LIFEジャック

エコノミー症候群の症状とは?足の痛み・むくみ・しびれの対策

[記事公開日]2016/02/08 [最終更新日]2020/06/09
■カテゴリー:ヘルスケア
■タグ:, , ,

6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s
飛行機に乗っての長時間旅行や長時間ドライブでよく耳にする「エコノミー症候群」

ですがエコノミー症候群は、こういった長時間の旅行だけでなく、長時間デスクワークをしている人でもなりうる病気です。

本日は、エコノミー症候群とは何ぞや?というところから、その症状や対策までご紹介したいと思います!

エコノミー症候群とは?

この病気は長時間、同じ姿勢で座ったままでいると、脚の静脈の血が流れにくくなり、膝の裏あたりの静脈に「血栓」(血の塊)ができる事があり、 それによって起こります。血栓が肺まで流れると、血管が詰って、「胸の痛み」や「息苦しさ」などを感じます。 多くは、到着間際の機内や到着した空港で発症しますが、フライト後2週間以内に、旅行先や、帰宅後に自宅で起こることもあり、 最悪の場合呼吸困難に陥って死亡する事もあります。
(引用元:http://www.t-pec.co.jp/health-news/2002news/0208-117.html)

エコノミー症候群と言うと、飛行機で起こりがちな病気ですが、長時間のドライブや電車での移動、オフィスでのデスクワークでも十分に起こりえる病気で、「旅行者血栓症」といわれています。

長時間同じ姿勢でいることが原因で発症する「深部静脈血栓症」と「肺塞栓症」が合わさって起こる病気です。

エコノミー症候群の原因

economy
「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」の原因の1つは、航空機内などの乾燥した空間や、低い気圧によって体内の水分が蒸散しやすくなり、血液の粘度が上昇してしまうことにあります。
水分摂取の不足や、アルコール摂取なども脱水傾向を招き、血液粘度上昇のリスクを高めます。
(引用元:http://www.otsuka.co.jp/health_illness/jama/dvt/)

主に乾燥、長時間の足の運動不足が原因といわれています。

上図のような流れで、足の血管内に血の塊が出来てしまい、この塊が血流に乗って肺まで流れ、肺の血管を塞ぐことによって、呼吸が出来なくなり心臓機能が低下することで、死亡に至ることもあります。

エコノミー症候群になりやすい人

エコノミー症候群は、誰でもかかる病気の1つですが、特になりやすいと言われているのは、下記のような人です。

  • 肥満・高血圧の人
  • 喫煙者
  • 糖尿病の人
  • 背の低い人
  • 月経中、妊娠中、出産後の女性
  • 激しい運動をしている人
  • アルコールを摂取している人

エコノミー症候群の症状

足の痛み
一番最初にご紹介したエコノミー症候群の症状の死亡に至るというのは最悪の例ですが、他にもいくつか症状がありますのでご紹介しましょう。

足のむくみ

比較的軽い症状としては、足のむくみがあります。

夜行バスなどで朝なんだかだるいな、と感じるのは、それが原因でしょう。

足の痛み

むくみを通り越すと、今度は痛みに変わります。

ふくらはぎや太ももに激しい痛みがきます。

手足のしびれ

手の血管に強い痛みやしびれを引き起こしたら、病院に行く必要があります。

呼吸困難

economy02
(引用元:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph46.html)

嘔吐感と、息苦しさを感じたら、大変危険な状態です。

急性肺血栓塞栓症の初期症状で、失神などを起こす可能性もあるので、すぐに病院に行くようにしましょう。

エコノミー症候群の対策方法とは

ハートを持つ医者
では、エコノミー症候群を予防する対策方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

足のマッサージやこまめに運動する

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_s

エコノミー症候群は長時間足を動かさないことが原因なので、こまめに足の運動をすることが対策につながります。

可能であれば、こまめに立ち上がって動くようにしたり、ふくらはぎをもむなどのマッサージをして、血流を動かしましょう。

デスクワークであれば、つま先を上に向けてふくらはぎを伸ばすといった、机の下で出来る運動なども効果的です。

水分を摂取する

6d282b5d72a7ca15f2fdb6fe47e52656_s

乾燥がエコノミー症候群の一因となっているので、こまめに水分を摂取することが必要です。

このときも、アルコールや、カフェインを含む飲み物を飲むと、利尿作用が高まり、逆に水分を失う結果となってしまいます。

水やスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

体を締め付ける服装をしない

ベルトやネクタイ、きちんとYシャツのボタンを留めるなどは、長時間の移動では避けたほうが良いです。

身体を締め付けるような服は、体内の血の巡りも悪くしてしまいます。

なるべく、ゆったりとした服装を心がけるようにしましょう。

ブーツや靴なども、可能であれば脱いでおいた方が良いですね。

貧乏ゆすり


実は貧乏ゆすりにも、エコノミー症候群の予防効果があるんです。

隣近所の迷惑にならない範囲でやるようにしましょう。

まとめ


エコノミー症候群の症状と対策について、ご紹介しました。

長時間の旅行だけでなく、普段のデスクワークなどでも起こりがちなエコノミー症候群。

しっかりと対策を行って、予防するようにしましょう。

冷え性などで足がむくみやすいという方は、サプリメントなどで体質改善を行うのもひとつの方法です。

下記の記事なども参考にしてみてくださいね!
>むくみ解消方法ってあるの?原因を知って顔・足・ふくらはぎのむくみの悩みを解決しよう!【するるのおめぐ実の口コミ】

関連記事

繰り返すカンジダでお悩みの方はいませんか? 「毎回病院に通って治すけど、すぐ再発してしまう・・・」という方には、乳酸菌が効果を発揮するかもしれません。 整腸...

身近に聞く、「不整脈」や「動悸」。 これらは、ただ単に鼓動が早くなるというだけではないんです。 時には、甘く見てはならない症状もあります。 ...

薬効があるとして知られている高麗人参のことは、みなさんよく耳にしたことがあると思います。 では、田七人参ってご存知ですか?聞いたことがない人も多いのではないで...

ミネラルの一種の「亜鉛」、サプリなどでも聞いたことありますよね。 でも、からだにどのように役立っているのか、よくわからない方多いと思います。 この「...

世の中にはなんと40万種類もの臭いがあります。 中でも万人が好む臭いは存在しないそうです。 ということは、体や口から発するクサい臭いは、限りなく周りの人を不快...

毎月の生理痛がしんどくてたまらない、学校や仕事に行くのが億劫…という人は少なくありません。 でもなかなか人に相談したりできないですよね。 ましてや会...

いくら寝ても、眠くて仕方がない…体の疲れが取れない…。 そんな経験がある方は多いのではないでしょうか? 実は日本人の約5人に1人は、睡眠に関して...

「生活リズムを整えなさい!」って、非常によく聞く言葉ですよね。 良いことだとは分かっていても、具体的にどんなメリットがあるのか分からない。 そん...

しじみは、昔から元気の出ないときに食べるとよいと言われる食材として知られていました。 今でも、二日酔いには「しじみの味噌汁」が効くなどと、インスタント食品...

夏はもちろん、冬でも汗が止まらない! 緊張すると何故かワキから汗が出る・・・。 そんな方は、わきの多汗症かもしれません。 多汗症の人には、わ...

NEW ENTRY

必見!お金のかからないラブラブデートプラン21選【大学生や若いカップル編】

デートってなかなかお金がかかるものなんですよね。 今や2児の母である私も、...

円満な同棲生活費すべて丸わかり!生活費の内訳や平均は?分担方法はどうする?

はじめに 今回は幸せな同棲生活を送るための情報をお送りします! 幸せで円...

【体験談】レジーナクリニック(レジクリ)の口コミや料金を徹底検証!

「なるべく低価格で医療脱毛が受けたい・・・。」と考える女性に口コミで人気のレ...

ソ エッセンシャル
So.essential(ソ・エッセンシャル)の口コミ・評判はどう?珍しいバナナサプリの効果はいかに!

便秘で困っている方、たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。 そのせいか...

【体験取材】GLOWクリニックの脱毛効果は?実際に施術を受けてみた

美容医療に特化した「GLOWクリニック」で、医療脱毛の体験施術を受けてきまし...

ページTOPへ