すくすく育児

性別がエコー写真で分かるのはいつ?男の子と女の子の見分け方は?

■公開日:2017年4月30日(日)| 出産, 妊婦

妊娠が分かると、どうしても気になって仕方がないのが「赤ちゃんの性別」ですよね。
元気に産まれてくれればどちらでも良い!と考えつつ、どっちなのかついつい考えてしまうというママも多いはずです。
実際、赤ちゃんの性別はいつ決まるのでしょうか?
そしてエコー写真で性別が分かる様になるのは、一体いつ頃からなのでしょうか。
そんな赤ちゃんの性別に関する疑問を、詳しく解説していきます!

目次

  1. 赤ちゃんの性別はいつ決まる?
  2. 性別がエコー写真で分かるのはいつ?
  3. 男の子と女の子の見分け方は?
  4. 意外と当たる?!赤ちゃんの性別ジンクスまとめ
  5. まとめ

赤ちゃんの性別はいつ決まる?

赤ちゃんの性別は、受精した時に既に決定しています。
赤ちゃんの性別を決めるのは、23番目の染色体とされています。
染色体は「XX」と「XY」の2通りの組み合わせがあり、XXなら女の子でXYなら男の子となるんです。
そもそも卵子にはX染色体のみしかないので、精子が持つX染色体とY染色体が性別を決めるカギとなってきます。
このどちらが卵子のX染色体に受精するかによって、赤ちゃんの性別は決定されていくんです。

希望した性別の赤ちゃんが産める!?

最近では希望の性別を産み分ける、「産み分け」が浸透しつつあります。
これは、X染色体とY染色体が持つそれぞれの特徴を利用したものなんですよ。
女の子を作るX染色体は、酸性に強く寿命が比較的長いとされています。
これに対して男の子を作るY染色体は、アルカリ性に強く寿命が短いのです。
更に女性の膣内は、排卵日が近付くとどんどんとアルカリ性になっていく事が分かっています。
こうした染色体の特性と膣内のpHを利用して、希望の性別の染色体が受精しやすい状況を作るのが「産み分け」なのです。
しかしこの産み分け、100%必ず成功するという訳ではありません。

産み分けが100%確実ではないのは何故?

よく排卵日2~3日前の行為で受精した場合には女の子ができやすく、排卵日当日ならば男の子ができやすいと言われています。
これはまさに染色体の特性と膣内のpHによる考え方で、この方法で産み分けに成功したという夫婦も多くいます。
しかし排卵日当日の行為だったとしても、女の子が生まれる可能性は十分にあるんですよ。
各染色体の特徴として挙げたpHの特性は、あくまでも「○○に強い」というだけです。
酸性だからY染色体が生きられない、アルカリ性だからX染色体が生きられないという訳ではありません。
つまりこれらは、本来50%ずつである性別の確率を少し上げる程度でしかないと言えるんです。

性別がエコー写真で分かるのはいつ?

受精した際には既に決まっている赤ちゃんの性別ですが、ある程度成長しないと見た目で判別する事は出来ません。
妊娠中に性別を知る手立てとしては、エコー検査が唯一の方法となっていますよね。
エコーでは、子宮内の様子をリアルタイムで確認する事ができます。
ママにとっては赤ちゃんの様子を確認できるエコー検査が、待ち遠しく感じる方も多いですよね。

赤ちゃんの体は、細胞分裂によってものすごい速さで作られていきます。
最初は点でしかみえなかった細胞の塊が、どんどんと人間の形となっていくんです。
そして妊娠4ヶ月程になると、やっと人間らしい見た目となってきます。
しかし性別を判別できるのは、早くても妊娠5ヶ月に当たる16週頃からとされているんです。
一般的には20~22週頃に性別が分かるというケースが多い様ですが、中には臨月まで分からなかったというケースもあるんですよ。

またエコーで確認できる性別は、100%確実というものではありません。
男の子だと思っていたのに女の子だった、女の子と言われていたのに男の子だったという事も少なくないんです。
これは、エコーの精度やエコー検査時の赤ちゃんの状態に大きく関係してきます。
エコーは鮮明な画像ではないため、確実な判断ができるものではないんです。

男の子と女の子の見分け方は?

確実ではないにしても、性別を見分ける方法は存在します。
その方法を、それぞれの性別毎に見てみましょう。

男の子の場合

男の子の場合、見分ける方法は「男の子のシンボル」が一番とされています。
足の間に突起物の様なシンボルが見えれば、男の子と判断される事が多い様ですね。
大変分かりやすい判別方法なので、比較的早い時期でも分かる事が多いとされています。

しかし稀に、シンボルだと思っていたものが「へその緒」だったという事もあるんですよ。
産まれてみて女の子でびっくり!なんていうケースでは、後から「あれはへその緒だったのね」なんて判明するのです。

女の子の場合

女の子の場合にも、「女の子のシンボル」が見分け方のポイントとなってきます。
男の子と違って比較的分かりにくい女の子のシンボルですが、一般的に「木の葉マーク」や「コーヒー豆」なんて言われます。
足の間に突起物がなく、三本線で木の葉やコーヒー豆の様なマークが見えれば女の子です。
ただし大変分かりにくいので、女の子の場合には「子宮」も見分け方の一つとなってくるんですよ。

エコーで見ると、赤ちゃんの体には黒くて丸い点が写ります。
男の子の場合、それは膀胱で点は一つだけとなります。
それに対して女の子は、膀胱と子宮が点となって見えるのです。
この方法は、シンボルよりも確実な判断ができるとされているんですよ。
しかし赤ちゃんの体の向きによっては、見えない事も多い様です。

足の間の突起物の有無がポイント?!

こうして見分け方を見てみると、足の間に突起物があるかないかが一番のポイントとなってきそうですよね。
しかし16週頃の赤ちゃんには、男の子でも女の子でも突起物の様なものが見える事が多いと言います。
そのため、突起物があるから男の子!と断言できる訳ではないんです。
こうした理由もあり16週では、性別を判断するにはまだまだ早い時期とされています。
20週以降まで待って、性別を確認した方が確実性は高そうですね。

最近では、医療機関によって性別を伝えるか伝えないかの方針が全く異なっています。
「産まれてからのお楽しみ!」という方針の医療機関もあれば、「性別が分かり次第伝える」という医療機関もあるんです。
これには医療機関それぞれの考え方があるので、性別を早めに知りたい場合には医療機関の方針も確認しておくと良さそうですね。
また妊婦健診の他に、他の医療機関でエコーを確認したりする事も可能です。
最近人気となっている「4Dエコー」も、妊婦健診とは別に導入している医療機関へ出向いてチェックしにいくママも多いんです。
医療機関の方針で性別が聞けないというママは、他の医療機関にも問い合わせてみると良いですね。
ただし妊婦健診ではないため、実費での検査となってしまう可能性が高いので注意しましょう。

意外と当たる?!赤ちゃんの性別ジンクスまとめ

現代と違って、昔はエコー等が存在せずお腹の赤ちゃんの性別を知る事は出来ませんでした。
そのため、様々なジンクスで性別を予想していたんですよ。
これは現代でも当たる事が多いと言われているので、いくつかご紹介していきますね!

お腹が前に出てきたら男の子

妊娠週数が上がるにつれて、どんどん大きくなるお腹。
そのお腹が前に出てきていたり尖っている様な形をしていたら、男の子だと言われています。
そして横に膨らんできて、丸い形に大きくなっていく様なら女の子です。

甘いものが食べたくなったら女の子

妊娠を機に、食べ物の好き嫌いが変わるママは多くいます。
ここで、お肉やしょっぱいものが好きになったら男の子。
逆に甘いお菓子やスイーツばかり食べる様になったら女の子と言われています。

顔付きが柔らかくなったら女の子

ママ自身ではなかなか気づきにくいものですが、ママの顔付きも性別ジンクスに入っています。
柔らかい顔付きになったら女の子、ちょっと強い顔付きになったら男の子と言われています。

左手の脈拍が強ければ男の子

基本的に妊娠中は脈拍が上がるとされていますが、左右の手首の脈拍の差を量っていきます。
左手が強ければ男の子、右手が強ければ女の子と予想されます。

五円玉が横に揺れたら男の子

意外にも的中率が高いとされているのが、この五円玉を使ったジンクスです。
糸を通した五円玉をお腹の前にぶら下げて、五円玉が横に揺れたら男の子。
五円玉が円を描く様に回ったら、女の子と言われているんです。

胎児性別判定キットがある?!

こちらはジンクスではありませんが、妊娠検査薬の様に尿検査によって性別を判別するキットです。
ブルーが出れば男の子、ピンクになれば女の子となっています。
値段は2000円程ですが、その正確性は分かっていません。
医師でもはっきりと判別できない性別ですから、尿検査で正確な判定はできなそうですよね。
しかしながら「当たった!」との評判も多く聞かれるので、お楽しみ程度に検査してみるのも良さそうです。

まとめ

赤ちゃんの性別は、気になってしまって気が気ではないという妊婦さんも多い事でしょう。
筆者ももちろんその一人で、エコーを毎日見返していたりしました。
特に「男の子が欲しい!」「女の子が欲しい!」という明確な希望がある場合には、早く性別が知りたい事でしょう。
また早く性別が分かれば、出産後の赤ちゃん用品を買い揃えるのにも役立ちますよね。
名前も決めなければならないので、やはり大半の夫婦が早く性別を知りたがるのも納得です。

しかし現代の技術では、妊娠中に正確な性別判断をする事はできません。
ある程度予測をする事は可能ですが、医師でさえ100%確実に判断する事は不可能なのです。
ですが例え希望の性別の赤ちゃんではなかったとしても、産まれてみれば可愛い我が子である事に違いはありません。
妊娠期間は約10ヶ月程と長いですが、その間はジンクスなどで楽しみながら誕生を待つのも良さそうです。
赤ちゃんは授かりものと言われますが、性別もまさに授かりものと考えておくと良いかもしれませんね!

オススメ記事

お肌の乾燥は様々な肌トラブルにつながりますので、早めに対処していきたいものです。 ママ自身のお肌の悩みも困りものですが、赤ちゃんや子供の肌トラブルにおいては、それ...

妊娠中はさまざまなカラダの変化が起こりますが、口の中も同じです。 虫歯や歯周病になりやすいので、いつも以上にケアすることが必要なんです。悲しいかな…30代後半をす...

乳酸菌サプリってほんとにいろんな商品がありすぎて、選ぶのに迷ってしまいますよね。 産後は特に、便秘や慣れない育児のストレス等で肌あれになったり…何かコレだ!という...

妊娠を心待ちにしてしている妊活中、いざ妊娠検査薬で陽性がでたら産婦人科を受診することになりますよね。でも初めて産婦人科を受診する時って緊張するんですよね…診察時の服...

妊娠中は貧血になりやすく疲れやすいため、鉄分を積極的に摂るように言われています。 貧血の原因として最も多いのは、鉄分が不足して起きる「鉄欠乏性献血」で、妊娠貧血と...

授かった赤ちゃんは健康なのか、無事に産まれてきてくれるのか、気になるのが親というものです。 現在、数多くの病気や障がいが存在します。 それは妊娠中に発症するもの...

髪の毛は見た目の印象をかなり左右しますから、妊娠中もできるだけ良いコンディションを保ちたいものですよね。 ただ妊娠中は、それまで普通に使えていたシャンプーが合わな...

つい先日、健康診断でレントゲンを撮ったのですが、ちょうど排卵日あたりだったので何か影響があったらと心配に。ここ何ヶ月か基礎体温を毎日つけ、まじめに妊活に取り組んでい...

妊娠中に動悸がしてくると、何かと心配になる事が多いものです。 何か赤ちゃんに良くない事が起こっているんじゃないか…この息苦しさがずっと続くんじゃないか… そんな...

妊活中っていろんなものに目がいきますよね~。 たまたま「金スマ」を見ていたら、血管を鍛えて体の細胞を元気にできる「ゾンビ体操」っていうのをやっていました。ゾンビみ...

NEW ENTRY

幼児の遊びに悩むママ必見!室内で何して遊ぶ?年齢別の遊びの種類

猛暑が到来しましたね。真夏の強烈な日差しの下でも子どもは元気いっぱいです。し...

産後の正中線はいつ消える?濃いと消えない?おすすめのクリームは?

妊娠後期になると特に目立ってくる事の多い正中線。 妊娠線はできなくても、正中線...

さい帯血とはどんなもの?出産時に保存や提供できるバンクがある?

出産時にしか採取できない貴重な「さい帯血」。 いま、子供の将来のためにさい帯血...

ヴィーナスプラセンタEXの効果と口コミは?!楽天でも買える?

美容成分の中でも高い人気を誇っている「プラセンタ」。 数あるプラセンタ商品の中...

子供が集中力ない!持続時間を伸ばすには?習い事や本が効果的?

子供って、常に動き回っていて落ち着かない事が多いですよね。 好奇心旺盛にどんど...

カテゴリー

ページTOPへ