LIFEジャック

ダンスを始めたい!20代でも社会人でも独学で習得できる方法

[記事公開日]2016/05/18 [最終更新日]2020/08/05
■カテゴリー:資格・習い事
■タグ:, ,

dance_1
最近仕事ばかりで、刺激がないなぁと思っているそこのあなた。

新しい趣味としてダンスを始めてみませんか?

ほとんどの方が、「今からダンスなんてもう遅い」「踊りのセンスはないから無理」と思ってしまっているのではないでしょうか。

20代で社会人の方でも、これから独学でダンスを習得することは可能です。

ここではその方法と心がけを紹介していきます!

ダンスを始めたい人はまずジャンル選びから

ダンスの足元
ダンスを始めたいと一口に言っても、いろいろな種類のものがありますよね。

どんな種類のダンスを始めたいのか、考える必要があります。

ダンスとは?

ダンスには、様々な種類があります。

  • ジャズダンス
  • ポップ
  • バレエ
  • ジャズ
  • フラダンス
  • 社交ダンス
  • サンバ
  • 阿波踊り

今回はその中でも特に、ストリートダンスと呼ばれるジャンルについて詳しく見ていきましょう。

ストリートダンスは、テレビで取り上げられることが多くなってきていますよね。

よく見るのは、頭で回るブレイクダンスや、ロボットのように動くロボットダンスではないでしょうか。

ですが、もう少し視野を広げて見てみると、まだまだ種類はあるのです。

ストリートダンスに関していえば、「流行」がキーワードとなります。

  • オールドスクール
  • ニュースクール

以上の2つに大きく分けられることが特徴です。

それぞれのジャンルのダンスが生まれた年代により分かれます。

踊り方は違えど、背景にはその時代の流行が反映されているんですね。

では、具体的にはどんな種類のダンスがあるのでしょうか。

ストリートダンスの種類

ストリートダンスには複数種類があります。

  • HIPHOP
  • BREAKIN
  • LOCK
  • POP/Animation
  • HOUSE

細かく分けるともう少し増えますが、今回は大きく分類しています。

HIPHOP(ヒップホップ)

音楽はゆっくりなものが多く、ベース音が強い曲が多いことが特徴です。

そこまで速くはありませんが、大きく体を動かす必要がある振りが多くあります。

ダンス人口は年々増加してきている状態で、根強い人気を誇っています。

BREAKIN(ブレイキン)

頭で回ったり、手で飛んだりする様なダイナミックな動きが特徴。

全身を使うので、筋肉がつきやすいダンスの種類です。

男性だけと思われがちですが、女性も徐々に増えてきています。

LOCK(ロック)

腕や手首を回したり、上半身を激しく動かすことが特徴的です。

瞬発力が必要なダンスの種類。

古くからあるダンスなので、幅広い年代に愛されています。

POP/Animation(ポップ/アニメーション)

ロボットダンスや、ムーンウォークなどの動きが特徴のダンス。

テレビで目にすることが多い種類なのではないでしょうか。

メディア露出が増えたことにより、ダンサーは徐々に増加中です。

HOUSE(ハウス)

ステップがメインとなっていることが特徴。

比較的速いリズムの曲に合わせてスタイリッシュに踊るダンス。

かなり奥が深く、自分らしさを表現出来るので、こだわりの強い人が多いです。

この様に、ダンスにも様々な種類があります。

どのダンスをやってみたいかは、YouTubeに掲載されているものを一度見てみてください。

ダンスは動画が多いので、参考になるものが多くあります。

ダンスを始めることの4つのメリット

dance_3
では、ダンスを始めるとどんなメリットがあるのでしょうか。

健康にいい

日頃、運動をすることがない方は汗をかくことが少ないはずですよね。

ダンスは想像以上に体を使うので、たくさん汗をかくことができます。

その結果、代謝の向上を期待できます。

全身運動なので、運動不足の体質になってしまうこともありません。

リズム感がつく

自分では意外と気づきにくいのがリズム感。

リズム感がなければ、ダンスができないわけではありません。

リズム感がなくとも楽しめるのがダンスです。

いろんな曲をカウント(拍子)で数えるようになるので、リズム感は自然とついていきます。

ストレス発散になる

ダンスをすることで、ストレス発散ができます。

思いっきり動いたり、汗をたくさんかくことは、心身ともに開放的にしてくれます。

嫌なことがあったり、むしゃくしゃする時には、音楽を聴きながら踊ることで気分転換になります。

ストレスが、食事や物欲に走ってしまっている方にはぴったりの方法かもしれませんね。

ダイエットに効果的

ダンスを始めると、みるみるうちに痩せていきます。

もちろん、ダンスをしている期間や密度によりバラつきはあります。

ですが、全身の筋肉を使って、汗をかく有酸素運動をすることで、脂肪燃焼につながるのです。

そうすると、体に必要な筋肉はつき、いらない脂肪がなくなるので、ダイエット効果を得ることができます。

4つのメリットを紹介しました。

どれも、仕事に忙殺されている方にとっては嬉しいメリットではないでしょうか。

健康的になれて、音楽性にも触れることができる趣味となると、意外と少ないですよね。

では、一からダンスを始めるときにはどうすればいいのでしょうか。

ダンスは20代からでも独学で始められる?

dance_4
ダンスと聞くと、「独学では無理でしょう」「スクールに通うなんて時間がないから無理」というような、否定的な意見も多いことでしょう。

ですが、そこまで気負わなくてもできることがダンスのいいところ。

独学でダンスを始める方法を紹介します。

ダンスの動画を見る

ストリートダンスには、様々な種類の踊りがあります。

対戦相手とダンスで戦う「バトル」や、コンテスト向けの踊りの「ショーケース」など。

そういった動画がYouTubeに掲載されていますので、まずは一度見てみましょう。

レベルが高いものが多いのですが、特に気にしなくても大丈夫です。

「こんな動きなんだな」ということがわかればいいのです。

どのジャンルが、どんなダンスであるかをまずは把握していきましょう。

見よう見まねでとりあえず動いてみる

そして、とにもかくにも体を動かしてみること。

ダンスを誰かに見せる必要はないので、自分なりに動いてみることが大事です。

合っているとか間違っているとか気にせずに、見たまま踊ってみましょう。

「うまくできなくて当たり前、うまくできたらすごい」という感覚が重要です。

もし少しでも動いてみて、「楽しい」と思うことができたら、それが大正解です。

近くの駅やスタジオを覗きにいってみる

ダンスをしている人は、練習場所として電車の駅などで行っていることが多いです。

夜になると、ガラスが鏡代わりになるので練習するにはぴったりなのです。

一度仕事終わりに駅の端の方などを覗いてみてください。

意外とダンサーがいるかもしれません。

また、近くにダンススタジオをあれば、体験ではなく「見学」をしてみてください。

体験にいくと、実際に踊らなければいけないので緊張してしまいます。

見学であれば、楽な気持ちで人のダンスを見ることができるので、独学者におすすめです。

ダンスは社会人にとって良い趣味になる

dance_5

ダンスを始めることで、社会人のみなさんにとってはいい効果を得られることがあります。

人との繋がりが広がる

メリットでも挙げた、ストレス発散や健康維持ももちろんですが、人との繋がりを持つことができます。

あなたと同じ様に、最近ダンスを始めたばかりの人がいれば、一つの共通点をきっかけに友人になれますよね。

また、その友人は仕事とは一切関係がありませんから、仕事のことを忘れて話をすることもできます。

ダンスの良いところは、まさにこの「繋がり」にあります。

同じ種類のダンスをしていなくても、ダンス歴が一緒じゃなくても、「ダンスをしている」という共通項があればその時点で仲間なのです。

今までになかった新しい生活を送れる

いつも会社のメンバーや、大学からの友人に付き合うことが多い人にとっても、新たな繋がりをもつことで人間関係も幅広くなっていきます。

また、ダンスがある程度できる様になった頃には、ダンスイベントに顔を出してみるのもおすすめです。

ダンスが上手い人も、始めたての人も一つの場所に集まって踊る空間は、日常では味わえません。

ダンスイベントにいってみると、意外とあなたと同じ様な境遇の人も多くいるのです。

20歳を過ぎてからダンスをやりだした方、全て独学で身につけた方、仕事の息抜き程度でゆったりやっている方。

そういった仲間が徐々に増えていくと、あなたの人生もより豊かになっていきます。

休日になると、仕事の疲れを取るために一日中家にこもりっぱなしだった人が、ダンスを始めてからは休日になると活発に出かけるようなケースがあります。

趣味の一環とはいえ、仕事以外に楽しみを持てることは、人生においても大きなメリットといえるでしょう。

さいごに

踊る女性
20代の社会人の方が、ダンスを始めたいと思った時に知っておいてほしいことを紹介しました。

極端な話、音楽がかかっていて体が動いていれば、それはダンスなのです。

それが、一つのダンスの種類に深く入っていくかどうかの話ですので、考えすぎなくても大丈夫です。

一番は、あなたの生活の一部にダンスが食い込んでくることで、新しい一面を発見できる可能性があるということです。

独学でも20代でも、少しでも興味があれば新しい世界に飛び込んでみてはいかがですか?

関連記事

職場や学校で、友達とつるまずに一人でぽつん。 なりたくてなったわけじゃないぼっち女子にしてみれば、デメリットばかりのように感じるかもしれませんが、本当にそ...

『ブラック会社』や『ブラック企業』という言葉は有名だと思います。 しかし最近、パートやバイトに対して過重労、労働違反が当たり前の「ブラックパート」や「...

最近は自宅で教室やサロンを始める女性企業家が増えています。 趣味を仕事にする人も増えていますね。 そんな方たちに人気が高いのが、アロマテラピー。...

まだまだ日本は、女性に対して厳しい国なのかもしれません。 働く女性が、仕事を辞めなければいけないタイミングは幾度もあります。 結婚、出産、里帰り、旦那の転勤...

みなさんは、仕事が終わってのアフターファイブや、土日の休日などは何をしていますか?会社帰りにあてもなくショッピングを楽しんだり、休日は朝寝坊をしてみたり。す...

とくだねでやってた類人猿分類法で朝から妹と盛り上がった pic.twitter.com/rkqmFPlbQ8 — そゆこと (@777v) 2015,...

女の子なら誰でも一度は憧れる職業と言えば、モデルですよね。 華やかなステージで活躍するモデルは、キラキラと輝いていてまさに女の子の羨望の的と言えます。...

就職や転職の強い味方となる「資格」。 最近では、学校に通わなくても取得できる資格が大変増えてきています。 しかし資格はものすごい数存在しており、...

今、社会人になってからの大人の習い事が注目を集めています。 職場と自宅の往復ばかりで新しい出会いがないと言う方や、趣味がないと言う方には特におすすめです。...

一生懸命仕事に打ち込む女性は多くいます。 「今の仕事を辞めて独立したい」 このような強い気持ちを持っている人も少なくないのではないでしょうか ...

NEW ENTRY

エレナクリニックのアートメイクの口コミや評判は?メリットやデメリットも紹介!

メイクの時短がしたい人や、理想的な眉を描きたい人にアートメイクはぴったりです...

ドライヤーする女性
イオンドライヤーの効果は?熱ダメージは抑えられるの?選ぶときのチェックポイントも紹介!

「美しい髪をキープしたい」というのは、誰しもの願いです。 そこで気にな...

re-beau
「Re:beau」60ローケア・イオンドライヤーのおすすめポイントや効果を紹介!

毎日欠かすことができないドライヤー。 高温の風を当てることで、髪へのダメー...

ドットエヌシャンプー&トリートメントの口コミや評判はどう?成分や効果について徹底解説!

トップのボリュームがない、かゆみが止まらないなど、髪に悩みを抱えている方多い...

痩せて見える服ってどんな服?体型をキレイにカバーできるコーデを紹介

はじめに せっかくなら、スタイルがよく見えるコーデをしたいもの。 でも、...

ページTOPへ