LIFEジャック

エコノミー症候群の症状とは?足の痛み・むくみ・しびれの対策

[記事公開日]2016/02/08 [最終更新日]2020/08/05
■カテゴリー:ヘルスケア
■タグ:, , ,

6cd12d7cc1478adf199ac023ace16ed7_s
飛行機に乗っての長時間旅行や長時間ドライブでよく耳にする「エコノミー症候群」

ですがエコノミー症候群は、こういった長時間の旅行だけでなく、長時間デスクワークをしている人でもなりうる病気です。

本日は、エコノミー症候群とは何ぞや?というところから、その症状や対策までご紹介したいと思います!

エコノミー症候群とは?

この病気は長時間、同じ姿勢で座ったままでいると、脚の静脈の血が流れにくくなり、膝の裏あたりの静脈に「血栓」(血の塊)ができる事があり、 それによって起こります。血栓が肺まで流れると、血管が詰って、「胸の痛み」や「息苦しさ」などを感じます。 多くは、到着間際の機内や到着した空港で発症しますが、フライト後2週間以内に、旅行先や、帰宅後に自宅で起こることもあり、 最悪の場合呼吸困難に陥って死亡する事もあります。
(引用元:http://www.t-pec.co.jp/health-news/2002news/0208-117.html)

エコノミー症候群と言うと、飛行機で起こりがちな病気ですが、長時間のドライブや電車での移動、オフィスでのデスクワークでも十分に起こりえる病気で、「旅行者血栓症」といわれています。

長時間同じ姿勢でいることが原因で発症する「深部静脈血栓症」と「肺塞栓症」が合わさって起こる病気です。

エコノミー症候群の原因

economy
「旅行者血栓症(エコノミークラス症候群)」の原因の1つは、航空機内などの乾燥した空間や、低い気圧によって体内の水分が蒸散しやすくなり、血液の粘度が上昇してしまうことにあります。
水分摂取の不足や、アルコール摂取なども脱水傾向を招き、血液粘度上昇のリスクを高めます。
(引用元:http://www.otsuka.co.jp/health_illness/jama/dvt/)

主に乾燥、長時間の足の運動不足が原因といわれています。

上図のような流れで、足の血管内に血の塊が出来てしまい、この塊が血流に乗って肺まで流れ、肺の血管を塞ぐことによって、呼吸が出来なくなり心臓機能が低下することで、死亡に至ることもあります。

エコノミー症候群になりやすい人

エコノミー症候群は、誰でもかかる病気の1つですが、特になりやすいと言われているのは、下記のような人です。

  • 肥満・高血圧の人
  • 喫煙者
  • 糖尿病の人
  • 背の低い人
  • 月経中、妊娠中、出産後の女性
  • 激しい運動をしている人
  • アルコールを摂取している人

エコノミー症候群の症状

足の痛み
一番最初にご紹介したエコノミー症候群の症状の死亡に至るというのは最悪の例ですが、他にもいくつか症状がありますのでご紹介しましょう。

足のむくみ

比較的軽い症状としては、足のむくみがあります。

夜行バスなどで朝なんだかだるいな、と感じるのは、それが原因でしょう。

足の痛み

むくみを通り越すと、今度は痛みに変わります。

ふくらはぎや太ももに激しい痛みがきます。

手足のしびれ

手の血管に強い痛みやしびれを引き起こしたら、病院に行く必要があります。

呼吸困難

economy02
(引用元:http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/blood/pamph46.html)

嘔吐感と、息苦しさを感じたら、大変危険な状態です。

急性肺血栓塞栓症の初期症状で、失神などを起こす可能性もあるので、すぐに病院に行くようにしましょう。

エコノミー症候群の対策方法とは

ハートを持つ医者
では、エコノミー症候群を予防する対策方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

足のマッサージやこまめに運動する

足のマッサージ
エコノミー症候群は長時間足を動かさないことが原因なので、こまめに足の運動をすることが対策につながります。

可能であれば、こまめに立ち上がって動くようにしたり、ふくらはぎをもむなどのマッサージをして、血流を動かしましょう。

デスクワークであれば、つま先を上に向けてふくらはぎを伸ばすといった、机の下で出来る運動なども効果的です。

水分を摂取する

水を飲む女性
乾燥がエコノミー症候群の一因となっているので、こまめに水分を摂取することが必要です。

このときも、アルコールや、カフェインを含む飲み物を飲むと、利尿作用が高まり、逆に水分を失う結果となってしまいます。

水やスポーツドリンクを飲むようにしましょう。

体を締め付ける服装をしない

ダメ
ベルトやネクタイ、きちんとYシャツのボタンを留めるなどは、長時間の移動では避けたほうが良いです。

身体を締め付けるような服は、体内の血の巡りも悪くしてしまいます。

なるべく、ゆったりとした服装を心がけるようにしましょう。

ブーツや靴なども、可能であれば脱いでおいた方が良いですね。

貧乏ゆすり


実は貧乏ゆすりにも、エコノミー症候群の予防効果があるんです。

隣近所の迷惑にならない範囲でやるようにしましょう。

まとめ


エコノミー症候群の症状と対策について、ご紹介しました。

長時間の旅行だけでなく、普段のデスクワークなどでも起こりがちなエコノミー症候群。

しっかりと対策を行って、予防するようにしましょう。

冷え性などで足がむくみやすいという方は、サプリメントなどで体質改善を行うのもひとつの方法です。

下記の記事なども参考にしてみてくださいね!
>むくみ解消方法ってあるの?原因を知って顔・足・ふくらはぎのむくみの悩みを解決しよう!【するるのおめぐ実の口コミ】

関連記事

腸内環境の改善に効果的だとされている乳酸菌。なかでも、「プラズマ乳酸菌」は最近注目されているのを知っていますか? どうやら腸内環境の改善だけでなく、免疫力がア...

しじみは、昔から元気の出ないときに食べるとよいと言われる食材として知られていました。 今でも、二日酔いには「しじみの味噌汁」が効くなどと、インスタント食品...

酢は体に良い万能調味料ですが、実は血圧を下げる効果もあるのをご存知でしょうか? とはいっても、酢には種類もたくさんあり、何をどのくらい摂取すればよいのか分...

休憩時間や仕事のお供に、現代人の多くが愛飲しているコーヒー。 そんなコーヒーには、多くのカフェインが含まれていますよね。 カフェインの効能には多...

毎月の生理痛がしんどくてたまらない、学校や仕事に行くのが億劫…という人は少なくありません。 でもなかなか人に相談したりできないですよね。 ましてや会...

季節の変わり目、暑くなったり突然寒くなったりすると流行るのが「風邪」。 「たかが風邪、されど風邪」侮ると悪化してしまい、どんどん辛い症状が出てきてしまいま...

笑った時、口の端がピキッと切れて鈍痛が走る。 あくびをするとき、ご飯を食べるときも、口の端が痛くて仕方がない。 これは、誰もが一度は経験した事が...

「生活リズムを整えなさい!」って、非常によく聞く言葉ですよね。 良いことだとは分かっていても、具体的にどんなメリットがあるのか分からない。 そん...

本当に辛いアトピーを治したくて、藁をも掴む思いで色々と調べていたら、「みんなの肌潤糖」を見つけた、という方は多いのではないでしょうか? ダメだとわ...

寒い冬はもちろん、最近では夏場でもクーラーの効きすぎが原因で、足に冷えを感じる方が多いようです。 冷えは万病のもとですから、足を暖めて美容と健康を維持した...

NEW ENTRY

ドライヤーする女性
イオンドライヤーの効果は?熱ダメージは抑えられるの?選ぶときのチェックポイントも紹介!

「美しい髪をキープしたい」というのは、誰しもの願いです。 そこで気にな...

re-beau
「Re:beau」60ローケア・イオンドライヤーのおすすめポイントや効果を紹介!

毎日欠かすことができないドライヤー。 高温の風を当てることで、髪へのダメー...

ドットエヌシャンプー&トリートメントの口コミや評判はどう?成分や効果について徹底解説!

トップのボリュームがない、かゆみが止まらないなど、髪に悩みを抱えている方多い...

痩せて見える服ってどんな服?体型をキレイにカバーできるコーデを紹介

はじめに せっかくなら、スタイルがよく見えるコーデをしたいもの。 でも、...

洗顔する女性
RF28クリーミーフォームウォッシュEXの口コミや効果はどう?

顔を洗うならたっぷりの泡で洗うのが一番とは知りながら、面倒くささからついヘタ...

ページTOPへ