LIFEジャック

亜鉛不足の症状と原因は?頭痛や味覚障害・髪にも影響!予防方法

[記事公開日]2016/08/05 [最終更新日]2020/07/08
■カテゴリー:ヘルスケア
■タグ:,

医者
ミネラルの一種の「亜鉛」、サプリなどでも聞いたことありますよね。

でも、からだにどのように役立っているのか、よくわからない方多いと思います。

この「亜鉛」、不足するとからだのあらゆるところで不調が現れてきたり、美容面でも衰えを感じたりと、私たちのからだにとても大切な栄養素なのです。

亜鉛が不足するとどうなってしまうのか、詳しく見ていきましょう。

亜鉛不足の症状は?

9936eb8020d4f5fe138a0ebca5b50ccf_s

亜鉛はどんな栄養素?

亜鉛はさまざまな酵素の働きを促す補酵素の材料になります。

細胞が新しくなるときやたんぱく質が合成されるときに働き、新陳代謝に欠かせない栄養素です。

また成長を促進させ、味覚・生殖機能の維持などにも関わる重要な働きがあります。

亜鉛不足の症状

新陳代謝に不可欠な栄養素「亜鉛」。

不足するとからだのあらゆるところに症状が現れます。

免疫力低下

亜鉛は免疫機能に関わって細菌を攻撃する手助けをします。

風邪のウィルスの増殖を弱めたり、白血球の働きの手助けをします。

亜鉛不足は免疫力の低下につながり、風邪などを引きやすくなります。

皮膚症状

皮膚の細胞は新陳代謝を繰り返し、毎日生まれ変わっています。

亜鉛が不足すると、新陳代謝の働きが衰え新しい皮膚の細胞に変わることが妨げられます。

お肌の乾燥など、トラブルの原因になります。

また爪が変形したり、割れやすくなったりします。

脱毛

新陳代謝の機能が低下することにより、抜け毛、薄毛、髪の毛が細くなるなどの症状が出てきます。

味覚障害

人の舌には「味蕾」と呼ばれる花の蕾のような器官があり、私たちはここで味を感じます。

舌は新陳代謝が盛んに行われる場所の一つで、亜鉛が不足すると舌の細胞の生まれ変わりがスムーズにいかなくなり、味覚障害につながります。

成長障害

亜鉛は細胞が新しくなるときやたんぱく質が合成されるときに働き、成長を促進させてくれます。

不足すると、身長が伸びないなどの発育不全につながります。

生殖機能の低下

亜鉛は生殖機能の発達や維持に関わり、テストステロンという男性ホルモンの代謝に欠かせない栄養素です。

不足すると、精子の減少、精力の衰えなどの影響が出てきます。

亜鉛不足の原因は?

8b5c90f4293b7c4e2fafc1cd467928eb_s

加工食品のとりすぎ

加工食品には亜鉛の吸収を妨げる添加物が使われることがあるため、とりすぎに注意する必要があります。

また加工食品や精製された穀類は亜鉛が含まれる量が少ないため、日常的にこれらを食べているとどうしても亜鉛不足に陥りがちです。

ダイエット

ダイエットで食事量を減らすなどすると、総じて栄養素不足になります。

当然ながら、亜鉛も不足します。

かたよった食事

極端な菜食主義など、野菜中心の食事でたんぱく質の摂取量が低かったりすると、亜鉛は不足しやすくなります。

激しい運動

尿や汗となってからだの外に排泄される亜鉛の量は、鉄の十倍ともいわれ、運動によって大量の汗をかいたりすると不足しがちになります。

加齢

加齢によっても尿で排泄される亜鉛の量は増えますし、また吸収率も低下します。

亜鉛不足を予防するには?

1c3175edea1dd185e66aee549859feb9_s

亜鉛を多く含む食品の摂取

亜鉛は、魚介類や肉類などたんぱく質を多く含む食品に含まれ、植物性食品でも大豆製品などに多く含まれます。

魚介類・肉類魚介類や肉類は亜鉛を多く含むうえ、動物性たんぱく質が亜鉛の吸収を促進してくれます。

  • 魚介類
  • 牡蠣・タラバガニ・あさりの水煮缶・するめなど

  • 肉類
  • 豚レバー・ビーフジャーキー・牛肩ロース肉・牛もも肉など

植物性食品

  • 大豆製品
  • 納豆・油揚げ・きなこなど

  • 種実類
  • ごま・カシューナッツ・アーモンド・ピーナッツなど

一度に大量食べれる食品ではないので、亜鉛を多く摂取することはできませんが、毎日コンスタントに少量ずつでも摂り続けることが大切です。
きなこは牛乳に入れて飲むなど、動物性たんぱく質と一緒に摂ると効果的です。

穀類

  • 小麦胚芽
  • 小麦胚芽には豊富な亜鉛が含まれています。
    でも、穀類には亜鉛と結びついて吸収率を下げるフィチン酸も含まれています。このフィチン酸は動物性食品と一緒に摂ることで亜鉛への影響を減らせます。
    副菜に動物性たんぱく質を摂るなどの組み合わせで工夫してみましょう。

亜鉛の吸収をよくする食品の摂取

亜鉛は腸で吸収され、吸収率は約30%と低い数値です。

吸収率は、動物性たんぱく質を含む食品と一緒に摂ることで上がるといわれます。

  • カゼイン・・・たんぱく質を構成するペプチドで、亜鉛の吸収を助けてくれます。
  • クエン酸・・・梅干や柑橘類などに多く含まれます。
  • ビタミンC・・・野菜や果物に豊富なビタミンCも、亜鉛の吸収を促進してくれます。

亜鉛の吸収を妨げる食品への注意

リン酸

リン酸はスナック菓子やインスタント食品など多くの加工食品に使われているので、常食している人は過剰摂取になるおそれがあります。

亜鉛を体外へ排泄する作用があります。

フィチン酸

穀物や豆類に含まれ、これらを原料とする製品やインスタント食品に多く含まれます。

フィチン酸は亜鉛や他のミネラルと結びつく力が強いため、吸収を妨げます。

食物繊維

ヒトの消化酵素では消化されない炭水化物で、植物性の食品に含まれます。

とくに穀類の外皮の部分(玄米など)、豆類、きのこ類、海草類などに多いです。

亜鉛の過剰摂取に注意

一日に必要な亜鉛の摂取量

  • 成人男性 12㎎
  • 成人女性  9㎎
1日の摂取上限量

  • 成人男性 40~45㎎
  • 成人女性 35㎎

過剰摂取は通常の食生活ではみられないことですが、摂り過ぎると頭痛や発熱、嘔吐などの症状が出る場合があります。

また神経症や腎障害などの中毒症になることがあります。

からだによいからといって、摂り過ぎることは禁物ですね。

おすすめ亜鉛サプリ「プレミアムオイスター」

2016-07-23_155457
亜鉛を摂るにはなんといっても「食事」がポイントですね。

しかし、食事だけで亜鉛不足を補うのはなかなか困難。

そこで亜鉛含有量が最も多く栄養価の高い「牡蠣」のパワーをギュッと詰めた亜鉛サプリ「プレミアムオイスター」をご紹介します。

>プレミアムオイスター公式サイトはこちら

牡蠣に含まれる4大栄養素とは?

牡蠣は、加齢によって衰えてくるからだに効果的な4つの栄養素をバランスよく、豊富に含んでいます。
2016-07-22_150619

亜鉛

からだを構成する必須ミネラル。

肌や髪を健康に保ち、味覚などにも影響。

含有量はほうれん草の18倍。

タウリン

肉類、魚介類に多く含まれているアミノ酸の一種。

スタミナ低下や疲れた翌朝に効果。

含有量は牛肉の24倍。

鉄分

ヘモグロビンの構成成分として重要。

全身に酸素を供給しています。不足すると疲れやすくなったり、持久力が低下したりします。

含有量はエビの13倍。

ビタミンB群

回復や成長にとって重要な働きをする栄養素です。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビオチン
  • 葉酸

以上などを豊富に含んでいます。

牡蠣のパワー丸ごとサプリに

2016-07-23_155132

「プレミアムオイスター」は、この牡蠣パワーを丸ごと凝縮して手軽に補えるサプリです。

>プレミアムオイスター公式サイトはこちら

「プレミアムオイスター」は牡蠣の量が一袋(60粒)あたり253個分。

1日分(目安)2粒で20㎎(牡蠣8.4個分)が摂れます。これは成人男性の推奨摂取量12㎎をらくにクリアしています。
亜鉛だけでなく、タウリン・鉄分・アミノ酸などの牡蠣の栄養をまるごと補えます

さらに4つのサポート成分

「プレミアムオイスター」は、牡蠣のパワーのみならず、厳選された4つの成分まで配合された、とても贅沢なサプリなのです。

クルクミン

ポリフェノールの一種で、ウコンに含まれる黄色い色素成分。

肝機能を強化したり、胆汁の分泌を促したりする作用があります。

オルニチン

アミノ酸の一種で、尿素の生成や排出のための役割と、肝機能を向上させ、肌を健康に保つなどさまざまな働きがあります。

ビオチン

ビタミンB群の一種で、炭水化物や脂質、たんぱく質の代謝に関わっています。

また皮膚を健康に保つ働きがあります。

ビール酵母

ビールの製造過程で出る残りカスですが、豊富な食物繊維、アミノ酸を含んでいます。

高品質な広島産牡蠣

2016-07-23_154952

瀬戸内の海には多くの川から豊富な栄養分が運ばれてきて、牡蠣の餌となるプランクトンがよく育ちます。

大ぶりでプリプリの食感、栄養価の高いことが特徴の広島産牡蠣を選び抜いて使っています。

2016-07-23_155312

まとめ

疲れやだるさ、味覚の変化、お肌や髪の悩みなど、増える一方の不安な症状。

「亜鉛が不足しているのかも・・・」と感じたら、まずは食生活を見なおしてみましょう。

そして、ご紹介した手軽に補える亜鉛サプリ「プレミアムオイスター」を試してみてはいかがでしょうか?

朝はスッキリ、一日元気、そんな毎日を取り戻せたらいいですね!

関連記事

ふとした時に突然、のぼせた様な状態になる事はありませんか? 夏でも冬でも関係なく突然起こるそのほてりは、「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状かもしれません。 ホッ...

休憩時間や仕事のお供に、現代人の多くが愛飲しているコーヒー。 そんなコーヒーには、多くのカフェインが含まれていますよね。 カフェインの効能には多...

いくら寝ても、眠くて仕方がない…体の疲れが取れない…。 そんな経験がある方は多いのではないでしょうか? 実は日本人の約5人に1人は、睡眠に関して...

毎年悩まされる花粉症は本当に辛くて嫌なものですよね。 花粉症の発症にはさまざまな原因が関わっていますが、食べ物が花粉症に関係している場合があるのです。...

腸内環境の改善に効果的だとされている乳酸菌。なかでも、「プラズマ乳酸菌」は最近注目されているのを知っていますか? どうやら腸内環境の改善だけでなく、免疫力がア...

眠りたいのに眠れない。そんな悩みを抱えていませんか? ベッドに入ってから何度も寝返りを打ち、時計を見ると眠れないのにもうすぐ夜明け…。 明日も仕事の...

身近に聞く、「不整脈」や「動悸」。 これらは、ただ単に鼓動が早くなるというだけではないんです。 時には、甘く見てはならない症状もあります。 ...

紙をさわると汗でしなり、携帯の画面は汗で反応しない。 人と手を触れるようなことがあればとっさに避けてしまう…これは手汗がたくさん出てしまう人が多く抱え...

腸は第二の脳ともいわれる器官です。腸が不調だとその日1日がどんよりした気持ちになってしまいますよね。また、反対に朝から調子よくすっきりできたのなら、その日1日を...

実は手汗に悩んでいる人は少なくありません。 好きな人ができても手汗が気になって手も繋げない。会社で仕事をしていても、パソコンのキーボードやマウスがべたつい...

NEW ENTRY

エレナクリニックのアートメイクの口コミや評判は?メリットやデメリットも紹介!

メイクの時短がしたい人や、理想的な眉を描きたい人にアートメイクはぴったりです...

ドライヤーする女性
イオンドライヤーの効果は?熱ダメージは抑えられるの?選ぶときのチェックポイントも紹介!

「美しい髪をキープしたい」というのは、誰しもの願いです。 そこで気にな...

re-beau
「Re:beau」60ローケア・イオンドライヤーのおすすめポイントや効果を紹介!

毎日欠かすことができないドライヤー。 高温の風を当てることで、髪へのダメー...

ドットエヌシャンプー&トリートメントの口コミや評判はどう?成分や効果について徹底解説!

トップのボリュームがない、かゆみが止まらないなど、髪に悩みを抱えている方多い...

痩せて見える服ってどんな服?体型をキレイにカバーできるコーデを紹介

はじめに せっかくなら、スタイルがよく見えるコーデをしたいもの。 でも、...

ページTOPへ