すくすく育児

産後太り解消方法!痩せない原因は?ダイエットはいつから?話題のアレ実践レポ!

■公開日:2018年1月9日(火)| 産後, 美容

子供を産むたびに雪だるま式に増えていく…体重とぽっこりお腹。
産後太りに悩むママは少なくありません。
私の二人目出産後の立派なお腹まわりは、娘に「まだ赤ちゃん入ってるの?」と言われる始末…
そこで産後太りを解消すべく、「得する人損する人」で話題のラクやせダイエット「玉ねぎヨーグルト」を試してみました!
さらに玉ねぎヨーグルトより効率よく「短鎖脂肪酸」を生むサプリも!
まずは、産後太りの原因と解消法からご紹介していきます。

目次

  1. 産後太りがなかなか痩せない原因は?
  2. 産後ダイエットはいつからがベスト?
  3. 産後太りを解消する4つの方法
  4. お腹痩せで話題の「玉ねぎヨーグルト」を試してみた!
  5. まとめ

産後太りがなかなか痩せない原因は?


妊娠中にふっくらした体型…赤ちゃん産んだら自然に痩せるんじゃないの?と思っていたのに、いざ産んだら全然痩せないっていう方も多いんです。
産後太りになってしまう原因には、どのようなことが考えられるのでしょうか。

産後太りとは?

そもそも産後太りとは、妊娠中に赤ちゃんを外部の衝撃や、冷えなどから守るためについた皮下脂肪が、出産後もそのままで体重が落ちない状態をいいます。

赤ちゃんと胎盤や羊水などの分の4kg前後の体重は、産後すぐに落ちます。
しかし妊娠中に蓄えてしまった皮下脂肪は、なかなか簡単には落とすことができないものです。
この皮下脂肪をそのままにしておくことで、血液循環が悪くなりどんどん太ってしまうことに…

痩せない原因は?

産後太りが、なかなか痩せない原因として次のことが考えられます。

  • 骨盤のゆがみ
  • 基礎代謝の低下
  • 早食いやバランスの悪い食事
  • 食べ過ぎによるカロリーオーバー

二人目からは痩せにくい!?

一人目の時は、産後とくに何もしなくても勝手に痩せたのに、二人目を産んだら体重が戻らないなんていう話をよく聞きます。
私の場合もまさにその通りでした。

二人目の今回は確信犯で、明らかに妊娠中の太りすぎが原因でした…
母乳育児では乳腺が詰まらないように、甘いものやカロリーの高いものは控える必要があります。
産後は質素な食生活が待っているのがわかっていたので、妊娠後期はケーキやパフェなど食べたいだけ食べまくり、つわり時から17kgオーバーでの出産になってしまいました(汗)
そりゃ~母乳あげてても、一筋縄では痩せないわけですよ…

二人目以降は慎ましい食生活に適度な運動と、妊娠中からとにかく節制が必要ということですね。

産後ダイエットはいつからがベスト?


産後太りを放置しておいては、そのまま雪だるま式に太っていくわけですから対処せねばです。
そこで、はじめたいのが産後ダイエット。
ただし産後ママの身体は、デリケートなので無理は禁物です。
産後ダイエットをはじめるのはいつからがよいのでしょう。

産後ダイエットを始めるタイミングは?

産後6~8週間を産褥期といいますが、この時期は体力の回復が一番大事なのでダイエットはできません。
悪露がでていたり、急激なホルモンバランスの変化で心身ともに疲れ切っていますので、無理はせずに産褥体操のみにしておきましょう。

痩せやすいベストな時期はいつ?

妊娠中についてしまった皮下脂肪が落ちやすいとされているのが、産後3ヶ月~6ヶ月になります。
この頃になると、赤ちゃんとの生活のリズムもできてくるので、体調をみながらダイエットをしていきましょう。
産後6ヶ月までは、骨盤矯正もしておくと太りにくくなります。

カロリーオーバーも産後太りの大きな原因なので、栄養バランスの良い低カロリーの食事に気を配りましょう。

産後太りを解消する4つの方法


いざ産後ダイエットを始めようと決めたところで、赤ちゃんは泣くし時間はないし、面倒なのは無理なんて方も多いと思います。
そこで、意思の弱いずぼら主婦の私が実践してみて、簡単なのに効果があった産後太り解消法を4つご紹介します。

今日から簡単に始められる産後太り解消法をご紹介!

産後太り解消法その①アプリで体重管理

健康診断で、「毎日、体重計に乗るだけで食べ過ぎをコントロールできる」とお医者さんが言っていました。
そこで、私が体重管理のために使っているのは「体重管理♪ダイエットbyだーぱん」というアプリです。
シンプルに毎朝の体重を入力するだけ!
毎朝トイレの後の習慣になりますし、グラフで体重の増減が見れ、ゆる~いパンダが応援してくれてがんばる気持ちになりますよ。
ストイックにやりたい方は、健康管理や食事記録ができるアプリも多数あるので、自分にあったお気に入りを探してみては。

産後太り解消法その②少しずつ骨盤矯正を

出産で開いた骨盤を元に戻すことで、筋肉が働きやすい状態になって、血流が良くなり脂肪を燃焼しやすくなります。
骨盤ベルトをお持ちの方は、きつく締めすぎないように正しい位置で装着しましょう。
骨盤ショーツなんかは、ずれることもないので楽ですし、程よい締め付け感がちょうどいいです。
赤ちゃんの抱っこも楽になりますよ。

産後太り解消法その③YouTubeで簡単エクササイズ

出産後から産褥体操だけは続けてきたというママも多いと思います。
そろそろ、もう少しパンチが欲しいという方には、YouTubeの5分程度のエクササイズがおすすめです。
じんわり汗をかく程度の運動ですが、ストレス発散にもなりますし、ダンスなんかは上の子も一緒に踊って楽しく運動ができています。

「ダンサーYU-SUKEさん」のチャンネルは余計な説明カットで、ジムのスタジオプログラムみたいなのでやりやすいですよ。
他にもカービィーダンスや体幹エクササイズが、たるんだお腹に即効効きます。

産後太り解消法その④炭水化物を控えめに

母乳育児の場合は、とにかくお腹がすきますよね。
ついつい糖質たっぷりの白米を、大量に食べ過ぎてしまうことも…。
そんな時に便利なのが、大麦や押し麦です。

料理研究家の浜内千波さんが、テレビで紹介していたのですが、大麦はスーパーフードと言われていて、水溶性食物繊維が豊富なのだそうです。
ビタミンやミネラルもたっぷりで美容にもいいし、お米に混ぜて炊くだけなので簡単です。
スーパーでは小分けのパックでも売られているので、ぜひ試してみては。

ここまで4つの産後太り解消法をご紹介しましたが、大幅に生活を変えることなくできる方法なので、ぜひマイペースで試してみて下さいね。

お腹痩せで話題の「玉ねぎヨーグルト」を試してみた!

う~ん…あと3キロがなかなか落とせない…ぽっこり下腹をなんとかしたいという方には、最近話題になっている「痩せ酸」の短鎖脂肪酸を増やす「玉ねぎヨーグルト」が効くかもしれませんよ。
NHKや日テレの「得する人損する人」でダイエット特集をやっていたので、ご存知の方もいらっしゃると思います。

新しいもの好きの私は、早速玉ねぎヨーグルト試してみました!
アラフォーにもかかわらず、結果的に下腹ポッコリが解消されて、たった2週間で3.5kgの減量に成功!
産後太りにお正月太りのダブルパンチなんて方に朗報です。


(引用:http://www.ntv.co.jp/tokuson/oa/20171102.html)

産後太り解消に!「玉ねぎヨーグルト」って?

玉ねぎヨーグルトは、ラクやせできると今話題のダイエット法です。
作り方は簡単で、玉ねぎ1個を薄くスライスして30分ほど空気にさらして辛味を飛ばし、無糖ヨーグルト200gと塩小さじ1/2を加えてよく混ぜたら出来上がり。
一晩寝かせて、1日50gを目安に毎日食べるというものです。

短鎖脂肪酸がダイエットのカギ!

ヨーグルトのビフィズス菌が腸にいいのはもちろんですが、活性化された腸内細菌が玉ねぎに含まれるイヌリン(食物繊維)をエサにして「短鎖脂肪酸」を作り出します。

この短鎖脂肪酸、ダイエットにとても重要な働きをするんです!

  • 腸内を活性化
  • 代謝をあげてくれる
  • 脂肪の吸収・蓄積を抑える
  • 食欲を抑えてくれる

これらの働きによって便秘解消につながり、ダイエットはもちろん美肌や免疫力アップなどの効果も期待できます。

玉ねぎヨーグルトに発酵食品の納豆をプラスすると、更に効果的です。
実際に、タレントの井上咲楽さんやぱいぱいでか美さんのぽっこりお腹が解消されていました。
産後の便秘でお悩みのママには、特におすすめのダイエット法かも!

調べてみるとダイエット以外にもいいことがたくさん。
短鎖脂肪酸が発生して腸内環境を整えることで、活性酸素の発生を減らし卵子の老化を食いとめ、妊活にも良い効果が期待できるようです。
短鎖脂肪酸!なんてすばらしいの~~!

「玉ねぎヨーグルト」の残念なところ…

いいことづくめの玉ねぎヨーグルトですが、実際にためしてみて少しだけウィークポイントがありました。

  • 玉ねぎをスライスする時に目が痛い
  • 手と家が強烈に玉ねぎ臭くなる
  • 味がマンネリで飽きてくる
  • 食べ忘れることも多い…

ずーっと同じものって、どうしても飽きちゃうんですよね…
もっと手軽に続けられるのがないものかと探してみたところ、短鎖脂肪酸を増やしてダイエットをサポートしてくるサプリメントがあったんです!

デブ菌を撃退してくれるすごいサプリがあった!

美容健康雑誌でも話題の腸内ダイエットを、ぐんっと身近にしてくれるのが痩せ菌ダイエットサプリの「エルフィング」!
エルフィングには次の特長があげられます。

  • 痩せ菌が生きたまま腸まで届く!
  • ビフィズス菌をサポートするオリゴ糖配合!
  • 短鎖脂肪酸を作り出す水溶性食物繊維たっぷり

サプリなら楽だし、味に飽きるなんてこともないので続けやすいのが魅力ですね。
しかも1日たった3粒に、モリンガ等のスーパーフードが14種類、ビタミンや葉酸等の栄養素が10種類とバランス良く配合されているから、健康的にダイエットできるんです!

食べても太らない人ってうらやましいですよね~。
痩せの大食いの人の腸には痩せ菌が多くて、逆に太っている人にはデブ菌が多いんだとか…
あのギャル曽根ちゃんなんて2人出産して、超大食いなのに痩せてますよね。

産後の腸内環境を整えつつ、ぜひとも痩せ菌にがんばってもらいたいものです。
デブ菌と痩せ菌のメカニズムについては、エルフィングの公式サイトをチェックしてみて下さいね!

>エルフィング(elfing)公式サイトはこちら

まとめ


今回は産後太り解消方法と、ぽっこりお腹に効く玉ねぎヨーグルト実践レポでしたがいかがでしたでしょうか。
ふっくらした体型は子供からしたら安心感があっていいと思うのですが、そのまま太り続けると健康を害してしまうことになりかねません。
産後太りに歯止めをかけるためにも、以下のことに気をつけましょう。

  • 母乳だからといって食べすぎない
  • 骨盤矯正を忘れずに
  • 腸内環境を整える
  • 二人目以降は妊娠中に太り過ぎない努力を

赤ちゃんや小さいお子さんがいると、家にいる時間も長くなるので、ついつい甘いものや高カロリーなものに手が伸びてしまうなんてことありますよね。
そんな時にこそ、食欲を抑える短鎖脂肪酸の出番です!
産後太り解消に、簡単にできる玉ねぎヨーグルトやサプリメントをぜひ試してみては。

オススメ記事

母乳育児はなかなか大変ですよね。赤ちゃんのおっぱいを吸うチカラはものすごくて、それになれていない乳首は痛みでヒリヒリひゃ~っ…涙が出てしまいます。 生後2ヶ月頃、...

乳酸菌サプリってほんとにいろんな商品がありすぎて、選ぶのに迷ってしまいますよね。 産後は特に、便秘や慣れない育児のストレス等で肌あれになったり…何かコレだ!という...

妊娠中、お腹が大きくなるにつれ真ん中に現れる茶色の1本の線… 見たことのない線でびっくり、これは何だろうと気になって検索してみると、どうやら「正中線」というもので...

2年連続でモンドセレクションで金賞を受賞している、「きなり」。 その名前からは、一体どんなサプリなのか想像がしにくいかもしれませんね。 しかしその効果の程は、実...

美しい髪はいつの時代も女性の憧れですよね。 年齢を問わず髪に艶があり、天使のリングができていると、それだけで女子力はワンランクもツーランクもアップします。 ...

産後、体重はすぐに戻るのになぜか体型はなかなか元に戻ってくれませんよね。顔や胸元はげっそりしても、おしり周りにお肉が集まり、気付けば見事な洋ナシ体型に…なんてこ...

赤ちゃんの主食となる「ミルク」。 粉ミルクが主流の日本において、ミルクを作る上では「水」が欠かせませんよね。 かと言って、ミルクを作る毎にお湯を沸かすのも大変で...

美容成分の中でも高い人気を誇っている「プラセンタ」。 数あるプラセンタ商品の中でも、特に産後のママにおすすめしたいのが「ヴィーナスプラセンタEX」なんですよ。 ...

子育てって想像していたよりも、ずっとずっと疲れます。こどもができる前の、仕事や運動とか遊びすぎでヘトヘトに疲れたという感覚とは全く違いますよね。 なんせ自分の時間...

育児疲れって、どうしても顔にあらわれちゃうんですよね…特にほうれい線や顔のたるみは、老け顔度マシマシに…ショック(泣) 妊娠中は女性ホルモンと体重増加のおかげで、...

NEW ENTRY

節分を子供と楽しむには?工作や遊びのアイディア!恵方巻きレシピも

もうすぐ節分ですね。ご家庭でも豆まきの準備を始めたり、恵方巻きの具材を考えて...

母乳がでないのはなぜ?遺伝やダイエットのせい?有効な対策とは?

出産したら、自然と母乳が出てきてて赤ちゃんにあげるのは簡単な事だと思っていました...

天才の子供の頃の過ごし方とは?ピアノや歌、絵で成功するためには?

「ママ見てみて!」と持ってきた作品を見て、「もしかしたら我が子は天才かもしれない...

上の子可愛くない症候群はいつまで?二人目出産後の対処法&乗り越えたママ達の体験談

下の子が産まれてから、なぜか上の子がかわいくないと感じてしまうことを「上の子可愛...

サプリの乳酸菌はアメリカでは定番?便秘やアトピーにも良い?妊娠中も飲める乳酸菌サプリ

あらゆる面において、体に良いと言われている「乳酸菌」。 乳酸菌は、食材から摂っ...

カテゴリー

ページTOPへ