です。
脂質や炭水化物は、控えめにするよう心がけましょう。

  • カルシウム
  • カルシウムは、イライラやストレスを和らげてくれる作用があり、不眠にも効果が期待できます。また、更年期にはエストロゲンの分泌が低下するため、骨密度が落ちて骨粗鬆症になりやすくなります。若いうちからカルシウムはしっかり摂って予防することが大切です。
    牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品、納豆・豆腐・厚揚げなどの大豆製品、小松菜・モロヘイヤなどの青菜類、ししゃも、ひじき・桜えびなどの乾物などは、カルシウムを多く含みます。なかでも吸収率の高いのは乳製品です。毎日の工夫で、取り入れていきましょう。

  • ビタミンC
  • ビタミンCは、ストレスに対抗するホルモンを作るうえで重要な役割を果たしてくれます。高い抗酸化作用を持ち、アンチエイジングや更年期に低下しする免疫力のアップのためにも働きます。
    ピーマン・パプリカ・ブロッコリー・かぼちゃなどの緑黄色野菜、カリフラワー・キャベツなどの淡色野菜、キウイ・いちご・レモンなどの果物などに多く含まれ、更年期障害を乗り越えるためになくてはならない栄養素です。

  • 体を機能させバランスを保つために、鉄分は不可欠です。カルシウム同様に、ストレスを緩和する作用もあります。
    レバー・牛ヒレ肉・あさり・しじみなどの動物性食品に含まれるヘム鉄、小松菜・ひじき・納豆などの野菜類に含まれる非ヘム鉄があります。動物性食品に含まれるヘム鉄の方が吸収率が優れていますが、野菜などに含まれる非ヘム鉄もビタミンCと一緒に摂ると吸収率がアップします。

  • ビタミンB群
  • ビタミンB群には更年期の健康を支え、更年期障害の症状を緩和してくれる効果がいっぱいです。さまざまな効果が期待できますが、やはりイライラやストレス、不眠にも効くといわれます。特にビタミンB6は、不眠やめまいの改善に効果を発揮します。
    ビタミンB6を多く含む食品は、まぐろ・牛レバー・鶏ささみ・いわし・酒粕などがあります。
    ビタミンB群は摂りだめすることができないので、毎日、食事で摂るようにしましょう。

 

適度な運動

taisou

脳と身体の疲労度の差が大きいと、不眠につながります。
仕事や人間関係で疲れている脳に比べて身体が疲れていないと、眠れなくなることが多いのです。
軽い運動をすることで身体に適度な疲労感を感じることが、入眠をスムーズにしてくれます。

 

ストレスを解消する

haikingu

ストレスは睡眠に大きく影響します。
ストレスを溜めず、うまく解消していく方法を見つけて実践していきましょう。
  

趣味を楽しむ

旅行、スポーツ、カルチャー教室、読書、園芸など、趣味として行えるものはいろいろとありますが、みな自分の時間を自分の好きなこと、楽しいと思うことに使えるということが趣味の最大のメリットですね。好きなことをして没頭できると、仕事上や日常の嫌な出来事は忘れられ、気持ちが切り替えられます。
気持ちを切り替え、メリハリをつけることがストレス解消の一つの方法といえます。
  

友人や家族との時間

気の置けない友人や家族と一緒に過ごす時間は、とても心和む時ですね。
おしゃべりをしたり、一緒に食事をしたり、お出かけをすることで、日頃のストレスも軽減されるのではないでしょうか。数少なくてもそういった人を持ち、心のうちを話せる人がいることで、ずいぶん救われるものです。
具体的な解決法が見つからなくても、話を聞いてもらえただけでけっこう気持ちがスッキリした、ということありますよね。

不眠に効く漢方薬は?

kanpou

漢方では、不眠の眠りを妨げる原因は何にあるのか、というところから考えます。その原因に働きかけ取り除き、良い眠りに導いていきます。

寝付きの悪い不眠タイプには

  • 柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 眠りを妨げる原因として大きいのは、ストレスです。ストレスによって滞った「気」のめぐりを良くし、「気」を補っていきます。ストレスを緩和し、自律神経のバランスを安定させる働きがあります。
    竜骨(古代哺乳動物の化石)、牡蛎(牡蠣の殻)という天然カルシウムが入っていることが特徴です。

ぐっすり眠れない不眠タイプには

  • 加味帰脾湯(かみきひとう)
  • 夜になると、「気」から生じる熱を鎮めることで眠りに入ります。ここで「血」が不足しているとエネルギーを十分に鎮めることができず、昼と夜の区別がつきにくい状態になります。消化器の働きを助け、「血」を増やして不眠を改善していきます。精神を安定させる効果もあります。

※漢方で「気」とは、人の体を支える全ての原動力(エネルギー)のようなものと考える
    「血」とは、全身の組織に栄養を与えるものと考える

実証の不眠タイプには

実証とは、体力があり抵抗力が強い人を言います。
実証の人には、「柴胡加竜骨牡蛎湯」のほか、「大柴胡湯(だいさいことう)」、「黄連解毒湯(おうれんげどくとう)」、「三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)などが用いられます。

虚証の不眠タイプには

虚証とは、体力がなく弱々しい感じの人を言います。
虚証の人には、「加味帰脾湯」のほか、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」、「酸棗仁湯(さんそうにんとう)」、「抑肝散(よくかんさん)」、柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)」などが用いられます。

漢方薬は、薬と違って直接的に睡眠を誘うような働きをするのではありません。不眠の原因に働きかけて解消することで、眠れるようにしていきます。自然なかたちで睡眠に導いてくれることがメリットといえます。
漢方専門医などに相談することで、より的確な診断ができ、効果もあるといえます。

不眠に効くサプリメントはある?

peacenight
40代を過ぎたら眠れない、朝から疲れて仕事もはかどらない、そんな毎日が続いたら本当につらいですね。
食事や生活習慣の見直し、ストレスの解消などは重要な事ですが、毎日続けて効果をあげるのはなかなか大変なものです。
そんな方は手軽に摂れるサプリメント「ピースナイト」で、不眠対策してみませんか?

>ピースナイト公式サイトはこちら

 

不眠に有効な4つの成分

  

GAVA(ギャバ)

gava

ギャバは、人の体や脳に広く存在する天然アミノ酸の一つです。
γ-アミノ酪酸を略してGAVAと言います。
主に脳や脊髄で抑制性神経伝達物質として働いています。つまり、興奮を鎮め、リラックス効果があります。
ストレスを感じて神経が興奮状態にあると、寝付きが悪くなります。
興奮状態を抑え、入眠環境を整えてくれます。
植物にも含まれていることが知られていますが、発芽玄米や漬物などの発酵食品にも含まれています。
  

テアニン

teanin

お茶やツバキ、サザンカなどに含まれるアミノ酸の一種です。リラックス効果や安眠効果があります。
外から補わないと摂取できない成分のため、サプリメントなどで摂ることが効果的といえます。
  

パッションフラワー抽出物

passionflower

パッションフラワーは、自然の精神安定剤といわれ、古くから南米の先住民族が民間療法に利用してきたつる植物です。鎮静作用があり、不眠に効果を発揮します。体や精神の緊張状態を和らげてくれるため、心配事で眠れないといった神経性の不眠症に効果的です。
  

ナツメ抽出物

natume

ナツメは、鉄分・カルシウム・カリウム・マグネシウムなどのミネラル分、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維、サポニンなどを豊富に含んでいます。ストレスに強くなり、ストレス性の不眠などの緩和に役立つと考えられています。そのほかに、オレイン酸アミドという睡眠に導いてくれるといわれる成分も含まれていることから、不眠症の改善が期待されます。

>ピースナイト公式サイトはこちら

 

安心・安全へのこだわり

  

cGMP基準をクリア

cgmp
キッコーマンの100%子会社の「からだ想い」で作られている「ピースナイト」。製造はアメリカで行われ、非常に厳しい製造工程の管理基準ガイドラインを設けた「cGMP」をクリアしています。信頼できる品質で安心・安全な商品です。

  

ハイクオリティ認証で安全性が認められる

highquarity
ハイクオリティ認証とは、消費者のために商品の安全性を判断し、認証する制度です。一般財団法人日本健康食品・サプリメント情報センターが、品質と製造環境の安全性を認めています。認証マークについているQRコードを読み込むと、商品の情報を詳しく見ることができます。購入サイドとしてもさらに安心できますね。

>ピースナイト公式サイトはこちら

 

定期コースなら便利でお得

teiki
定期コースにお申込みいただくと、初回はなんと、50%OFF!2回目以降も10%OFFになるのです!(ただし、5回目のお届けまでは継続をお願いします。)
送料も無料なので、とてもお得ですね。
moushikomi

まとめ

更年期で不眠に悩む方、食事や運動、ストレス解消と自分でできる対策で症状を軽くすることができるのですね。
また、漢方薬で自然に改善することも可能ですし、サプリメントを摂ることで快方に向かえれば嬉しいですね。
ご紹介した「ピースナイト」も取り入れて、「しっかり、ぐっすり」休める夜を感じてください。

関連記事

栄養の宝庫と言われるプラセンタ。 そんなプラセンタの中でも高い人気となっているのが、馬プラセンタです。 馬プラセンタを含むサプリは多くありますが、今回はその中か...

最近、ミトコンドリアを活性化することで、健康になる、という話を良く耳にします。 このミトコンドリアは人間の身体を維持するためにはなくてはならない細胞です。 ...

いくら寝ても、眠くて仕方がない…体の疲れが取れない…。 そんな経験がある方は多いのではないでしょうか? 実は日本人の約5人に1人は、睡眠に関して何らかの悩みがあ...

雨ばかりだった時期が過ぎたと思ったら、今度は突然つらい猛暑が戻ってきたり。 そろそろ夏も後半戦を過ぎ、夏バテを起こしてしまっている人も多いのではないでしょうか。 ...

はじめに 太古の昔より日本では水晶などの石を深く進行してきました。 卑弥呼、藤原道長、など多くの偉人がこよなく愛していたパワーストーンですが、現代の日本において...

健康のために野菜ジュースを飲もうかな、と思ってもどれを選んでいいかわからずに買わずじまいになったり、効果が見られずに三日坊主になってやめてしまったり…という人もいら...

薄着の季節になると気になるのが、ぷよぷよの足や二の腕。出来れば引き締めて綺麗な筋肉を付けたいですよね。筋トレには、ビタミンとミネラルが必須だということをご存知で...

美容や健康、そしてダイエットにまで効果のある「ベルタ酵素サプリ」を、知っていますか? 「そんな夢の様なサプリがある訳ない!」と思う方も、多いですよね。 しかし、...

目次 代表的な生活習慣病って何? 1分で出来る!生活習慣チェックリスト! 生活習慣病を予防する3つの簡単対策方法 さいごに ...

「生活リズムを整えなさい!」って、非常によく聞く言葉ですよね。 生活リズムを整えることが良いことだとは分かっていても、具体的にどんなメリットがあるのか分からない。...

NEW ENTRY

足爪にネイルできない?!冬も夏もケアが大事?美爪になるには

もうすぐ春ですね。コートやニット、ブーツなどの冬アイテムはおしまいにして、春...

うつには音楽療法がおすすめ?クラシックが効果大って本当?!

いつも気分が優れず、ずっとうつむき気味になっている。 毎日楽しい事がなく、ひた...

ヘアケアにはトリートメントがおすすめ!洗い流さないケアのやり方

「髪は女の命」なんて言葉がありますが、確かに美しい髪の女性は、年齢より若々し...

肌の潤いを保つには?成分やケア方法8選!乾燥肌に悩んだ私の実体験

私は、職場で「地割れ女」というあだ名がついてしまいました。 それは...

30代の高血圧が怖い!症状とは?女性特有の原因ってあるの?

「うちの旦那は高血圧で…」なんて会話がよく聞かれますよね。でも、高血圧って男...

ページTOPへ