すくすく育児

子供の外遊びが減少?おもちゃやボール遊びはメリットがいっぱい!

■公開日:2017年5月8日(月)| 子育て

一昔前に比べて、外遊びが劇的に減っている現代。
そんな現代では室内でも子供が満足できる遊びがたくさん揃っている環境ではあるものの、外遊びでしか得られないメリットも多くあるんですよ。
外遊びにはどんなメリットがあるのか、そして楽しく遊ばせてあげるためのポイントをご紹介していきます!

目次

  1. 子供の外遊びが減少している?
  2. おもちゃやボール遊びはメリットがいっぱい?
  3. 外遊びは体にも学びにも良い!
  4. 楽しく外遊びをするための6つのポイント
  5. まとめ

子供の外遊びが減少している?

テレビやインターネットといった技術が開発されると共に、子供たちが外で遊ぶ機会はどんどんと減少しています。
公園で友達と集まったとしても、みんなでベンチに座ってゲームをしているなんて事も多いですよね。
昔に比べると遊びの選択肢が著しく増えているので、外での自由な遊びが減少しているのは時代の流れとも言えますね。
しかし外遊びが減少している事で、子供の体力が落ちていると言われる事もあるんですよ。
その要因には、下記のものが挙げられます。

  • インドアでの遊びの多様化
  • ゲーム環境の進化
  • 遊べるスペースの減少
  • 少子化による子供の減少
  • 遊びの規制

昔に比べて現代では子供が自由に遊べるスペースが、大変少なくなっています。
更に少子化によって近所に友達が少ないという現象も、珍しい事ではありません。
また公園で遊ぶにしても、「○○遊びはNG」等の遊びの規制もとても多くなってきているんです。
こうして遊びの自由度が減少している事も、子供の外遊びが減少している大きな要因と言えます。
それに伴って、子供の体力も落ちていってしまっているんです。

おもちゃやボール遊びはメリットがいっぱい?

減少してきてしまっている外遊びですが、子供にとってメリットがとても多くあるんですよ。

おもちゃ遊びのメリット

最近では、低価格で様々なおもちゃが手に入る様になっています。
こうした手軽なおもちゃを使っての外遊びも、子供にとっては大変良い経験となります。

おもちゃには決まりがないため、遊び方にはいくつものパターンがあります。
子供ならではの自由な発想でおもちゃを使う事ができるので、子供にとっては想像力を働かせる事にもなりますね。
また手先を使うので、脳をしっかり刺激してくれると同時に手先も器用になります。

ボール遊びのメリット

ボール遊びは一人でもできますが、二人以上で遊ぶ事が多い遊びです。
おもちゃ同様に様々な遊び方ができるのもメリットですが、他の人と一緒に遊ぶという事を学ぶ事ができます。
また運動神経を鍛えるのにも、ボール遊びは最適です。
体力を付けるという点においても、良い遊び方と言えますね。

しかしボール遊びは、安全面を考慮して大人からは賛否両論となっています。
人に当たるとあぶない上に、走行中の車や家の窓に当たっても危険です。
そうした事情から、公園であってもボール遊びは規制されてしまっている場所も多い様です。

外遊びは体にも学びにも良い!

現代では、子供はどこでもどんな遊びをしても良いとい訳ではありません。
しかし外遊びをするという事は、子供にとって体にも良い上に最高の学びの場となってきます。

青空の下で遊ぶという事

ただ外に出るというだけでも、太陽の光を浴びて体も心も元気になります。
太陽の光には、セロトニンという神経伝達物質を増やす働きがあります。
このセロトニンは、私たちの心身を安定させてくれる効果があるんです。
だからこそ太陽の光を浴びるというだけでも、体にはとても良い効果があるんですよ。

また家の中は、空気がこもってしまいがちです。
青空の下で外の空気を吸いながら遊ぶ事で、体内もしっかりとリフレッシュされる事になります。
これらは子供にはもちろん良い効果を与えますが、大人にも同様にとても良い効果をもたらします。

自然に触れるという事

木や花、生き物などに自分の手で触れてみるという経験は、子供にとって大切な学びとなります。
葉っぱの感触や土の触り心地、花の匂いなどは、自然の中でしか経験できない貴重な学びなのです。
また鳥や虫、魚などの生き物も、子どもにとっては未知のものばかりです。
テレビやインターネットの画面で見るのと本物を見るのでは、そこから得るものは大きく違います。
自然の中でしか経験できない体験をするという意味でも、外で遊ぶという事は大変良い事と言えます。

遊具に挑戦してみるという事

滑り台やジャングルジム、ブランコなどの遊具で遊ぶ事も大変重要です。
これらに挑戦する事で、冒険心や「できなくて悔しい」という気持ちを育てる事にもなるんです。
また他の友達と一緒に遊ぶ場合には、順番を守って遊ぶ事も学べます。
そして、時にはケガをする事もあるかもしれません。
こうしてケガをしたり失敗をする事で、「何をしたら危険なのか」を認識できる様になるんです。

友達を作るという事

外に出れば、少ないながらも他のこどもがいる事が多くなります。
他の子と友達になるという事も、コミュニケーション能力を育てる良い機会となってきます。
偶然居合わせたこどもとどうしたら仲良く遊べるのか、相手は何をしたいのか等を考えられる様になるんです。
また一人遊びだけでなく、友達と一緒に遊ぶ楽しさも知る事ができます。

楽しく外遊びをするための6つのポイント

さてメリットが大変多い外遊びですが、楽しい時間を過ごすためには6つのポイントがあります。
せっかく外での貴重な時間を過ごすのですから、是非ポイントを押さえてより良い時間を過ごして下さいね!

1.紫外線対策はしっかりと!

太陽の光を浴びる事にはメリットが大変多いですが、紫外線対策はしっかりとしておく必要があります。
紫外線は肌にダメージを与えてしまうので、例え子どもであっても対策をしていかなければならないんです。

日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりして、なるべく紫外線が多く当たるのを防いでいきましょう。
またなるべく木陰で遊んだり、簡易テントを立てておくのも良さそうです。
ただしテントは、立てて良い場所が決まっているので注意していきましょうね!

2.害虫対策もしっかり!

自然には、様々な害虫が多くいます。
蜂やアブ等、刺されると危険な虫もいない訳ではないんです。
また最近では蚊でも、危険な感染症を持っているケースがあったりします。
特に温かい日が増えてきたこれからの季節は、害虫も多くなってきます。
こうした危険も、予め対策をしていかなければなりません。
虫よけスプレーや虫よけバンドを使ったりして、なるべく害虫を寄せ付けない様にしていきましょう。
またなるべく肌の露出の少ない服装を選ぶ事も、良い対策となってきます。

害虫対策に関しては、親が子どもに「これは危険!」という事を教えておく事も大切です。
子どもは、どれが危険かまだ判断ができません。
だからこそ予め危険なものを教えておき、万が一の時の対処法も教えておくと良いのです。

3.動きやすい服装で!

外で遊ぶ時は、なるべく動きやすい服装をさせてあげましょう。
動きやすければ、その分しっかりと体を使って遊ぶ事ができます。
またたくさん汗をかいたりして汚れる事も多いので、着替えは用意しておくと便利です。

4.水分補給はこまめに!

水分補給は、なるべくこまめにさせてあげましょう。
外で遊んでいると、楽しくてついつい水分補給を疎かにしがちです。
しかし水分補給を長時間しないでいると、熱中症などの症状が出てしまう事もあるんですよ。
外へ出る時は、水筒などで飲み物を用意しておくと良いですね。
また公園には飲み水も用意されている場所も多いので、これを利用しても良さそうです。

5.遊び終わったら手をしっかり洗う!

特に小さい子供の場合には、手を口に入れてしまう可能性もあるので手をしっかりと洗う事が大切です。
公園には、猫や鳥などが出入りしているケースも多くあります。
こうした動物などによって汚染された土を触った手を口に入れてしまうと、思わぬ感染症になってしまう事もあるんです。
中でも砂場遊びをした際には、入念な手洗いが必要となります。
これはこどもに限らず、大人でも同様に手洗いを徹底していかなければなりません。

6.ケガをしたらすぐに綺麗に洗う!

転んだりしてケガをしてしまった場合には、すぐに患部を綺麗に洗っていきましょう。
土や石が傷口に残っていると、傷が治りにくくなってしまうからです。
元気に遊んでいれば、小さなケガは付き物と言えます。
しかしどんなに小さなケガであったとしても、しっかりと洗ってケアをしてあげる事が大切なんです。
子どもの自然治癒力は大変高いですが、必要最低限のケアは必ずしてあげましょう。

まとめ

親世代に比べて外で遊ぶ機会が激減している、現代のこどもたち。
しかし外遊びでしか得られない経験は、数えきれない程多くあります。
こうした経験は、外遊びの代わりに何かで埋められる様なものでもありません。
だからこそ外遊びがしにくい環境ではあるものの、少しでも外へ出る事が大切なんです。

屋内での遊びにももちろん、メリットも学びも多くあります。
そのため外遊びと屋内遊びを、バランス良く両方楽しめる環境を作ってあげられると良いですね。
また外遊びをする際には、より快適に遊べる様に親が工夫してあげる事も大切です。
そして公園にも独自のルールがある場所が多いので、遊ぶ前に親が必ずチェックしてあげましょう。

こうして外遊びが楽しくなる様な環境を整えてあげれば、こどもも外遊びをしっかりと楽しんでくれるはずです。
過保護にする訳ではありませんが、予め遊びやすい様な配慮をしてあげるのは親の役目とも言えるんです。
また子供の外遊びに付き添う親も、しっかりと紫外線や害虫対策をしていきましょう。
ちょっとした工夫を重ねて、親子で楽しく外遊びをしてたくさんの経験をしていける様になると良いですね!

オススメ記事

ミルクやおっぱいの後に「げっぷがうまく出せない」「出し方は聞いたけどできない」と悩んでいるママは多くいます。「赤ちゃんは自分でげっぷができないからママが出させてあげ...

短い様で長かった妊娠期、そして壮絶な出産を終えたママ。 赤ちゃんが産まれてから、今度は「産褥期」という期間に入ります。 意外と知らない人も多い産褥期ですが、ママ...

育児が始まったとき、ママもパパも育児レベルは同じ地点からスタートします。ところが、子どもが1歳、2歳と大きくなるに従って、いつの間にかママに大きく水をあけられて...

我が子の言葉の発達は、どの親も大変気にするものです。 もしかして、周りの子よりも遅いんじゃないか…そんな考えが頭を過ぎった日には、ママは何としても遅れを取り戻そう...

寝る時は川の字でまっすぐ寝ていたのに、ふと見たら子供が180度回転している! 布団から飛び出てしまっていて、ママは眠い目をこすりながら子供を何度も布団へ戻す毎日…...

週末、パパと公園に出かけて帰ってきた2歳半の娘のおでこと首、ウデにはびっしりと赤いあせもが発生(汗)!!! まだ5月だからと油断してました…急に暑くなったのでお肌...

赤ちゃんは生後5ヶ月頃から離乳食デビューします。小さじ1杯の10倍がゆから始まって7~8ヶ月に訪れる卵の壁…特にお肌が弱かったりすると卵アレルギーが心配というママも...

子育てって想像していたよりも、ずっとずっと疲れます。こどもができる前の、仕事や運動とか遊びすぎでヘトヘトに疲れたという感覚とは全く違いますよね。 なんせ自分の時間...

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。 ママが栄養バランスを考えて作っているご飯だって、そんなのお構いなしに野菜だけキレイに残すのは子供ならではですよね。 な...

子供って、常に動き回っていて落ち着かない事が多いですよね。 好奇心旺盛にどんどん行動するのはもちろん良いですが、その一方で集中力がないのでは?と心配になる親も多い...

NEW ENTRY

幼児の蕁麻疹は病院へ行く?ストレスや風邪が原因?治らない時は?

突然ポツポツと現れてくる、赤い腫れ。 蚊に刺されたのかな?と思って見ていると、...

子供が野菜を嫌いな理由は?なぜカレーなら食べるの?克服方法は?

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。 ママが栄養バランスを考えて作っている...

赤ちゃんのぐずり対策は音楽や抱っこ?家事の時にほっとくのはあり?

小さい赤ちゃんは、昼夜を問わずにぐずるもの。 そう頭では分かっていても、昼の忙...

本当に美味しいノンアルコールはどれ?おすすめビール、ワインも

妊娠が分かった時から、授乳が終わるまで、女性が飲めないものはなんでしょう? ...

子供が急に甘える心理とは?かわいいけれど甘やかすのは良いの?

夕食を作りながらお風呂の準備もしてと忙しい時間に限って、「ママだっこー」と子供が...

カテゴリー

ページTOPへ