すくすく育児

女の子を産み分ける方法3選!産みわけられる確率はどれくらい?

■公開日:2016年4月26日(火)| 妊活 ,

「どうしても女の子が欲しい!」「一人目が男の子だったから次は女の子!」等、様々な理由で産み分けを希望するママが増えています。昔から性別は選べないと言われてきましたが、最近では希望した性別での産み分けを成功させている例が多くなってきました。産み分けは本当に可能なのでしょうか。またどんな方法が、一番効果的なのでしょうか。

目次

  1. 女の子を産み分けられる確率は?
  2. 女の子を産み分ける方法3選!
  3. ハローベビーゼリーがおすすめな理由!
  4. 安心できる方法で安全な産み分けを!
  5. まとめ

女の子を産み分けられる確率は?

hellobaby1

現在多くの方が挑戦している産み分けですが、実際本当に産み分けができるのか不安に思っている方も多い事でしょう。
しかし科学がどんどん進んでいる昨今、理論上は産み分け可能とされています。
その確率は男の子の産み分けで80~90%、女の子の産み分けでは70~80%と言われています。
どちらも確実に成功させる事は現状できませんが、その成功確率はかなり高くなってきていると言えます。
しかし何故女の子の産み分けの方が、確率が低いのでしょうか。
その理由は、どうやら受精環境にある様です。

受精環境をコントロールしよう!

赤ちゃんの性別は、受精した瞬間に決まります。
その瞬間に性別を決めるのは、パパの精子だと言う事が分かっています。

膣内に入った精子は、卵子に向かって勢いよく泳いでいきます。
その精子には大きく分けて2種類存在しており、男の子をつくるY精子と女の子をつくるX精子と呼びます。
Y精子が卵子と受精した場合は男の子、X精子が卵子と受精した場合には女の子が産まれるのです。
つまりY精子とX精子のコントロールができれば、理論上産み分けは可能だと言える事になるのです。

Y精子とX精子にはそれぞれに特徴があり、Y精子はアルカリ性に強く、X精子は酸性に強いという事が分かっています。
この特徴を活かし膣内の環境をコントロールする事で、産み分けを行う方法が主流となっています。

酸性とアルカリ性

男の子をつくるY精子は、女の子をつくるX精子の約2倍多く存在します。
これは通常膣内が強い酸性である事が、大きく関係しています。
アルカリ性に強いY精子は酸性に弱いため、約2倍も多く存在していても実際はX精子と同じ位の受精率になってくるのです。
しかし女性の排卵日が近付くと、膣内はどんどんとアルカリ性が強くなっていきます。
するとアルカリ性に強いY精子の方が、受精の確率が高くなってくるのです。
こうした事から、男の子の産み分けの方が確率が高いとも考えられます。
またこの事が、女の子の産み分けの確率が少し低くなっている原因とも言えます。

男の子の産み分けより難しいとされる、女の子の産み分け。
実際にどの様に産み分けをしていくのでしょうか。
また、より確実に産み分けをする方法はあるのでしょうか。

女の子を産み分ける方法3選!

女の子を産み分ける方法には、3つの方法があります。
それぞれの方法を見てみましょう。

1.タイミング法

hellobaby2

女の子ができやすい膣内環境の日を選んで、パパと仲良くする方法です。
排卵日は、膣内が一番アルカリ性になっている日です。
そのため排卵日に仲良くすると、アルカリ性に強いY精子が受精する確率が高くなり男の子ができやすくなってしまいます。
つまり女の子の産み分けのためには、排卵日の2日前に仲良くする事が重要なのです。
また膣内の酸性度をなるべく保つために、あまり盛り上げずに淡白な行為をすると良いとも言われています。

卵子は12時間~36時間の寿命なのに対し、精子は2日~数日の寿命があります。
排卵日の2日前に仲良くした場合、膣内のアルカリ性もはまだそんなに強くなっていません。
するとX精子が長く存在できる酸性の膣内環境で、排卵日に降りてきた卵子と受精できる確率が上がるのです。

このタイミング法は手頃に始められる方法ですが、排卵日を正確に知る必要があります。
排卵日を知るには、基礎体温をつけてみるか排卵検査薬を使う等の方法が良いでしょう。
タイミング法を成功させるには、排卵日を正確に把握しておきましょう。

2.中国式産み分けカレンダー

hellobaby3
(引用:http://ameblo.jp/nanotan/entry-10097779467.html)

これは、13世紀頃の中国で作られたカレンダーです。
当時の中国王室の出生記録をまとめたもので、ママの年齢と受胎した月を使って性別を予測するものです。
中国においてこのカレンダーは実に90~99%の確率で当たると言われていますが、日本においての確率は70%程の様です。

このカレンダーは妊婦さんが赤ちゃんの性別を早く知るために使われる事が多いのですが、産み分けにも使用する方が増えています。
産み分け方法は、女の子が欲しい場合には女の子ができる年齢と月を選んでパパと仲良くします。
中国式産み分けカレンダーの良い所は、たったこれだけで良いという事です。
何の準備もなく出来るので、始めて産み分けに挑戦するというママでも始めやすいですね。

しかしあくまでも出生の統計ですので、科学的根拠はありません。

3.産み分けゼリー

hellobaby4

産み分けゼリーは、膣内の酸性度を人工的に操作して女の子ができやすい環境をつくります。
また1のタイミング法と併せて使用する事で、産み分けの成功確率は格段に上がってきます。
実際産み分けを取り入れている病院でも、産み分けゼリーを使用しているところも多くなっています。
病院でも取り入れる程、安全性には定評があると考えて良さそうですね。

女の子を生むなら酸性の環境を作れる産み分けゼリーを使おう

さて膣内は酸性だとお話しをしましたが、酸性の度合いは人それぞれで違います。
元々強い酸性の人もいれば、弱めの酸性の人もいるのです。
すると酸性が強いママの場合には女の子ができやすく、弱めの酸性のママの場合には男の子ができやすい環境であると言えます。
しかし産み分けゼリーを使えば、酸性もアルカリ性も望むままの膣内環境をつくる事ができるのです。
女の子が欲しい場合には、産み分けゼリーで酸性の環境をつくってX精子が受精しやすくしてあげましょう。

産み分けゼリーは安全?

しかし人工的に膣内環境を操作する事で一番不安に思う点は、ママや赤ちゃんに障害が出ないのかという点ですよね。
現在、ママや赤ちゃんに障害が出たという関連性は確認されていません。
「産み分けゼリーを使ったら障害が残った」と投稿される方もいますが、それには科学的根拠はありません。
その理由として、障害は遺伝子異常である場合がほとんどだと言われているからなのです。
産み分けゼリーは人工的に環境をつくりだすとは言っても、体に無害な成分ばかりを使ったゼリーです。
その成分が遺伝子に影響する確率は、ほとんどないとされています。
だからこそ、産み分けゼリーは安全だと言えるのです。

現在この女の子の産み分けゼリーは、現在ピンクゼリーとハローベビーガールが主流となっています。
どちらも女の子の産み分けゼリーですが、ハローベビーガールをおすすめします。

>ハローベビーゼリー公式サイトはこちら!

ハローベビーゼリーがおすすめな理由!

hellobaby5

女の子の産み分けゼリーで有名なピンクゼリーとハローベビーガール。
この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

まず、ピンクゼリーは中国製なのに対してハローベビーガールは日本製です。
またピンクゼリーは含有成分が公開されていないので、何が含まれているのか不安が残るところです。
しかしハローベビーガールは、成分が全て公開されておりどれも体に無害なものばかりです。
ママの体や大切な赤ちゃんの体に関する事ですので、成分が分かっていると安心ですね。

また使用方法も大きく異なります。
ピンクゼリーは注射器の様な専用の器具を、一回ずつ洗浄して使います。
それに対してハローベビーガールは、一回毎に使い捨ての容器に予め入っています。
毎回新しいパッケージから、ゼリーを使用する事ができます。
使用する際も、パッと取り出してそのまま使用できる点はピンクゼリーとの大きな違いです。
ハローベビーガールは使用するのに手間もかからず、更に衛生的であり一石二鳥の商品と言えます。

>ハローベビーゼリーで詳細を見る

安心できる方法で安全な産み分けを!

hellobaby6

産み分けには様々な方法がありますが、どの方法にしても安心・安全なものを選びたいですよね。
特に産み分けゼリーは、他2つの方法と違って体内に取り込むものです。
ママも赤ちゃんにも関係する事なので尚更、安全性には気を配っていきたいところです。
そして何より大切な事は、過度のストレスを溜めない事です。
一節ではママがストレスを抱えていると女の子ができやすいとされていますが、これも程度の問題です。
過度なストレスを抱える事は、産み分けどころか妊娠しにくい環境に陥ってしまいます。

安心・安全の定評のあるハローベビーゼリーなら、そんなあなたの希望を叶える大きな助けとなります。
安全で、衛生的な点、そして使用もとても簡単なので、ママのストレスはかなり減らす事ができるでしょう。
またハローベビーガールは7本入りで¥10,000からと、お値段も大変お手頃な点もポイントです。

排卵日をしっかりと調べ、排卵日2日前にハローベビーガールを使用してなるべく淡白に仲良くすれば、産み分けの確率はかなり高くなる事でしょう。
食事の面でもママは肉や魚、パパは野菜を多く取り入れる事で女の子ができやすい体つくりができると言われています。

是非家族で話しあって、安心・安全な産み分けにチャレンジしてみましょう。

まとめ

hellobaby7

産み分けで大きな役割を果たす、産み分けゼリー。
そして安心安全でお手頃なハローベビーゼリーは、産み分けに臨むママのストレスや不安を軽減してくれる事でしょう。
出産は、人生においてそう多く経験する事ではありません。
どうしても女の子が欲しい!というママの願いは、しっかりとした方法を選べば叶う確率が高くなっています。
女の子を産み分ける確率は70~80%と言われていますが、少しでも確率を高くするためにも出来る事をしていきたいですね。

>ハローベビーゼリー公式サイトはこちら!

オススメ記事

妊活中はどうしてもストレスが溜まってしまいますよね。月に一度しかない排卵日なのに旦那が仕事で帰ってこなかったり、色々と考えすぎて眠れなくなったり…。さらに、生理が来...

ただいま2人目絶賛妊活中の身としては、たとえ化学的根拠がなくても「これで妊娠した!」という子宝ジンクスには、非常に興味を惹かれてしまいます。 はじめての妊娠は、子...

妊娠中には積極的に葉酸を摂取する様に、よく言われていますよね。 しかし葉酸は、どうやって摂取していったら良いのでしょうか。 また、何故摂取する必要があるのでしょ...

妊活中に膀胱炎の症状を訴える女性が案外多いようです。 私の場合、排卵日の仲良しの翌日に腹痛が…もしや!受精成功?とウキウキしていたら、なんとその翌日の夜、1時間も...

妊娠中は、通常よりも2倍多く葉酸を摂る必要があると言われています。 また妊娠を望む女性も、葉酸の摂取を勧められていますよね。 葉酸は食品からの摂取が難しく、サプ...

女性は冷え性で悩んでいるという方が多いですね。 最近は男性でも手足の冷えを気にしている方も増えてきています。昔から「冷えは万病のもと」と言われていますよね。冷えか...

37歳で初めての妊娠!残念ながら8週で繋留流産したのですが、手術の前処置のラミナリアを入れるのが悶絶するほど耐え難い痛みで(泣) あまりの恐怖に妊活しないまま40...

妊活中っていろんなものに目がいきますよね~。 たまたま「金スマ」を見ていたら、血管を鍛えて体の細胞を元気にできる「ゾンビ体操」っていうのをやっていました。ゾンビみ...

子供の性別は、妊娠中期にならないと分かりません。 産まれてから、予想していた性別と違った!なんて事もある位ですよね。 性別は親が決められるものではありませんが、...

妊活中は何かとストレスを感じやすいものです。でも妊娠には何よりも健康な心と体が大切ですね。やはり妊娠しやすい体になるためにはストレスは禁物です。普段、お風呂あがりに...

NEW ENTRY

手作りクリスマスパーティーで子供を喜ばせるには?ツリーやプレゼントも

クリスマスまであと少し。今年のクリスマスも思い出に残る楽しいパーティーにした...

子供が歯磨きを嫌がる!泣くのは歯磨き粉が原因?仕上げ磨きは必要?

毎日の育児の中でも、なかなか上手くいかない事が多いのが「歯磨き」です。 虫歯に...

幼児の蕁麻疹は病院へ行く?ストレスや風邪が原因?治らない時は?

突然ポツポツと現れてくる、赤い腫れ。 蚊に刺されたのかな?と思って見ていると、...

子供が野菜を嫌いな理由は?なぜカレーなら食べるの?克服方法は?

子供が嫌いなものの代表とも言える、野菜。 ママが栄養バランスを考えて作っている...

赤ちゃんのぐずり対策は音楽や抱っこ?家事の時にほっとくのはあり?

小さい赤ちゃんは、昼夜を問わずにぐずるもの。 そう頭では分かっていても、昼の忙...

カテゴリー

ページTOPへ