LIFEジャック

ビフィズス菌増やす方法5選!食品よりサプリ?食べ物は効果なし?

[記事公開日]2017/07/07 [最終更新日]2017/06/30
■カテゴリー:健康
■タグ:,

健康志向が高まっている現代において、ビフィズス菌は誰もが聞いた事のある名前だと思います。
しかし何故健康に良いのか、どうやって摂取すれば良いのかは知っていますか?
意外と知られていないビフィズス菌について知識を深めて、より健康な毎日を目指しましょう!

目次

  1. ビフィズス菌を増やすといいのは何故?
  2. ビフィズス菌を増やす5つの方法!
  3. 食べ物よりサプリ?食品は効果薄いって本当!?
  4. ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖でビフィズス菌を増やそう!
  5. まとめ

ビフィズス菌を増やすといいのは何故?

まずはビフィズス菌がどんなものなのか、ご紹介していきます。

ビフィズス菌とは

ビフィズス菌とは、乳酸と酢酸を作り出す細菌の事を指します。
人や動物の腸内で生息し、酸素がある環境では生きる事ができません。
このビフィズス菌、腸内の善玉菌の99.9%を占めている善玉菌なんですよ。
赤ちゃんの腸内では全腸内細菌の99%はビフィズス菌と言われていますが、成人ではその割合が10%程度にまで低下してしまいます。
更に60代にもなると、ビフィズス菌の割合は1%程にまで減少してしまうものなのです。
こうして善玉菌の代表格であるビフィズス菌が減ってしまう事で、腸内環境は乱れやすくなり便秘などのトラブルが起こりやすくなってしまうんですね。
そんなビフィズス菌は、増やす事で様々な効果があるとされているんですよ。

  • 整腸作用
  • 免疫力アップ
  • 感染症を予防する
  • アレルギー症状の軽減
  • 肌荒れ予防
  • 肥満予防

ビフィズス菌は善玉菌ですから、これが増えれば腸内環境は良くなります。
すると排便がスムーズとなり、便秘や軟便といったトラブルが改善されていきます。
また腸には、体全体の7割にもなる免疫細胞が集まっていると言われています。
そんな腸の環境が良くなり活性化する事で、体全体の免疫力がアップする事にもつながるんですね。
こうして免疫力が上がる事で、インフルエンザなどの様々な感染症を予防する事もできるんです。
そしてアレルギー症状に関しても、症状を和らげてくれる効果があるのです。
その上肌荒れ予防や肥満予防にもなるのですから、ビフィズス菌は健康に欠かせない成分と言えそうですね。

乳酸菌とは違う?

腸内細菌と言えば、乳酸菌も有名な成分です。
そのため、ビフィズス菌と乳酸菌は同じものだと思っている人も多いですよね。
確かにどちらも腸内環境を整える事から、「ビフィズス菌は乳酸菌の一種」とされる事もある様です。
しかし腸内の善玉菌の99.9%はビフィズス菌であり、乳酸菌はビフィズス菌の100~10000分の1程の数しか存在していないんですよ。

乳酸菌も乳酸を作り出す細菌ですが、ビフィズス菌の様に酢酸を作り出す事は出来ません。
酢酸には強い殺菌作用があり、これによって免疫力のアップなどの効果が出てくるんです。
また葉酸を作り出す特徴があるのも、ビフィズス菌だけなんですよ。

ビフィズス菌が増えれば良い事づくし!

この様に、ビフィズス菌は腸内環境を整えるのに大変大きな役割を果たしている細菌です。
しかしビフィズス菌は加齢と共にどんどんと減少してしまうので、積極的に摂取していかなければ増やす事は出来ません。
ただし増やす事ができれば、体にとっては良い効果がたくさん得られる事になるんです。
その効果は便秘解消などの整腸効果に留まらず、健康で強い体を作る事に繋がります。
また美容やダイエット効果だって期待できる、大変素晴らしいものなんですね。

ビフィズス菌を増やす5つの方法!

是非積極的に摂りいれていきたいビフィズス菌ですが、これを増やすにはどうしたら良いのでしょうか。
その方法を、5つご紹介していきます!

1.毎日継続して摂る!

口から摂取したビフィズス菌は、残念ながらずっと腸内に留まってくれる訳ではありません。
数日から数週間程で、自然と体外へ排出されてしまうんです。
そのため、毎日継続してビフィズス菌を摂取していく事が菌を増やす方法となります。

またいくつもの種類があるビフィズス菌ですが、1種類を2週間程続けてみて自分に合うものを探していくと良いですよ。
元々自分の腸内にいる細菌とビフィズス菌の相性もあるので、様々なビフィズス菌を試して自分に合うものを探してみましょう。

2.なるべく食後に摂る!

ビフィズス菌は、酸素がある環境では生きられない性質があります。
そのため酸の影響を受けやすくなっており、食前に摂取してしまうと胃酸によって死滅してしまう可能性が高くなるんです。
食後であれば胃酸はかなり薄くなっているので、摂取するなら食後のタイミングがベストなんですよ。

3.買ったらすぐに食べる!

ビフィズス菌と言えば、ヨーグルトが定番となっています。
ヨーグルトの様な食材の場合、購入したらすぐに食べる様に心がけましょう。
酸素に弱いビフィズス菌ですから、賞味期限内であったとしてもなるべく早く食べた方が効果が高いと言えるんです。

4.オリゴ糖と一緒に摂る!

オリゴ糖は、ビフィズス菌のエサとなる成分です。
またビフィズス菌の働きを助けてくれる作用もあるので、一緒に摂るとよりビフィズス菌を増やす事ができるんですよ。
オリゴ糖はそのままでも売っていますが、大豆やアスパラガス、玉ねぎなどにも含まれているので積極的に食べていくと良いですね。

5.食物繊維と一緒に摂る!

便秘に良いと言われている食物繊維ですが、実はビフィズス菌を増やす効果もあるんです。
こちらもオリゴ糖と同様に、一緒に摂取していく事でビフィズス菌をより増やす事が可能となるのです。

食べ物よりサプリ?食品は効果薄いって本当!?

ビフィズス菌は、積極的に摂取する事で増やす事が可能な細菌です。
しかし酸素に弱い特性があるため、食品から摂取する場合には胃酸によってその数は激減してしまう事が考えられます。
確かにヨーグルトなどにはビフィズス菌が多く含まれるものがありますが、それでも胃酸による影響は避けられません。
そこで、食べ物よりもサプリでの摂取がおすすめとなっているんですよ。
サプリであれば、胃酸にも負けない様に工夫されているものも多くなっています。
また生きたままビフィズス菌をより多く確実に腸へ送る事が可能なので、その効果も格段に高くなるのです。

ここでは、ビフィズス菌サプリの中でも「ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖」をおすすめします。
その名からも分かる通り、ビフィズス菌と相乗効果のあるオリゴ糖も一緒に配合されているビフィズス菌+ミルクオリゴ糖。
ビフィズス菌をしっかりと増やしてくれるこのビフィズス菌+ミルクオリゴ糖の特徴も、一つずつ見ていきましょう!

>ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖公式サイトはこちら

ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖でビフィズス菌を増やそう!

ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖は、数あるビフィズス菌の中でも効果が出やすくなっています。
その理由には、「しっかり届く」「しっかり働く」「しっかり続けられる」という3つの特徴があったんです。

1.しっかり届く

酸素に弱い特性のあるビフィズス菌は、その多くが胃酸によって死滅してしまいます。
しかしビフィズス菌+ミルクオリゴ糖に使用されているビフィズス菌は、酸に強い「ロンガム種ビフィズス菌」です。
このロンガム種ビフィズス菌を70億個も配合しているので、腸までしっかり届いてくれるんです。
また腸内でも菌が馴染みやすく、効果が出やすいという訳なのです。

2.しっかり働く

ビフィズス菌と一緒に摂ると効果的とされる、オリゴ糖もビフィズス菌+ミルクオリゴ糖には含まれています。
中でも、ビフィズス菌と相性バツグンとされている「ミルクオリゴ糖」が入っています。
このミルクオリゴ糖がある事によって、腸内では効率的にビフィズス菌が増えてくれるのです。
こうしてビフィズス菌が働きやすい環境が整っている事で、ビフィズス菌の効果が得られやすくなっています。

3.しっかり続けられる

ビフィズス菌は毎日排出されてしまうものなので、毎日継続して摂取していかなければ意味がありません。
その点においてもビフィズス菌+ミルクオリゴ糖は、しっかりと続けられる工夫がなされています。
まずは、脂質ゼロですっきりとした甘味となっている事。
そして、スティックタイプで使いやすい顆粒タイプとなっている事が挙げられます。
誰でも飲みやすくどんなに忙しい環境であっても続けやすい工夫があるからこそ、毎日続ける事ができるんですね。

続けやすい価格も魅力!

ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖は、定期お届けコースならば通常価格の10%OFFで購入する事ができます。
また送料も無料なので、年間にするとなんと6800円もお得になるんですよ。
その上1箱約1ヶ月分が2250円(税抜)となっており、1日に換算するとたった75円しかかからないのです!
1日100円もかからない健康習慣ならば、家族みんなで使っても経済的ですよね。
こうした価格面でも、ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖は続けやすい商品と言えるのです。

>ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖公式サイトはこちら

まとめ

ビフィズス菌には、体に良い効果が非常にたくさん詰まっています。
しかし加齢と共にどんどんと減ってしまい、酸に弱いという大きな特徴もあるんです。
そのため食品によりビフィズス菌を増やす事は、大変難しい事と言えるのです。

その点ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖には、ビフィズス菌の力をより効率的に発揮させる工夫がされています。
特に腸に届きやすいロンガム種ビフィズス菌を使用し、ミルクオリゴ糖とセットになっている点においてはビフィズス菌の良さを最高に生かす工夫と言えます。
だからこそどんな人にも合いやすく、効果を実感しやすい商品となっているんですよ。
また1日1包でOKというのも、忙しい現代人にピッタリの服用スタイルと言えます。
1日75円から始められるビフィズス菌による健康習慣、是非この機会に始めてみてはいかがでしょうか?!

>ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖公式サイトはこちら

関連記事

休憩時間や仕事のお供に、現代人の多くが愛飲しているコーヒー。 筆者も例外なく、コーヒーがないと仕事ができないタイプの一人です。 そんなコーヒーには、多くのカフェ...

みなさんはモリンガという植物のことを知っていますか?様々なスーパーフードが話題になっている中で、最近大注目なのがモリンガです。どんな素晴らしい効能があるのか、おすす...

夏はもちろん、冬でも汗が止まらない! 特にわき汗はよくかいてしまう・・・。 緊張すると何故かワキから汗が出る・・・。 そんな方は、わきの多汗症かも...

仕事終わり… うわぁー足がパンパン!!!むくんでる…!!! 足むくんでる…早く脱ぎたい— honami (@ggg_47) 2015, 6月 22 ...

ダイエットしても続かない・・・ 無理なダイエットでリバウンドしてしまった・・・ など、ダイエットがなかなかうまくいかない方は必見! 家で出来る運動をご紹介して...

目次 インフルエンザの主な症状 インフルエンザ対策、何すれば良い? まとめ 冬はインフルエンザが流行する季節ですね...

気温も下がってきて、より冷え性の方はお困りではないでしょうか。 手のツボで簡単に冷え性対策が出来る事を知っていますか? 寒くなる前に、いつてもどもでも出来る...

健康が気になる人が始めている噂の「ごぼう茶」。え?「ごぼう」って野菜のあの「ごぼう」!?お茶ってどういうこと? この記事では、今話題のごぼう茶についてとことん...

朝晩が冷え込むようになり、季節が進んできました。寒さが増してくると冷えに悩む人も多くなるようです。とくに女性にとっては辛い季節になってきます。冷え性の方は、すでに自...

「お腹が張るし気持ち悪い...」「食欲が湧かない...」 便秘で悩む方ならこの辛さは知っていますよね。 即効性のある便秘薬を使っても、身体が薬に慣れて効...

NEW ENTRY

家の蟻対策はアロマや酢?重曹や輪ゴムも?赤ちゃんにも安全な方法

これからの時期、どうしても増えてくるのが「蟻」ですね。 特に今は外来種である「...

ごぼう茶おすすめランキング6選!成分比較!副作用のない飲み方は?

健康が気になる人が始めている噂の「ごぼう茶」。え?「ごぼう」って野菜のあの「...

お中元おすすめランキングを公開!女子向けおしゃれなスイーツも

今年もやってきたお中元の季節。相手に喜んでもらえて、トレンドも押さえて...

アラキドン酸サプリ人気3選!どんな人におすすめ?摂取量や副作用は?

アラキドン酸は、年々人気となってきている健康成分ですよね。 でも実際どんな人に...

DHAサプリの選び方!何がおすすめ?副作用は?ランキングで徹底比較!

記憶力アップに効果的?目が良くなる?血液サラサラになる? DHAって体に良...

ページTOPへ