LIFEジャック

ダイエットにはしらたき!ご飯やパスタを主食に変えて効果を実感

[記事公開日]2017/06/20 [最終更新日]2017/05/25
■カテゴリー:ダイエット, 食事
■タグ:,


これからの季節、露出の多い服装になることはもちろん、海やプールで肌を晒す機会も増えます。
そこで気になるのが、今まで隠せていたお腹の脂肪。
セーターを着てコートを羽織れば、気にならなかった脂肪。
今ならまだ間に合う可能性があります…その理由は、ダイエットの救世主『しらたき』です。
炭水化物のたっぷりのご飯やパスタの主食をしらたきに変えて、その効果を実感しちゃいましょう!

目次

  1. ダイエットにしらたき?
  2. しらたきが効果的な3つの理由!
  3. 主食のご飯にしらたきを混ぜよう
  4. パスタからしらたきに!効果を実感できる食べ方
  5. おわりに

ダイエットにしらたき?

テレビ番組で体験結果が放送され、話題になったしらたきを使用したダイエット。
しらたきでダイエットと聞いた時、はっと頭を駆け巡ったのは、似た内容で挫折してきたダイエットでした。
思い出せるものを上げると

  • こんにゃくダイエット
  • 粉こんにゃくダイエット
  • 氷こんにゃくダイエット

でしょうか。
粉こんにゃくダイエット以外はトライした経験があります。
こんにゃくダイエットはこんにゃくを主食に食べるもので、スタンダードタイプの板こんにゃくの味が苦手で飽きてしまい続かず。
氷こんにゃくダイエットは凍らせたこんにゃくを肉などのおかずに置き換える方法で、食べた食感は良かったのですが、冷凍と解凍の手間が面倒になってしまって続かず。
と言った感じで、情けない結果に。
しかし、今回、テレビでしらたきダイエットを見た時、私は改めて挑戦しようと思いました。
何故なら「なるほど、麺タイプなら加工しやすくて行ける気がする」と、強く思ったのです!
よって、ここでは何度目かの正直でダイエットをはじめた私が実践している、しらたきを効果的に使用したダイエット方法を紹介したいと思います!

しらたきが効果的な3つの理由!


何故、しらたきがダイエットに効果的なのか、理由は以下の3つがあります。

カロリーが低い

しらたきのカロリーは100gあたり6カロリー。
約95%以上が水分で出来ている食材なので、とても低カロリーなのです!

食物繊維が豊富

しらたきは食物繊維が豊富で、全体の約5%が食物繊維です。
約95%が水分ですので、殆どが食物繊維と言って違いありません。
食物繊維には便秘改善の効果がありますので便秘でお困りの方にも強い見方になります!
また、食物繊維は水分を吸収するためお腹の中で膨れ、満足感もUPして一石二鳥です。

単価が安くてお財布に優しい

基本的なしらたきの価格は大体60円前後です。
小さいものなら45円程度で購入できますので、お財布にもとっても優しいです!
ただ、私のように徒歩が主な生活手段の場合、重いのがネックになります。
私はスーパーまで比較的近いので、歩くのも簡単な運動!と前向きに捉え、3つくらい買い溜めをして無くなったら買いに行くようにしています。
もし、スーパーまで遠い方や、面倒だな。と感じる様でしたら、しらたきは日持ちもするのでネット通販でまとめ買いもお得かも知れません!

主食のご飯にしらたきを混ぜよう


では、私の実践する食べ方をお教えしたいと思います。

ご飯に混ぜるだけ!!です!

  1. 1袋分のしらたきのアク抜きをする。
  2. ザルに上げて水気を切る。
  3. しらたきを細かくミジン切りにしてお米と混ぜて炊く。



以上です!
調理の注意点として、アク抜きはしっかりと行いましょう!
最近ではアク抜き不要のものありますが、パッケージに『アク抜き不要』や『アク抜き済』の文字が無い場合はアク抜きが必要ですので、2~3分お湯で茹でます。
このアク抜きをしないと美味しくいただけません!
炊く時の水の分量はいつもお米を炊く時の分量のままで大丈夫です!
しらたきは出来る限り細かく刻むことをおすすめします。

白米に混ぜるだけでも良いのですが、私は雑穀米も一緒に混ぜて炊いています。
雑穀米を入れると栄養価が上がるのは勿論ですが、しらたきが全く気にならなくなります!
また、冷凍して生じる食感の違いも気が付かないので、一度に炊飯器で炊けるだけ炊いて、小分けにして冷凍して使うと手間が減ります。
これをランチのお弁当にして食べています。
基本ズボラで、ご飯が大好きな私はもっぱら丼物ランチになりますが、しらたきのお陰で主食をヘルシーに出来ているので罪悪感がありません!

パスタからしらたきに!効果を実感できる食べ方


ダイエット中でも人付き合いなどで『昨日は食べ過ぎちゃった!』と言う日がありますよね?
そんな日は夕ご飯をしらたきに変えて、ごっそり摂取カロリーを減らしちゃいましょう!
しらたきは麺状ですのでパスタに変身することが出来るのです!
パスタは濃い味付けなので、タンパクなしらたきに良く合います。

私の調理方法は、市販のパスタ調味料をしらたきに合わせるだけ!です!

  1. 1~2までご飯に混ぜる時と同じ手順です。
  2. 水を切ったしらたきを軽く熱したフライパンで炒めます。
  3. お好みの市販のパスタ調味料を混ぜます。



以上です!
最近のパスタ調味料は混ぜるだけで美味しい一品になるのでおすすめです!簡単ですし!
ただ、調理のポイントはフライパンで炒めて余分な水分を飛ばすことです。
パスタよりもしらたきの方が水分量が多いので、ザルで水分を切ったくらいではビチャビチャになってしまうので注意です。
炒めると縮みますが噛みごたえが増すので、ゆっくり良く噛んで食べれば満足感があります。
夜のカロリーを減らすことが出来るので、ダイエットの効果を実感しやすくなります。

ちょっと注意!


まるっと主食をしらたきにする時の注意点。
しらたき自体には栄養素が少ないため、早く痩せようとしらたきばかりの生活を行うと、栄養素が偏り腸内バランスを崩して腸閉塞を起こしてしまったり、抜け毛や肌荒れの原因になります。
その為、ダイエットにしらたきを使用し主食を置き換える場合、1日1食を目安に行うのが良いとされます。
ですので、朝や昼は栄養バランスの良い食事を心がけましょう!

おわりに


ダイエットを挫折し続けた私ですが、しらたきをダイエットに使うことが合っていたらしく、無事に2週間続けられました!
お腹周りもスッキリし、5キロほど減りました!!ズボラにやったのに効果を実感できて嬉しいです。
ゆっくりでも体重が減って欲しいので、今後も主食のご飯に混ぜたり、パスタに変身させたり、のんびり続けて目標体重を目指したいと思います。

関連記事

普段の生活では「サバイバル」なんて言葉を聞く機会も少なく、ましてや実際にサバイバルをするなんて考えられない事だと思ってしまいますよね。 しかし近年日本で地震・台風...

綺麗なスタイルを維持したいと考えた時、一番の大敵となるのが脂肪です。 この脂肪、年を重ねれば重ねるほど簡単に付いてしまうのに落とすには非常に大変になってきますよね...

今年が始まり、もうすぐ3か月目に突入します。 なんだかアッとゆう間ですよね。 このまま春・夏と続いていきますが、夏への準備はもうできていますか?! 絶...

今黒酢の健康効果に注目が集まっています。飲むだけで健康になれるなら、これを見逃す手はありません。今回は、気になる黒酢の効果や、効果が実感できる摂取の仕方、実...

みなさん、ダイエットをされた経験はありますか。ダイエットには沢山の方法があります。色んなダイエット方法を試したけど、途中で挫折したり、ダイエットに成功したと思ったら...

ダイエット=辛い食事制限。こんなイメージはありませんか?実際に、株式会社ECスタジオがユーザーに行ったアンケートでも「カラダ作りで1番つらいことは?」に対する回...

皆さんは健康食品を日常生活に取り入れてみようと思ったことはありますか? TVでココナッツオイルやアサイーなどが流行ると試してみたくなったり、もしくは実際に試し...

2015年5月22日(金)NHKあさイチの放送でアメリカ大使館農産物貿易事務所専任スタッフの小枝絵麻さんがポップオーバーのレシピを紹介しました。 小枝さんはアメリ...

気温も湿度も高くなり、食欲のなくなる季節になってきました。 冷房の効いた室内から外に出て少し歩くとフラリ…、朝の電車のラッシュでクラリ…と鉄分が不足して貧血になり...

目次 その1、毎日飲むジュースや炭酸飲料、お茶の代わりにプーアル茶を飲む その2、お腹をへこませて膨らます×10セット その3、猫伸びス...

NEW ENTRY

美容液の保湿効果は?美白もできる?20代も必要?おすすめ保湿成分

女性は、多くのスキンケア品を使い分けています。 その中でも高価なものが多い、美...

足の角質除去のおすすめは酢?パックやクリームに効果はあるの?

夏場に比べると、足の露出が極端に減ってくるこれからの季節。 しかし冬だからって...

プラズマローゲンサプリの認知症改善効果は嘘?本当?成分は食品に含まれる?

久しぶりの実家。いつも明るく私たちを迎えてくれるはずの母の様子がなんだかおか...

ビタミンミネラルサプリ比較おすすめ8選!飲むタイミングは?無添加は?

最近なんだか体の調子が優れない…そんな時こそ、サプリを検討する人が多いですよね。...

クリスマスのケーキはいつから予約?2017年おすすめケーキは

気付けばクリスマスまであと2か月。今年もあとわずか…なんて思いに浸るのはまだ...

ページTOPへ