LIFEジャック

歯を白くしたいなら歯磨き粉や重層?簡単に自宅でできる方法とは

[記事公開日]2017/07/31 
■カテゴリー:美容, 健康
■タグ:

人が一番魅力的に見える瞬間でもある、「笑顔」。
その笑顔でも人が注目する場所と言えば、歯です。
キラキラと光る白い歯は、笑顔をより魅力的に見せてくれるものですよね。
そんな歯を、自宅で白くできる簡単にできないかと思いませんか?
実はあるんです!
その方法を、ご紹介します。

目次

  1. 歯を白くする方法は?
  2. 歯磨き粉や重層で白くなる?
  3. 簡単に自宅でできる歯を白くする方法まとめ!
  4. リリーホワイトで手軽に歯を白く!
  5. まとめ

歯を白くする方法は?

歯を白くする方法と言えば、歯医者でのホワイトニングが一般的です。
しかし忙しい現代人にとって、頻繁に歯医者へ通院するのは大変ですしコストパフォーマンスも気になるところですよね。
そうそう簡単には踏み切れない、歯のホワイトニング。
まずは、なぜ歯が白さを失ってしまうのかを見てみましょう。

歯は元々そんなに白くない?!

歯は、エナメル層・象牙層・神経の3層から成り立っています。
この3層のうち一番表面にあるのはエナメル層ですが、歯の色を決めているのはその下層にある象牙層の影響が大きいと言われているんですよ。
象牙層は、基本的に乳白色で少し黄みがかった色をしています。
人によって個人差がありますが、日本人は黄色人種のため黄みがかった色の象牙層の人が多いとされているんです。
つまり、そもそも最初から歯が真っ白!という日本人は少ないという事になるんですね。
しかしそんな象牙層の影響の他にも、歯が黄ばんできてしまう原因があります。

体の内側からくる黄ばみの原因

まずは体の内側からくる黄ばみの原因を、4つ見てみましょう。

1.加齢

加齢と共に、歯の表面層であるエナメルがどんどんと薄くなってしまいます。
これにより、年々象牙層の色が目立つ様になり黄ばみの様に見えてきてしまうのです。

2.神経に問題がある時

歯の奥にある神経に何か問題がある場合、歯が黒っぽく変色してしまう事があります。
特に神経が死んでしまったケースなどでは、パッと見でも分かる様な変色の原因ともなり得るのです。

3.エナメル質形成不全症

約10人に1人が先天的に持っているとされる障害、エナメル質形成不全症。
これは何らかの原因で、歯がくぼんでしまったり黄色くなってしまうものです。

4.抗生物質の投与

テトラサイクリン系の抗生物質は、紫外線に反応して象牙質の着色を起こす事があるとされています。
特に乳児~12歳頃までの子供への投与では、副作用の一つとして確認されているんですよ。

体の外側から起こる黄ばみの原因

内側からくる黄ばみの原因は、なかなか自分で防ぐのが難しいものばかりですね。
それに対して、外側からの原因はどうでしょうか。
その主な要因も、3つ見てみましょう。

1.着色しやすい飲食物やタバコ

黄ばみに大きく影響してくるのが、着色しやすい飲食物です。
歯の表面のエナメル層に少しずつ付着し、徐々に黄ばみとなってくるのです。

  • コーヒー
  • 赤ワイン
  • チョコレート
  • ぶどう
  • ブルーベリー
  • ターメリック
  • 焼きそば
  • 焼き鳥

これらは着色しやすい飲食物とされているので、過度に口にすると黄ばみの原因となってしまいます。
主に色の濃い食品や、ポリフェノール・タンニン・カテキンが多く含まれる食品などが、注意するべき飲食物となってきます。

そしてもう一つ、黄ばみの大きな原因となってくるのが「タバコ」です。
タバコを吸うと、タールが歯にどんどんと付着してしまいます。
いわゆる「ヤニ」と呼ばれるタールは、歯の黄ばみを目立たせる大きな要因の一つなんですよ。

2.高濃度すぎるフッ素塗布

フッ素は、歯を強くするとして塗布が進められている成分ですよね。
しかし濃度が高すぎると、歯に白斑ができてしまったり黒褐色に変色してしまう事があるのです。
特に永久歯が形成される8歳頃までのフッ素塗布は、基準値を守った濃度のフッ素を使用しなければなりません。

3.虫歯

虫歯は、初期に歯が白くなりますが症状の進行と共にどんどんと黄みがかってきてしまいます。
そして最終的には、黒っぽく変色してしまう事もあるんですよ。
また虫歯治療に使われる詰め物やかぶせ物も、月日の経過と共に歯そのものの変色を招いてしまう事も多くあるのです。

歯医者でのホワイトニングは効果的?

様々な原因で起こる、歯の黄ばみ。
これらを解消するには、歯医者でのホワイトニングが確実とされていますよね。
歯医者で行われるホワイトニングには様々な方法がありますが、1回で真っ白になるという事はありません。
だいたい何回か通院する必要があり、その都度5000円~60000円程の料金がかかってきます。

また通院の必要のない「ホームホワイトニング」と呼ばれる方法もあります。
この場合都度通院しなくて良い上に、15000円~60000円ほどと比較的料金も安く抑えられます。
とは言っても決して安い金額という訳ではありませんし、何度かは通院しなければなりません。
歯医者でのホワイトニングは、その効果は高い反面コストもかかってくる方法と言えそうですね。

歯磨き粉や重層で白くなる?

大変コストと時間がかかる歯のホワイトニングですが、市販の歯磨き粉や自宅にある重曹で歯が白くなるなんて話も良く聞きますよね。
これらの方法で、果たして本当に歯は白くなるのでしょうか。

市販の歯磨き粉の場合

市販の歯磨き粉で歯を白くしようとする場合には、気長に根気良く歯磨きを続けていく必要があります。
もちろん市販のホワイトニング用歯磨き粉であれば、歯を白くする効果は得られます。
研磨剤や汚れをしっかりと落とす成分が入っている歯磨き粉が、特におすすめです。
ただしすぐに白くなる訳ではないので、ホワイトニングの即効性は低いと言えます。

重曹の場合

お掃除やお料理にも大変役に立つ重曹ですが、実は歯の表面の着色汚れを落としてくれる効果もあります。
そのため歯ブラシに重曹を塗って歯磨きをすると、エナメル層の汚れが落ちて歯が元の色へと戻っていく事になるんです。
こちらも市販の歯磨き粉と同様に即効性はありませんが、徐々にホワイトニングをしていく事は可能と言えますね。

自宅で簡単にできる歯を白くする方法

歯磨き粉や重層の他にも、簡単に自宅でできるホワイトニング方法はたくさんあります。

  • ココナッツオイルを使う
  • バナナの皮を使う
  • オキシドールを使う
  • 活性炭を使う

こうした身近なものでも、歯を白くする事は可能です。
しかしどれも気長にコツコツと作業しなければならないので、「すぐに白くしたい!」という人には向きません。
またどれくらい白くなるかは、人によって大きく個人差があるものでもあるんです。
そこで誰でも簡単に自宅でできるホワイトニングの中でも、おすすめしたいのが「リリーホワイト」なのです!

リリーホワイトは医薬部外品で、定期購入ならば一回当たりのコストがなんと115円と格安で始められるホワイトニングなのです!
しかも手入れは、一回につき約3分!
通常の歯磨きの後に、リリーホワイトを塗るだけなんです。
これならば歯医者でホワイトニングするよりも断然安く、しかも上記の様な方法同様に手軽に歯を白くする事が出来ますよね。
そんなリリーホワイトの秘密を、次で見ていきましょう。

>リリーホワイト公式サイトはこちら

リリーホワイトで手軽に歯を白く!

リリーホワイトは、世界一虫歯が少ないとされているスウェーデンで生まれた商品です。
虫歯を予防し、口臭・歯の黄ばみまで予防してくれるリリーホワイトは、まさに歯を大切にする人の強い味方ですよね。
このリリーホワイトには、4つの有効成分が含まれているんですよ。

1.ポリリン酸ナトリウムが白さのポイント!

リリーホワイトには、ポリリン酸ナトリウムという成分が配合されています。
これは歯医者のホワイトニングでも使用されている成分で、歯の着色汚れを落としてくれる働きがあるんですよ。
ちなみに、元々白かった卵をコーヒーに漬けて茶色くしたものにリリーホワイトを塗ってみるという実験が公表されています。
約3分後に卵を洗い流すと、なんと卵の色は元の白い色に戻っていたんです。
それだけ、ポリリン酸ナトリウムには着色汚れを落とす効果があるんですね。

2.イソプロピルメチルフェノール

イソプロピルメチルフェノールは、歯と歯茎を綺麗にしてくれる成分です。
これにより、歯周病や虫歯予防、そして口臭予防にも効果があります。

3.ビタミンE酢酸エステル

ビタミンE酢酸エステルは、血流を良くして歯茎を健康にしてくれます。
こうして歯の奥から健康を作る事で、口臭を予防して黄ばみが付きにくい口内環境へと導いてくれるのです。

4.グリチルリチン酸ジカリウム

歯茎のトラブルを抑制して予防してくれるグリチルリチン酸ジカリウムは、歯周炎の予防にも繋がる成分です。
口臭にも効果があり、口内を清潔にして歯と歯茎の健康をキープしてくれるんですよ。

リリーホワイトの使い方は?

歯を白くして健康を保つ成分が多く詰まったリリーホワイトですが、その使い方も至って簡単です。
毎日の歯磨き後に、約3分間歯ブラシでリリーホワイトを歯に塗ればOKなんですよ!
歯ブラシ後のこの一手間のケアが、ホワイトニングには大変重要なのですね。

>リリーホワイト公式サイトはこちら

まとめ

通常時間とお金が大きくかかる歯のホワイトニングですが、自宅でも様々な物を使って歯を白くする事は可能です。
その中でも画期的と言えるホワイトニングが、リリーホワイトなんですよ。
歯を白くするだけでなく、口内のあらゆるトラブルを予防して健康にしてくれるリリーホワイト。
その手頃な価格とケアの手軽さは、是非毎日の習慣に取り入れていきたいものですよね。

歯は、その人の印象を決める上で大変大きなウェイトを占めるものと言えます。
今までホワイトニングに手を出せなかったという人も、この機会にリリーホワイトで白い歯を手に入れてみてはいかがですか?!

>リリーホワイト公式サイトはこちら

関連記事

更年期の代表的な症状として知られる、ホットフラッシュ。 更年期だから仕方ないとは言え、日常生活に支障を与える様な症状も多く現れてきます。 毎日そんな症状に悩まさ...

最近話題のプラセンタ。すごくお肌にいいらしく、赤ちゃんのようなぷりぷりのお肌にしてくれるとよく耳にしますね。年齢を重ねてエイジングサインが出てきた肌を、若々しく...

健康のために野菜ジュースを飲もうかな、と思ってもどれを選んでいいかわからずに買わずじまいになったり、効果が見られずに三日坊主になってやめてしまったり…という人もいら...

お肌に良いファンデーションとして注目を集めている「ミネラル化粧品」。 実際普通の化粧品と何が違うのか、何故お肌に良いと言われているのか知っていますか? またお肌...

紙をさわると汗でしなり、携帯の画面は汗で反応しない。人と手を触れるようなことがあればとっさに避けてしまう…これは手汗がたくさん出てしまう人が多く抱えている悩みです。...

オーガニックと言えば、オシャレで健康的なイメージ。オーガニックとネーミングするだけで、何となく健康的になったような気がしますが、「オシャレだけで食べているんじゃない...

「つい、うっかりしていて」「最近物忘れが目立つようになって」などと、年齢とともに増えてくるこんなお悩みありませんか? けっこう簡単に考えられて見過ごされがちなので...

美と健康のために生活に運動を取り入れたいと言う方が増えています。簡単な運動と言えばウォーキングですが、天候や季節、時間帯に左右され、結局長続きしなかったという方...

きれいになりたいと考えた時に、規則正しい生活やバランスの取れた食事に加えて、サプリメントでキレイを補給使用と思う方もいらっしゃるでしょう。美容に敏感な女性に...

冬の日差しが変化して少しずつ春の訪れを感じてくると、すがすがしい気分とは裏腹に鼻がムズムズしたり、目がかゆくなったりと不自由な生活にならざるをえない方もありますよね...

NEW ENTRY

美容液の保湿効果は?美白もできる?20代も必要?おすすめ保湿成分

女性は、多くのスキンケア品を使い分けています。 その中でも高価なものが多い、美...

足の角質除去のおすすめは酢?パックやクリームに効果はあるの?

夏場に比べると、足の露出が極端に減ってくるこれからの季節。 しかし冬だからって...

プラズマローゲンサプリの認知症改善効果は嘘?本当?成分は食品に含まれる?

久しぶりの実家。いつも明るく私たちを迎えてくれるはずの母の様子がなんだかおか...

ビタミンミネラルサプリ比較おすすめ8選!飲むタイミングは?無添加は?

最近なんだか体の調子が優れない…そんな時こそ、サプリを検討する人が多いですよね。...

クリスマスのケーキはいつから予約?2017年おすすめケーキは

気付けばクリスマスまであと2か月。今年もあとわずか…なんて思いに浸るのはまだ...

ページTOPへ