すくすく育児

女の子を妊娠したい!妊娠するには食べ物やジンクスが良い方法?!

■公開日:2016年12月12日(月)| 妊活, 赤ちゃん ,

子供の性別は、妊娠中期にならないと分かりません。
産まれてから、予想していた性別と違った!なんて事もある位ですよね。
性別は親が決められるものではありませんが、出来れば希望の性別の子が欲しい!と願うママは多いのではないでしょうか。
特に2人目や3人目を考えた時には、性別の希望が出てくる夫婦が増えてきます。
そんな夫婦のために、今回は「女の子」を妊娠する方法をご案内します!

目次

  1. 赤ちゃんの性別はこうやって決まる!
  2. 女の子を妊娠するには食べ物やジンクスが良い?
  3. 女の子が欲しいなら、ハローベビーゼリー!
  4. リスクはないの?
  5. まとめ

赤ちゃんの性別はこうやって決まる!

hello1

赤ちゃんの性別は、受精卵になった時に既に決定しています。
性別を決めているのは染色体で、精子によって決まると言われています。
精子にはX染色体とY染色体の2種類があり、X染色体が受精すると女の子・Y染色体が受精すると男の子が産まれる事になります。
受精卵となり着床し細胞分裂を繰り返していく中で、最初は全員女の子の形をしているのだそうです。
しかし9週目頃に入ると男性ホルモンが作用して、男の子へと変わっていくと言います。
そして更に成長して、早いと12~13週目頃には性別が分かる様になってきます。

ほぼ確実に性別を知る事が出来るのは20~22週目とされていますが、病院によっては性別を教えてくれない所もあるそうです。

またエコーで確認していても、産まれてみたら違った!というケースも多くあります。
胎内で性別を知る方法は現在エコーのみですから、エコーでは性別を確実に判断する事はできないんですね。

妊娠すると、ママは赤ちゃんが男の子か女の子か早く知りたくてウズウズしますよね。
希望の性別がある場合には特に、性別が気になって仕方ないという方も多い事でしょう。
しかしママが妊娠に気付いた時には、既に赤ちゃんの性別は決まっているという事になるのです。

女の子を妊娠するには食べ物やジンクスが良い?

hello2

昔から、希望する性別の赤ちゃんを妊娠するための「産み分け」という方法が存在しています。
そのほとんどが、「体内のPHをコントロールする」方法です。
このPHは、それぞれの性別を形作る染色体に大きな関わりがあります。
女の子を作るX染色体は酸性に強く、Y染色体はアルカリ性に強いという特徴があるのです。
そのため女の子が欲しいのならば、X染色体が受精しやすい様に女性の体内を酸性にすれば良いという事なんです。

特に昔から行われてきた産み分けとしては、「食べ物」が挙げられます。
女の子が欲しい場合には、旦那さんがアルカリ性食品である草食、妻が酸性食品である肉食となれば良いと言うのです。
しかしこれは妊娠する3ヶ月程前からの食生活をコントロールする必要があり、あまりにも偏った食事となってしまう事が懸念されています。
また、科学的に産み分けを実証している訳でもないと言います。

他にも、ジンクスとされる女の子の産み分け方法は多くある様です。

  • 寝室にピンクのものを置く
  • クローゼットに女の子の靴下を入れておく
  • 子作りの後にジャンプする
  • 沢山キスをする
  • 寝室の照明を蛍光灯でなく電球にする

これらはあくまでもおまじないや風水、ジンクスとなりますので、科学的根拠はありません。
しかし効果がないとされている訳でもありませんので、実践してみるのも良さそうですね!

女の子が出来やすい環境

通常の妊娠における女の子が生まれる確率は、50%です。
この確率を少しでも上げるためには、子作りをするタイミングも重要なポイントとなってきます。
精子の寿命は2日~1週間程と比較的長いのに対し、卵子の寿命は12~36時間とかなり限定されています。
つまり卵子が排出される排卵日のタイミングでも、卵子が生きている間でなければ妊娠は成立しない事になります。
この厳しい条件にプラスして、排卵日に近付くと女性の体内はどんどんとアルカリ性に近付いていくとされています。
そのため排卵日に子作りをすると、男の子が出来る確率が上がるんです。

こうした条件を考慮すると、女の子が欲しい場合には「排卵日の2~3日前」に子作りをすると効果的とされています。
また比較的あっさりとした子作りの方が、女性の体内が酸性を保ちやすく女の子が出来やすいとも言われています。
しかしこれらは女の子になる確率を少しでも上げるためのものなので、確実に女の子が出来る訳ではないのです。

女の子が欲しいなら、ハローベビーゼリー!

hello3

どうしても女の子が欲しいママにおススメしたいのが、「ハローベビーガール」です。
これは、「ハローベビーゼリー」と呼ばれる産み分けゼリーの女の子を産み分けるための商品です。
このゼリーは子作り時に体内のPHをコントロールして、希望の性別の染色体が受精しやすい様にするものです。
前項でお話ししました様に、女性の体内は排卵日に近付くとどんどんとアルカリ性になっていってしまいます。
そのため女の子を授かるためには、体内がまだ酸性のうちに子作りをする必要があるんです。
しかし子作りのタイミングが早すぎても精子の寿命が来てしまう可能性があるので、女の子を産み分けるのは難しいとも言われています。

ハローベビーガールは、子作りする際に使用して女性の体内のPHを人工的に調節していきます。
排卵日に向けてアルカリ性になっていく体内を、ハローベビーガールを使用する事により酸性にする事ができるのです。
これにより、酸性に弱い男の子を作るY染色体は数が激減する事になります。
そして、X染色体が受精する可能性を格段に上げる事が出来るのです。
もちろん100%X染色体が受精する訳ではありませんが、確率をかなり上げる事が可能なんです。

どんな成分が入っているの?

hello4

ハローベビーガールは体内に挿入するものですので、当然その成分が気になりますよね。
ハローベビーガールに使用されている成分は、どれも体に無害なものばかりを使用しています。
今回は、新しく発売されている「ハローベビーガールプレミアム」の成分をご紹介します。

  • ポリアクリル酸Na
  • 水溶性コラーゲン
  • アロエベラ液汁
  • クエン酸
  • フルクトース
  • 塩化Na
  • リン酸
  • EDTA-2Na
  • 安息香酸Na

これらが、ハローベビーガールプレミアムに含まれる全成分です。
大切な赤ちゃんに関わるものですから、こうして全成分を開示している商品は安心できますよね。
またしっかりと管理された工場で製造された、安心の「日本産」の製品です。
産み分けゼリーは他にもありますが、そのほとんどが海外製のものばかりです。
品質に定評のある日本製という点も、ママにとっては大変安心できるポイントと言えそうですね。

また全てのパッケージが、衛生面や使いやすさを考慮した「使い切り」となっています。
更に何の準備もなしにすぐに使用できる点も、大変有り難いメリットです。
この様にハローベビーゼリーは、単に産み分けの道具ではなくママの不安を払拭できる安心な工夫がたくさん詰まった製品なのです。

>ハローベビーゼリー公式サイトはこちら

リスクはないの?

hello5

さて産み分けゼリーで気になるのは、何を置いても「赤ちゃんへのリスク」ではないでしょうか。
自然妊娠でも赤ちゃんに先天的な異常が発生する確率は、約100人に4人と言われている現在ですから心配になるのは当然ですよね。
しかし産み分けゼリーによるリスクは、現在のところ報告されていないと言います。
これはハローベビーゼリーの成分が体にほとんど無害であるという点と、安心の国内産であるという事が理由に挙げられます。
ママの体をなるべく自然な形でPHを調整する事が目的なので、こうしたリスクを負う可能性は極めて低いと言えるんです。

但し、先天性異常は誰にでも起こる可能性があります。
産み分けをしてもしなくても、健康児が生まれる確率は96%なのです。
こうした妊娠そのもののリスクはしっかりと理解した上で、産み分けは挑む必要があります。
妊娠するという事は、4%ながらリスクを負う可能性も視野に入れておかなければなりません。
また万が一希望の性別の赤ちゃんを授からなかったとしても、しっかりと育てていく覚悟も必要です。
産み分けゼリーはあくまでも希望の性別の赤ちゃんが授かる可能性を上げるもので、100%希望の性別の赤ちゃんを授かれるものではありません。
元々50%の確率のものが80%程に上がる、位の気持ちで挑む必要があるのです。
それでも科学的には産み分けは可能とされていますので、産み分けゼリーと子作りのタイミングも加味してより確率を上げていく事は可能と言えそうです。

>ハローベビーゼリー公式サイトはこちら

まとめ

hello6

ハローベビーゼリーは、産み分けのために体内のPHを調整するためのゼリーです。
その成分のほとんどは体に無害なもので、衛生面にも定評のある国内産の安心安全さを誇っています。

赤ちゃんの性別は、精子の染色体によって決定されます。
女の子が欲しい場合には、X染色体が受精しやすい環境を整えなければなりません。
そのためX染色体が受精しやすい環境である排卵日の2~3日前に、あっさりとした子作りをすると効果的と言われています。
そしてハローベビーガールを使用する事で女性の体内を酸性にし、X染色体が受精する確率をぐんと上げる事ができるんです。

ハローベビーゼリーは、この度従来のシリーズと併せて「プレミアム」シリーズが発売となりました。
今までのハローベビーゼリーにプラスして、よりX染色体が活動しやすく浸透しやすい様に改良されています。
数々の安全試験をクリアしているハローベビーゼリーですから、心配性なママも安心して使って頂ける商品となっています。
どうしても女の子が欲しいママ、是非ハローベビーゼリーでストレスなく産み分けにチャレンジしてみませんか?!

>ハローベビーゼリー公式サイトはこちら

オススメ記事

妊活中に膀胱炎の症状を訴える女性が案外多いようです。 私の場合、排卵日の仲良しの翌日に腹痛が…もしや!受精成功?とウキウキしていたら、なんとその翌日の夜、1時間も...

子供がかかりやすい病気の一つとして、手足口病があります。 手足口病は名前は聞いた事があっても、実際どんな病気か知っている人は少ないのではないでしょうか。 今流行...

妊活をがんばっている皆さん。 食事や適度な運動などで体質改善に努めている方も多いと思いますが、実は見落としがちな原因が不妊の理由になっていることがあります。 ...

妊活中はどうしてもストレスが溜まってしまいますよね。月に一度しかない排卵日なのに旦那が仕事で帰ってこなかったり、色々と考えすぎて眠れなくなったり…。さらに、生理が来...

つい先日、健康診断でレントゲンを撮ったのですが、ちょうど排卵日あたりだったので何か影響があったらと心配になりました。 ここ何ヶ月か基礎体温を毎日つけ、まじめに妊活...

「どうしても女の子が欲しい!」「一人目が男の子だったから次は女の子!」等、様々な理由で産み分けを希望するママが増えています。昔から性別は選べないと言われてきましたが...

なにもしなくても母乳がたくさん出るという方もいらっしゃいますが、母乳がでなくて悩んでいるママもいます。私自身も赤ちゃんに母乳が足りていないのでは…と心配になることも...

妊娠中は身体中が痒くなってブツブツまでできてびっくり(汗)大変でした… 妊娠すると体の状態はもちろんですが、お肌もどんどん変化していくんです。 普段、あまり肌ト...

短い様で長かった妊娠期、そして壮絶な出産を終えたママ。 赤ちゃんが産まれてから、今度は「産褥期」という期間に入ります。 意外と知らない人も多い産褥期ですが、ママ...

子供の死因の原因で多いのは不慮の事故なんだそうです。 うちの娘はずりバイが出来るようになったころ、私がふと後ろを向いていた3秒位の間にベッドから転落…こりゃ大変だ...

NEW ENTRY

手作りクリスマスパーティーで子供を喜ばせるには?ツリーやプレゼントも

クリスマスまであと少し。今年のクリスマスも思い出に残る楽しいパーティーにした...

子供が歯磨きを嫌がる!泣くのは歯磨き粉が原因?仕上げ磨きは必要?

毎日の育児の中でも、なかなか上手くいかない事が多いのが「歯磨き」です。 虫歯に...

幼児の蕁麻疹は病院へ行く?ストレスや風邪が原因?治らない時は?

突然ポツポツと現れてくる、赤い腫れ。 蚊に刺されたのかな?と思って見ていると、...

子供が野菜を嫌いな理由は?なぜカレーなら食べるの?克服方法は?

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。 ママが栄養バランスを考えて作っている...

赤ちゃんのぐずり対策は音楽や抱っこ?家事の時にほっとくのはあり?

小さい赤ちゃんは、昼夜を問わずにぐずるもの。 そう頭では分かっていても、昼の忙...

カテゴリー

ページTOPへ