LIFEジャック

カリウムがむくみに効果あり?!食品やサプリから摂れる摂取量は?

[記事公開日]2016/05/19 [最終更新日]2016/05/16
■カテゴリー:健康
■タグ:, ,

朝起きたら手足や顔がむくんでいたり夕方になってむくみが出てくると、なんだか気持ちまで落ち込んでしまいますよね。
また多少のむくみならまだしも、パンパンに張ってしまっていたりすると痛みを伴ってくる事もあります。
誰しも経験した事があるであろう「むくみ」ですが、カリウムがむくみ解消に良い事を知っていますか?
意外と知らない、むくみに効くカリウムの摂り方をご紹介していきます。

目次

  1. むくみとは?その原因は?!
  2. カリウムがむくみに効果あり?!
  3. カリウムを多く含む食品やサプリとその摂取量は?
  4. するるのおめぐ実なら全て解決!
  5. まとめ

むくみとは?その原因は?!

むくみが起こる原因

edema1
むくみとは、血液の中にある血漿成分と呼ばれる水分が、血管やリンパ管の外に出てしまう事で起こります。
それにより普段はないはずの余分な水分が、血管外の皮下に溜まってしまうのです。
血液中の水分が減ってしまう事で血液の流れが滞ってしまう上に、皮下に水分が溜まってしまっているという大変良くない状況ですが、普段私たちは「ただのむくみ」と軽く考えてはいないでしょうか。
とても身近な「むくみ」ですが、体内では軽視できない状況が起こっているのです。
むくみの原因は多々考えられますが、まずは代表的なものを見てみましょう。

  • 長時間のデスクワーク
  • 長時間の立ち仕事
  • 長時間ヒールの高い靴を使用する
  • 塩分の摂り過ぎ
  • 冷え
  • 水分不足
  • 睡眠不足
  • 運動不足

これらは、普通に生活している上で誰にでも起こり得る原因です。
またむくみは、時に心疾患や腎疾患等の病気の兆候としても表れます。
「ただのむくみ」と軽く考えてしまっていては、後々取り返しのつかない事になってしまう可能性もあるのです。
病気の兆候に限らず、むくみは私たちの体の異変を知らせていると言えるのです。

ふくらはぎは第二の心臓?!

7a9d62cebbb8165899a5fa04c4b7841c_s
むくみの代表と言えば、ふくらはぎですよね。
朝は余裕でスルスルと履けたズボンが夕方にはパツパツになってしまう、なんて経験はよくある話です。
そんなパンパンに張ってしまうふくらはぎは、多くの女性を悩ませている事でしょう。
この悩ましいふくらはぎ、実は「第二の心臓」と呼ばれているのです。

心臓は血液を全身へ送り出し、返ってきた血液をまた送り出すというポンプの役割をしています。
酸素や栄養を含んだ血液は心臓から送り出されて全身へ渡り、二酸化炭素を含んで返ってきた血液に酸素を取り入れてまた全身へ送り出す役割を担っています。
心臓が私たちの体でとても重要なものである事は、誰もが知っている事でしょう。

しかし、二酸化炭素を含んで心臓へ返るべき血液の道中は困難の連続です。
特に足の先の血液は、重力に逆らって心臓まで登らなくてはなりません。
そこで血液を心臓へ戻す手助けとしてポンプの役割を果たしているのが、ふくらはぎなのです。

人間の血液の約70%は、なんと下半身にあります。
この70%の血液を心臓へ戻す役割を果たすふくらはぎですが、その働きが低下してしまうとむくみが生じてしまう事になります。
するとポンプ機能もどんどんと低下して、血液循環がみるみる悪くなっていってしまいます。
その結果、むくみが末端冷え症等の症状を引き起こしてしまう事になるのです。
またポンプ機能が低下すると二酸化炭素を含んだ血液が下半身に溜まってしまい、基礎代謝も下がってしまうのです。

逆に言えばふくらはぎのむくみを解消してあげる事で全体的な血流が良くなり、基礎代謝も上がって体全体が健康になると言えるのです。

カリウムがむくみに効果あり?!

edema2
大変身近な存在であるむくみですが、その解消にはカリウムがとても効果があります。
カリウムは、体重60kgの大人で通常体内に約240g存在しています。
その98%は細胞内に、残りの2%は細胞の外にあり、細胞内の浸透圧を維持する役割を担っています。
これに対して細胞外の浸透圧はナトリウムが維持しており、この浸透圧は常に等しくなっていなければなりません。
この浸透圧のバランスが崩れてしまうと、浸透圧の高い方へ水分が流れていってしまいます。
細胞内のカリウムが不足してしまうと細胞内の浸透圧は下がってしまい、細胞外へ水分が流れてしまう事になるのです。
つまりむくみは、細胞内のカリウムが不足して浸透圧が下がり、水分が細胞外に溜まってしまう事で起こるのです。

細胞内の浸透圧が下がる事で起こるむくみですが、解消法としては細胞内の浸透圧を上げて細胞外との圧を均等にする事が何より有効となってきます。
この解決策は、細胞内の浸透圧を維持しているカリウムを摂取する事です。
カリウムを摂取して細胞内の浸透圧を上げる事で、圧が等しくなりむくみが解消されていくのです。

カリウムを多く含む食品やサプリとその摂取量は?

edema3
ではカリウムはどの様にして、どれ位摂取したら良いのでしょうか。
通常、カリウムの一日の推奨摂取量は、成人男性で2500mg、成人女性で2000mgとされています。
やはり可能であれば、カリウムは食物で取り入れていきたいですよね。

カリウムを特に多く含む食物として有名なものが、パセリやほうれん草です。
パセリは100g中に約1000mgのカリウムを含み、ほうれん草は100g中に約690gのカリウムを含んでいます。
他にも、カリウムを多く含む食物はたくさん存在します。

  • 鳥ささみ
  • 豚ヒレ肉
  • 鰹節
  • きくらげ
  • エリンギ
  • にんにく
  • 枝豆
  • 納豆(ひきわりの方が多く含む)
  • 豆乳
  • バナナ
  • メロン

この様にカリウムは魚介類や肉類、乳製品や穀類等多くの食材に含まれており、通常の生活では不足しにくい成分です。
しかし汗をかいたり塩分を多く摂取したり、アルコールやコーヒーを多く摂取すると、カリウムはすぐに失われてしまいます。
また甘いものを多く摂取したりストレスを抱えていたりしても、カリウムは不足しやすい状況になってしまいます。
カリウムが不足するとむくみはもちろん、めまいや高血圧、夏バテ等が引き起こされてしまう可能性が高くなってしまうのです。

カリウムを失わせる原因となる塩分の一日推奨摂取量は、男性で8g、女性で7gとされています。
これは食塩小さじ1が約6g、薄口しょうゆ小さじ1で約1g、コンソメ1個で約2.3gの塩分を含んでいますので、意識していないとすぐに推奨摂取量を越えてしまう量ですよね。
しかしこの推奨摂取量を越えてしまうと、せっかく食品から得たカリウムを失ってしまう事になるのです。

カリウムは食物から摂取しやすい成分であると同時に、失われやすい成分です。
また日々の生活の中でカリウムを維持する事を意識して、塩分や甘いものを減らす事はなかなか難しいですよね。
そんな時に大活躍してくれるのが、サプリなのです。
サプリは多くの種類が出ていますが、どれも一日の推奨摂取量2000mgが含有されている事がほとんどです。
好きなものを我慢するとストレスにもなってしまいますので、ここはサプリに頼ってカリウムを摂取するのも良い方法と言えるでしょう。

するるのおめぐ実なら全て解決!

edema4
カリウム摂取は是非サプリにも頼りたい成分という事が分かった上で、どの様なサプリを選べば良いのでしょうか。
カリウム含有を唄う商品は数えきれない程あり、どのサプリが本当に良いのか分からなくなってしまいますよね。
そこでおすすめしたいのが「するるのおめぐ実」サプリなのです。

このサプリで何よりも注目な点は「とうもろこしのひげ」を使用している点です。
とうもろこしって、普段は黄色い実の部分を食べますよね。
しかし普段捨ててしまう「ひげ」の部分にも、カリウムを始めとする栄養素がたくさん詰まっているのです。
また赤ぶどう葉や明日葉といった成分もしっかり配合されていて、美容にも健康にも期待できるサプリなのです。
まずは、それぞれの成分を見ていきましょう。

とうもろこしのひげ

d5fd3cbbc06614268d9899f5ed185492_s
とうもろこしのひげは、絹糸の様に伸びています。
このひげにはカリウムがとても豊富に含まれており、体内の余分なものを排出してくれると言われています。
またこのとうもろこしのひげは、漢方においては「南蛮毛」と呼ばれる薬として使用されている程信頼度の高いものなのです。

赤ぶどう葉

ef26cd5d1618f1abe2f4676fde9cdfd3_s
赤ぶどうの葉には、健康成分として知られるポリフェノールが大変豊富に含まれています。
それに加えて美容成分もたっぷり含まれていて、まさに栄養満点の成分です。

明日葉

b5910be61396817610236b43e9d2351f_s
明日葉には、ビタミンやミネラルが約20種類も含まれています。
また食物繊維や鉄分等、栄養が大変豊富に含まれた万能野菜と呼ばれているのです。
もちろん、カリウムも豊富に含まれています。
更に明日葉に含まれるカルコンという成分が、体内の巡りを良くする働きをしてくれます。

乳酸菌

daf3c2d6f2988226e5dc9a74133d6dbd_s
健康には欠かせない「乳酸菌」。
するるのおめぐ実には、乳酸菌もしっかりと配合されています。
乳酸菌もまた明日葉と同じ様に、体内の巡りを良くするサポートをしてくれます。

この様に、するるのおめぐ実には、漢方でも使用される信用度の高い「とうもろこしのひげ」そして「明日葉」とカリウムが大変豊富に含まれているのです。
更に「赤ぶどう葉」「乳酸菌」も一緒に配合されており、その配合は絶妙なバランスを保っています。
この配合によりカリウムはもちろん、他の健康成分や美容成分もより効能が引き立つ様に出来ているのです。
せっかく体を気遣ってサプリを飲むのですから、その成分は安心でなくてはなりませんよね。
するるのおめぐ実サプリは、安心安全の自然由来の成分に大変こだわった商品なのです。

その上するるのおめぐ実は、なんと89%ものリピート率を誇っています。
このリピート率こそが、するるのおめぐ実の効果を実証しているとも言えるのではないでしょうか。

>するるのおめぐ実サイトはこちら

まとめ

edema5
誰もが経験した事があるであろう「むくみ」。
たかがむくみと思っている方も多いでしょうが、このむくみが解消される事による健康効果は大変大きいものです。
特に「第二の心臓」と呼ばれているふくらはぎのむくみが解消されると、体全体の健康にも繋がってきます。

むくみに有効な成分として名高いカリウム。
食物に大変多く含まれるカリウムですが、塩分等ですぐに失われてしまう特性があります。
そんなカリウムを効率良く摂取してむくみ解消を手助けするのが「するるのおめぐ実」です。
自然由来にこだわった4種類の絶妙な配合から産みだされる効果は、むくみ解消のみならず健康や美容にまで広がります。

毎日を健康に過ごし、美容の手助けをサポートしてくれるするるのおめぐ実。
小さなサプリだからこその手軽さは、むくみを気にしていなかった方へも是非おすすめしたい商品です。

>するるのおめぐ実サイトはこちら

関連記事

汗というとワキや額のイメージが強いですが、実は手のひらの汗に悩んでいる方もとても多くいます。 手のひらって、意外と体の中でも汗をかきやすい場所なんです。 緊張し...

満足に眠ることができないって、本当に辛いですよね。 私も不眠に長いこと悩んできました。 薬に頼っても量は増えていくし、なにより薬が強くて朝が辛い! 仕事も...

健康に良いとされるオリーブオイル。 しかしその効果は健康だけに留まらす、美容効果・ダイエット効果・便秘解消等様々な効果があることがわかってきました。 「え?オリ...

毎日キチンと野菜を摂れていますか?忙しい毎日で外食が続いたり、ついつい好きなメニューに偏ってしまったり。野菜が必要だとはわかっていても、お肉中心になってしまって...

冬は乾燥により症状が悪化し、暑い季節は汗によってかゆみが出るなど、一年中悩まされるアトピー。アトピーの症状で苦しむ子どもを見ていると、親としてなんとかしてあげた...

VDT症候群と呼ばれる病気を知っていますか? 今、私たちのまわりはパソコン、スマホやタブレットといったモバイル端末、テレビゲームなどにあふれ、ふれる機会が格段に増...

朝気持ち良く目覚めたのに、なんだか嫌なニオイがする… どこから臭うのかと思ったら、なんと自分の息ではありませんか!! こんなんでは、せっかくの爽やかな目覚めも台...

今、社会人になってからの大人の習い事が注目を集めています。職場と自宅の往復ばかりで新しい出会いがないと言う方や、趣味がないと言う方には特におすすめです。 そこ...

トラウマって外見からは分からないけれど、実は多くの人が抱えているのではないでしょうか。 どうしても忘れられない、負の記憶。 何度も思い出して嫌な記憶を再体験して...

更年期の代表的な症状として知られる、ホットフラッシュ。 更年期だから仕方ないとは言え、日常生活に支障を与える様な症状も多く現れてきます。 毎日そんな症状に悩まさ...

NEW ENTRY

イトキン(ITOKIN)福袋2019ネタバレ!おすすめブランドランキングは?

日めくりカレンダーが痩せこけてきた今日このごろ、「年末か~2019年か~」っ...

プレミアムウォーターの評判は悪い?気になる口コミと実際に使ってみた感想は?

「プレミアムウォーター」って名前は聞いたことはあるけれど実際のところどう...

うるおって(uruotte)シャンプーの成分を徹底解析!気になる効果や口コミは?

うるおって(uruotte)のシャンプーってどんな成分が入っていてどんな...

臭ピタッ!口コミは?飲むだけで体臭の悩み解決サプリ?口臭や加齢臭も!

世の中に臭いはいくつあるのか知っていますか? 40万種類です。中でも万人が...

プレミアムブラックシャンプーの口コミが気になる?成分や効果は?

「はぁー。」毎朝鏡を見てため息がこぼれます。 今の自分に自信が持てない...

ページTOPへ