すくすく育児

子供が野菜を嫌いな理由は?なぜカレーなら食べるの?克服方法は?

■公開日:2017年11月9日(木)| 子育て , ,

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。
ママが栄養バランスを考えて作っているご飯だって、そんなのお構いなしに野菜だけキレイに残すのは子供ならではですよね。
なぜ子供は、そんなに野菜が嫌いな子が多いのでしょうか。
しかも野菜が嫌いにも関わらず、カレーなら喜んで食べるなんていうケースも多いものですよね。
この野菜嫌いの謎と、それを克服する方法をご紹介していきます!

目次

  1. 子供が野菜を嫌いな理由
  2. なぜ野菜は必要なの?
  3. カレーなら食べるのはなぜ?
  4. 子供の野菜嫌いを克服する5つの方法
  5. ノビーノ21種のやさいを活用しよう!
  6. まとめ

子供が野菜を嫌いな理由

「子供は野菜が嫌いなもの」と漠然と言われていますが、実はそこにはしっかりとした理由があるんです。
子供の味覚は大人とは少し異なり、ある意味本能が強く働いて味覚を感じているとされています。
ここで言う本能とは、「食べて大丈夫なもの」と「食べたら危険なもの」を感じ取る味覚の事です。
子供は、特にすっぱいものや苦いものを食べません。
これは、すっぱいものは食べ物が腐っている可能性がある味、苦いものは毒を含んでいる可能性がある味、と認識しているからなんですよ。
もちろん大人だって、腐っているものを食べればお腹を壊しますし、毒を摂取すれば体調を崩します。
大人の場合、この判断を目や手触り、ニオイなどで確認する事ができますよね。
しかし子供の場合には、これを味覚だけで判断するんです。
そのため、大人よりも味覚が敏感になっている訳なんですね。

子供が野菜を食べない理由

子供特有の味覚は、野菜に含まれているごく少量の「アルカロイド」という毒性のある成分を感じ取ることが出来ます。
野菜が持つ独特の苦みは、実はこのアルカロイドによるものなんです。
基本的にはこのアルカロイド、人体に大きな影響を与えるものではありません。
しかし子供は、このアルカロイドの存在を敏感に察知して野菜を食べなくなってしまいます。

ナス科に多く含まれるアルカロイドですが、ナスの他にも、ピーマンやジャガイモ、キュウリなどにも多く含まれています。
だから、これらの野菜は子供たちから嫌煙される事が多くなっているんですね。

野菜がトラウマ

野菜を残すと親としては心配になって、どうしても「食べなさい!」なんて言ってしまうものですよね。
特に健康面での心配が募って、無理にでも食べさせたいと思うのが親心とも言えます。
しかしこの親心、子供にとっては「無理やり食べさせられていやだった!」というトラウマを作ってしまう事も。
すると野菜そのものがトラウマとなって、食べられなくなってしまう事もあるんです。

食べず嫌い

大人にもある事ですが、子供でも食べず嫌いになる事はあります。
見た目が苦手であったり、色や形から勝手に味を想像してしまう事もありますよね。
更に親が「嫌い」と言っている食材は、子供も嫌いになりがちです。
こうして、食べていなくても野菜が嫌いになってしまう事もあるんですね。

なぜ野菜は必要なの?

野菜はしっかりと摂るべき!と良く言われるのには、野菜に含まれる栄養素が体に不可欠だからです。
野菜には多くの栄養素が含まれていて、その栄養素が体内で重要な役割を果たしている事も少なくありません。
野菜に含まれるカルシウムやビタミンDは骨や歯の成長を助け、さらにイライラしにくくしてくれる成分です。
そしてクロロフィルやリコピン、ポリフェノールやβカロテンは、免疫力をあげて体を強くしてくれます。
また健康維持や子供の健やかな成長に欠かせないビタミンやミネラルだって、野菜には多く含まれているんですよ。
そのため、野菜をあまりにも食べないと様々な症状が出てきてしまうのです。
野菜不足が原因で現れる症状としては、下記が多くなっています。

  • 身長が伸びない
  • 脳の発達が遅れる
  • 貧血になりやすい
  • 成長が遅れる
  • 便秘になりやすい

こうした症状を起こさないためにも、野菜はしっかりと摂取する必要があるのです。

一日に必要な野菜の量

大人は、一日に350gの野菜摂取が推奨されています。
子供の場合には6歳~8歳が240g、9歳~11歳が290g、12歳になると300gが推奨摂取量となっています。
しかし実際には、平均的な大人でも野菜の摂取量の平均は一日に250g程度と言われています。
つまり大人でさえ、子供が必要な野菜の量をクリアできていない人が多いんです。
一日に必要な野菜を摂るのは、大人でも子供でも大変な事だという事が分かりますね。

カレーなら食べるのはなぜ?

子供が好きなメニューの定番である、カレー。
家庭で作るカレーには、野菜が入っている事が多いですよね。
しかしカレーの場合には、野菜そのものの味よりもカレーの味が強くなっている場合が多いです。
そのため、野菜が苦手な子供でも食べる事ができるんですよ。
カレーの味は非常に濃いので、子供も好んで食べてくれるんですね。
またカレーは煮込むので、野菜の食感が苦手という子供でも食べやすいと言えます。
この様に、子供が好きなメニューに野菜を多く入れてしまうのも野菜を食べてもらう一つの手と言えますね。

子供の野菜嫌いを克服する5つの方法

ぜひ子供にもたくさん食べてもらいたい、野菜。
そんな野菜を食べてもらうための、野菜嫌い克服法を5つご紹介します!

1.野菜の切り方を変えてみる

野菜は、切り方によって味わいが変わります。
例えば玉ねぎは、繊維に沿って切ると苦味が出にくくなります。
トマトは、スライスする様に横向きカットをすると甘味が増して感じられます。
大根やニンジンは、繊維に対して直角に切ると味が染み込みやすくなるんですよ。
こうして野菜の味わいを変えてみると、子供も食べやすくなるかもしれませんね。

2.甘味の強い野菜を食べさせる

子供は、甘いものが大好きです。
そこで、苦味よりも甘味が強い野菜を積極的に取り入れてみましょう。
例えばカボチャの煮付けやとうもろこし、フルーツトマトなど。
こうして食べられる野菜を増やしていくと、自然と野菜が苦手ではなくなってくるものです。

3.家庭菜園を作る

子供と一緒に、家庭で野菜を作ってみましょう。
種を土に植えて、毎日水やりなどのお世話をしてできた野菜。
それは買ってきた野菜とは違って、格別に美味しいことでしょう。
子供も、自分で育てた野菜ならば興味を持ちやすくなります。

4.一緒に買い物して一緒に料理をする

家庭菜園とまではいかなくとも、子供と一緒にスーパーで野菜を選ぶ事も良いですね。
子供が自ら野菜に興味を持ちやすくなります。
またママが料理しているところを見るのも良いですし、一緒に料理をするのも子供には良い経験です。

5.野菜ジュースを活用する

どうしても野菜を食べれないという子供には、野菜ジュースを取り入れてみるのも手です。
野菜の栄養を、ジュースならば簡単に摂取できます。
また野菜ジュースの味に慣れれば、野菜を食べやすくなります。

しかし野菜ジュースにも野菜特有の味があるものです。
そんな味を嫌って、野菜ジュースすら飲めない子供もいますよね。

そこで、お菓子のように美味しく食べれる、「ノビーノ21種のやさい」をおすすめします。

ノビーノ21種のやさいは、野菜で作られた、ミックスフルーツ風味のタブレットです。
これなら、どんな子供でもおやつ感覚で食べる事ができますよ!

>ノビーノ21種のやさい公式サイトはこちら

ノビーノ21種のやさいを活用しよう!

子供でも食べやすいタブレットタイプの、「ノビーノ21種のやさい」。
その名からも分かる通り、21種類の野菜が配合されています。
成分などを詳しく見ていきましょう。

21種類にもなる野菜配合!

ノビーノ21種のやさいに含まれている野菜は、下記の通りです。

  1. 大麦若葉
  2. 苦瓜
  3. チンゲン菜
  4. ケール
  5. ほうれん草
  6. パセリ
  7. ブロッコリー
  8. 桑の葉
  9. 人参
  10. キャベツ
  11. モロヘイヤ
  12. セロリ
  13. 大根葉
  14. よもぎ
  15. トマト
  16. 南瓜
  17. 白菜
  18. 野沢菜
  19. さつまいも
  20. アスパラガス
  21. レンコン

この様に、普段こどもがなかなか口にしてくれない野菜が大変多く含まれています。
また大麦若葉やケールなど、栄養が豊富ですが、普段あまり食事に取り入れられない食材も多いのが嬉しいですね。

体に優しく美味しいタブレット!

ノビーノ21種のやさいは、ミックスフルーツ味に仕上がっている食べやすいタブレットです。
この甘みには、合成甘味料のアスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物が使われています。
合成甘味料と言うと、なんとなく体に悪いものというイメージがある人が多いですよね。
しかしノビーノ21種のやさいに使われているアスパルテームは、わずか6mg。
国際機関のJECFAによる体重15kgの子どもの、アスパルテーム許容量は、一日に600mgです。
つまり大変少量で、体に害のない量となっているんです。
また継続摂取しても問題ない事が分かっている上に、低カロリーで虫歯の原因にもならないんですよ。
美味しい上に体にも優しいので、子供にもおすすめできるタブレットとなっています!

詳しくは、公式サイトをチェックしてみて下さい!

>ノビーノ21種のやさい公式サイトはこちら

まとめ

大人でも野菜不足が深刻化している、現代。
こどもの野菜嫌いは、体に大きな影響を与える可能性も少なくありません。
そこで、野菜嫌いを克服できる様な工夫をしていく必要があるんですね。

野菜ジュースも、野菜の栄養素を簡単に摂取できる方法の一つです。
しかし私自身も、野菜ジュースの独特な味が苦手でなかなか飲む事ができませんでした。
ジュースではなくタブレットがあればどんなに良いか!と思っていたものです。

もちろん私のこどもも例外でなく野菜が苦手で、野菜ジュースも飲んでくれません。
だからこそ、誰でも食べやすいノビーノ21種のやさいは魅力的だと思います。
美味しくお菓子感覚で食べられるのは、こどもにも嬉しいポイントですよね。

野菜嫌いで子供の栄養の偏りに悩むママには、ぜひノビーノ21種のやさいを活用してほしいと思います!

>ノビーノ21種のやさい公式サイトはこちら

オススメ記事

お肌の乾燥は様々な肌トラブルにつながりますので、早めに対処していきたいものです。 ママ自身のお肌の悩みも困りものですが、赤ちゃんや子供の肌トラブルにおいては、それ...

育児に追われる毎日の中で、なんだか最近無性にイライラする… もしやと思って調べてみると、二人目の妊娠が発覚! そんな時、ママは嬉しい反面一人目の妊娠時とは違った...

超音波の様な「キーーーッ!!」という子供の奇声。 いくら可愛い我が子であっても、この奇声にはお手上げのママが多いのではないでしょうか。 また親でさえ耳を塞ぎたく...

赤ちゃんから読み聞かせを行うことは、心と体の成長に良い効果があるということはなんとなく知っていたので、ばあばからプレゼントされた本を早速読み聞かせることに。もちろん...

週末、パパと公園に出かけて帰ってきた2歳半の娘のおでこと首、ウデにはびっしりと赤いあせもが発生(汗)!!! まだ5月だからと油断してました…急に暑くなったのでお肌...

もうすぐハロウィン!街の中はオレンジやブラックに彩られ、ハロウィン飾りで独特の雰囲気に様変わりしていますね。いつもと違う空気にワクワク感も高まります。 せっか...

赤ちゃんミトンはいとこのお下がりでもらいました。 下の子が顔を引っ掻くので皮膚科ですすめられたそうですが、うちも生後2ヶ月から使うことに…。 どうやら顔にできた...

鼻づまりは、大人にとってはたいてい大事ではありませんが赤ちゃんにとっては大事です。 まだ自分で対処できない赤ちゃんは、鼻がつまっていてもどうしたら良いのかわかりま...

ある時期から突然、食事の好き嫌いが激しくなる事ってありますよね。 その一方で、離乳食の時期から好き嫌いがハッキリしている子もいます。 ママは子供の栄養バランスを...

「母乳だと免疫力が高まって、赤ちゃんが風邪をひかない」ということを聞いたことがあるというママもいるかと思います。私も年配の方や助産師さんからも言われていたので、赤ち...

NEW ENTRY

幼児の蕁麻疹は病院へ行く?ストレスや風邪が原因?治らない時は?

突然ポツポツと現れてくる、赤い腫れ。 蚊に刺されたのかな?と思って見ていると、...

子供が野菜を嫌いな理由は?なぜカレーなら食べるの?克服方法は?

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。 ママが栄養バランスを考えて作っている...

赤ちゃんのぐずり対策は音楽や抱っこ?家事の時にほっとくのはあり?

小さい赤ちゃんは、昼夜を問わずにぐずるもの。 そう頭では分かっていても、昼の忙...

本当に美味しいノンアルコールはどれ?おすすめビール、ワインも

妊娠が分かった時から、授乳が終わるまで、女性が飲めないものはなんでしょう? ...

子供が急に甘える心理とは?かわいいけれど甘やかすのは良いの?

夕食を作りながらお風呂の準備もしてと忙しい時間に限って、「ママだっこー」と子供が...

カテゴリー

ページTOPへ