LIFEジャック

花粉症対策にお茶が効果抜群!予防・体質改善におすすめの飲み物

[記事公開日]2016/02/22 [最終更新日]2018/05/01
■カテゴリー:健康
■タグ:, , ,

otya
そろそろ嫌な花粉時期がやってきました。
花粉症の人にとっては、メガネ・マスクは特にかかせないですよね。
最近では、花粉症対策として様々な方法がご紹介されています。
中でも、お茶で予防・体質改善できると話題になっています!
そんなお茶での花粉症対策についてご紹介していきます。

目次

  1. あなたは花粉症?【チェックリスト】
  2. 花粉症対策で何故お茶が効果的なの?
  3. 人気No.1の「白井田七。茶」について
  4. お茶で身体の中から体質改善しよう

あなたは花粉症?【チェックリスト】

花粉症と鼻炎や風邪ってよく似ている所がありますよね。
あなたは、本当に花粉症なのでしょうか?
簡単にできるチェック表を作りましたので、是非確認してみてくださいね。

チェックリスト表

下記10個の項目に、いくつ当てはまるか確認してみましょう。

・家族にアレルギーを持った人がいる
・決まった時期になると、くしゃみ・鼻水・鼻づまりで悩まされる
・家族にタバコを吸う人がおる
・生トマトが大好きでよく食べる
・家の中で犬やネコ等の動物を飼っている
・薬指よりも人差し指の方が長い
・鼻や喉が弱く、風邪をひきやすい体質
・鼻毛をよく切る
・子供の頃、プールでよく遊んでいた
・車など交通機関が多い所の近くに住んでいる

【結果】
0~3個 様子見でOK
4~6個 お医者さんに一度ご相談してみて下さい
7個以上 花粉症の可能性大

花粉症はいつからいつまで?【時期について】

場合によっては一年中花粉症で悩まされている方もいらっしゃるかもしれません。
アレルギー反応を起こす植物によって時期が異なります。
主によく耳にする植物の時期についてご紹介します。

スギ:2~4月頃
ヒノキ:3~5月頃
ネズ:4~5月頃
シラカンバ:4~5月頃
ハンノキ:1~6月頃
コナラ:4~5月頃
リンゴ:4~5月頃

この時期はスギやヒノキの花粉が多いようですね。

花粉症対策で何故お茶が効果的なの?

お茶の効果について

お茶には、アレルギー作用だけでなく、健康面・美容面にも効果的な成分が沢山入っています。
中国では、昔はお茶を薬代わりとして飲んでいた程の効果を発揮します。

しかし薬の様に即効性は感じないかもしれませんが、継続して飲みつづける事で、体内から改善する事ができます。

また、花粉症の原因・予防については下記の記事もご参考下さい。
>>鼻炎・花粉症を改善するならお茶が効果的?!

予防・体質改善におすすめのお茶はコレ!

0

簡単に予防・体質改善出来るお茶として人気なのが、「白井田七。茶」です。
最近、口コミ・評判でも噂になっている商品なので、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

人気No.1の「白井田七。茶」について

「白井田七。茶」の3つのおすすめポイント

おすすめポイント1.栄養素100%のお茶が簡単に飲める

1
通常の急須でお茶を入れた場合、なんと70%の栄養分が茶殻として捨てられていた事をご存知でしょうか?
沢山の栄養素が入ったお茶なのに、もったいないですよね。
しかし「白井田七。茶」ならパウダータイプなので、栄養分100%のまま全て取り入れる事が出来ます。

また、お湯でも水でも簡単に溶けて飲めますし、スティックタイプなので持ち運びも簡単です。
どこでも簡単に、かつ栄養素を100%取り入れられるのは良いですね。

おすすめポイント2.田七人参を配合している

2
あの、和漢の王様と呼ばれている田七人参も配合されています。
田七人参には、「サポニン」「フラボノイド」「必須アミノ酸」などの体内で作れない成分や、体内のめぐりを良くしてくれる成分が沢山入っています。

以前は、有機栽培の田七人参を作るのが不可能と言われていました。
しかしゼロから作り直し、初めて10年程度でやっと完成した信頼度の高い有機栽培の田七人参を使用しています。

おすすめポイント3.安心・安全の信頼度の高いお茶

5
手間ひまかけ、安心・安全を徹底的にこだわった商品です。
有機JAS認定農園・NOP有機認定農園を取得した実績もある信頼のおけるお茶です。

手間ひまかけて一つ一つ大切に作られている事から、お茶の葉50gでやっと1杯のお茶が出来るそうです。
ここにしかない、おだわりぬかれた本物のお茶が「白井田七。茶」です。

「白井田七。茶」の口コミ・評判

6
モニター・アンケートで、なんと98%もの方が満足したと答えている「白井田七。茶」。
実際の、口コミ・評判はどうなのでしょうか?
いくつかご紹介します。

毎年春と秋にムズムズがひどくなります。
なんとか有機のお茶で解決できないかと思っていたところ、友人からもらった『白井田七。茶』をプレゼントしていただきました。
味はと~ってもまろやか!まるで抹茶みない♪
風味も良く朝と晩に飲んでいます!!
(30代 女性)

(引用:
「白井田七。茶」公式サイト)

毎日家事と仕事で忙しい妻のために、『白井田七。茶』をプレゼントしました。
今までで一番喜んでもらえましたが、なぜってきくとちょうど健康の事を考えて体によいものがほしかったからだそうです。
味も美味しくまろやかに頂けるとの事です。
(40代 男性)

(引用:
「白井田七。茶」公式サイト)

大人になって日本茶の魅力に興味をもち、静岡茶、八女茶、嬉野茶など様々なお茶を試してきました。
有機栽培で作ったお茶はこの「白井田七。茶」が初めてでした。
他に比べ、味が抹茶のように深くまろやかでおいしいです。
粉タイプだから水やお湯でわったり自分好みの一杯ができる所が良い。
最近はバニラアイスにかけたり、お茶漬けをつくったりしています。
(30代 女性)

(引用:
「白井田七。茶」公式サイト)

私は食後に飲むこのお茶が大好きで、白井田七。茶を大事に大事に飲んでいます。
このお茶を飲みとホッと一息つけます。
(60代 男性)

(引用:
「白井田七。茶」公式サイト)

その他、口コミを知りたい方はこちらも参考にしてみてください。
>>本当に効果ある?なし?白井田七の口コミ評判・効果・副作用をまとめました

お茶で身体の中から体質改善しよう

お茶には花粉症以外にも、美容効果・健康維持にとっても効果的な成分が沢山入っています。
よく、「お茶でホッと一息」と言いますよね。
普段飲んでいるお茶を「白井田七。茶」に変えるだけで、体質改善できちゃいますので、是非試してみてはいかがでしょうか?

>>「白井田七。茶」公式サイトはこちら

00

関連記事

はじめに 太古の昔より日本では水晶などの石を深く進行してきました。 卑弥呼、藤原道長、など多くの偉人がこよなく愛していたパワーストーンですが、現代の日本において...

健康ドリンクの代名詞とも言える「青汁」が不動の人気となっている一方、最近はスムージーも大変人気となっています。 どちらも現代人に多い野菜不足を解消するのにはおすす...

楽しい会話のはずなのに、嫌な臭いで台無し。 口臭は親族でも言い出しにくい事、NO.1なのだとか。 でも、一番近い家族だからこそ我慢にも限界があるし、余りにも強烈...

最近よく見る脱毛の広告やCM。 今回はネットで有名なこちらのブラジリアンワックス脱毛【ブラビアンカ シュガーワックス】の気になる効果や、口コミを見ていきます。 ...

お酒と共に楽しい夜を過ごした後、朝を迎えたら酷い二日酔い! そんな経験は、誰にでもありますよね。 筆者も、幾度となく二日酔いに苦しんだ経験があります。 せっか...

健康と美容のために、またダイエットのために定期的な運動を習慣づけたいと考える人はたくさんいます。 普段立ち仕事なら仕事をすればそれなりにカロリー消費するのです...

「あれだよ、あれ!」なんて会話、多くなっていませんか? 喉まで出かかっているのに、どうしても名称が出てこない。 キッチンまで来たのに、何をしに来たのか思い出せな...

高齢者だけでなく、若い世代でも発症する事のある「認知症」。 認知症は誰もが決して他人事ではない病気で、いつ発症してもおかしくないとも言えるんですよ。 そんな認知...

「やる気が起きない」「何もかもめんどくさく感じる」「なんだか集中できない」。 しっかり寝ているし、疲労もたまっていないのに一体なんだろう? 特に理由もな...

薬効があるとして知られている高麗人参のことは、みなさんよく耳にしたことがあると思います。 では、田七人参ってご存知ですか?聞いたことがない人も多いのではないでしょ...

NEW ENTRY

非変性Ⅱ型コラーゲンとプロテオグリカン配合のサプリの効果を徹底検証

ドラッグストアに行けば、たくさんのサプリメントが並んでいます。 栄養補給・疲労...

オリーブオイルはニキビを悪化させる?ニキビが治る正しい活用方法とは

オリーブオイルは、体にいいイメージがありますよね。 オリーブオイルは食べて体の...

自分の頭皮が臭い!4つのシャンプーで対策してみた!9つの原因と解消方法

きちんと毎日シャンプーを欠かさずしているにもかかわらず、頭皮の匂いが臭い...

手の老化の原因を徹底解明!改善方法は?専用のハンドクリームもある!

手は顔と違ってメイクをすることができませんよね。 また基本的にはいつも外に出て...

ひび割れかかとのケア、どうしてる?尿素クリームやオロナインが使える!

手や顔はよく目につくのできちんとケアしていても、足までは目が届いていない人も多い...

ページTOPへ