LIFEジャック

冷え性を改善したい!体を温める食事や運動、効果的なサプリは?

[記事公開日]2016/10/31 
■カテゴリー:健康
■タグ:

朝晩が冷え込むようになり、季節が進んできました。寒さが増してくると冷えに悩む人も多くなるようです。とくに女性にとっては辛い季節になってきます。冷え性の方は、すでに自分であれこれと対策をしていることと思いますが、ここで改めて、冷え性について詳しくみていきたいと思います。なんとかこの冬、冷え性を改善してポカポカと過ごしたい方に、食事や運動などの改善方法や、サプリをご紹介していきます。

目次

  1. 女性の冷え性の原因は?
  2. 体温を上げるメリットは?
  3. 冷え症を改善する食事や運動、生活習慣
  4. 冷え性を改善するサプリはある?

冷え性の原因は?

hieru-asi

冷え性は体温が大きく関係するといわれます。
50年前の日本人のの平均体温は36.8℃、現在の平均体温は36℃前後と、50年前と比較すると、ずいぶん体温が下がっているのです。

 

筋肉量が少ない

体が作る熱の半分以上は筋肉から生み出されています。
運動をしたり家事でお掃除をしたりすると体が温まりますが、これは体を動かすことで筋肉が熱を発生させているためです。
また筋肉を動かすと血流が良くなり、血液が全身に運ばれるため、体が温まります。
筋肉の量が少ないと、熱も多く生み出されないので、冷えを感じやすくなります。
女性は男性に比べて筋肉量が少ないので、体温が低くなり、冷え性の人が多いといわれています。

 

加齢による

年齢とともに体の機能は低下するので、高齢の人は体温が低くなりがちです。
高齢の人は筋肉量も落ち、筋肉も衰えてきます。また、加齢とともに毛細血管が減少するという報告もあり、それによって血流が悪くなり体が冷えやすくなってしまいます。

 

生活習慣に問題

次のような日常生活を送っていませんか?冷え性を招いたり、悪化させることもあります。
  

運動不足

運動不足になると、筋肉への刺激が少なくなり、筋肉量が減って冷え性の原因となります。
  

冷たいものをよく食べる

夏は暑いので冷たい食べ物や飲み物がどうしても欲しくなります。冷たいものを頻繁に食べるていると、内臓がどんどんと冷えていき、熱を作る代謝の働きが下がります。すると冷え性を悪化させることになります。
  

エアコンをよく使う

とくに夏の時期に冷房を効かせすぎると、体の体温調整機能が衰えていき、冷え性を強くします。
  

喫煙

タバコに含まれるニコチンは、交感神経を刺激して血管を収縮させます。血行を悪くし基礎代謝も低下させるため、冷え性につながっていきます。
  

過度なダイエット

食事制限だけで体重を落とそうと無理なダイエットをすると、代謝が悪くなってしまいます。脂肪の燃えにくい体になって、かえって痩せにくくなり、体も冷えていきます。
  

偏った食事

食事を摂ると体がポカポカと温まります。食事は大切な熱エネルギー源。食べる量が少なかったり、栄養のバランスが悪かったりすると、熱エネルギーのもとが不足するので、十分な熱を作り出すことができなくなり、冷え性の原因となります。

体温を上げるメリットは?

banzai

実は体温が上がるだけで、体の機能が大きく変わるのです。冷え性が改善されるのはもちろんのこと、他にもいろいろなメリットがあるのです。

 

冷え性になりにくい

冷え性の最大の原因は血流が悪いことといえます。体温が低いと血管が収縮して血液の流れが悪くなり、栄養が行き届きません。体温が上がると全身の血管が広がって手足の末端まで血液が流れ、酸素や栄養が届けられるようになります。手足の先までホカホカとして、冷えにくい体になります。

 

免疫力が上がる

血液中には免疫機能を持った白血球があり、異物を見つけるために体の中をめぐってパトロールしています。体温が下がると血流が悪くなり、免疫力が低下します。体内に異物を発見しても素早く白血球が働かなくなり、ウィルスや細菌に負けてしまいます。体温が1℃下がると免疫力は30%低下するということです。体温を上げることで免疫機能が正常に働き、発病を防ぎ、健康を維持することができます。

 

基礎代謝が上がる

基礎代謝は、呼吸や体温調整などのために欠かせないものです。体温が1℃違うと基礎代謝量が10~15%も変わってくるといわれます。体温が上がり基礎代謝量がアップすると、エネルギーを消費できる体になるので、ダイエット効果も期待できますし、内臓脂肪もつきにくくメタボ予防にもなります。

 

ストレスに強くなる

ストレスが加わると、体の細胞はダメージを受けます。細胞のダメージは体の不調となって現われてきます。体温が上がると血流が良くなり、ダメージを受けた細胞の修復が早く行われるようになります。ストレスが原因の体の不調も改善されるようになるのです。

 

美肌になる

体温が高いと細胞の新陳代謝が活発になり、お肌のターンオーバーもスムーズに行われます。細胞レベルから若々しくなりアンチエイジングによいといえますし、美肌効果が期待できます。お肌には、なんといっても体の内側から良い状態になることが一番なのですね。体温アップでお肌の美しさも得られたら、女性にとってはとても嬉しいメリットではないでしょうか。

さらに、骨粗しょう症予防に・腸のぜん動運動が活発になり便秘予防に・脳の血行がよくなり記憶力低下や認知症予防に、と体温を上げると健康と美容のためにこんなによいことがたくさんあるのです。

冷え性を改善する食事や運動、生活習慣

体温を上げるためのポイントは、やはり食事と運動、その他の生活習慣にあります。
 

食事で体温を上げる

syouga-ninniku

冷えを改善する食品選びの基本は、体を温め、血液の循環をよくする食材を積極的に取ることです。野菜はサラダなどの生野菜より、加熱調理した方が体が冷えにくくなります。
  

体を温める食品を

その土地で取れる旬のものを食べることが、体にとって一番自然で理にかなっています。例えば、夏とれる野菜は体を冷やすものが多く、冬とれる野菜は体を温めるものが多いものです。

体を温める食品には、もち米、ニンニク・生姜・とうがらしなどの香味野菜、ねぎ、大根・ごぼうなどの根菜類、牛肉、皮に体を温める成分が含まれるゆずなどの柑橘類などがあります。
  

体を冷やす食品は加熱する

夏が旬のきゅうり、なす、トマトなどは体を冷やす作用があるので、とくにこれからの季節は加熱して、温野菜や煮物などにして食べるとよいです。
  

血流をよくするビタミンE・鉄

ビタミンEは、血液が体の末端までながれるように血管を広げ、血行を改善する働きがあります。
ビタミンEが豊富なサケ、サバ、サンマ、うなぎなどの青背魚、ひまわり油などの油脂類、アーモンド・ピーナッツなどの種実類、モロヘイヤなどの青菜類、かぼちゃや赤ピーマンなどの緑黄色野菜などを積極的に摂りましょう。

鉄は、全身に酸素を運ぶ役割があるので、鉄の吸収を助けるビタミンCとともに摂ることをおすすめします。
鉄のなかでも吸収率が高いヘム鉄を多く含むレバーや魚などの動物性食品を摂ることで効果を上げることができます。
  

甘いもの、脂肪の多いものは体を冷やす

甘いものに多く含まれる糖分、過剰な脂肪分は、血糖や中性脂肪を増やすので、血行が悪くなり、冷えを招きます。できるだけ控えるようにしましょう。

 

運動と生活習慣で体温を上げる

  

運動

walking

  • 毎日歩く習慣づけ
  • 年をとるとともに年間約1%の筋肉が減少します。動かないでいると、さらに加速して筋肉は失われていきます。筋肉の7割が下半身にあることから、とくに下半身の筋肉を鍛えるため、毎日歩くことで筋肉を維持するようにします。
    1日30分歩くことを続けてみましょう。毎日のこととなると大変なのですが、続けることが大事なので、無理なく続けられる方法を自分で見つけます。30分続けられない場合は、2回や3回に分けてもかまいません。通勤、散歩(犬の散歩でもいいですね)、買い物など、いろいろな方法で毎日歩くことを心がけます。

  • スクワット
  • 太ももや腰(おしり)の大きな筋肉をいっぺんに鍛えられるので、スクワットは効果的です。筋肉を維持でき、続けると必要な筋肉もしっかりつきます。筋肉量がアップすると血流が良くなり、体温も上がります。

  

お風呂や足湯

asiyu

  • お風呂
  • 湯船に10分程度つかると、体温は1℃くらい上がります。シャワーだけで済ませないように、必ず毎日湯船につかりましょう。血流の改善、体温アップ、リラックス効果、疲労回復といいことづくめです。

  • 足湯
  • 足湯は、室内のどこででも手軽にできるのでおすすめです。バケツや深めの洗面器などを使ってできます。お湯の温度は41℃~42℃くらいのやや熱めで。この時、足首より上までお湯につかるようにしてください。足首には皮膚の表面に近いところに血管が通っているので、ここを温めると全身が温まり体温を上げるのに効果があります。

  

湯たんぽやカイロ

yutanpo

  • 湯たんぽ
  • これからの季節は、眠るときにふとんが冷たいと、体が冷えて寝付きが悪くなりますし、血管が収縮して交感神経が刺激され、眠りの妨げにもなります。湯たんぽは最初は温かくてだんだんさめていくので、眠りに合ったおすすめアイテムです。

  • カイロ
  • 使い捨てカイロは手軽に使えて便利なものですね。一番効果のあるポイントに貼るのが大切です。足先を温めたいときは、足首に比較的太い血管が通っているので、足首に貼って温めます。手足が冷えるときは、体幹を温めます。肩甲骨の間、下腹部に貼ると、血液が温められて、手、足、肩が温まります。

冷え性を改善するサプリはある?

自分でいろいろと努力はしてみても、これからは寒い季節に向かっていき、がんこな冷えに悩まされる人も多いと思います。そんな冷え性の方に、グリコの【グリコ】αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」がおすすめです。

hesuperijin
>【グリコ】αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」公式サイトはこちら

 

ヘスペリジンとは?

hesuperijin-nani
ヘスペリジンは、みかん(とくに熟す前の青みかん)などの柑橘類に多く含まれるポリフェノールの一種です。実よりも皮や袋、スジに多く含まれる天然由来成分で、ビタミンPともいいます。
ヘスペリジンには、毛細血管を強化する、血流を改善する、血中中性脂肪を低下させる、血中コレステロール値を改善する、抗アレルギー作用、リウマチ症状の改善など、多くの働きが報告されています。
心臓疾患、脳血管疾患、高血圧などの成人病や、これからの季節に悩まされる人の多い冷え性の改善などに効果が期待されています。
>【グリコ】αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」公式サイトはこちら

 

2つのめぐり成分を配合

αGヘスペリジンには、じっくり長く効く「糖転移ヘスペリジン」とすばやく効く「ナノヘスペレチン」の2種類が配合されています。
時間差で、効果を長く感じることができます。
  

糖転移ヘスペリジン

touteni
糖転移ヘスペリジンは、摂ってから8時間後に血中濃度がピークになるので、じっくり長く体の中をめぐります。
糖転移なので、従来のヘスペリジンより吸収率がアップしました。
  

ナノヘスペレチン

nano
ヘスペリジンは、体内でヘスペレチンに変化します。さらにヘスペレチンをナノ化したオリジナル素材が誕生しました。
ナノヘスペレチンは、1時間後に血中濃度がピークになるので、素早く多く吸収され、効き目を早く体感できます。
>【グリコ】αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」公式サイトはこちら

 

αGヘスペリジンを飲んでみた効果は?口コミや感想

  • 体の芯から冷えるほどではなくなり、靴下を履かなくても眠れている
  • 体の末端が温かくなった
  • 洗顔のとき、お肌のツルツルを感じる
  • 飲んだ翌日の肌触りがすべすべになった
  • 生理前の頭痛がなくなった
  • 生理中の腰の冷えからくる痛みが緩和された
  • 飲んだ翌日から血圧が下がった

冷え症状の改善、お肌の質の改善、生理中の痛みの緩和など、効果が見られたという感想がありました。また、残念ですが、1ヶ月試してみたが変化がなかったという方もいました。効果が現れるのには個人差もあるでしょうし、全体的には満足できるという声が多かったようです。

mousikomi

まとめ

冷え性で悩む方に、体を温める食事、毎日行なうことで効果が上がる運動や健康法などをご紹介しました。ぜひ、毎日の生活のなかに取り入れてみてください。 さらに“めぐり”のサプリ「αGヘスペリジン」で、冷え性を改善して温かく冬を過ごしてくださいね。

>【グリコ】αGヘスペリジン+ナノヘスペレチン」公式サイトはこちら

関連記事

なんとなく不安になる事って、誰にでもあると思います。 その不安がどんどんと募ってしまったり、ある特定のものや特定の状況で不安を感じるという人も多くいますよね。 ...

人が一番魅力的に見える瞬間でもある、「笑顔」。 その笑顔でも人が注目する場所と言えば、歯です。 キラキラと光る白い歯は、笑顔をより魅力的に見せてくれるものですよ...

40歳を過ぎた頃から、気持ちがすっきりしない、体がシャキッとしない、などと感じている方いませんか?年齢的に、これはもしかしたら、あの更年期障害という症状なのでは、と...

ダイエットを決意しただけで、急にお腹が空いてきてドカ食いしてしまったなんてことはありませんか?これまでは、ダイエットは空腹感をコントロールするのが成功の鍵と言わ...

食べ物の美味しい季節、秋がやってきました!何を食べても美味しいのでついつい食べ過ぎてしまいますよね。そうなると気になるのが、体重です。美味しものを食べたいけれど...

朝起きたとき、仕事や勉強に集中したいとき、食後に一杯…。コーヒーを飲むことを習慣にしている方は多いのではないでしょうか。 コーヒーといえば「カフェイン」のイメ...

妊娠中に胎児の正常な発育を促すために葉酸の摂取が推奨されているのは有名ですよね。でも、葉酸の効果ってそれだけではないってご存知ですか?女性だけでなく男性にも子供にも...

女性の方々のお悩みの一つとしてあるのがすそわきが! このすそわきがはワキガと一緒で手術をしないと治らないと言われていますが、実は臭いを軽減するグッズが市販...

密かなブームとなってきている、「魚油サプリ」。 どんどんと新しい健康成分が出てくる近年だからこそ、魚油サプリもなんとなく「体に良いんでしょ?」なんて認識になってい...

春になると良くニュースで聞く様になる、黄砂。 様々な弊害を生む黄砂ですが、これは何もせずに防げるものではありません。 そこで対策が非常に肝心となってくる訳ですが...

NEW ENTRY

非変性Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカン配合のサプリの効果を徹底検証

ドラッグストアに行けば、たくさんのサプリメントが並んでいます。 栄養補給・疲労...

オリーブオイルはニキビを悪化させる?ニキビが治る正しい活用方法とは

オリーブオイルは、体にいいイメージがありますよね。 オリーブオイルは食べて体の...

自分の頭皮が臭い!4つのシャンプーで対策してみた!9つの原因と解消方法

きちんと毎日シャンプーを欠かさずしているにもかかわらず、頭皮の匂いが臭い...

手の老化の原因を徹底解明!改善方法は?専用のハンドクリームもある!

手は顔と違ってメイクをすることができませんよね。 また基本的にはいつも外に出て...

ひび割れかかとのケア、どうしてる?尿素クリームやオロナインが使える!

手や顔はよく目につくのできちんとケアしていても、足までは目が届いていない人も多い...

ページTOPへ