LIFEジャック

フクロウの飼い方!ペットにしたい可愛いふくろうの種類や価格

[記事公開日]2015/08/23 [最終更新日]2017/02/15
■カテゴリー:生活, 動物, その他
■タグ:, ,

最近可愛いと人気のフクロウ。
「フクロウカフェ」の影響もあってその人気は徐々に増しているようです!

その流行に乗ってフクロウが欲しい!と言う方もいるはず。
フクロウの飼い方・種類等と気になるフクロウ情報を見ていきましょう。

目次

  1. フクロウの価格は?
  2. フクロウの飼い方
  3. おすすめのふくろう種類
  4. 最後に


フクロウの価格は?

ペットとして飼えるフクロウの価格は平均20万円以上と言えるでしょう。
また餌としては通常のペットの鳥と違い「冷凍マウス」や「冷凍ウズラ」などになるので餌代月にプラス1万円位と少し高額になります。
1471c5df668659f0a8e05663f9828b67_s

フクロウの飼い方

ケージ

完全放し飼い以外はケージがメインの生活空間になるわけですから、十分な大きさが必要です。我が家の場合、体長20cm程度のフクロウに対して70cm(W)×60cm(D)×80cm(H)くらいのサイズですが、大型種になれば当然もっと大きなケージを用意しなければなりません。

部屋

ケージから外に出す場合、あるいは室内放し飼いの場合は、その部屋がフクロウのなわばりになります。トイレのしつけなどはできないので、フクロウを部屋に放すとあちこちで糞をすることになります。
それから、透明な窓ガラスにはフクロウが激突してしまうおそれがあるので、きちんとした対策をとっておく必要があるでしょう。

周辺への配慮

 一番の問題は鳴き声でしょう。大型種などは特に、ご近所への配慮が必要になるかと思います。マンションなどの場合はなおさらです。(http://www5a.biglobe.ne.jp/~sakatam/owl/basic1.htmlより引用)

フクロウを飼うのはやはり大変と声を聞きます。大きい部屋やガラスへの配慮・他の小動物を襲う恐れ・鳴き声が近所に迷惑になってしまう可能性がある…などです。また寿命が10年~15年なのでその環境を維持する必要があります。

うーん、なかなか厳しそう!
しかしやはりフクロウが欲しい!という方に比較的飼いやすい梟の種類を紹介していきます!


おすすめのふくろう種類

コノハズク

北海道や本州の森林で繁殖しているコノハズク。全長20cmでとても小さいのが特徴です。
別名「声の仏法僧(ブッポウソウ)」。

モリフクロウ

全長37-43cmのモリフクロウ。行動する時は常につがい。

コキンメフクロウ

全長は23~27.5センチ。フクロウの中でも昼間も活動すると珍しい種類


いかがでしたか?

見ているだけで可愛くて癒されるフクロウ。
しかしもしペットにしたいと思うならば、可愛いだけではいけません。
命を預かると言う責任を持って最後まできちんと愛情をあげて育てて下さい!

動物に癒されたい方はこちらもご覧下さい。

【うさぎが可愛い!】抱っこ出来る可愛いうさぎちゃんが欲しい!<種類や性格>

ミニブタをペットにしたい!可愛い♡ミニ豚の知りたいあれこれ!<値段や大きさ・飼い方は?>

関連記事

冬と言えば、様々な感染症が流行りますよね。 「自分は大丈夫!」なんて思っていても、いつどこで感染するか分かりません。 しかもその症状は辛いものが多いため、極力予...

仕事で山場を越えた時、残業を頑張ったとき、誕生日を迎えた時…自分にご褒美を上げてますか? 全体の約75%が自分にご褒美をあげているようです。こんなふうに言うと...

新入社員の皆さんは仕事に慣れてきた頃でしょうか? 四月に入社してバタバタしているうちに大型連休のゴールデンウィーク。 やっと休める…。ここでたくさん休ん...

毎日使う、「靴」。 靴も洋服等と同じで、しっかり手入れをしていくと長く使用していく事ができます。 「足元を見れば、その人が分かる」と言われる程、靴って案外人から...

近年ではハラスメントと言う言葉を良く聞くようになりましたよね。 例えばパワーハラスメント、セクシャルハラスメント、カラオケハラスメント、アカデミック・ハラスメント...

もうそろそろ、クリスマスがやってきますが、それが終わると・・・も~幾つ寝ると♪お正月~♪♪です!! 今年のお正月はどこに初詣に行きますか? それともお家でゴロゴ...

犬の毛並みって、犬のおしゃれを決める大きなポイントにもなってきますよね。 毛並みが良ければ上品で素敵な犬に見える、なんて事もあります。 また毛並みの良い犬は、な...

季節の流れるのはあっという間で2015年も残すところです。 そして今の時期に忘れちゃいけないのが「年賀状」の準備ですよね。 今年の干支は「さる」です。この猿を活...

会った事があるはずなのに、名前を思い出せない。 勉強して覚えたはずなのに、どうしても思い出せない。 こんな経験、ありませんか? 記憶力が良くなったら、どんなに...

厄介なダニやノミ。 咬まれるとかゆみが出たり、ひどいと腫れてしまう事もあります。 ペットや子供がいる家庭では、特に気を遣うところではないでしょうか。 目に見え...

NEW ENTRY

ヘアケアにはトリートメントがおすすめ!洗い流さないケアのやり方

「髪は女の命」なんて言葉がありますが、確かに美しい髪の女性は、年齢より若々し...

肌の潤いを保つには?成分やケア方法8選!乾燥肌に悩んだ私の実体験

私は、職場で「地割れ女」というあだ名がついてしまいました。 それは...

30代の高血圧が怖い!症状とは?女性特有の原因ってあるの?

「うちの旦那は高血圧で…」なんて会話がよく聞かれますよね。でも、高血圧って男...

水素サプリの美容効果はパックより高い?!その効能の秘密とは!

そろそろ美容の事を考えてサプリでも始めたい… そう考えてネットで調べてみると、...

クマがひどい!原因と対策法は?脱コンシーラーを目指してクマを治す私の3ヶ月チャレンジ!

顔の印象が暗くなったり、血色が悪くなったり。 目元のクマがひどいとホントに...

ページTOPへ