LIFEジャック

もしや不眠症?朝までぐっすり眠る快眠の方法をご紹介!

[記事公開日]2014/11/17 [最終更新日]2017/02/21
■カテゴリー:健康
■タグ:, , , ,

「夜眠れずに朝を迎えてしまった」「なんだかすっきりと起きれない」そんな方は必見!!
朝までぐっすりと眠る快眠の方法をご紹介します!!
簡単に出来る方法ですので、是非試してみてはいかがでしょうか。

不眠症については、以前、下記でご紹介しました。
寝不足が続いて疲れが取れない方、ぐっすりなる方法があります!

今回は、快眠の方法として4つご紹介します。

目次

  1. リラックス状態で就寝に備える
  2. 環境を整えて就寝に備える
  3. 生活リズムを整える
  4. 快眠できる睡眠時間
  5. さいごに


リラックス状態で就寝に備える

快眠するのに最も大切なことは、深い眠りにつく事です!
その深い睡眠につく為に、就寝前にはリラックス状態にしておく事が重要です。

では、実際にどの様な行動をしすればいいのでしょうか。
いくつかご紹介します。

■就寝1時間前までに、ぬるま湯(38~40℃程度)に約20分程浸かって体を温める。

■ホットミルクやココアを温めて飲む。

また、お茶にも体を温めてくれる効果があります。
詳しくはこちら⇒お茶の効能には病気予防も?!健康を考えてお茶を飲もう!

■クラッシックなどのα波が出る音楽を流す。

■ゆっくりとストレッチを行う

ダイエットがてら運動をしたい方は、こちらで詳しくご紹介しています。
こちら⇒ダイエットするなら運動がおすすめ!家で出来るダイエットをご紹介!

また、下記の行動は深い睡眠の妨げになりますので、しないように注意しましょう

■カフェインを含んでいる、コーヒーや紅茶などを就寝前に飲まない等食事に気をつける

■携帯やパソコン等の電子機器をつけっぱなしにしておき、画面を見たり大きな音を聞いたりしない

■寝酒は脳を麻痺させて深い眠りを妨げてしまうので、しない事

食事に関しては、こちらのサイトが参考になりますので、是非見てみて下さい★
食事宅配サービスのウェルネスダイニングが口コミで大人気!ダイエットや食事制限の方におすすめです♪

0000

環境を整えて就寝に備える

快眠するには、就寝前の精神状態も大切ですが、就寝中もとても大切になってきます。

では、実際にどの様な行動をしすればいいのでしょうか。
いくつかご紹介します。

■室温は、夏:26~28℃、冬:18~23℃が適温です。
就寝前後はこの温度にしておくと良いでしょう。

簡単に部屋を温める方法として、こちらでもご紹介しています。
家が寒い・・・寒さ対策にはコレがおすすめ!今年の冬はこれで乗り切ろう!!

■湿度は50%前後を維持出来るようにしておきましょう。

■睡眠中も、音の刺激が脳へ伝わります。
なので、いびきや外の騒音にはカーテンや耳栓などで対策しましょう。

■自分に合う寝具を使用する。

25

生活リズムを整える

就寝前後だけ改善すれば、快眠を得られるわけではありません!
なによりも、日常生活での生活リズムも大切になってきます。

その生活リズムを改善するポイント2つご紹介します。

■起床と食事をとる時間を同じ時間にする
まずは、起床と食事をとる時間を同じにすることで、毎日のリズムが出来てきます。

つい夜食をとってしまったりする事もあるかと思いますが、これはリズムを崩す大きな原因のひとつとなってしまいますので、できるだけ避けるようにしましょう。

■起床したらすぐに、太陽の光をあびる
体内リズムは、太陽の光をあびる事でリセットされます。
なので、起床したらすぐに太陽の光をあびた方が良いでしょう。

26

快眠できる睡眠時間

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があります。レム睡眠の時に起床する事で、すっきりと気持ちよく起きる事が出来ます。
なので、このレム睡眠の時に置きられるように睡眠時間を知っておくことが大切です。

では、睡眠時間を知るための方法をご紹介します。

1.まずは、起床したい時間を決めます。休日も含めて、毎日その決めた時間に起床する様にしましょう。
2.次に、前日の睡眠から約15分程度ずらして起床していきます。
レム睡眠は90分のサイクルがある為、15分程度ずらす事で、自分にあった快眠時間を知ることが出来ます。

さいごに

いかがでしたでしょうか。
快眠の方法は、日常生活を少し変えるだけで簡単に出来ます!
是非、試してみてはいかがでしょうか。

Child sleeping

関連記事

お腹がぽっこりしてきた… 昔はけたズボンが入らない…など お腹周りが気になり始めたら、それはメタボの危険信号。 そんな状態を放っておくと、動脈硬化や心筋梗塞、...

顔や上半身は太っていないのに年と共に下っ腹だけでてきた。 ダイエットをしても下っ腹だけがすぐに出てきてしまう。 そんな経験はありませんか? ぽっこりと出た...

人生のなかでだれしも「更年期」という時期を迎えます。まさに自分がその時期に差し掛かっている人、家族が悩んでいるという人、そこを乗り越えて今はとっても元気に過ごしてい...

近年はナチュラルな成分のものを愛用する方が増えてきました。化粧品や日焼け止め、虫よけスプレーを自作する人も多いですね。その材料で活躍するのが、アロマテラピーで使...

日本茶から中国茶、その他さまざまな国で飲まれているお茶の中には、「健康茶」と呼ばれるお茶があります。 その名の通り健康に良いとされるお茶で、本当にたくさん...

休憩時間や仕事のお供に、現代人の多くが愛飲しているコーヒー。 筆者も例外なく、コーヒーがないと仕事ができないタイプの一人です。 そんなコーヒーには、多くのカフェ...

女性の永遠のテーマと言っても過言ではないのが、「美しい体型」ではないでしょうか。 美しく作り上げられた体型は、洋服を綺麗に見せるだけでなく周囲の人をも魅了します。...

多くの人が悩む便秘。 様々な便秘対策を試しているけど、なかなか効果が出ないという人も多くいますよね。 そんな便秘に効果があるという、難消化性デキストリンという成...

飛行機に乗っての長時間旅行や長時間ドライブでよく耳にする「エコノミー症候群」。 ですがエコノミー症候群は、こういった長時間の旅行だけでなく、長時間デスクワ...

うう。 最近夏バテのせいか年のせいか疲れやすい… 何か元気の出る食べものないかな? 今回は夏バテに効果があると言われる数ある肉、魚、野菜の中でも、まさかの...

NEW ENTRY

肌の潤いを保つには?成分やケア方法8選!乾燥肌に悩んだ私の実体験

私は、職場で「地割れ女」というあだ名がついてしまいました。 それは...

30代の高血圧が怖い!症状とは?女性特有の原因ってあるの?

「うちの旦那は高血圧で…」なんて会話がよく聞かれますよね。でも、高血圧って男...

水素サプリの美容効果はパックより高い?!その効能の秘密とは!

そろそろ美容の事を考えてサプリでも始めたい… そう考えてネットで調べてみると、...

クマがひどい!原因と対策法は?脱コンシーラーを目指してクマを治す私の3ヶ月チャレンジ!

顔の印象が暗くなったり、血色が悪くなったり。 目元のクマがひどいとホントに...

中性脂肪サプリおすすめ7選!成分比較や効果と選び方を紹介!

おやつをよく食べる。 肉や脂っこい揚げ物が大好き。 そんな女性の天敵...

ページTOPへ