LIFEジャック

アウトバストリートメントとは!ノンシリコンがおすすめ?使い方は?

[記事公開日]2016/07/29 [最終更新日]2016/07/28
■カテゴリー:美容
■タグ:, ,

近年、耳にする回数の多くなった「アウトバストリートメント」。
なんとなく想像がつくようなつかないような…という感じの単語で、はっきりと意味を知らない方もいらっしゃるかもしれません。
今回は、アウトバストリートメントについて、調べてみました。ノンシリコンの方が良いのか、また、おすすめの商品なども調べてみましたので、どうぞ最後まで読んでみてくださいね!

目次

  1. トリートメントとは?コンディショナーとの違いは?
  2. トリートメントをする意味とその効果は?
  3. トリートメントには2つの種類がある!
  4. アウトバストリートメントもノンシリコンを使った方が良い?
  5. おすすめのノンシリコンアウトバストリートメント

トリートメントとは?コンディショナーとの違いは?

hair_treatment_woman
そもそもトリートメントって何なのでしょうか?
シャンプーの後に使うものとして、他にリンス、コンディショナーなんて言葉もありますが、どれも同じ意味なの?違う意味なの?と、困惑される方もおられるのではないでしょうか。
髪のケア商品は、最近では様々な種類が販売されるようになり、名称もオシャレ感漂うカタカナ語で売られているので、それぞれがどんな効果があるものなのか、いまいち分かりづらいですよね。

そこで、まずはトリートメントとコンディショナーといったものの違いについてみてみましょう。
名称の意味を知って、今自分の求めているケア商品はなんだろう?というところから考えていただけたらと思います!

コンディショナーとは

コンディショナーとは、髪の外部に効果のあるケア商品のことです。
髪表面の状態(コンディション)を整える目的で使うのが、コンディショナーです。

シャンプーの後に、ゴワツキや酸性化・アルカリ化した髪の毛を整えるために、リンスが使われますが、コンディショナーはそれと同時に、しなやかさやサラサラ感、ツヤといった髪のさわり心地などへの効果も狙っているもので、リンス+アルファの効果があるのが特徴です。

トリートメントとは

トリートメントとは、髪の内部に効果のあるケア商品のことです。
コンディショナーが髪の外部からケアするものに対して、トリートメントは、内側からの改善をはかるもので、本質的改善をもとめて利用されます。
髪に栄養や油分の補給をしたり、ダメージを受けた髪にハリやコシ・うるおいを取り戻すために使います。

コンディショナーと比べると、トリートメントは根本的な髪の健康を整えるための商品なので、トリートメントを使っていればハリやコシ・潤いが髪に戻り、それによってしなやかさやサラサラ感、ツヤも出てくるといえるので、トリートメントを使えばコンディショナーはいらない、という人もいるでしょう。

トリートメントをする意味とその効果は?

16735221309db149d5a683aaa82de7e8_s

トリートメントとコンディショナーの違いを把握したところで、では、トリートメントをする意味はなんなのでしょうか。
上で髪の健康を取り戻すと書きましたが、他にも効果があるようです。

例えば、トリートメントを使うことで髪の内部をケアしながら外部もコーティングされるので、ドライヤーをかけたときの熱や風で受ける乾燥を抑えたり、枝毛や切れ毛といった症状も予防してくれるようです。
また、すでに髪が傷んでいる人はもちろん、髪が健康な人でも、予防的な意味でトリートメントを使うことがすすめられているようです。
いずれにしても、髪の見た目だけでなく髪の健康を整えたい、取り戻したいという人のために作られたケア商品がトリートメントと言えるようです。

ただし、近年ではリンス・コンディショナー・トリートメントの意味がはっきりとせずに、混同されたような商品も多いので、きちんとこれらの効果・意味を理解したうえで、商品を選ぶ必要がありそうです。

トリートメントには2つの種類がある!

また、トリートメントには、ざっくりと大きく分けて二つの種類があるのです。
トリートメントには、アウトバストリートメントとインバストリートメントの二つがあるというのはご存知でしたか?
「う~ん、名前は聞いたことあるけど……」という方へ、2つの違いについて、分かりやすく書いていきたいと思います。
すでにご存知の方も、もう一度おさらいの感覚で読んでみてくださいね!

〇〇バスとは

982376bf31e3058935da1ec4afbd552b_s
〇〇バスというのは、お風呂のこと。
アウトバスなら、お風呂の外で(お風呂上りに)使うトリートメント、インバスなら、お風呂の中で(洗髪中に)使うトリートメントのことを意味します。
どちらも髪の内部に効果のある同じトリートメントではありますが、若干効果や用途などが異なっています。

では、詳しく見ていきましょう。

インバストリートメントとは

4c97ec41b5a08e6ba5dfa7001837b23a_s
インバストリートメントは主に、お風呂の中で使うトリートメントです。最終的に水で洗い流す必要があるものが、インバストリートメントです。
せっかく塗ったケア商品を、なぜ洗い流さないといけないんだろう?と疑問に思われる方もおられるかもしれません。

インバストリートメントに限らず、コンディショナー、リンスも同様ですが、これらのケア商品には、髪の健康に効果のある成分だけでなく、身体や髪についたままだと有害な成分も含まれています。
もしそれらを洗わずに放置してしまうと、どんどん髪や皮膚に浸透して、髪の健康のために使っていたはずが、髪の健康が損なわれていた……ということになりかねません。
具体的には、合成界面活性剤や防腐剤、後述するシリコンなどは、石油からつくられていたり刺激性のある化学物質であったりします。
これらは使用後すみやかに洗い流す必要があるので、インバストリートメントは「しっかりと洗い流してください」といった表示があるのです。

インバストリートメントは、先ほど述べたように髪にハリやコシ、潤いを与えたり、シャンプーで偏ったPHを整えたりといったリンス的要素も持ったものが多いようです。
シャンプーの仕上げに使う、というイメージです。

アウトバストリートメントとは

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s
反対に、アウトバストリートメントとは、お風呂の外で使うトリートメント。つまり、洗い流す必要のないトリートメントです。
インバストリートメントのように髪の内部への効果ももちろんありますが、それ以外にも下記の効果があります。

コンディショナー的働きをして、髪の外部から整え、ドライヤーの熱などから受ける乾燥や痛みを抑えたり、ツヤや肌触りといったものを与えたりする効果もあります。

アウトバストリートメントのメリット

089847
その他の利点として、インバストリートメントのように丁寧に洗い流す必要がないので、水の無駄遣いがないことや、ただでさえ高価なトリートメントを無駄なく髪に使用できることなどがあります。
そのため、インバストリートメントよりも経済的・効果的であるという見方がされるようです。

アウトバストリートメントも洗い流す必要がある?

インバストリートメントがシャンプーの仕上げなら、アウトバストリートメントはヘアケアの最終仕上げ、といったイメージです。

インバストリートメントのように洗い流す必要がないからといって、髪や人体に有害な物質が一切含まれていないかというとそうではないので、きちんと原料を確認して、そのまま塗っていても問題ないような原料しか使われていない商品を選ぶ必要があります。
基本的に合成界面活性剤は、人体や環境・魚類へ何かしらの毒性があるものがほとんどなので、そうしたものが含まれている商品はたとえパッケージに洗い流す必要なし、と書かれていても注意が必要です。

アウトバストリートメントはノンシリコンを使った方が良い?

ec93a3d348d0631e8cac97c1bf7a9637_s
最近では、シャンプーやトリートメントはノンシリコンが良い!などということをよく聞きますね。
アウトバストリートメントにも、ノンシリコンを使った方が良いのでしょうか?

シリコンとは?

シリコンとはいわゆるコーティング剤のことです。
建築などでシリコーン樹脂を屋根瓦の接着や外壁補修といったコーティングに使われているのが、そのシリコンです。
他にもゴムとして用いられたり、化粧品や日用品の分野で使われたりします。
基本的にシリコンは無色・無臭で撥水性があり、応用が利くので様々な分野で利用されるのです。

シャンプーやトリートメントに含まれているシリコンはオイル状のもので、これが含まれていることで髪をコーティングし、水や油、汚れを弾いてくれたり、髪のキューティクルを保護する効果があります。
また、つけたときの手触りなども良くなり、使用感が良くなるという効果もあるんですね。

シリコンの使いすぎはトリートメント効果の邪魔に!

treat
ただ、そのシリコン、使いすぎはよくありません。
頭皮や髪に要らぬダメージを与える危険性も語られています。
トリートメントでの改善をシリコンのデメリットが邪魔する可能性も否定はできないところです。

また、人間へのデメリットだけでなく、シリコンのような物質が洗い流されることで(インバストリートメントもアウトバストリートメントも結局は洗髪で洗い流されます)、環境へのダメージも非常に大きいです。

そうした人体へのデメリット、環境へのデメリットから、シリコンを使っていないケア商品、つまりノンシリコン商品が出てきたのです。
シリコンがすべてにおいて必ずしも髪に有害だというわけではありません。
ですが、洗い流さないタイプのトリートメントは髪に馴染ませたまま過ごすので、そのことを考えると、洗い流さないアウトバストリートメントに関しては、ノンシリコンのものを選んだ方が安全だといえるでしょう。

おすすめのノンシリコンアウトバストリートメント

ここまで、ケア商品のそれぞれの違いやアウトバス・インバストリートメントそれぞれの違い、シリコンの意味などについて触れてきました。
ですが、一体どんなトリートメントを選べばいいの?と思った方もいらっしゃるかもしれません。

インバストリートメントを使うにしろ、アウトバストリートメントを使うにしろ、その本来の目的は、「髪の健康を取り戻す・整える」というもの。
であれば、どちらを使うにしても有害成分の入っているものを使っていては意味がないと思います。

なので、どちらのトリートメントを選ぶにしても、合成海面活性剤や防腐剤、シリコン、香料その他の様々な添加剤が使用されていない、原料がキチンと把握できる商品を選ばれることをオススメします。

そこでおすすめしたいのが、「リシリッチ」というトリートメントです。
2016-07-28_150628

リシリッチのおすすめポイントは、下記の4つ!

1.ドライヤーの熱を利用したダメージ補修

ドライヤーによって、髪にダメージが与えられてしまうということは、先程もちらっとお話しました。
ですが、このリシリッチは、ドライヤー熱に反応して、スカスカになったダメージ髪の間に入り込み、ダメージを補修してくれます。

本来ならダメージが与えられるはずのドライヤーによって、髪の修復が行えるというのは、とても嬉しいことですよね!

2.50種類の無添加美容液成分が配合!

2016-07-28_172007
リシリッチは、その商品名にもなっているように、保湿効果抜群と言われている「利尻昆布エキス」をはじめとする、美容液成分が配合されています。
その数なんと、50種類!
これらはすべて、無添加の成分なので、髪にも安心ですね。

3.3種類のヒアルロン酸で長時間潤いが続く!

これらの保湿成分の中には、保湿効果が高いことでも有名なヒアルロン酸が、下記の3種類含まれています。

  • 浸透型ヒアロオリゴ
  • 保護型ヒアロリペア
  • 吸着型ヒアロベール

この3種類のヒアルロン酸によって、髪の保水力も、グンとアップ!
2016-07-28_171942

4.環境ストレスから髪を守る

アウトバストリートメントは寝る前につけるもの、と思いがちですが、外出前につけても良いんです!
特に、リシリッチは、外出前に使用することで、紫外線やホコリ、ニオイからも髪を守ってくれます。

こういった環境ストレスって、結構髪にダメージを与えるんですが、そういったものから守ってくれると、1日中、安心していられますね!

リピーターも多いというリシリッチですが、初回はなんと、送料無料&全額返金保証つき!
1本の価格は1,350円と、通常のアウトバストリートメントとそんなに変わらない価格なので、気軽にお試しすることもできますね。

>「洗い流さないトリートメント『リシリッチ』公式サイト」はこちら!
2016-07-28_153930

まとめ

アウトバストリートメントやノンシリコンとは何かや、おすすめのトリートメントについて、お話ししました。

ちなみに、仮にトリートメントだけを無添加・オーガニックと言われるものに切り替えたとしても、その他のシャンプーやボディーソープ、化粧水、化粧品、香水といったものにも合成界面活性剤や防腐剤、人工香料などといった有害性のある物質は含まれています。
本当の本当に髪の毛や皮膚の本質改善をはかりたい方は、それらも純石けんなどやクエン酸リンスなどに切り替えたりすることも必要になってくると思います。

いずれにしても、インターネットなどにも、そうした情報は沢山記されていますので、是非一度ごらんになってみてくださいね!

関連記事

健康と美容のために、またダイエットのために定期的な運動を習慣づけたいと考える人はたくさんいます。 普段立ち仕事なら仕事をすればそれなりにカロリー消費するのです...

薄着の季節になると気になるのが、ぷよぷよの足や二の腕。出来れば引き締めて綺麗な筋肉を付けたいですよね。筋トレには、ビタミンとミネラルが必須だということをご存知で...

女性は、多くのスキンケア品を使い分けています。 その中でも高価なものが多い、美容液。 美容液はスキンケアにおいて必須ではないため、まだ使った事がないという人も多...

年齢を重ねるにつれて、ちくび(乳頭)が黒ずんできたと感じている人はいませんか?もしくは、昔からという方も・・・。 恥ずかしながら私も長年悩んできました。 ...

ローヤルゼリーもっちりジェルは1つで5役のオールインワン化粧品。しかも、年齢肌でももっちりが実感できると話題の化粧品です。 今回はそんなローヤルゼリーもっちり...

近年人気が高まっているオールインワン化粧品の中でも、特に注目を集めている商品があります。 それが、サントリーから発売されている「ビトアス」です。 一体何故人...

オールインワンジェルって本当に便利ですよね!化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地がセットになっているので、忙しい朝などは特に重宝します。 最初...

笑った時、人はどうしても相手の「歯」に目がいってしまうものです。 明るい笑顔にプラスして真白な歯の人は、より一層輝いて見えますよね。 しかし出来ればホワイトニン...

疲れた時に酸っぱい物って食べたくなりますよね! 特にヘトヘトに帰宅した時には「酢の物」なんかが食べれたら最高… そんなお酢って実は色々な種類があるのをご存知です...

今、社会人になってからの大人の習い事が注目を集めています。職場と自宅の往復ばかりで新しい出会いがないと言う方や、趣味がないと言う方には特におすすめです。 そこ...

NEW ENTRY

プレゼントにはこれ!母の日ランキング決定版!人気の家電ブランドも

「お母さん、いつもありがとう!」 そう、もうすぐ母の日ですね。2018年の...

めなりの悪い口コミは?効果なし?えんきんや他サプリと徹底比較してみた!

パソコンやスマホが大幅に普及している現在では、目を酷使している人が大変多くなって...

ラクビ(LAKUBI)は口コミでダイエット効果なし?腸内フローラ改善サプリを比較!

夏が近づいてきました。薄着になって気になるのは、冬の間、隠していた身体のあち...

炭酸シャンプーは効果なし?市販商品や美容院でのヘッドスパはどうなの?

ベタつき、パサツキ、切れ毛、枝毛、頭皮の匂い、薄毛・・・髪の悩みは尽きません...

EGタイトライトの効果は嘘?口コミと成分を検証&体験してみた!

近々、ダイエット効果アップが期待できる新商品が発売になるそうです! ...

ページTOPへ