すくすく育児

赤ちゃんのスキンケアはいつから必要?顔にもおすすめの方法は?

■公開日:2017年12月23日(土)| 子育て, 赤ちゃん ,

ぷるっぷるの赤ちゃんのお肌。
水分もたっぷりで、スキンケアなんてしなくても大丈夫よね!なんて思っているママも多いはず…
でも、赤ちゃんの肌は実は大人よりも敏感なんですよ。
そのためしっかりとスキンケアして、赤ちゃんの大切なお肌を守ってあげなければならないのです!

目次

  1. 赤ちゃんのスキンケアはいつから必要?
  2. 顔にもおすすめのスキンケア方法は?
  3. ナチュラルシースポンジがおすすめな理由
  4. 赤ちゃんの肌を守るコツ6選!
  5. まとめ

赤ちゃんのスキンケアはいつから必要?

肌トラブルを起こしやすい赤ちゃん

赤ちゃんの肌は、大人に比べるとまだまだ薄く未発達な状態です。
そして肌が薄いという事は、バリア機能もそれだけ低いと考えられます。
バリア機能が弱いと、あらゆる刺激によって多大なダメージを受けてしまう可能性があるという事になります。
特に赤ちゃんは、よだれやミルクなども肌トラブルの原因となってきます。
赤ちゃんはよだれも自分では拭く事ができないので、肌トラブルになりやすいものなんですね。
それに加えて毎日ほとんどの時間をおむつを付けて生活している訳なので、おしっこやうんちでも肌はダメージを受けてしまう事になるのです。
更に外へ出れば、紫外線による刺激も受けやすくなります。
そして体温調節や発汗作用もまだ出来上がっていないため、汗などでも肌トラブルを起こしやすい状態なんですよ。
そのため、毎日のスキンケアは欠かす事ができないのです。

赤ちゃんのスキンケアは沐浴と同時に

赤ちゃんのスキンケアは、沐浴が始まったら同時に始めていきましょう。
沐浴は、生後0日~2日ほどで開始されるケースが多いですね。
これと同じタイミングで、スキンケアも始めていくと良いのです。
しかしスキンケアと言っても、大人と同様の商品を使っていく訳ではありません。
赤ちゃんの肌は非常に敏感なので、大人用のスキンケア商品だと中には肌に刺激となってしまう事もあるのです。
肌を守るためのスキンケアなのに、肌に刺激を与えてしまっては逆効果ですよね。
そこで、なるべく肌に刺激が少ない赤ちゃんでも使えるスキンケア商品を選んでいきましょう。
ベビーローションやクリームなど、最近は赤ちゃん用のスキンケア商品も多くなっています。
まだまだ未熟な赤ちゃんの肌だからこそ、肌に優しくできているスキンケア商品が必要なのです。

赤ちゃんのスキンケアをしないとどうなる?

赤ちゃんのスキンケアをしていないと、様々な肌トラブルが発生してくる可能性があります。
例えば汗疹や肌荒れは、赤ちゃんでも起こりやすい肌トラブルですよね。
また生後2ヶ月頃までは、乳児脂漏性湿疹も出やすい時期です。
さらに頭にも、フケの様なものが付いたりうろこの様になる皮脂が現れてくる事も珍しくありません。
こうした症状は、スキンケアをしていても出てくる事が多くなっています。
しかしスキンケアをしていないと、これらが悪化してしまう可能性が高くなるのです。
最悪の場合、肌に何かしらの跡が残ってしまうという事もあるんですよ。

顔にもおすすめのスキンケア方法は?

スキンケアと言うと顔のイメージが強いものですが、赤ちゃんは特に全身のスキンケアが必要です。
しかし顔は、体の他の箇所よりも肌が薄くなっているものです。
そこで、スキンケアは顔に合わせて行っていくと効果的ですよ。

おすすめのスキンケア方法は、まず一日に一回必ずお風呂でしっかりと汚れを落とす事です。
そしてお風呂では、赤ちゃん用の石鹸をしっかりと泡立てて優しく洗っていきましょう。
大人の肌も同様ですが、実は「洗う」という行為だけでも肌はダメージを受けてしまう事があります。
肌をこすり過ぎてしまうと、肌には刺激となってしまうんですね。
そこで、体を洗う時はなるべく肌に刺激とならない様に優しく洗っていくと良いのです。

おすすめのスポンジ

赤ちゃんの場合は市販のボディタオルなどよりも、もっと肌に刺激にならないものが必要です。
手で洗ってあげてももちろん良いですが、おすすめは「ナチュラルシースポンジ」です。
ナチュラルシースポンジならば、肌にとことん優しく、それでいてしっかりと汚れを落とす事ができますよ。
そしてお風呂から出たら、赤ちゃん用のスキンケア商品でしっかりと保湿をしてあげましょう。
全身くまなく、丁寧に保湿をしてあげる事がポイントですよ。
こうして毎日スキンケアをしてあげれば、赤ちゃんの肌はダメージを受けにくくなるのです。

ナチュラルシースポンジがおすすめな理由

赤ちゃんにおすすめなナチュラルシースポンジは、天然100%のボディ用海綿です。
海綿とは、世界中のあらゆる海に生息している動物です。
動物とは言っても細胞間の結合が非常に緩い事が特徴で、器官などははっきりしていません。
海綿は網目状の繊維からなる骨格を持っており、これがスポンジとして様々な用途で使用されているのです。
ドラッグストアなどで取り扱っている事もあり、海綿は一般的に化粧などにも使用されていますよね。
そんな海綿の中でも、特に赤ちゃんにおすすめなのが「ナチュラルシースポンジ」なんですよ。
ナチュラルシースポンジは有名雑誌でも取り上げられており、今や赤ちゃんの沐浴で使うのか常識とまで言われる事があるものなのです。
その特徴は、下記の2点となっています。

1.肌へのストレスゼロ!

ナチュラルシースポンジは、天然100%の海綿です。
そのため大変肌に優しく、刺激もほとんどないのが特徴となっています。
さらに、人の肌と同じアミノ酸からできているんですよ。
だからこそ、生まれたばかりの沐浴している赤ちゃんでも使える商品となっています。
人の肌と同じ成分は、肌へのストレスゼロで安心して使えるという訳なんですね!

2.丁寧な品質管理!

ナチュラルシースポンジは、イタリアの地中海から取れる海綿を使用しています。
ダイバーが岩場から採取したものを、専門のスタッフが一つ一つ丁寧に品質管理を行っているのです。
こうして、高品質の海綿が作られているんですね。
この手間暇かけて作られた海綿だからこそ、赤ちゃんにも安心して使える商品となっているのです。

>ナチュラルシースポンジ公式サイトはこちら!

赤ちゃんの肌を守るコツ6選!

大変デリケートな赤ちゃんの肌を守るためには、コツがあるんですよ。
ここでは、特に実践していきたい6つをご紹介しますね!

1.しっかり保湿!

スキンケアで力を入れていきたい大きなポイントの一つが、保湿です。
赤ちゃん用のローションやクリームなどを使って、しっかりと全身保湿をしていきましょう。
この時、たっぷりのローションやクリームを優しく塗り込む様にしていくと効果的ですよ。
また保湿ケアは、朝とお風呂の後の一日二回行うと良いですね。

2.汚れが溜まりやすい部分はしっかりとスキンケア!

赤ちゃんの肌は、汚れが溜まりやすい部分からどんどんとダメージを受けていきます。
赤ちゃんならではの集中的にスキンケアをしたい箇所も、知っておきましょう。

  • 口まわり
  • 耳まわり
  • 手のひら
  • 膝の裏
  • お尻まわり

これらの部分は、より丁寧にしっかりとスキンケアしていきましょう。

3.頭もスキンケアを!

大人はスキンケアとしてあまり手を付けませんが、赤ちゃんの場合は頭もスキンケアが必要です。
頭皮だって、立派な肌です。
赤ちゃん用のスキンケア商品は、髪についても問題ないものがほとんどです。
髪が健康に成長する様に、健康な頭皮を作ってあげましょう。

4.外出する時は紫外線対策を!

紫外線は、大人の肌でも大きなダメージとなります。
まして赤ちゃんの肌では、ダメージは大人以上に大きくなってしまうものですよね。
そのため、外出する時は赤ちゃんも紫外線対策をしていきましょう。
しかし日焼け止めクリームなどは、赤ちゃんの肌には刺激となってしまう事も考えられます。
そこで帽子を使ったり長袖の服装をしたりして、紫外線を上手に回避していきましょう。
紫外線の強い夏場はもちろん、冬でも紫外線は降り注いでいます。
一年を通して、紫外線対策は忘れずに行っていきたいですね。

5.栄養バランスの良い食事!

健康で強い肌を作るためには、栄養だって欠かせません。
まだ母乳中心の赤ちゃんの場合は、ママがしっかりと栄養バランスの良い食事をしていきましょう。
母乳は、ママの血液から作られています。
そのためママが食べたものが、母乳の元となってくる訳ですね。
そうなれば、ママがしっかりと栄養を摂取しなければ赤ちゃんに栄養たっぷりの母乳をあげられなくなってしまうのです。
育児で忙しいと、なかなか栄養バランスの良い食事を摂る事は難しいかもしれません。
しかし赤ちゃんの健康な肌と体のため、少しでも栄養バランスの良い食事を心掛けていきましょう。

6.十分な睡眠!

基本的に寝ている時間が多い赤ちゃんですが、睡眠不足になる事がない訳ではありません。
睡眠不足になると、肌の細胞修復が追い付かずに肌トラブルを引き起こしてしまうこともあります。
そのため大人でも赤ちゃんでも、十分な睡眠を取る事は欠かせない要素なのです。
十分な睡眠時間を確保して、より質の良い睡眠が取れる様にしてあげましょう。
部屋の明るさや静かさ、そして温度や湿度にも気を遣ってあげられると良いですね。

まとめ

赤ちゃんのプルプル肌は、ケアしないとすぐに失われてしまいます。
大人よりも刺激を受けやすい、赤ちゃんの肌。
だからこそ毎日のスキンケアをして、しっかりと守ってあげなければならないのです。
そんな赤ちゃんの肌は、ナチュラルシースポンジを使って優しく洗ってあげましょう。
優しく洗ってあげる事は、スキンケアの基本です。
肌の汚れを落とすのに、肌を傷つけてしまっては元も子もありません。
ナチュラルシースポンジは、人の肌と同じアミノ酸でできている大変肌に優しい海綿です。
大切な赤ちゃんの肌を守るために、ぜひナチュラルシースポンジを使っていきましょう!

>ナチュラルシースポンジ公式サイトはこちら!

オススメ記事

自分でやれる事がとても多くなり、なかなかママの言う事を聞かなくなってくる子供。 そんな子供を見ていると、ついつい怒りたくないのに怒ってしまう事も少なくないですよね...

母乳育児はなかなか大変ですよね。赤ちゃんのおっぱいを吸うチカラはものすごくて、それになれていない乳首は痛みでヒリヒリひゃ~っ…涙が出てしまいます。 生後2ヶ月頃、...

2歳の子供がソファで遊んでいたら「ゴギッ」と嫌な音がして「おてて痛い!」とギャン泣きしはじめました。 肩がはずれたのか??手が痛いのか、指なのか、ひじが痛いのか、...

妊娠中は身体中が痒くなってブツブツまでできてびっくり(汗)大変でした… 妊娠すると体の状態はもちろんですが、お肌もどんどん変化していくんです。 普段、あまり肌ト...

娘が1歳を過ぎた頃、たまたま本屋で見つけた「おむつなし育児」という本に感銘を受けて、早速ホーローのオマルを購入。いざトイレトレーニング!と意気込んでみたものの見事に...

「母乳だと免疫力が高まって、赤ちゃんが風邪をひかない」ということを聞いたことがあるというママもいるかと思います。私も年配の方や助産師さんからも言われていたので、赤ち...

子供のころ、首や背中にあせもが出来て痒かったな~という記憶があるママもいるかと思います。 きっとお母さんに何か薬やベビーパウダーを塗ってもらっていたのでしょう。 ...

赤ちゃんの主食となる「ミルク」。 粉ミルクが主流の日本において、ミルクを作る上では「水」が欠かせませんよね。 かと言って、ミルクを作る毎にお湯を沸かすのも大変で...

子供の事故はほんの一瞬で起こります。 ちょっと目を離したすきに…というのも多いですが、目の前でケガをすることもあるんです。 つい先日、娘がドアに指を挟むという事...

最近では晩婚化してきていることもあって、高齢で初産される方も多くなってきているようです。 私自身も39歳で出産したので、ばっちり高齢出産でした。若い時に比べると確...

NEW ENTRY

節分を子供と楽しむには?工作や遊びのアイディア!恵方巻きレシピも

もうすぐ節分ですね。ご家庭でも豆まきの準備を始めたり、恵方巻きの具材を考えて...

母乳がでないのはなぜ?遺伝やダイエットのせい?有効な対策とは?

出産したら、自然と母乳が出てきてて赤ちゃんにあげるのは簡単な事だと思っていました...

天才の子供の頃の過ごし方とは?ピアノや歌、絵で成功するためには?

「ママ見てみて!」と持ってきた作品を見て、「もしかしたら我が子は天才かもしれない...

上の子可愛くない症候群はいつまで?二人目出産後の対処法&乗り越えたママ達の体験談

下の子が産まれてから、なぜか上の子がかわいくないと感じてしまうことを「上の子可愛...

サプリの乳酸菌はアメリカでは定番?便秘やアトピーにも良い?妊娠中も飲める乳酸菌サプリ

あらゆる面において、体に良いと言われている「乳酸菌」。 乳酸菌は、食材から摂っ...

カテゴリー

ページTOPへ